律「・・・」

律「ふぅ・・・」

律「うわぁぁぁぁ!!澪!!澪ぉぉぉぉぉ!!!」ジタジタジタ・・・

律「・・・」ジタジタジタ・・・

律「寝よう」


……

澪「・・・」

澪「やっぱ言えるわけ・・・ないよ・・・」

澪「・・・寝よう・・・」



律「・・・zzz」

澪「・・・zzz」

律・澪「うわぁ!!」ガバッ

律・澪「・・・夢か・・・」シュン・・・


……

唯「二人とも遅いね~・・・」

梓「リハーサル間に合いませんよ・・・?」

紬「あ・・・アレじゃないかしら」

澪「・・・///」(何で会うんだよ畜生うれしいぞかわいいぞ)

律「・・・///」(昨日の夢のせいで顔が見れない・・・)

唯「二人とも遅いよ~!」

澪「ご・・・ごめんなっ・・・ちょっと寝坊してさ」(律のこと考えてたら全く寝れなかった・・・)

律「悪いっ!私も寝坊!」(澪のこと考えてたら一睡もできなかったぜ・・・)

PC「OKでーす! じゃあ次のバンドは・・・」

唯「ありがとーございましたー!」

律「よしっ!本番まであと2時間!」

澪「き・・・緊張・・・するな・・・」

律「お前ホントあがり症だよなー・・・」

澪「律は・・・緊張しないの・・・?」

律「緊張ってか・・・もう慣れたかな?」

澪「そっか・・・強いな・・・律・・・///」

律「そ・・・そっか・・・/// まあ・・・そうなのかな・・・?」

澪「そうだよ・・・/// なあ・・・手握っていい・・・?」

律「う・・・うん・・・///」

澪「・・・」ニギニギ

律「・・・」ナデナデ

梓「み・・・澪先輩どうしたんですかっ?」

澪「あ・・・ああああずさかっ!!違うぞっ!ここここれはそういうんじゃなくてだなっ!」

律「澪があがり症だから落ち着かせてるんだよ」

梓(この人なに動揺してるんだろ)「そうですか てっきり怪我でもしたのかと」

律「まあ心配ないよ」

澪(そういうことならいいか・・・)「・・・」ギュッ

律「・・・///」ナデナデ

唯「ムギちゃん鼻血」

澪「あ~・・・すっごい落ち着く・・・」ギュッ

律「・・・///」ナデナデ

律「本番・・・いけそうか?」

澪「もうちょっと・・・」

律「?」

澪「もうちょっと律がなでなでしてくれたら・・・いける・・・///」

律「あ・・・ああ!任せとけっ!」

澪「なあ・・・律・・・」

律「・・・ん?」

澪「軽音部・・・楽しかったなー」

律「・・・うん」

澪「大学行っても・・・音楽やるかな・・・?」

律「どうだろうね・・・」

澪「そもそも澪は大学行くのか?」

律「とりあえず受けることにはなってるよ・・・ でもなんかビミョー・・・実感ない」

澪「そっか・・・」

澪「じゃ・・・じゃあさっ!律! 卒ぎょ・・・」


スタッフ「放課後ティータイムさん!準備をお願いします!」

澪「は・・・はい・・・」

律「来たか・・・」

澪「卒業したらっ・・・」


……

律「よっしゃあ!行くぞぉ!!!」

唯「うん!」

梓「がんばりましょうね!」

紬「悔いの残らないようにしましょうね♪」


……

澪「もう・・・ いっつも勝手なんだから・・・」

澪「ふー・・・ よしっ!」

澪「行くかっ!」


ズッダン!ズッズッダン!ズッダン!ズッズッダン!

律「本番直前になって緊張してきた・・・」

澪「初ライブハウスだもんな・・・」

律「み・・・みおぉ・・・」

澪「律がトップだろ 早く出な」

律「そ・・・そんなこと言ったって・・・」

ギュッ

律「ふぇ・・・?」

澪「律・・・律ならできる・・・がんばって・・・///」

律「え・・・?あ・・・う・・・うううううん///・・・・・がんばる」

澪「行ってきな・・・」ナデナデ

律「おう! みんな私について来ーい!!!」


ズッダン!ズッズッダン!ズッダン!ズッズッダン!

ざわ・・・ざわ・・・

律「えーーーー・・・きっ・・・今日は来てくれてありがとう!
  トップバッターの放課後ティータイムです!よろしくお願いします!」

シーン・・・

律(うわ・・・なにこれ・・・やりづらいな・・・)

律「みんな!そういう時は・・・イエーイ!!って言うの!
  今日は来てくれてありがとおおおおおおおおおおおおお!!!」

イエエエエエエエエエエエエエエエエエイ!!!!!!!!

律(これで・・・OKかな?)

カワイー!    カワイー!

律「えっ!?今かわいいって言った? かわいいって言ったでしょ!」

律「知ってる♪」

カワイーーー!!!

律「ありがとう! じゃあメンバー紹介いってみよー!!」

ズッダン!ズズダ!ズッズダン!ズズダン!

唯「よし!私だね!」

澪「がんばって唯!」

梓「がんばってください!」

律「休みの日にはいっつもごろごろ! ギター・・・ゆい~~~!!!」

フォーーーーーーーーーーーー!!!

唯「みんなありがとう!最後まで楽しんで行ってね!!」

ズッダン!ズズダ!ズッズダン!ズズダン!
ジャカジャカジャッ!ジャカジャカジャカジャカジャカ!

唯「我がバンドのアイドル! 癒し系ギターの・・・あずにゃーん!!!」

あずにゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!

梓「あ・・・ありがとうございます・・・」

カーワイー!!  ちっちゃーい!!!

梓「あ・・・あの・・・その・・・///」

澪(梓・・・潰れるなよ・・・)

梓「あ・・・あぅ・・・」

カワイー!! あずにゃーん!

梓「あっ!ありがとう! ありがとーう!!!」

澪(ほっ・・・)

ズッダン!ズズダ!ズッズダン!ズズダン!
ジャカジャカジャッ!ジャカジャカジャカジャカジャカ!
チャカチャカチャッチャカヂャカヂャカヂャカヂャカ

梓「キーボード!しっとり系お嬢様! む・・・むぎ~~!!」(ああ・・・ごめんなさい・・・)

お・・・おお・・・  か・・・かわいいな・・・

律「こらー!マジになるなー!! せーのっ!」

ムギーーーーーーーー!!!

紬「ふふ・・・///ありがとうございます・・・///」

ズッダン!ズズダ!ズッズダン!ズズダン!
ジャカジャカジャッ!ジャカジャカジャカジャカジャカ!
チャカチャカチャッチャカヂャカヂャカヂャカヂャカ
パッパッパッパッポッポッパッパ

紬「ベース&ボーカル!! 澪ちゃーん!!」

ミオチャーン!!! カワイー!!

澪「あ・・・ありがとー!!!」

ミオチャーン!! ミオチャーン!!

律「こ・・・こら!澪は私のものだ!!」

澪「えっ・・・」

律「・・・あっ・・・」

ジャカジャカジャッ!ジャカジャカジャカジャカジャカ!
チャカチャカチャッチャカヂャカヂャカヂャカヂャカ
パッパッパッパッポッポッパッパ

唯「なんかりっちゃんとまっちゃったし・・・」

紬「澪ちゃんが入ってこないけど・・・」

梓「止めちゃ・・・だめだよね!!」

律「・・・あ・・・な・・・なんでもない・・・なんでも・・・ないから・・・///」

フォーーーーーーーーーーーーーー!!!

澪「う・・・うん・・・///」

ズッダン!ズズダ!ズッズダン!ズズダン!
ジャカジャカジャッ!ジャカジャカジャカジャカジャカ!
チャカチャカチャッチャカヂャカヂャカヂャカヂャカ
パッパッパッパッポッポッパッパ
デデデデベベベベデデデデレレレレ


律「1.2.3.4!!」

ジャッジャッジャッジャッ!!

澪「君を見てると~いつもハートDOKI☆DOKI♪」

澪「揺れる思いはマシュマロみたいにふわ☆ふわ♪」

澪「い~つもがん~ばる♪」

律「い~つもがん~ばる♪」

澪(えっ・・・?)「き~みの横顔♪」

律「き~みの横顔♪」

律「頼む!唯! コーラスは私にやらせてくれないか!」

唯「え~やだよ~ 私歌いたい~」

律「頼む!なんならふわふわ時間だけでいいから!
   どうしても・・・コーラスに入りたいんだ!」

唯「ん~・・・まあ1曲だけなら・・・いいかな・・・」



唯「理由はまだわかんないけど・・・」

唯「りっちゃんも澪ちゃんも・・・なんだか凄くうれしそう!」

澪「ず~っとみて~ても~♪」

澪・律「き~づ~か~な~い~よね~♪」

澪「ゆ~めの中~なら♪」

律「ゆ~めの中~なら♪」

澪「ふ~たりの
澪・律  きょ~り~♪」

澪・律「ち~じ~めら~れる~の~にな~♪!」


あぁ カミサマお願い 二人だけの Dream Timeください
お気に入りのうさちゃん抱いて今夜もオヤスミ♪

ふとした仕草に今日もハートZUKI★ZUKI
さりげな笑顔を深読みしすぎてover heat!
いつか目にしたキミのマジ顔 瞳閉じても浮かんでくるよ
夢でいいから二人だけのSweet time欲しいの

あぁ カミサマどうして 好きになるほど Dream nightせつないの
とっておきのくまちゃん出したし今夜は大丈夫かな?

もすこし勇気ふるって 自然に話せば
何かが変わるのかな? そんな気するけど
だけどそれが一番難しいのよ
話のきっかけとかどうしよ
てか段取り考えてる時点で全然自然じゃないよね
あぁもういいや寝ちゃお寝ちゃお寝ちゃおーっ

あぁ カミサマお願い 一度だけの Miracle Timeください!
もしすんなり話せればその後は…どうにかなるよね

ふわふわ時間(タイム) ふわふわ時間(タイム) ふわふわ時間(タイム)


3
最終更新:2010年01月04日 01:50