アドルフ『ブルッ…』

アドルフは怯えを見せる。

さわ子「ねぇ…」

唯の隣に来ると、艶かしく彼女を抱擁する。

紬「あらあらあらあら…/////」

紬が"わきわき"し始める。

澪「先生、そのピック、唯のじゃないですよ?」

さわ子「あら?じゃあもしかしてムギちゃんの?」

澪「半分正解、というか、琴吹家系列の店から
  レンタルしてもらったものなんです。」

さわ子「あらぁ…」

さわ子は紬に擦り寄る。

さわ子「む、ぎ、ちゃぁぁん…」

紬「あ、せん、せぇ、あ…だめぇ…」

紬「みんなが、みて…あ…/////」

さわ子のしていることはあまりにも卑猥なため、
言葉にすることすら躊躇われる。

アドルフ『なんたる淫売…!!』


唯「さわちゃん、ごめんね…」

唯「そのピックでね、私がギー太と遊んであげたいんだ。」

さわ子「えー…」

唯「こればっかは、譲れないもん!」

唯のまなざし。

アドルフ『!!』

アドルフ(この…意思を湛えた眼差し。真っ直ぐな意思の…)

アドルフ(ヴァルハルの乙女たちも、斯くあるのだろうか?)

澪「ちょっと待て。」

唯「え?」

さわ子「なに?」

澪「偉そうにそう言うお前は、」

澪「今ものんきにお茶してるだろう…」

唯「あ…」

澪「練習。」

梓「そうですよっ!」

唯「う、うん…」

アドルフ『…』

そして、各々の楽器を取り練習を始める。


唯「1秒あれば それで十分 ♪」

澪「♪~」

律「セイセイ!!」

アドルフ『これは…』

唯「ずるいくらい男前 ボ~っと眺めていたら ♪」

梓「♪~♪~」

アドルフ『なんと…』

唯「Let's try! 無口すぎるキミ ♪」

紬「♪」

アドルフ『…』

唯「誰にも止められない ♪」

アドルフ『酷い…』


アドルフ『なんと、愚かしい…』

アドルフ『野蛮人の、原始音楽のようだ…』

そして、演奏が終わる。

唯「よし!」

梓「なかなか良かったです♪」

律「あー疲れた疲れた…」

アドルフ『…』

唯(あ、アドルフ…)

唯(ぼーってしてるね…聞きほれちゃったってやつ!?)

見当違いどころではない。


唯達の演奏する音楽より推論して、アドルフはいくつかの帰結を得ていた。

アドルフ(おそらく、この少女たちの趣向が、この時代の日本において極めて特殊、
     ということはあるまい。)

アドルフ(わが国をはじめとする文明国も、おそらくは同様に…)

アドルフ(大衆音楽は、俗っぽく、単純愚鈍で、とても聞いていられたものではない。
     しかし、煤けた香りの中にすら、『歌』があったはずだ…)

アドルフ(だのに、これは…それどころの話ではなく…)

アドルフ(アンゲラの子孫もこのような?)

アドルフ(可哀相なアンゲラ!!)

アドルフ(…)

アドルフ(ああ…恐れていたことが…)

アドルフ(大衆の台頭が一層…)

アドルフ(マルクシズムめが死に体だと喜んでみれば…)

アドルフ(シュイペングラー氏が生きていたならば、なんと書くだろうか…?)

アドルフ(おそらくその"弊害"は多岐に渡り、とてつもないほど人々の魂を汚していることだろう。)

アドルフ(…)

アドルフ(しかし、この娘は…)

唯を見やるアドルフ。


アドルフは生前、多くの女性著名人たちと知的好誼を結んだ。
そしてアドルフは、唯に対し、それらの女性と同等の評価を覚え、
姪っ子にでも抱くかのような愛着を感じつつある。
唯は年若く、そして、アジア人であるのに。

唯から、決然とした、輝ける、直感へと通ずる才能を覚えるのだ。
夢遊病者の確信、と自ら評するごとく、アドルフは直感を高く扱う。

アドルフはまさに、ショーペンハウアーの行き過ぎた"弟子"であった。

そして、今、アドルフは、己が霊体として存在していることにより、
神の存在とその命令をはっきりと確信している。
彼自身の中で。


そして、人間の復活、キリスト教的な、である、
それも十分にありえる、と考える。
つまり自分が肉体を得て再び…

いやむしろ、再び…肉体を得る必要などあるのだろうか?
肉体が終始、精神に付きまとうなど、不便なだけでは?

アドルフ『そうだ…』

唯「??」

アドルフは、まず、唯を"教育"することに決める。
彼は生前、多くの人々を"教育"し、正道へ導いてやった、との強い矜持を持っている。

アドルフ『そうしよう。』

かつて死を選んだ男は、三度(みたび)、蘇るのか?

そして時間は進み、その日の夕食時の平沢家。

唯「おひしいよ、ういぃ~♪」

憂「ありがと!おかわりもあるからね♪」

唯「うん♪」

今日の献立は、ハンバーグシチュー、シーフードサラダ、野菜のお浸し、
里芋の煮っ転がし、茄子の浅漬け、味噌汁、ご飯。

アドルフ『うん。確かに美味しそうだ…』

アドルフは素直に感心する。


唯「うん♪憂は自慢の妹だよ!」

憂「お、おねーちゃんってば////」

憂に向けられた言葉ではない。

アドルフと同時代の人間は、平沢姉妹よりも、もっと年若いころから
様々な労働に従事している人間が多々いた。
しかし、それを勘案してすら、憂の家事スキルには目を見張るものがある。


アドルフ『そして…』

アドルフ『家族の仲が良い、ということは大変に重要なことだよ。』

唯は、部室で、練習の後に、さわ子から聞いた話を思い出す。

さわ子『総統は兄のアロイスと、その息子ウィリアム・パトリックとは
    相当仲が悪かったらしいわ。』

さわ子『まあ、マスコミに要らぬネタを提供されたり、
    生活費を要求されたりしたら、そりゃねえ…』

さわ子『晩年には、一説ではだけど、姉のアンゲラとも仲違いしたそうよ。』

アドルフは、自身の家族のことについて、
その後も唯に話してはいない。

唯「わたしは、すっごく幸せなんだな…」

憂「も、もうおねーちゃん////」

憂は照れ隠しにテレビのリモコンを手に取る。

テレビ『早いうちに政府の考え方をまとめていくことは大事だ。
    その中で当然、沖縄、米国の皆さんに…』

鳩山来留夫にそっくりな男が報道陣に囲まれている。


アドルフ『この冴えない男性は誰だい??』

アドルフはテレビの中の鳩山来留夫似の男を指差す。

唯「あ、はとぽっぽしゅしょう??」

憂「駄目だよおねーちゃん、鳩山総理大臣のことそんな風に言っちゃ。」

アドルフ『そうか、この男が今の日本の首相なのか…』


アドルフ『本当に冴えないね…』

唯「でも、東大でてるんだっけ??」

アドルフ『東大??東京帝国大学のことかな?』

唯「わかんない、でも日本で一番頭の良い大学。」

アドルフ『おそらくは、東京帝国大学のことか。』

憂「??」

憂には当然、唯がアドルフに発した言葉は、独り言だと捕らえられる。


憂「弟さんも東大出てて大臣だったし、お祖父さんの鳩山一郎さんも総理大臣だからね。
  すっごいエリートさんなんだよ?」

アドルフ『ふむ…鳩山一郎…聞いたことが無いような有るような…』

唯「ほおぉぉ…そいつはすごいねえ…」

実際、唯にはかなりどうでも良い話だ。

アドルフ『アメリカとの同盟絡みの話題か…』

アドルフ『敗者に対しては十分気前の良い処遇だ。』

アドルフ『カルタゴのように、破壊され塩撒かれなかっただけマシ、
     というものだ。』

アドルフ『しかし、ベルリン、いやドイツ中が、灰塵寸前までに至った…』

アドルフ『日本も我がドイツも、経済的には、
     再起以上のことをやってのけたそうだが…』

天井の照明に視線を移し、沈痛な表情を浮かべるアドルフ。


唯「…」

唯「あ、うい、ごちそうさま。」

憂「おねーちゃん、もういいの?」

唯「うん!」

そう憂に答えると、唯は自分の部屋へ戻る。

唯(アドルフのこと、元気付けてあげないと!)


唯の部屋。

唯「さ、アドルフ!」

唯「借りてきた本を読もう♪」

アドルフ『すまない、ゆい。』

申し訳なさそうな表情を浮かべるアドルフ。

唯「いいからいいから~♪」

唯「どれから読む?」

アドルフ『ふむ…』

アドルフ『これにしよう。』

アドルフが指差したのは『世界経済入門』という名前の新書。

アドルフ『短時間で現在の世界経済のあらましが掴めそうだ。』

唯「おっけー♪」

唯はその新書を手に取る。


すぐに序文を読み終えるアドルフ。

唯「読むの早いね…」

アドルフ『そうかな?』

唯「じゃあ、次のページに…」

アドルフ『すまない、ゆい。中を飛ばして、"おわりに"の部分を開いてもらえないだろうか?』

唯「え?いいけど…」

アドルフは"おわりに"の部分も読み終える。

アドルフ『では、第一章を開いてほしい。』

唯「うん。」

それから再び、アドルフは読書に没入する。

唯「…」


唯「…」

アドルフの読書法は、簡潔に言えば、
必要な情報と不必要な情報を特に峻別するもの。
多かれ少なかれ誰しもがやっていることだが、
これをアドルフは徹底して行う。
そして、早い。

唯(うわ、もう読み終わりそうだよ…)

30分もしないうちに、"おわりに"の部分に近づいてしまう。

そして二冊目、三冊目と進み…
唯の入浴時間をはさんで、日が変わるころには最後の五冊目に入る。

唯「ふう。最後の本だね。」

唯は疲れている様子。

アドルフ『すまない、ゆい。負担をかけてしまっているようだ…』

唯「ううん、いいのいいの!私も勉強になってるし!」

大嘘である。唯はもう、一冊目の本の名前すら忘れてしまっている。

アドルフ『いや、正直、読み過ぎたよ。久しぶりだったからね…』

唯「あ、そっか…」

唯はアドルフが死人だったことを思い出す。

アドルフ『しかし、本当に…』

アドルフ『本当に世界は変わってしまった。』


アドルフ『核分裂兵器のもとの均衡、ヨーロッパ連合、新興国の台頭、ソビエト連邦の崩壊。』

アドルフ『大衆文化の極致化、そして…諸技術のさらなる発展、産業革命期の比ではなく…』

アドルフ『電算機など特に…』

アドルフ『…』

アドルフ『そして一層、混迷した時代だ。』

唯「…」

アドルフ『ドイツからは精神的支柱がすっかり取り払われてしまったようだ。』

アドルフ『美徳も誇りも…大切なものがことごとく…』

アドルフ『…』

アドルフ『これではまるで…』

アドルフ『これではまるで豚小屋ではないかっっ!!!』

唯「ビクッ…」

突然大声を張り上げたアドルフ。
唯は驚いて、ぎょっ、とした顔になる。

アドルフ『す、すまない…ゆい…』

唯「ううん、大丈夫だよ!」

アドルフ『すまない…』

申し訳なさそうなアドルフの表情。
唯の心に、アドルフへの、庇護心のような物が芽生え始める。

アドルフ『ぐじぐじ、と悩むのはもう止めよう。
     それは…男のすることではない。』

アドルフはそう、独りごつ。

アドルフ『大切なのは、進むこと。前線の只中で勇敢に闘うこと。』


アドルフはそう言うと、天井を、虚空をその青い瞳で見つめる。
決心に至ったときのような目。

アドルフ『さて…』

アドルフ『もう良い時間だろう、ゆい。』

アドルフ『夢見の時間だよ。』

優しく、幼児を嗜めるかのように、微笑を浮かべつつ、
唯にそう促す。

唯「あ、うん…」

アドルフ『?』

アドルフ『どうしたんだい??』

アドルフは、唯が何かを抑えていることに気付く。

唯「アドルフに聞きたいことがあってね…」

アドルフ『言ってみなさい。』

唯「アドルフのね、家族のこと。」

アドルフ『…』


唯「今日、さわちゃん先生が言っていたこと。」

唯「アドルフは、今の世界のことを知りたがっているけど、」

唯「じゃあ、アドルフの家族が、アドルフが死んだ後に、
  どうなったかについては知りたくないの?」

アドルフ『!』

目を見開くアドルフ。
そしてほんの少し、哀しそうな顔をしたあと、
アドルフは答える。

アドルフ『大いに気になるよ。しかし、少なくとも…』

アドルフ『私の姉と妹、甥のレオは、生きてはいないだろう。』

アドルフ『…』

そういい終えると、口を結ぶアドルフ。

唯「さわちゃん先生が調べれたんだからさ、どっかの本にきっと載ってるよ!」

唯「学校の図書室か、学校の図書室になかったら、市の図書館に行って、調べよう?」

アドルフ『…』

唯「ね?」

アドルフ『ああ。』

アドルフ『しらべ、よう…』

唯の"思い"は、アドルフの心を強く打つ。


唯「それとね、アドルフ。」

アドルフ『なんだい?』

唯「アドルフの家族のこと、おしえてもらっても、いい、かな?」

唯「イヤじゃなかったら、だけど…」

アドルフ『…』

アドルフは目を閉じ、数十秒、何事かに思いを向ける。

アドルフ『うん、いいよ。』

アドルフ『寝物語に、話してあげよう。』

アドルフ『私の両親ときょうだいたちのことを…』


5
最終更新:2010年03月22日 04:06