紬「でも…ああああああああああああああああちゃん、ううん、あなたはああああああああああああああああちゃんを演じていたつもりだけど…私にとってあなたはああああああああああああああああちゃんそのものよ…」

ああああああああああああああああ「ムギちゃん…」

紬「例えあなたがああああああああああああああああちゃんじゃないとしても…私のああああああああああああああああちゃんと同じように、優しい頑張り屋さんなところは変わりがないわ…」

ああああああああああああああああ「グスッ…ありがと…ムギちゃん…」

紬「私からこそ…ありがとう…あなたは…ああああああああああああああああちゃんにふさわしい人よ…」ギュッー

ああああああああああああああああ「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!」


ああああああああああああああああ「くー…くー…」

紬「クスッ…ああああああああああああああああちゃん、泣き疲れて寝ちゃったのね…」

ああああああああああああああああ「くー…くー…」

紬「うーん…こんな可愛い寝顔を置いて帰るのはもったいないわ…」

紬「………」キョロキョロ

紬「一緒に寝ーちゃおっ♪///」

ああああああああああああああああ「くー…くー…」

紬「うふふ…♪」


チュンチュン…

紬「ん…あれ?ここは…?」

ああああああああああああああああ「くー…くー…」

紬「ああああああああああああああああちゃんの家にお泊まりしちゃったんだった…」

紬「うふふ♪」

ああああああああああああああああ「くー…くー…」

紬「さぁ~ってどうやって起こそうかしらん♪」ワサワサ

紬「えいっ!」コチョコチョ

ああああああああああああああああ「くー…うん…ふっ…ふふっ…うっ…ふふっ…」

紬(面白~い♪)コチョコチョコチョコチョ←加速

ああああああああああああああああ「あはははははははははははは!!!!」

ああああああああああああああああ「って、何してんだよっ!」

紬「ごめんなさい♪面白かったわ~♪」

ああああああああああああああああ「学校に行くまで時間があるし、ご飯食べる?…といっても、ご飯と味噌汁しかないけど…」

紬「ああああああああああああああああちゃんのご飯食べてみた~い♪」

ああああああああああああああああ「ご飯と味噌汁ぐらい誰でも出来るよ…」

紬「わくわく!」キラキラ

ああああああああああああああああ「……」(美味しくしないといけないのか…?)


ああああああああああああああああ「はい、どーぞ」コトッ

紬「いただきます♪」パクッ

ああああああああああああああああ「………」(どうなんだ…?)

紬「………!」ズズズッ

紬「ふふふ♪そんなに気にして♪美味しいわよ!」ニコッ

ああああああああああああああああ「よ…良かった…」ヘナヘナ…

紬「ふふふ♪ごちそうさまでした♪」

ああああああああああああああああ「そろそろ出発しないといけないな…」

紬「片づけをしようかしら?」

ああああああああああああああああ「洗面台に置いてって!後で僕がやるよ!」

紬「いいの?」

ああああああああああああああああ「いいよっ!大丈夫っ!」キガエキガエ

紬「………///」ジッー

ああああああああああああああああ「って…ああああっ!!!///」バタンッ

紬「ドントコイデスッ…///」ポワーン


ガタンッ

ああああああああああああああああ「おほん……待たせたね……///」

紬「女の子同士だから恥ずかしがることはないのに~」

ああああああああああああああああ「僕は元男なのっ!」

紬「あらまあ♪」

ああああああああああああああああ(なんか調子狂うなぁ…まぁ、いっか…)


通学途中

ああああああああああああああああ「………」テクテク

紬「………」テクテク

紬ああああああああああああああああ「「あの…」」

紬「ぷっ…くくくっ…」

ああああああああああああああああ「またかぶったね…」

紬「今度はああああああああああああああああちゃんから話してくれる?昨日は私から話したから…」

ああああああああああああああああ「うん…ムギちゃん…こんな僕ですが…これからもよろしくお願いします…」

紬「もうっ!ああああああああああああああああちゃんったら…当たり前じゃない…///」

ああああああああああああああああ「やはり、僕は…これを言っておかないと落ち着かないよ…」

紬「お互い頑張りましょ♪」

紬「今度は私の番ね…」


紬「ああああああああああああああああちゃんは自分がどう思っているのかわからないけど、私にとってはかけがえのない人なの…まずはこれは最初に言っておくわ…」

ああああああああああああああああ「うん…」

紬「あなたがああああああああああああああああちゃんでないと言っても…あなたがああああああああああああああああちゃんの姿をしているからああああああああああああああああちゃんに代わりないの…」

紬「ああああああああああああああああちゃん…私からもよろしくお願いしますね!」ニコッ

ああああああああああああああああ「ありがとう…ムギちゃん!」


唯「あっ!ムギちゃ~ん!ああああああああああああああああちゃ~ん!」

律「おっーす!お二人さーん!相変わらず仲良いですねー!」

ゴンッ

澪「朝っぱらから何騒いでるんだっ!!二人に迷惑がかかっていることを考えろっ!!」

律「めんごめんご♪」

唯律澪紬ああああああああああああああああ「あははははは…」


紬「ねぇ…ああああああああああああああああちゃん…」ヒソヒソ

ああああああああああああああああ「ん…?」

紬「昨日のことは私とああああああああああああああああちゃんと二人だけの秘密にしましょ♪そっちの方がああああああああああああああああちゃんも好都合でしょ?」ヒソヒソ

ああああああああああああああああ「う…うん…ありがとう…」ヒソヒソ

律「………」

唯「………」

律「唯隊員…なんかあの二人臭いますな~」

唯「律っちゃん隊員!私もそう思います!」

澪「あのなぁ…お前ら…」


唯「ん~何かムギちゃんが親離れしたみたいで寂しいなぁ~」

律「あっ、分かる。私もそんな気がしてなんねぇ…」

澪「たかが、他の友人と親しくしているだけじゃないか…気にするな…」



学校

紬「それじゃ…ああああああああああああああああちゃん…また…」ニコッ

ああああああああああああああああ「うん…じゃーね…ムギちゃん…みんな…」

唯「昼休み暇だった来てね~!!」

律「待ってるからさ!!」

ああああああああああああああああ「あ…ありがとう!///」

唯律澪紬(恥ずかしがってる…ああああああああああああああああちゃん可愛い…)


教室

ああああああああああああああああ「ふぅ…そうだ…文化祭の企画はっと…」

生徒「おはよー!!ああああああああああああああああさん!!」

ああああああああああああああああ「!!」ビクッ

ああああああああああああああああ「び…びっくりしたよ!?」

生徒「テヘヘ…ごめんなさい…ああああああああああああああああさんHRまでメイド喫茶について話しましょ♪」

ああああああああああああああああ「そうしよいか…」


生徒「あっ…そういえば、生徒会に出す書類の締め切り今日だった…」ピラッ…カキカキ

ああああああああああああああああ「ええっ!?メイド喫茶をやることまでしか決まってないのに大丈夫なのか?」

生徒「そんなの大まかで良いじゃん!貸出しに必要なのは…テントにガスコンロにテーブルに…」

ああああああああああああああああ(何か不安だなぁ…)

ガラッ

さわ子「HR始まるわよー」サワヤカー

ああああああああああああああああ「あっ……」

さわ子「………ッフ」ニヤリ

ああああああああああああああああ(アニメで知っているのに、さわちゃんの考えが一番読めん…)

さわ子(メイド服はオリジナリティが必要…いや、典型的なところも残しておかないと…)

生徒「フンフーン♪」カキカキ

ああああああああああああああああ(書類も心配だなぁ…)

さわ子(うん、やっぱり、ああああああああああああああああちゃんに着せてみないとね~)

ああああああああああああああああ(休み時間にもう一回あの子と確認しないと…)ハァ…


休み時間

ああああああああああああああああ「あのさ…書類についてだけど…」

生徒「あっ、もう書き終えたから出したよー」

ああああああああああああああああ「なん…ですと…!?」

生徒「備品については追加申請できるから大丈夫だって~それに生徒会の知り合いにコネを入れてあるから大丈夫!」ペカー

ああああああああああああああああ「こ…コネ…?」

生徒「へへーん!」ニヤニヤ

ああああああああああああああああ(なぜだろ…その笑顔に裏があるような気がしてならない…)

生徒「まぁ、何とかなりますって!」

ああああああああああああああああ「はは…ははは…」

昼休み

ああああああああああああああああ「今・日・は・来・れ・な・い、と…」ピッ

ああああああああああああああああ「ハァ…そろそろある程度煮つめないといけないのに…未確定項目が多い…」

ああああああああああああああああ「っていうか、何で僕がこんに悩む必要があるのだ…?」

生徒「ああああああああああああああああさん、料理はそれだけ?デザート系を出すべきだよ!」

ああああああああああああああああ「デザートっていっても何にするんだ?コンロやホットプレートが必要なら制限があるらしいし、生産量が限られてきてお客さんをさばけないよ…」

生徒「おおっ!ああああああああああああああああさん!現実的!」

ああああああああああああああああ「えっ…いやっ…」(ここまで考えないのか…?僕が変なのか…?)

ああああああああああああああああ「ごめん細か過ぎた?」

生徒「ううんっ!カッコイイ!」

ああああああああああああああああ「えっ…!?」


ああああああああああああああああ(女の子に誉められたのは初めてだ…それに…)

ああああああああああああああああ(人に役立てているってこんなに気持ち良いものなんだ…)

ああああああああああああああああ「………」ニコッ

生徒「それなら、デザートは熱を利用しないもので…よしっ!メニュー決まり!」

ああああああああああああああああ「後はHRで議題を挙げて意見を聞くだけか…」

ガラッ

律「ああああああああああああああああ!いるかー!」

ああああああああああああああああ「!?」ビクッ

澪「他のクラスの人を驚かせるな!!」ゴンッ


ああああああああああああああああ「二人とも…どうして?」

律「いや~どうせ企画で忙しいだろうと思ってさ~」

澪「こっちから訪れてはみてはどうだろうかと思って来たわけなんだよ」

他の生徒達「「ザワザワ」」

律「何か注目浴びてない?あたし達…?」

澪「えっ……///」

生徒(そうだっ!)

生徒「みんなー!この二人は軽音部の人達だよー!」

律澪「えっ…?」

生徒「今日は宣伝に来てくれましたー!当日ライブをやってくれますよね!」

律「ええっ…?当日、15時から講堂にて演奏しまーす!」

生徒「軽音部の人も私達の企画を応援してくれているみたいなのでみんな頑張ろうね!」

生徒達「「おっー!!」」

生徒「ヘへーん!」

律澪ああああああああああああああああ(す…すごい…!)

……………………………

律「いやー…まさかああなるとはね~」

唯「それで澪ちゃんは拗ねてるんだ…」

澪「クスンッ……」

律「み~お~!機嫌直せよ~!」

澪「………」

ガチャッ

紬「ごめんなさい、遅れちゃって!……どうしたの?」

律「あはは……気にするな…」


紬「はい、澪ちゃん、紅茶だよ…」コトンッ

澪「………」

唯「澪ちゃん元気出して!」

律「向こうは良かれと思ってやったんだ…悪気はなかったんだよ…」

澪「そう…だよね…」スッ

唯「おぉ!澪ちゃん隊員復帰しました!」

澪「みんな…宣伝で期待された分…頑張らないとな…」

律「そうだな…澪…」

澪「唯と律…特に二人とも猛特訓が必要だなぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

唯律「」


……………………………

ああああああああああああああああ(澪ちゃん大丈夫だったかな…?)

さわ子「うん…二人とも良い感じに企画がまとまってきているわ」

生徒「やったね!ああああああああああああああああちゃん!」

ああああああああああああああああ「あっ…うん…そうだね…」

さわ子「それじゃ、明日頼むわね…私も頑張らないとっ!忙しくなるわ~!」

生徒「あはは!先生が頑張ってどうするんですか~!」

ああああああああああああああああ(あぁ…この子は知らないのだなぁ…ナムナム…)

さわ子「あら?言わなかったかしら?衣装は私が用意することになったのよ?」

生徒「先生スゴーイ!」

さわ子「ふふふ…期待して待ってなさい…!」

ああああああああああああああああ「………」


生徒ああああああああああああああああ「「それではありがとうございましたー」」

さわ子「あっ、そうだ…ああああああああああああああああさん、手伝って欲しいことがあるんだけど、良いかしら?」

ああああああああああああああああ「えっ…?あっ…はい…」(し…しまった…!)

さわ子「良かったわ…」ニヤリ

生徒「先生、私はー?」

さわ子「ちょうどあと一人欲しかったから大丈夫よ。お疲れさま」ニコッ

生徒「お先に失礼するねーさようならー」

さわ子「さよならー」

ああああああああああああああああ「またねー」(た…助けてくれ~)

バタンッ

ああああああああああああああああ(終わった…僕は終わった…)


5
最終更新:2010年03月21日 13:56