――翌日

澪「ふう、今日は早めに出ちゃった」

唯「あっ澪ちゃん」

澪「おう、唯と憂ちゃん。おはよう」

憂「おはようございます、澪さん」

澪「今日は早いんだな」

唯「うん。たまには早く起きないとね」

澪「えらいぞー」

憂「澪さんもえらいですよ」

澪「う、憂ちゃんに言われるとなんだか恥ずかしいな…」

唯「あははっ、澪ちゃん照れてるー」

澪「わ、笑うなよっ!」


唯「じゃあ澪ちゃん、また放課後にね」

澪「ああ」

澪(なんだろう…やっぱり唯がおかしい…)

澪(おかしいんだけど…違うと断言できない…)

澪(ああもう!もどかしいな)



――放課後

ガチャ

澪「おーっす」

律「おっ澪、遅いぞ」

唯「もう練習始まってるよ」

澪「えっ!?も、もうか?」

梓「はい…なんだか先輩達がやる気なんです」

紬「ティータイムもなしにすぐに練習始めたの」

律「おいおい、私たちも練習ぐらいするよ」

唯「そうだよムギちゃん」

紬「そ、そうね」

澪(り、律まで…)

澪(唯も律も…いったいどうしたんだ?)

律「おい澪、はやく準備しろよ」

澪「ああ、わかった」

……

ジャーン

律「ふう、今日は良かったな」

澪「そ、そうかな」

紬「なんかみんな元気ないっていうか…」

唯「そう?」

律「そんなことないって。いつも通りだったよ」

澪「ま、まあほんのちょっとっだけだったからな」

梓「考えすぎでしたね、澪先輩」

紬「……」

唯「じゃあ今日は帰ろうよりっちゃん」

律「そうだな唯隊員」

……

律「……」

澪「な、なあ律」

律「なに?」

澪「今日はなんだか静かじゃないか。何かあったのか?」

律「何もないよ?」

澪「そ、そうか…」

澪(律も、唯みたいになんかおかしいな)

澪(昨日何かあったのか…?)

律「澪」

澪「ひゃ、ひゃい!?」

律「もうお家だから、じゃあな」

澪「あ、ああ」

澪(なんだろう…やっぱりおかしい)

澪(いつもなら最後に何か余計なこと言ってから帰るのに…)

澪(律…いったい何があったんだ…?)



――澪の家

澪「ふう…予習終わりっと」

澪「……」

澪(今日は唯と律が自分から練習していた)

澪(いつもなら真っ先にティータイムをしていた二人が、だ)

澪(唯に関して言えば、数日前から様子がおかしかった)

澪(ドッペルゲンガーだとか何とかではないと思うけど…)

澪(やっぱり何かあるとしか…)


ガチャ…

澪「ん?誰…?」

律「……」

澪「律?どうしたんだ?なんでこんな時間に…」

律「なあ澪」

澪「な、なんだよ…」

律「澪は私のこと好き?」

澪「な、なな何言ってんだ!!?」

律「好きなの?嫌いなの?」

澪「そ、それは…好きだけど……」

律「そうなんだ」

澪「でも…今のお前は好きじゃない」

律「……」

澪「お前は律なのか?本当の律なのか?」

律「……」ガシッ

澪「なっ、なにをっ!?」

律「澪、澪、澪、澪」

澪「ひいっ!?は、はなせっ!」バッ

律「澪、澪、澪、澪、澪」

澪(このままじゃ…殺される…!)

澪「く、くるなーっ!!」


ガシャン!

梓「澪先輩っ!」

澪「あ、梓!?」

梓「さあ、早く逃げましょう!」

澪「うわっちょ、ここ2階だぞ!?」

梓「しっかりつかまっててください!」

澪「う、うわぁあぁあああっ!?」

スタン

タタタ…

律「……澪」

……

梓「ここまでくればもう大丈夫です」

澪「はあ…はあ…お、おい!あれはいったい何なんだ?あの律は何なんだ!?」

梓「いきなりですが…澪先輩はドッペルゲンガーの存在を信じますか?」

澪「へっ!?そ、それはわからないけど…」

梓「あの律先輩はドッペルゲンガーです」

澪「そ、そんな馬鹿な…」

梓「厳密にいえば、あれは律先輩じゃないけど律先輩なんです」

澪「はあ?どういうことだ?」


梓「ドッペルゲンガーは本当に存在します」

梓「そしてあることがきっかけでドッペルゲンガーが現れると、そいつは徘徊しだします」

澪「うん」

梓「ドッペルゲンガー自体に人を襲う能力はありませんが…」

梓「ドッペルゲンガーはその本人に入りこむことによって支配することができるんです」

澪「な、なんだって…?」

澪「ということは、もし私に私のドッペルゲンガーが入りこんでしまったら…」

梓「澪先輩はドッペルゲンガーによって支配されます」

澪「……」


梓「ドッペルゲンガーによって支配された人は、他の人間を自分たちと同じドッペルゲンガーによって支配させようとします」

梓「律先輩が襲ってきたのも…澪先輩を自分と同じようにするため…」

澪「そ、そんな…」

梓「ドッペルゲンガーが本人を支配することはそう簡単にはできません」

梓「なので、他のドッペルゲンガーに手伝ってもらうんです」

澪「じゃ、じゃあ律は…元に戻せるのか!?」

梓「残念ながら…」

澪「う、うそだ…そんなのいやだ…」

梓「澪先輩…」

澪「……」

梓「…ここは逃げましょう。私たちだけでも助からないと…」

澪「あ、ああ」

……

――軽音部部室

澪「ここまで来れば大丈夫か…」

梓「そうですね」

澪「でもなんで梓はそんなこと知ってるんだ?」

梓「そういうのに詳しいので」

澪「そ、そうか」

澪「でも…律だけじゃなくて唯もおかしかったよな」

梓「そうですね…おそらく唯先輩も…」

澪「そんな…」

澪(唯は多分、和といっしょに会った時にはもう…)


澪(…待てよ?)

澪「なあ梓」

梓「なんですか?」

澪「その…まだ本人を支配してないドッペルゲンガーは、他の人と話したりできるの?」

梓「いえ、できませんね。やつらは誰とも話さずにさまよい続けますから」

澪「そうか」

澪(じゃあ和といた時の唯はドッペルゲンガーに支配された唯ということか…?)

澪(でも…その次の日に会った唯はまだ支配されてなさそうだった…)

澪(……ダメだ!頭が回らない!)

梓「澪先輩」

澪「な、なに?」

梓「澪先輩は…最近の部活は楽しかったですか?」

澪「えっ…どういうことだ?」

梓「ドッペルゲンガーに支配されている人と演奏するのは楽しかったですか?」

澪「…全然楽しくなかったな。なんかやっていてまるで他人とやってるようだった」

梓「…そうですか」

澪「なんだ?いきなりそんなこと…」


ガチャ…

澪「だ、誰だ!?」

澪「……」

澪「わ、私!?」

梓「澪先輩、あなたにはがっかりしました」

澪「あ、梓!?これはいったい…!?」

梓「あなたもドッペルゲンガーに支配されてください」

澪「な、なにを…」

梓「澪先輩なら分かってくれるかと思ったのに…」

澪「梓…もしかしてお前は…」

梓「違いますよ? 私はドッペルゲンガーなんかに支配されてないです」

澪「な、ならなんでこんなこと…」

梓「私は軽音部のゆるい空気が大っきらいなんです」

梓「いつもいつも練習しないでお茶会だなんて…」

梓「そんなふざけたやつらをドッペルゲンガーに支配させて、私の思い通りに動かせば…軽音部もちゃんとした部活になります」

澪「ふざけたことを…!」

梓「もうお話は終わりです。これからの軽音部は私がちゃんとしますので安心してください」

澪「あずさあっ!」

澪(ここまでなのか…律…唯…!)


ガシャン!

澪「ま、窓が!」

憂「澪さん!助けに来ました!」

澪「憂ちゃん!?」

梓「憂、なにを…!」

憂「梓ちゃん、あなたのやっていることは間違っている! お姉ちゃんや軽音部のみなさんにあんなこと…」

梓「私は間違ってない! 憂にはわからないよ」

憂「そう…もう話はできないね」

憂「澪さん!私につかまってください!ここから逃げます!」

澪「ま、待て!ここが何階だと思って…」

憂「とりゃあっ!」ヒュン

澪「いやああああああっ!?」

スタッ

タタタ…

梓「憂…どうしても邪魔するのね」

梓「絶対に逃がさない…!」

……

――プール近く

憂「ここならなんとか…」

澪「う、憂ちゃん!いったい何が起こってるんだ?梓はどうしたんだ!?」

憂「…澪さんは梓ちゃんから大体の話は聞いていますか?」

澪「……………って聞いたんだけど」

憂「…梓ちゃんの話の通り、ドッペルゲンガーは人を支配します」

憂「ですが、そんなこと普通は起こるはずがないんです」

澪「じゃあなんで…」

憂「梓ちゃんはドッペルゲンガーを操ることができるんです」

澪「そ、そんなバカな…」

憂「そして、支配された人を自分の思い通りに動かして他の人をドッペルゲンガーに支配させたんです」

澪「信じられないけど…つまり、梓はドッペルゲンガーを操って自分の思い通りにならない軽音部を変えようとしたのか…」

憂「はい…」

澪「でもなんで憂ちゃんはこんなこと知ってるんだ?」

憂「私たちのクラスにこのことについて詳しい人がいて…その人がクラスのみんなにドッペルゲンガーについて教えたりするんです」

憂「彼女の言うことはとても信じられないことばかりだったんですが…まさか梓ちゃんがこんなことするなんて…」

澪「そうだったのか…」

憂「梓ちゃんはよく軽音部の愚痴を私にこぼしてくるんですが…このごろそれがひどくなってて…」

憂「もしやと思って梓ちゃんの周りを監視していたら…お姉ちゃんに律さん、紬さんまでやられてしまって…」

澪「えっ? ムギもか!?」

憂「はい」

澪(そんな…私以外、みんなやられちゃったのか…)

憂「澪さんは私が会った時にはまだ大丈夫そうだったんですけど…ギリギリでしたね」

澪「えっ?いつ会ったっけ?」

憂「和さんと私が一緒にいたときですよ」

澪「あ……あれ憂ちゃんだったのか!」

憂「はい…お姉ちゃんの格好で捜査してたんです」

澪「似すぎだよまったく…」

憂「すみません…こうでもしないと梓ちゃんの目はごまかせないですから」

澪「憂ちゃんはみんなのために動いてくれてたんだな」

憂「でも…助けることができたのは澪さんだけでした」

澪「……なあ憂ちゃん、ドッペルゲンガーに支配された人は元に戻せないのか?」

憂「梓ちゃんはそんなこと言ったんですか?」

澪「あ、ああ」

憂「そんなことはないはずです。元に戻すことは可能ですよ」

澪「ほ、本当か!?」

憂「はい。でも…その方法が分からないんです」

澪「そ、そんな…」

憂「私もお姉ちゃんを元に戻そうとしたんですが…無理でした」

澪「憂ちゃんでも…」


憂「でも…澪さんならできると思います」

澪「わ、私!?」

憂「私は軽音部のみなさんならできると信じてます」

澪「私じゃ無理だよ…」

憂「私も元に戻す方法を探してみます」

澪「ど、どうやって?」

憂「このドッペルゲンガーを教えてくれたクラスメイトに聞いてくれば…」

澪「そ、そうか」

憂「でも…澪さんを残していくのは…」

澪「私のことなら大丈夫だ。気にしないでいいよ」

憂「で、でも…」

澪「いいんだ。それに憂ちゃんがその方法を聞いてこれば、私がやられても……」

憂「澪さん…」

澪「だから行ってこい!憂ちゃんならできるよ」

憂「わかりました…では、行ってきます」

澪「……行ったか」

澪「うぅ…あんなこと言ったけど、やっぱり怖い…」

澪「律…唯…ムギ…」

澪「待ってろよ…私が必ず助けてやる…!」


ザッ…

澪「! だ、誰だ!」

律「……」

澪「律…」

律「澪…一緒に行こう」

澪「い、いやだ…」


3
最終更新:2010年03月18日 00:57