律「じゃあ私ネスな!」

澪「んーと…私はプリンがいいかな…かわくてふわふわしてるし…」

唯「えーっキャプテンファルコンの方がかわいいよー!」

梓「それまじで言ってるんですか…(といいながらピカチュウを選ぶ)」

レディーゴー

律「おらーPKファイアーだ」

澪「ちょ、いきなりかぁ!?」

PKファイアーPKファイアーPKファイアーPKファイアー



澪「ふざけるな!!」ガコッ

律「!?」

澪「つまんないよ、動けないじゃないか!その連続技反則だから!!これ以上使うならやめるよ!!」


唯「ちょっと澪ちゃんー!ゲームなんだから落ち着いて」

梓「そうですよ、落ち着いてください」

澪「チームバトルだ…」

律「えっ?」

澪「私は素人だから勝てないんだ、チームバトルにしよう、じゃないと帰るからな!」

梓「そ、そうですね…格闘ゲームは素人には厳しいですから」

唯「スマブラは格闘ゲームじゃないし…ディレクターの桜井さんは素人でも楽しめるようにムグッ」

律「わ、わかった!チームバトルにしよう、それでいいだろ澪?」

澪「まったくしょうがないなー…」


澪「じゃあ律が持ち主で一番強いから律だけ別チーム、こっち三人な」

律「!?!?」

梓「さ、さすがにそれは酷ですよ…1体3じゃ…」

唯「そうだよ澪ちゃん…こういうのは力が対等なぐらいじゃないと」

澪「なに言ってるんだ!これでグーとパーに2対2で分かれたら
  私のチームが負けるみたいな空気になるに決まってるだろ!!」


唯「りっちゃん…」

律「…澪の言うとおりだ…」

梓「律先輩!?」

律「へへっ…やっぱスマブラはみんなで楽しまなくちゃな…
  私が一人になることで澪が楽しめるなら私はそれでいいよ」

梓「律先輩…」

澪「よし、じゃあ3対1、チーム内攻撃無し、ストック3でステージはセクターZ、アイテム無しな」

梓「じゃ…じゃあ私はプリンで…」

唯「うん、私もプリンにしようかな…」

プリンは一番防御力が低い、けっして性能が悪いと言うわけじゃないが
律に少しでも勝機が見えるように唯達はせめて耐久力が弱いキャラを使うことに決めたのだ

澪「だめだ!」

唯「えっ!?」

梓「み、澪先輩!?チームなんだから同じキャラクターでもいいじゃないですか!?」

唯「そうだよーチームプリンだよ~(プリン食べたくなっきたよ~」

澪「だっ…だって…」

澪「みんな同じプリンだったら見間違えちゃうだろ///」

唯「」


唯「はあ…それじゃ私はドンキーでいいや…」

梓「私はルイージでいいです…」

ガララッ
聡「皆さん、ムギ茶もって来ましたよ」

唯「あ~ありがと聡くん」

澪「そこに追いといくれ」

律「私はネス続投で行くわ」

梓「それじゃ律先輩、お手合わせお願いします」

律「ふふ、まー簡単にはやられはせんよ、かかってこいよ」

レディーゴー

律「くらえェー必殺のPKサンダーアターック」

澪「ちょっ!?」

ウェーンディービーゼー

澪「やられちゃったよ…」

律「ふっはっはー、伊達に弟と鍛えてないぜ」

梓「(なんだかんだで律先輩やるじゃないですか)

律「梓!つぎはお前だー!」

バンッ(ウォー

梓「くっ!これじゃ復帰できない…でもまだ残機はありますよー!!」

澪「みんな!1機もらうぞ!」ヒュイ

梓「」

ウェーンディービーゼー

律「残りは唯2機と澪1機か…」

唯「やるねーりっちゃん! 」

澪「唯!気を抜くなよ!」

律「オラー!」カキーン

澪「げっ!ふっ飛ばされちゃったよ…」

唯「大丈夫だよ!プリンの復帰能力は凄いから」

澪「それっそれっ」ふわふわ

唯「あとちょっとでガケに届くよ!頑張って澪ちゃん!」

澪「いけー!!」

プープーリーンー

ウェーンディービーゼー

澪「」


澪「なんでだよ!!上Bは復帰技のはずだろ!?!?」

唯「澪ちゃん…ヨッシーとプリンは例外なんだよ…」

澪「ふざけるな!唯!残機もらうよ!」

唯「え、えぇ!?私ももうダメージが…」

ヒョイ

澪「よーし復活だー、唯…2対1ならきっと勝てるよ!」

唯「…」


ウェーンディービーゼー

澪「っておい!なんで私だけになってるんだ!?みんなだらしないぞ!」

唯(澪ちゃんが残りストック奪っちゃうからだよ)

澪「あーもー!1体1で律に勝てるわけないじゃん!」

律「ふふん、でも私も残りストック1でダメージもたまってるからもしかしたら勝てるかもしれないぜ」

澪「えっ?あ、ほんとだ!さすがの律も年貢の納め時だな!」

梓(さっき唯先輩を追撃する振りしてわざと落ちて、ストック1になってくれたんですよ…初心者のあなたのために)


澪「私はほぼノーダメージ、律は100%超え…」

律「そういうことだ、まあ私が澪ごときにやられるわけないがなー、へへーん」

澪「ふーん!すぐに泣きを見ることになるぞ律ー!」


唯「ねえあずにゃん」ヒソヒソ

梓「なんですか唯先輩」ヒソヒソ

唯「うらやましいね、あの二人」

梓「えっ?」

唯「だってりっちゃんは澪ちゃんを楽しませるためにわざと手を抜いてるんだよ、気を使って気付かれないようにね」

梓「そうですけど…」

唯「澪ちゃんも凄く楽しそう…やっぱり二人は幼馴染なんだね
  私はいつも自分のペースに他人を巻き込んじゃって相手のことを考えないときがあるの
  でもりっちゃんは、いつも自分よりも常に他の人のことを気にかけてる
  だから澪ちゃんも安心してりっちゃんと仲良しでいられるんだよ
  そういう関係がうらやましいな…って」

梓「…」

澪「ふふー律ー覚悟しろー!」ニコニコ 律「へへ、むだむだあー!」ニコニコ

梓「たしかにそうかもしれませんね…」ニコッ


梓(私は勝手だった…ちょっと澪先輩が拗ねただけで澪先輩を全否定しそうだった
  だけど律先輩は澪先輩の悪いところもいい所も大好きでいられる…
  ちょっと反省しちゃうな…)

唯「がんばれー!!」

梓「澪先輩も律先輩も頑張ってください!」

もう勝っても負けてもどっちでもいい
みんなが楽しめること、これが一番大事なんだ!

澪「とりゃ!」

律「とう!」

カキーン

唯「ああっ澪ちゃんが吹っ飛ばされた」

梓「!」

律「!」


ポチッ
ノーコンテストー

澪「あっごめーん間違えて中断しちゃった♪」てへぺろ

梓「」


紬はお嬢様、
澪たちはテレビゲームなどという低俗な遊びを紬ができるわけが無いと思い
あえて誘わなかったのだ



次の日の放課後


紬「みんな、お茶が入ったわよー」

澪「昨日のスマブラ面白かったなー」

紬(えっ…)

律「まあな」

唯「あずにゃんに振動パック取り付けたらビクッってなってコントローラーごと64引っ張ちゃってw」

律「そうそうww64はピガガーってなってww梓のリアクション込みでわらったなww」

梓「わ、笑わないでくださいよ///びっくりしちゃっただけなんですから!!」

澪「でもあれはみんな腹抱えて笑ったなー、久々だよあんなに笑ったのww」

紬(ちょ…ちょっと…)ガクガク

みんなが自分の知らない話題で盛り上がってる
紬は震えるほどにこの状況がだめだった

紬(みんな、私抜きで遊んだんだ…)

律「あのときの梓のまねー!…に゛ゃっ!」ビクッ

唯「あはははwww似てるww似てるよーww」

梓「むー!!似てないです!!」

澪「ちょっとやめろよwwwぶっwww」

紬(話に入りたい…、そうだ…怖いけど自然に何の話してるのか聞こう…
  勇気を出して…琴吹紬…!自然に…自然に…)

紬「な、なんの話してるの?」ビクビク

唯「えっ」

紬「えっ…」

しらー…

澪「え…えと…(紬が64知ってるわけないし…そこから説明するのめんどいな…)」

律「昨日梓が間抜けなことをしちゃってなーw」

梓「してないです!!」

唯「してたよーwww」

やいのやいの

紬(あ…教えてくれない…またみんなだけの喧騒…
 抽象的な事しか教えてくれず私抜きで盛り上がって…)

紬は本当にこの状況がだめだった
泣きそうだった


紬(あ…だめ…このまま一人で泣いちゃだめ…
  私はけいおん部に入ってお嬢様じゃなくて
  みんなと仲良くできる女子高生になりたいと思ってたんだから…)

紬「み、みんなスマブラやってたの?」

一同「!?」

一同は驚愕した、まさかあの琴吹紬がテレビゲームの知識があるとは思わなかったからだ
そして冷静に考えてみる、そして一つの結論にたどり着く、スマブラというのは聞き間違えではないかと

律「あ、…あースポブラって言ったのか。私はスポブラしてないぞー」

唯「ていうかブラが必要ないよn」

ゴンッ

紬「違うわ、スマブラ」

澪「あ、ああ須磨寺か、兵庫県神戸市須磨区にある仏教寺院。
  真言宗須磨寺派大本山。山号は上野山(じょうやさん)。本尊は聖観音の事だよな
  たしかに京都(原作ではここは東京あたりだけど)からは近いけどそんなとこに行ったりはしないなー」

紬「違うわ、スマブラ」

梓「ん、んーとスマトラ島のことですね?スマトラ島沖地震が有名ですよね
  スマトラなんて私たちみたいなしがない軽音部員が旅行にいける場所じゃないですよ」

紬「違うわ、スマブラ」


唯「えーと…ひょっとしてムギちゃんは
  ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズの事をいってるんじゃないかな…?」

梓律澪「!!」

澪「そんなわけないだろ!」

梓「そうですよ!唯先輩みたいな一般家庭じゃないんですから!」

律「そうだぞ!まちがってもそんなゲームなんて知らないはずだ」

紬「」


紬「私だってスマブラぐらい知ってるわ!!」

澪「!!」

律(げぇ…これは斉藤相手に見せた怒らせると怖いムギ…)

梓(まさかこうなるとは…)

唯「…ぶwっ」←昨日の梓で思い出し笑い

紬「みんな私に黙ってスマブラで遊んでたのね!」

澪「え…黙ってというか…」

紬「ひどいひどい!私もいっしょに遊びたかった!」

律「そうだったのか…」

唯「ごめんねムギちゃん…決して仲間はずれにしたわけじゃなくて…」

梓「はい…ムギ先輩はスマブラになんか興味ないと思って…」

紬「グスンッ…」

律「ま、まあ私達もムギがやりたいっていうなら大歓迎だ!な?」

唯「うんうんうん!大歓迎だよ!」ブンブン

梓「そうですよムギ先輩、さ、これで(ハンカチ)涙を拭いてください」

紬「ほんと?…」グスンッ

律「ああ、軽音部のみんなでスマブラできるなんて楽しそうだぜ」

唯「私もムギちゃんとゲームしてみたかったんだー」

紬「あ、ありがとう…」グスグス

想いは声に出せば伝わるものなんだ…という話でした




澪「だめだ!!」

紬律唯梓「!?!?」


2
最終更新:2010年03月17日 00:57