唯「みんなおっはよー!」

律「おーっす!唯!」

唯「あっ!ああああああああああああああああちゃん!おいーす!」

ああああああああああああああああ「う…うん…おはよう…」

紬「おはよう、ああああああああああああああああちゃん」ニコッ

ああああああああああああああああ「お…おはよう…///」

ああああああああああああああああ(目が覚めたら…けいおん!世界にいるとは!!やっほーい!!)

ああああああああああああああああ(しかし、なんで名前は“ああああああああああああああああ”なんだ…?)

ああああああああああああああああ(まっ…いいか…)

律「しかしまぁ、ムギの幼なじみがこの桜高校にいたとは…」

ああああああああああああああああ「!!」

ああああああああああああああああ(あのムギちゃんと幼なじみだと…!!)

紬「ふふふ♪」にこにこ

ああああああああああああああああ「ああ…眩しいぜ!てんす…いや天使であるムギちゃんとこんなにお近づきが出来るなんて!!」

律「ああああああああああああああああ…戻ってこーい」

唯「あはは…ああああああああああああああああちゃん、面白ーい」


唯「じゃ、私達ここまで!ああああああああああああああああちゃん、また会おうね!」

紬「ああああああああああああああああちゃん、またね」

ああああああああああああああああ「あっ…うん…また…」


ああああああああああああああああ(しかし…自分の教室なんて分かんないよ…)

―「あら、ああああああああああああああああさん?」

ああああああああああああああああ(この声は…)

さわ子「もうすぐ、HRよ?教室の前につったってないで入りなさい」ニコッ

ああああああああああああああああ「さわちゃん!!アヒョッー!!」

さわ子「だ…大丈夫かしら…?ああああああああああああああああさん…」

ああああああああああああああああ「はっ…な、な、何でもないです!」


それから…僕は自分の身元を可能な限り調べてみた。

名前はああああああああああああああああで、桜ヶ丘高校に通うごく一般の女子高校生。

正直、女子高校生という身分って鼻血ものなのに…

律っちゃんや唯ちゃんからの情報だとてんす…コホン…天使のムギュウの幼なじみだそうだ!

ああああああああああああああああ「…ふふふ…いやー参っちゃうなー」

先生「なにが参ったんだって?ああああああああああああああああ!」

ああああああああああああああああ「あっ!いえ…何も…」

生徒「「クスクス…」」

ああああああああああああああああ(ヒエエー///)


キーンコーンカンコーン

ああああああああああああああああ「ふう…恥ずかしかった…」

ああああああああああああああああ(思ったことをついに口に出してしまうのは賢明ではないようだ…気をつけよう…)

ああああああああああああああああ「ううっ…」ブルブル

ああああああああああああああああ「………トイレに行こうっと…」

ああああああああああああああああ「あったあったトイレトイレ…」ガチャッ

生徒「あっ、ごめんなさい…」

ああああああああああああああああ「いやっ!これはそのっ!決して覗こうとしたわけじゃなくて!」

生徒「?」

ああああああああああああああああ(あっ、そっか…今、僕は女の子だから気にする必要なんてないんだった…)

ああああああああああああああああ「何でも…ないです…」

生徒「…驚かせて…ごめんなさいね…」

ああああああああああああああああ(面目ない…///)


ああああああああああああああああ(トイレに入ったものの…)ゴクリッ

ああああああああああああああああ(あそこがないままで放尿するなんて初めてだ…)

ああああああああああああああああ(とりあえず…スカートを脱ごう…)ドキドキ

パサッ

ああああああああああああああああ(すげぇ…ぱ、ぱ、ぱ…パンティだ…これを脱いでっと…)ドキドキ

ああああああああああああああああ(な、な、何という新境地!息子がいないが…ジャングルは残ったままではないかっ!)ドキドキ

ああああああああああああああああ(あっ…観察は後にして今はようをたさないと…)

チロロロロ…

ああああああああああああああああ(息子がないのに…おしっこの感覚はそんなに差がないなぁ…)

ああああああああああああああああ(後は…ティッシュで拭くだけでいいよね?)フキフキ

ああああああああああああああああ(パンティとスカートをはき直してっと…よし、戻るとするか!)


ああああああああああああああああ(手を洗わないと…ん?)ジャー

ああああああああああああああああ(鏡を見てなかったけど…これが僕?こんなに可愛いとは…けいおん!メンバーに劣らない…)ポワーン…

キーンコーンカンコーン

ああああああああああああああああ「やっべっ!早く教室に戻らないと!」タタタッ





ああああああああああああああああ「何とか…間に合った…」ハアハア…

生徒「そんなに急がなくても…次の先生…歩くのが遅いから余裕があったのに…」

ああああああああああああああああ「な…なんですとー!」ガックシ



昼休み

ああああああああああああああああ(弁当はないから購買に行くか…)

ガヤガヤワイワイ

ああああああああああああああああ(うへぇ…いっぱいだ…でも、可愛い女の子がいっぱいだし…エヘヘー)ポワーン

―「ああああああああああああああああちゃん!」

ああああああああああああああああ「ん!?」クルッ

唯「ヤッホー!ああああああああああああああああちゃん!ああああああああああああああああちゃんも今日は購買のパンなんだ~」

ああああああああああああああああ「あっ…うん…」(うひょー…生の唯ちゃんだー)

唯「そうだ!昼ごはん一緒に食べようよ!ムギちゃんに律っちゃんもいるからさ~!」

ああああああああああああああああ「あっ…うん…ぜひともよろしくお願いします…///」

唯「も~ああああああああああああああああちゃんたら~そんなによそよそしくしなくてもいいのに~」

ああああああああああああああああ(夢じゃないよね…これ?)

唯「こっちだよ~ああああああああああああああああちゃん」

ああああああああああああああああ「こ…ここは…」

唯「ふふふ~私たち軽音部の練習&くつろぐ部屋である音楽室だよ~ああああああああああああああああちゃん!ようこそ~」

ガチャッ

律「遅かったな、唯…おっ、ああああああああああああああああも連れて来たのか?」

紬「他の友達は大丈夫なの?ああああああああああああああああちゃん」

ああああああああああああああああ「あっ…だ…大丈夫だよ…///」

律「澪みたいに恥ずかしがり屋だな~ああああああああああああああああは~まっ、澪の方が恥ずかしがりキングだもんな~」

澪「誰が恥ずかしがりキングだって…」ゴゴゴ

律「あれ~澪さん…いつからここに~?」

澪「唯達がここに入ってすぐだ!」ゴンッ

律「うっうっうっ…澪さん痛いよ~」

唯「あはははは…」

紬「うふふふ…」

澪「ああああああああああああああああ、ごめんな。普段はもっとまじめに練習をするんだけど…」

唯「澪ちゃん、ああああああああああああああああちゃんは私たちと昼ごはんを食べに呼ばれただけだよ~」

澪「あっ、何だ、そうだったのか……って良いはずないだろ!」

律「も~澪は糞真面目なんだから~」

紬「律っちゃん…今食事中…」

律「あ…悪い」テヘヘ…

ああああああああああああああああ「仲…良いですね…」

紬「え…?」

ああああああああああああああああ「いや…なんか羨ましいなぁ、と思って…」

紬(ああああああああああああああああちゃん…)

唯「それじゃあ、これからも一緒にこうやって昼休みにみんなで集まろうよ!きっと楽しいよ!」

ああああああああああああああああ「良いのかい…唯ちゃん?」

唯「うん!」にっこり


律「私も構わないぜー」

澪「歓迎するよ…それに…」

澪「友達…増えるのは…楽しいし…///」

ああああああああああああああああ(澪ちゃん、カワエエエエ!!)

紬「私はああああああああああああああああちゃんとまたこうして一緒になれるだけで嬉しいわ…」

律「しかし、ムギ…同じ学校に通っていたのに何で最近まで気付かなかったんだ?」

紬「ああああああああああああああああちゃんは小学校5年の時、ああああああああああああああああちゃんのお父様の都合で私達離れ離れになったの…」

澪「そうだったのか…」

ああああああああああああああああ(僕は初耳なのですが…)

紬「最初は文通をしていたのだけど、だんだん、しなくなっちゃって…」

律「今に至るまで互いのことを知らないまま過ごしていたのか…」

澪「まさに奇跡だな…」

紬「ふふふ♪」


ああああああああああああああああ「そ…そうだったね…ムギちゃん…ごめん///」

紬「ふふふ♪」

唯「いいな~そんな運命的な再会いいな~」

律「唯には和という保護者がいるだろ!」ペシッ

唯「あはは~」

ああああああああああああああああ「………」

……………………………

唯律澪紬ああああああああああああああああ「あははは…/うふふふ…」

澪「あ…もうすぐ、授業になるな」

唯「え~もっとああああああああああああああああちゃんと話したいよ~」

律「おい、授業出ないと留年するぞ…」

紬「ああああああああああああああああちゃん、放課後、暇かしら…?」

ああああああああああああああああ「えっ…?」

紬「放課後、部活で私達が普段どんな風にしているかああああああああああああああああちゃんに知ってもらいたいの」

ああああああああああああああああ「わかった…ぜひ、見学させて欲しい」(普段の部活は知っているけど、ムギュウのお誘いは断れないぜ!)



教室

キーンコーンカンコーン

ああああああああああああああああ「ふう…ギリギリ間に合った」

生徒「あっ、ああああああああああああああああさん、探していたんだよー?どこにいたのよー?」

ああああああああああああああああ「えっ…?ご…ごめん…」

生徒「まぁ、別に大したことじゃないけどね…山中先生が時間があれば職員室に来て欲しいってー」

ああああああああああああああああ「えっ…何だろ…?ありがとう」


キーンコーンカンコーン

ああああああああああああああああ(さわちゃんのところに行かないと…)

ああああああああああああああああ(それにしても、一体何の用事だろ?)


職員室

ああああああああああああああああ「し…失礼します…」

さわ子「あら…ああああああああああああああああさん来てくれたのね…」

ああああああああああああああああ「あの…一体…何か僕しましたか…?」

さわ子「うーん……ここじゃあれだから…場所を変えようかしら…どう?次の授業については先生に伝えておいたから気にしなくてもいいのよ」」

ああああああああああああああああ「は…はい…」

さわ子「………」スタスタ…

ああああああああああああああああ「………」スタスタ…

さわ子「………」スタスタ…

ああああああああああああああああ(しっかし、さわちゃんは…黙っていれば美人だなぁ…性格はあれだけど…)スタスタ…

さわ子「ん?どうしたの?私の顔に変なのがついているのかしら?」

ああああああああああああああああ「いっ…いえっ…つい見とれて………あっ…」

さわ子「ふふふ…可愛いじゃない…私の目に狂いはなかったわね!」

ああああああああああああああああ「えっ…?」

さわ子「あっ…ゴホンッゴホンッ…ピューピュー♪」

ああああああああああああああああ(やっぱり…いつものさわちゃんだったのか…)


さわ子「さぁて、ここよ…」

ああああああああああああああああ「ここって…音楽室じゃないですか…」

さわ子「さぁさぁ、入って入って!」にこにこ

ああああああああああああああああ(なぜだろ…第6感が危険信号を伝えてくるのだが…)

さわ子「ふふふ…ああああああああああああああああちゃん…これを着てみないかしら…」

ああああああああああああああああ「予想通り……って言っている場合かぁぁぁぁぁ!!」

ガシッ

さわ子「私から逃げられると思っていたら大間違いよ~!!」

ああああああああああああああああ「うわああああああああああああああああ!!!!」

続く




キーンコーンカンコーン…

さわ子「うふふふふふ…楽しかったわ~♪後は自由にして良いわよ~♪」スタスタ…

ああああああああああああああああ「うぅっ…さわちゃんに着せ替え人形のようにされた…」

ああああああああああああああああ「でも…前の引きこもりの僕と比べたら…楽しいな…よいしょっと…」

ああああああああああああああああ「……って!もう放課後かよっ!」

ガチャッ

ああああああああああああああああ「!!」

唯「あれぇ~?ああああああああああああああああちゃん早いね~!」

律「おっ!本当だ!」

ああああああああああああああああ「ちょっとね…」

紬「ああああああああああああああああちゃんったら…」

律「それにしても…何でああああああああああああああああの服、しわくちゃになってんだ?」

ああああああああああああああああ「それは…その…」

唯「さわちゃんに襲われたりして!さわちゃんが狙いをつけた女の子はみんな着せ替えを楽しむんだもんね!」

律「さわちゃんならあり得るな!」

唯・律「アハハハ!」

ああああああああああああああああ「………」(その通りだけどね…しかし、初めてあんな服を着たな…///)

唯「………」

律「………」

唯「律っちゃん、本当みたいだね…」ヒソヒソ

律「みたいだな…ああああああああああああああああの容姿ならあり得ると思っていたが…本当みたいだな…」ヒソヒソ

律「まぁ…あれだ!ああああああああああああああああ!気にするな!減るもんじゃないし!」

唯「そ…そうだよ!私達だっていっつもさわちゃんに着せ替えられているんだもん!」

ああああああああああああああああ「あっ…ありがとう…」(落ち込んでいるわけじゃないんだけどな…)

ガチャッ

紬「あら、ああああああああああああああああちゃん!もう来ていたのね!」

唯「ムギちゃん!ああああああああああああああああちゃんの分も!」

紬「は~い♪」

律「ムギの紅茶とお菓子いつも美味しいんだやなぁ…いや、ああああああああああああああああは知っているか…」

紬「あら?ああああああああああああああああちゃんにはこんなおもてなしは初めてよ」


唯「いつから美味しい紅茶を入れたの?」

紬「高校に入ってからよ。いつも煎れてもらっている紅茶を自分もやってみたいと思ったのがきっかけなの」

唯律「へぇ~」

ああああああああああああああああ「どうりで…」

紬「ふふふ♪」ニコッ

律「なぁ!ああああああああああああああああ!昔のムギについて教えてくれよ!」

唯「あっ!!私も聞きた~い!!

紬「そんな…恥ずかしいわ…///」

ああああああああああああああああ「あっ…ううっ…」(言えない…ムギちゃんの昔なんて知らないってことを…)

律「さあさあさあ!!」

ああああああああああああああああ「ううっ…」(大・ピ・ン・チ…)


紬「キャッ…恥ずかしいから止めて…///」

律「さあさあさあさあさあ!!!」

唯「教えて教えて!!」キラキラ

ああああああああああああああああ「あっ…いやっ…ムギちゃんが嫌がっているし…」

律「な~に言ってんだ―」

ゴンッ

律「いっつぅーなにすんだよー!」

澪「ああああああああああああああああが嫌がってるだろ!律!無理強いをするな!」

律「いいじゃん、ケチー」プー


2
最終更新:2010年03月21日 13:49