律「なんで?どうして?」

澪「お前は律じゃないからだ」

律「何言ってるの?私は律だよ?」

澪「違うっ!お前は律じゃない!」

律「私は律だよ。私は律だよ。私は律だよ」

澪「うるさい!お前は律なんかじゃない!」

律「……澪。なんで逃げるの?どうして?こんなにも愛しているというのに」

澪「やめろ…来るな…くるなぁっ!」

律「…ぷくく」

澪「へっ…?」

律「あははっ!おびえすぎだろっ!」

澪「り…つ…?」

律「私は律だよ。本当だ」

澪「律…りつぅ!!」ダキッ

律「うわっ!?きゅ、急に来るな!」

澪「うわぁぁぁぁぁん!」

律「…よしよし」ナデナデ


澪「いつから元に戻ってたんだ?」

律「いやあ、ここまで来るのは覚えてないし…気が付いたら澪がおびえてたんでついつい…」

澪「ついついじゃない!」ボカン

律「あうっ! 久々だな~」サスサス

澪「まったく…」

律「へへへっ」

澪「ふふふっ」

律「ところで何が起こってるんだ?私にはさっぱりだ」

澪「えっと…かくかくしかじか」

律「そ、そんなことが…」

澪「とても信じられないけどな」

律「じゃあ梓を止めなきゃな! 軽音部を自分のものするなんて許せるわけない!」

澪「ああ…でも…」

律「なんだ?」

澪「梓がこんなことしたのも私たちのせいだよな」

律「なんで?」

澪「だって…結局、梓は今の軽音部がいやだからこんなことしたんだろ?私たちがもっとちゃんとしてればこんなことには…」

律「いいや、それは違うぜ澪」

澪「えっ…?」

律「あいつにはもっと大事なことを教えなきゃいけないだろ」

澪「大事なこと?」

律「それはだな…」

澪「……」

律「…やっぱやめた」

澪「なんでだよ!」

律「だって言うのが恥ずかしいし…」

澪「なんだそりゃ…」

律「まあ澪なら言わなくてもわかるだろ」

澪「わかんないって」

律「とにかく!今は梓をどうにかして、唯とムギを助けるぞ!」

澪「うん!」

律「でも…あいつらはどこにいるんだ?」

澪「多分…部室にいると思う」

律「部室か…行くか?」

澪「あ、ああ」

律「…大丈夫かよ?怖いだろ?」

澪「う、うん…でも、今は律がいるから怖くない」

律「澪…嬉しいこと言ってくれるじゃん!」バン

澪「あうっ! きゅ、急に殴るな!」

律「へへへっ…それじゃ、憂ちゃんが来る前に部室に行くぞ!」

澪「ああ!」


律「ここか…」

澪「や、やっぱ憂ちゃんが来るのを待った方が…」

律「ダメだ!これは私たちの問題だ。憂ちゃんを巻き込めない」

澪「もう巻き込まれてるけどな…」

律「よし…開けるぞ」

澪「お、おう」

ガチャ…

律「……なんだ、誰もいないじゃん」

澪「あれ?確かにここにいたんだけどな…」

律「しかたない…今日はもう戻るか」

憂「…澪さん」

澪「! 憂ちゃん!」

憂「……」

澪「よく戻ってきたな。それでドッペルゲンガーの人を戻す方法は…」

憂「……」ガシッ

澪「えっ…ど、どうしたんだ?腕なんかつかんで」

憂「……」

澪「憂ちゃん…?」

律「…澪」ガシッ

澪「り、律!? ま、まさか…」

梓「気付くのが遅すぎですよ、澪先輩」

澪「あ、梓…」

梓「かわいそうに…憂は簡単に仲間になっちゃいました」

澪「そ、そんな…」

梓「律先輩もご苦労様です、おかげで澪先輩が簡単に捕まえることができました」

澪「りつ…そんな…」

律「…澪、仲間になろうよ」

澪「ああ…ああああ…」

梓「さあ…澪先輩、準備はいいですか?」

澪「やめろ…やめろおおおっ!!」

梓「さようなら、澪先輩」

澪「いやああああああああっ!!?」




――数日後

ガチャ

澪「おっす」

律「遅いぞ澪、もう練習は始まってるぞ」

澪「ごめんごめん」

紬「さあ、練習しましょう」

唯「がんばろうね澪ちゃん」

澪「ああ」

梓「やりましょう、先輩!」

律「いくぞー、1234…」カンカン

……

和「ねえ澪」

澪「ん?なんだ?」

和「あんたたち、最近おかしくない?」

澪「どこがだ?」

和「なんかいつもお茶会してたのに、練習に精を出しちゃって」

澪「それのどこがおかしいんだ?練習することはいいことじゃないか」

和「それはそうだけど…」

澪「唯も律もムギも、一生懸命練習するから、軽音部が楽しいんだ」

和「そ、そう…」

澪「今度のライブ、楽しみにしといてくれ」

和「うん、楽しみにしとく…」

和(やっぱりおかしい…)

和(澪も唯もバカみたいに練習してる…)

和(なんか…操り人形みたいに…)


――和の家

和(このところの軽音部の異変…)

和(どう考えても変…)

和(何か…何かあったのかしら…?)

和(そういえばこの前唯が…)


和『それでどうしたの?こんなところまで来るなんて…』

唯『ただの気まぐれってやつだよ和ちゃん!』

和『そう…』

唯『…ところで和さん…じゃなくて和ちゃん』

和『何?』

唯『和ちゃんはドッペルゲンガーっていると思う?』

和『さあ…そんな非現実的なものはないと思うけど』

唯『それはどうかな…』

和『どういう意味?』

唯『ドッペルゲンガーはいたるところで目撃されてるんだよ!』

和『そうなの』


唯『そして…もしドッペルゲンガーがその本人を乗っ取っているとしたら…?』

和『それは怖いわね…』

唯『でしょ?怖いよね』

和『ま、そんなことはあるはずないでしょうけど』

唯『うっ…和ちゃんは手厳しい…』


和「まさか…みんなが変わったのって…」

和「少し、調べてみるか」

和「グーグルで…ドッペルゲンガー…っと」カチ

和「うわ…いっぱいあるのね…」カチカチ

和「ん?…ドッぺルゲンガー研究部屋…?なにかしらこれ」カチッ

和「なになに…ドッペルゲンガーは人を乗っ取ることがある…」

和「なにこれ…唯の言ってたことが書かれてる…」

和「ドッペルゲンガーに乗っ取られている人は簡単に操ることができます…」

和「まさか…これが…!」

和「あっ…管理人の名前が載ってる…」

和「あれ…?この名前って…」

和「どっかで聞いたことあるような…」

和「はっ! 確かうちの高校に…」バサ

和「……いた! 一年二組…鈴木純…!」


――翌日

和「ごめんなさい急に呼びだして」

純「いいえ、私はいつでも暇ですから」

和「そう…でもこっちは急いでるから、手短にいくわよ」

純「どうぞ」

和「ドッペルゲンガーに支配された人を元に戻すのってどうやるの!?」

純「…なるほど。あのサイト、見たんですね」

和「ええ、女子校生がつくったにしてはとてもよくできてたわ」

純「恐縮です」

和「それで、どうやったら元に戻せるの?」

純「それを知ってどうするんですか?」

和「きまってるわ。あの子たちを…軽音部を元に戻すの!」

純「それは誰の意思なんですか?」

和「私よ!文句でもあるの!?」

純「いいえ、ただあなたがでしゃばっても軽音部のためにならないじゃあないですか」

和「そんなこと…!」

純「梓はこう言ってましたよ。『軽音部がまじめになるにはどうしたらいいの?』って」

純「これは軽音部を不真面目にした先輩方の責任ではないんですか?」

和「それは梓の勝手じゃない!」

純「それも真鍋先輩の勝手ですよ」

和「あなたは…!」

純「…ドッペルゲンガーはたださまよい続けるだけです」

純「でも、彼らにだって必要とされることがあるんですよ。梓のように軽音部を正そうとするために使われるならそれはいいことなんです」

和「じゃあ支配された元の人間はどうなるの?」

純「その人たちは死んでなんかいませんよ。ただ、今までの自分を省みているんです」

和「……」

純「ああ、私はなんて馬鹿なことをしたんだろう…ああすればよかったのに…」

純「そうやって自分を正せば自然とドッペルゲンガーの思想に近づくはずです」

純「そして…やがては一つになる…」

和「……」

純「梓は偉いですよ、がんばって自分の理想の部活にしようとしてるんですから」

純「そういう使い方ならば、私はよろこんで協力しますよ。そうすればドッペルゲンガーだって喜ぶ…」

和「黙りなさい!」

純「……」

和「何が理想の部活よ!そんなのただのわがままじゃない!」

和「あの子たちはたしかに練習なんてろくにしないだらしのない部活よ」

和「でもね…それでもみんなで演奏するってことが好きで好きでたまらないの!」

和「だけど今の軽音部の演奏を聴いても…全然楽しいなんて感じないわ!」

純「……」


4
最終更新:2010年03月18日 00:57