律「はあ、お腹すいたなー」

律「まったく聡のやつめ、私のお菓子勝手に食いやがって…」

律「帰ったらデコピン100回ぐらいやらないとな」

律「ん?あれは…」

唯「……」

律「唯だよな…こんな夜遅くに制服なんか着てどうしたんだろう」

律「おーい、ゆいーっ」

唯「……」スッ

律「あっ、路地裏に消えた…待てーっ!」タタタ

律「あれ?確かにこっちに行ったと思うんだけど…もういない」

律「どうしたんだろう…」



――翌日

律「おはよう」

唯「おはよっ、りっちゃん」

紬「おはよう」

律「なあ唯」

唯「なーに?」

律「お前さあ、昨日の夜何してたんだ?」

唯「何してたって…憂といっしょにゲームしてたよ」

律「いやいや、昨日の九時ぐらいに外に出てただろ?」

唯「そんなことないよ。その時間はお風呂入ってたもん」

律「嘘つくな!制服着てて路地裏に消えてっただろ!」

唯「それってりっちゃんの見間違いじゃないの?」

律「そんなはずないぞ!2年も一緒にいて間違うはずない!」

唯「そこまで言うなら…憂に聞いてみてよ」

律「おっしゃぁ!これで嘘だったら今日のお菓子はわたしにくれよな!」

唯「望むところだよりっちゃん!」

紬「あらあら」


憂「はい。お姉ちゃんは昨日の九時はお風呂に入ってましたよ」

律「そんな…」

唯「ほら、言ったじゃん!」

律「じゃあ、あれはなんだったんだ…?」

憂「どうしたんですか?」

紬「昨日ね、りっちゃんが夜に制服を着た唯ちゃんを見たって言うの」

憂「そんなはずありませんよ。そんな夜遅くにお姉ちゃんを外に出したりしませんから」

律「そりゃあ、考えたらそうだよな」


唯「へへーん、これでりっちゃんのお菓子は私のものだね!」

律「なっ!私はそんなこと言ってないぞ!」

唯「いいや!私は聞いたもん!このデコりっちゃん」

律「そんなこと言うのはこの口かあ!」グニュグニュ

唯「ふいまへんでひふぁ~」

紬「あらあら」

憂「うーん……」

紬「どうしたの?憂ちゃん」

憂「いいえ、何でもないです…」

紬「そう?」

憂「……」



――放課後

唯「おいひい!」

律「結局食べられた…」

紬「まだあるから…」

澪「そろそろ練習するぞ!」

梓「そうですよ!ゆったりしすぎです!」

律「いいかげんにこの空気に慣れろよなー」

梓「慣れたくないです!」

唯「はい、タイ焼き」

梓「ちょっとだけですよ」

澪「買収されるのはやっ!」

さわ子「やっと静かになったわね…」

律「あっそうそう、昨日の夜にさぁ唯を見たやついる?」

唯「その話は終わったじゃん!」

律「でもあれは絶対唯だって!」

澪「何がなんだ?」

紬「しかじか」

澪「私は見てないけどな」

律「役立たず」

澪「う、うるさいっ!」

梓「……それってひょっとしてドッペルゲンガーじゃないんですか?」

唯「ろってんまいやー?」

紬「ドッペルゲンガーよ」

梓「簡単に言うと、もう一人の自分ですよ」

律「なんだそれ?すっげぇ痛いな」

梓「自分のドッペルゲンガーを見た人は死んでしまうっていう話もありますよ」

唯「えーっ!?死んじゃうのはいや!」

澪「ま、ままままだ決まったわけじゃあないからな?」

律「怖がりすぎだろ」

紬「でも、もしそれが唯ちゃんのドッペルゲンガーだったら…」

梓「はい。唯先輩が見たら死んじゃうかもです」

唯「いやだぁぁああああ!!」

さわ子「じゃかあしい!」バン

澪「ひいいいいっ!?」

さわ子「ゲンガーだかゴーストだか知らないけど、そんなの噂よ!静かにお茶しなさい!」

唯「そうだよね!」

律「まったくさわちゃんめ…フラれたからって…」

さわ子「ああん!?」

律「ナンデモナイデス」

梓「……」


……

律「はあ、疲れた」

澪「今日は何もしてないだろ!」

律「あんまり怒ってると、老けるぞ」

澪「うっさい!」バキン

律「なふっ!?いてぇ~」サスサス

澪「自業自得だ!」

律「意味が違うのでは…」

澪「ふん!」

律「あっでも気をつけろよ」

澪「何に?」

律「もう一人の唯にだよ」

澪「な、なななにばかなこと…」

律「夜、一人で歩いてると…突然、もう一人の唯が…!」

澪「きゃああああっ!」

律「あははっ、じゃあな」

澪「も、もう…」

澪「……」

澪「り、律があんなこと言うから…余計に怖いじゃないか…」


澪「うぅ…だ、だれかぁ…」

にゃーん

澪「ひいいっ!? な、なんだネコか…」ホッ

トントン

澪「ん?」クルッ

唯「……」

澪「うわぁ!?ゆ、ゆゆ唯!!?」

唯「……」ジリ

澪「ま、ままま待て!私はおいしくないぞ…」

唯「……」ジリ

澪「待ってよ…イヤだよ…」

唯「……」バッ

澪「いやあああああああああっ!!?」


和「何驚いてるの?」

澪「いやあああああ………へっ?のどか?」

唯「澪ちゃん、肩にゴミがついてたよ」

澪「あ、ああ。ありがとう…」

澪(あれ?本物の唯か…)

和「唯がそんなに怖かったの?」

澪「いや、そういうわけじゃ…。ただいきなり来るから」

唯「ごめんね。ついつい」

澪「もういいよ。で、和と唯は一緒に帰ってる途中なの?」

和「そうよ。帰り道にばったり会ったもんだから」

唯「そういうこと」

澪「ふふっ、仲良しなんだな」

和「じゃあまた明日ね」

唯「ばいばーい」

澪「うん。また明日」

澪「ほっ。なんだよ…律があんなこと言うからビックリしちゃったじゃないか」

澪「さて帰ろうかな」



――翌日

澪「ふう、ちょっと遅くなったな…」

唯「るんら~ん♪」

澪「あっゆいー!」

唯「おおう!澪ちゃん!」

澪「いつもこの時間に学校に行くの?」

唯「うん!今日は憂が日直だから一緒じゃないけどね」

澪「そっか」

唯「澪ちゃんも今日は遅めだね?」

澪「あ、ああ。ちょっとな」

澪(昨日のことが怖くて眠れなかったなんて言えない…)

唯「ふーん」

澪「あっそういえば、昨日は和とどこに行ったんだ?」

唯「へっ?昨日?」

澪「うん」

唯「私、昨日は和ちゃんと会ってないよ?」

澪「えっ?そんなはずないだろー」

唯「本当だよ!昨日はあずにゃんとまっすぐ帰ったし」

澪「でも、私昨日は唯と和に会ったぞ?」

唯「えーっ?それって本当に私?」

澪「本当だって!ちゃんと話したし」

唯「うーん…それってもしかしてなんとかゲンガーじゃないの?」

澪「えっ……」

唯「なーんてね!」

澪「……」

唯「み、澪ちゃん戻ってきて!」

……

唯「じゃあ放課後にね!」

澪「あ、ああ」

澪(唯本人がああ言ってるならそうなんだろうけど…)

澪(でも、あれは絶対唯だよな)

澪(よし、和に聞いてみよう)

澪「おはよう」

先生「遅刻だぞ秋山」

澪「えっ?あ、あれ…?」

澪「はあ…今日はツイてないな…」

和「めずらしいわね。澪が遅刻だなんて」

澪「今日は遅めに家を出たし、途中で唯に会ったからゆっくりになったんだろうな」

和「それは残念ね」

澪「ところで和」

和「なに?」

澪「昨日は唯と一緒にいたよな?」

和「まあね。というか会ったじゃない」

澪「だよな」

和「いきなりどうしたの?」

澪「いやあ、唯がさ、昨日は和に会ってないって言うんだ」

和「それは変ね」

澪「だろ?でも和が言うなら本当だってわかったからもういいや」

和「ずいぶん適当なのね」

澪「もうこの話題はいいの!」

和「そう」

澪(やっぱり唯が間違えたとしか考えられないよな…)

澪(そうだよな…唯はとぼけることがあるからな…そうだそうだ)

澪(よし、この話は終わり!)



――放課後

律「あー今日は疲れたな」

紬「あらあら、また今日も練習しないの?」

律「いいんだよ。最近は結構練習してたしな。たまには休みが必要だ」

紬「そうね」

ガチャ

律「やっほー」

ジャラーン

唯「ふう…あっりっちゃん」

律「えっ?どうしたんだよ唯」

唯「なにが?」


律「先に行ってると思ったら練習なんかしちゃって…」

唯「何言ってるの?私たちは軽音部だよ。練習しなきゃ」

律「ど、どうしたんだよ…」

紬「熱でもあるのかしら?」

唯「もう、りっちゃんもムギちゃんもバカにしちゃって」

律「わるいわるい…」

梓「こんにちはー」ガチャ

澪「あれ?唯が練習してる」

梓「本当ですね」

唯「たまには先輩らしいところ見せないとね」

梓「すばらしい心がけです!」

澪「まあそうだな」

澪(なんだ?唯が練習するなんて…)

律「はあ、仕方ない今日は練習するか」

紬「そうね。ティータイムはあとでしましょう」


……

律「ふう、今日はほんっと疲れたわ」

澪「そうだな。今日は疲れたな」

律「まったく…唯があんなことやるからだ!」

澪「でもいいじゃないか。唯がやる気だすとほかのみんなもやる気が出てくるし」

律「それもそうだけどな…」

澪「でも唯って最近おかしいよな」

律「なんで?」

澪「ほら今日みたいに練習するなんて言ったり、和と一緒に帰ってたのに帰ってないなんて言うし」

律「ああ、澪が言ってたやつか」


澪「うん。でも深く考えすぎだよな」

律「そうだぜー。考えすぎもお肌によくないぜ!」

澪「余計な御世話だ!」バキン

律「あふっ!?いたいです…」サスサス

澪「じゃあな」

律「殴って帰るとか…どんだけだよ」

澪「ふう…なんだか今日はほんとに疲れたな」

律「……」テクテク

澪「あれ?律、戻ってきてどうしたんだ?」

律「……」スタスタ

澪「あっおい!どこ行くんだよ!」

律「……」スタスタ

澪「り、律?」

律「……」スタスタ

澪「行っちゃった…」

澪(何だったんだ今の律は…)

澪(話しかけても無視するし…)

澪(もしかして…ドッペルゲンガー…?)

澪(……はははっ、まさかな…)


2
最終更新:2010年03月18日 00:55