唯「りっつりっつに?」

律「そう、りっつりっつだ!」

紬「じゃあ私もムッギムッギにしてやんよ♪」

澪「む、ムギまで」

梓「ミュージックスタート!!!!」


律「よーし ますば唯からだ!とりゃ!!!」

唯「いやああああ!!!!」

律「ひーひひひひ、どうだ唯、りっつりっつになってきただろ?」

唯「うう ただ抱きついてるだけじゃん律ちゃん~」

律「何~じゃあもっと 抱きしめてやる!!!!!」ギュー

唯「いやああああああああ!!!!」

澪「おい律、唯が苦しそうだろ…」

唯「ま、参ったよ律ちゃん!りっつりっつになりやした…」




梓「あっずあずにしてやんです!」

唯「…」

澪「…」

律「…」

紬「…」

梓「やってやるです!」

梓「まずは唯先輩です!」

唯「ほぇ」


唯「でもあずにゃん、あっずあずって何やるの?」

梓「そういえば考えてなかったです」

澪「りっつりつ的に、そこはお前が説明しろよ」

律「あたしも考えてねーよぉ」

さわ子「お困りのようね!!」ドン

唯「あ、さわちゃんこんちわー」

さわ子「さっわさわにしてやんよ!!」ビシィ


紬「…なにそれエロい」

さわ子「さわさわしてやんよ!!」ニギニギ

律「…うわぁ」

さわ子「おムネとかさわさわしてやんよ!!」ニギニギ

澪「ひぃっ」

唯「お酒によく合うよねぇ、あれ」

梓「…それはたこわさです」

さわ子「誰がタコさわ子だっ!!」

律「…酔うてんのか、さわちゃん?」

紬「たこわさだけになくはないわね」

澪「唯が飲酒だと…?」

和「鼻毛は全部抜かせてもらったわ!」ガラ

律「よう和……、は?」

和「間違えた」

和「話は全部聞かせてもらったわ!」

唯「和ちゃんは怪人ゾナーのギャグが好きだからねぇ」

和「そんなことはどうでもいいのよ唯。貴女、お酒飲んでるんですって?生徒会として見逃せないわ」

唯「って言ってもカルーアミルクだよ?」

紬「待って唯ちゃん!!それは確かにお酒だけど、決してたこわさと食べ合わせていいものじゃないわ!」

律「突っ込むとこそっちかよ」

さわ子「さわさわさわさわさわさわ」ワサワサ

澪「ひいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」

梓「あっずあず……に……して……やんですが……」


和「唯、日本には法律ってものがあるの」

唯「ほう、初耳だぁ」

和「その法律でね、たこわさとカルーアミルクは一緒に食べ合わせちゃいけない、って決められてるのよ。因みにこれを犯した場合懲役3年以下のうんぬんかんぬん」

律「ほう、初耳だぁ…」

さわ子「さわさわさわさわさわさわ」ワサワサ

紬「さわさわさわさわさわさわ」ワサワサ

澪「ひいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」

唯「はいはい和ちゃん。ぢゃあ、おビールならいいの?」

和「そっちを禁止する法律は今のところないけど…。正直、たこわさってビールにはあんまり合うと思えないのよねぇ。なんか悪酔いしちゃうのよ」

律「デデーン!!和アウトー!!」

梓「……」フルフル

梓「ふんにゃああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぉおおおぁぁぁああ!!」ズゴーン

皆「……」シーン

梓「唯先輩!!」

唯「な、なにあずにゃん…?」

梓「お酒の話なんかどーでもいいんです。私はただ唯先輩をあっずあずにできればいいんです。だから黙って私にあっずあずにされてください」

唯「あ、あずにゃん、顔が近いよ…?」

さわ子「そーいうことらしいから澪ちゃんも私にさわさわされちゃいましょう」ワサワサ

澪「やーだー!!やーめーてー!!」

紬「私、今日から琴吹さわムギに改名するわ。だから澪ちゃん、黙って私たちにさわさわされちゃいましょう?」ワサワサ

律「オッいいネームギ、冷や麦みたいで風流だゼッ☆」

唯「あぁっ唯一マトモっぽかったツッコミ役のりっちゃんがボケに走り出したっ!」

律「で?あっずあずって具体的にどうすることを言うんだよ?」

梓「とりあえず唯先輩とイチャコラできればいいかと」キリッ

紬「まぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁ」

唯「20回!」

和「ちょっと待ちなさいにゃずあんとやら。不純異性交遊は校則違反よ」

澪「おい誰だにゃずあんって」ワサワサ

さわ子「ひいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」

律「校則違反とかどの口が言うんだ…」

梓「不純なんかじゃないです!私と唯先輩の愛は純愛なのれす!!」

律「だからどの口が」

唯「そーだそーだ!私とにゃずあんは相思相愛なんだぞぅ!」

律「唯、感染ってる感染ってる」


和「双方合意なら文句はつけがたいわね…」

唯「そういうわけだから和ちゃん、私とにゃずあんの間には入ってきちゃだーめだからね」

梓「じゃ唯先輩、おホテルにでもいきまsh

律「デデーン!!こいつらアウトー!!……って何故止めない和ー!!出ていくなー!!」

ドア「ガチャ」

ドア「バタン」

澪「ふぅ、これで少しは静かになったかな」ワサワサ

さわ子「ひいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」

紬「あとは先生だけですね」

さわ子「なにがよおおおぉぉぉぉぉぉぉ?!っていうかいつの間に攻守逆転してんのー?!」


紬「じゃあ澪ちゃん、先生がイクまでワサワサしちゃいましょうか」ワサワサ

澪「そーだね、そうしよう」ワサワサ

さわ子「止めるっていう選択肢はないのかしらあああああああああああああん!!悔しいBut!!ベリィ☆フィーリンッ!!」

梓「でも唯先輩、よく考えたら私たち異性じゃありませんよね」

唯「そういえばそだねぇ。じゃあ最初から校則違反なんてしてなかったんじゃーん!」

律「あーナルホドねーっ☆……とか言うと思ったかあああああ!!指摘されてから薄っぺらい辻褄合わせみたいなセリフ吐きやがってえぇぇぇぇぇぇ!!」


~~~~不純なシーン略~~~~


さわ子「」

澪「やっと静かになったな」

さわ子「」

紬「いい手汗かいたわ~」ツヤツヤ

さわ子「」

唯「にゃずあんお手!!」

梓「にゃにゃっ!!」テシ

律「猫はお手しねぇよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

澪「……いや。まだいたな、うるさいのが」

澪「まて律、猫だって訓練次第ではお手くらいマスターするかもしれないぞ?」

律「じゃあその今日のわんこに出れそうな猫を持ってこいよぉぉぉぉぉおおおおぉぉぉおぉぉ!!」

紬「もしもし斎藤?今すぐお手ができる猫を手配して」ピッピッ

唯「やだなーりっちゃん、今日のわんこに猫は出ないよぉ」

梓「にゃずあんあん!にゃずあんあん!」

梓「っていうか私猫じゃありませんし」

澪「うおっいきなり普通モードに」

梓「ちなみに言うとにゃずあんでもあずにゃんでもありません」

唯「えー」ブーブー

律「だよなー梓は梓だよなー」ホッ

梓「私の名前はにゃか野……」

澪「なんだやっぱり猫なんじゃないか」

梓「ち、違うです!今のはちょっとロレツが…!」

紬「やっぱり梓ちゃんは猫じゃないとねぇ」

唯「はいにゃずあんネコミミだよぉ~」

梓「だーかーらー!!」

律「結局猫なんじゃねぇかよおおおぉおおおぉぉぉぉ!!」

律「ちきしょー喉が痛いゼ…」

澪「叫びすぎだぞ莫迦律」

律「皇国煽りすんなよ…」

さわ子「ってかそろそろ部活やんなさいよアンタ達」

唯「おぉうさわちゃんが復活してる」

紬「そんな…あれだけ揉みしだいたのに…」

梓「うわヘアゴムちぎれたっ…。縁起悪いなぁ」

梓「まぁいいか、今日は髪結わないでいこうっと。…じゃ、部活はじめましょうか」



――そのときけいおん部の部員は息を呑んだ。
皆を振り返った中野梓、彼女の特徴であるツインテールが――。

唯「……誰?」

…なくなっていた。

澪「……誰」

梓「え」

律「……誰だ」

紬「……誰かしら?」

梓「えぇっ?!」


律「じょーだんだよじょーだん」

梓「…は、はぁ」

唯「にゃずあんは髪おろすと澪ちゃんみたいだねぇ~」

澪「違うのは前髪だけか。キャラの描き分けができてないってことが顕著に表れてるな」

紬「そういえばなんで梓ちゃんはツインテールなの?」

律「やっぱPapa Roach好きなの?」

梓「やっぱ、ってなんですか…。まぁPapa Roachも聴きますけど…」


(※Papa Roachはアメリカのハードロックバンド。ボーカルがホリケンに似てると俺は思ってるけどたぶん誰も同意してくれそうにない。ちなみにグループ名を意訳すると「ゴキブリオヤジ」みたいなかんじ。「父ゴキ」等の愛称で知られる)


澪「…これはアレだな。…差別化をはからねばなるまい!!」バン

律「差別?ニガーがナントカって話?」

澪「違ワイ莫迦律っ!いいか、梓が髪をおろした今、私と梓はあからさまに見て呉が被っているんだ!ならばヘアゴムがちぎれた梓にかわって、今度は私が髪の毛を結わう番なんだよ!!」

唯「おおっ。澪ちゃんやる気だねぇ」

紬「そんなこともあろうかと、私予備のヘアゴム持ってきてるのよ」

梓「え、じゃあソレ私に貸してくださいよ」

澪「よぅし見てろー皆、私は華麗に『梓とは違うんです』してみせるからなー!」

唯「おー澪ちゃんチンパンジーだー!」

梓「私の意見は無視ですか」


澪「フフン。私は自分を客観的に見ることが出来るんですっ」

梓「状況を客観的に見れば、そのヘアゴムは私のところにくるべきじゃないかと思うんですが」

澪「どーしよっかなぁ?ポニーテーがいいカナ、三つ編みおさげがいいかなっ♪」

梓「きいちゃいねぇや」

唯「わくわく」

律「わくわく」

紬「わくわく」

ゴロリ「わくわく」

梓「お前はわくわく違いだよ…」

梓「そういえば澪先輩は怖いものが苦手でしたよね」

律「わくわ……、あぁ、そうだよ」

梓「あとでHollywood WhoreのPV見せてやろう」

澪「じゃーんっ!!やっぱり黒髪といったらポニーテールだよねーっ!!」

唯「……誰?」

律「……誰だ」

紬「……誰かしら」

梓「……誰ですか」

澪「おいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」


(※Hollywood WhoreはPapa Roachの曲。PVが若干ぐろい)


澪「…ぐすっ」

律「悪かったよ澪」

唯「…ごめんね澪ちゃん。ついつい皆につられちゃって」

紬「あら唯ちゃんは最初に言tt

梓「とにかくっ!!私としては髪も結えましたしもういいじゃないですか」

澪「ぐすっ。うん」

律「じゃあ本題に入ろうか」

唯「ほぇ?本だし?それ憂がよく晩ごはんつくってるときn

律「ちっがーう!!本だしじゃねぇよほ・ん・だ・い!!」

梓「で、その本題って何でしたっけ」


律「だからアレだよ。りっつりっつにしてやんy

キーンコーンカーンコーン

澪「あ、もう下校時刻か」

紬「ティーセット片付けなきゃ」カチャカチャ

梓「あーあ、また今日も練習できずじまいかぁ」

さわ子「戸締まりよろしくねー」ガチャバタン

唯「お腹空いてきちゃったな~」グー

澪「じゃあ帰るか。忘れ物しないようにな」

紬「りっちゃん、鍵閉めたら職員室まで持っていってね」

唯「今日の晩ごはんはなんだろな~」

梓「澪先輩、オススメのバンドがあるんですけど、ウチ寄ってきませんか?」

澪「お、いいねぇ。梓のセンスならきっといいバンドなんだろうなぁ」

唯&梓&紬&澪「じゃ、あとよろしく~」ガチャバタン

律「……」

律「……覚えてろよアイツら」


~~~つぎのひ~~~

唯「澪ちゃん入院だって?」

梓「はい。ウチで急に泡吐いちゃって」

さわ子「大変ねぇ」

紬「あ、そうそう。今日は珍しくりっちゃんがお菓子持ってきてるのよ」

唯「ほぇ、そーなんだ?」

梓「どんなのなんですか、律先輩?」

律「ハハハ、そう急くんじゃあないよにゃずあん。お菓子な逃げないぜぇ」

唯「りっちゃん、はやくー」ブーブー

律「わかったわかった。ほらよっと」ゴトン

唯&梓「……」

唯「……なにこれ」

律「リッツ」

梓「……うわぁ」

律「お前ら全員、りっつりっつにしてやんよ♪」

梓「これ、まさかウケ狙ってたんですか?面白いと思ってやったんですか?」

唯「うおォン、今日のにゃずあんは攻め攻めだぁ」

律「…まぁ話は最後まできけよ。なんとこのリッツを、10秒で3個食えたらこの律サマが何でも言うこときいてやるってばよ!!」

澪「鼻毛は全部抜かせてもらったぞ!!」バターン

唯「み、澪ちゃん?!……今なんて?」

澪「…間違えた」

澪「話は全部聞かせてもらったぞ!!そのリッツを10秒で3個完食できたら律のことを好き放題にできるらしいな!!」

梓「逞しいですね澪先輩」

澪「それで律。コレを10秒で3個食べられたらお前のこと好きにしていいんだな?」

紬「澪ちゃん言いぐさがヒワイよぉ」ツヤツヤ

律「あぁそうだ。掃除当番の交代でも購買のパシりでもなんでもやってやるよ」

澪「よしわかった、その言葉、後悔するなよ」

律「よぅし、それじゃ食ってもらおうか!!」

律(フフフ。昨日ナイトスクープでやってたんだよな、『リッツは10秒じゃ絶対に3個完食できない』って…)

紬「ストップウォッチあるわよ」

唯「さっすがムギちゃん!…それじゃ澪ちゃん行くよ!よ~い…」

律(プークスクス、澪め、リッツを甘く見るんじゃないぞ?)


梓「スタートです!」

澪「~~~~~~~~っ!!」ガツガツ

律(ま、せいぜい頑張れよープークスクス)

澪「けぷっ。ごちそうさま」

律「プークスク……ってなんだとぉぉぉぉぉぉぉおおおぉぉぉぉぉおおおおぉぉ?!」

紬「記録は3秒63ね」

唯「澪ちゃんすっご~い!」

梓「まるで丸飲みしてるみたいでした」

澪「よくわかったな梓。確かに今のは丸飲みだよ。正攻法でチマチマ食べてちゃ流石に10秒は無理だからな」ケプッ

律「待って!待って澪!それは!それは…!」

澪「なんだ律、今更怖じ気づいたか~?」ケプッ

律「えーと……、…そ!そうだ!“丸飲み”じゃ食べたことにはなんないじゃん!で、デデーン!!み、澪アウトー!!」

澪「なん…だと…?」ケプッ


2
最終更新:2010年03月14日 05:12