律「はぁ?」

梓「あーー…」

律「どういうことだよ?」

唯「いやぁ。なんとなく…履いてないの?」

律「履いてねーよっ!」

梓「履いてないんだ…」

澪「唯はなんでそんなこと思ったんだ?」

唯「うーん…だってそんな気しない?イケメンだし」

律「イケメンってなんだっ」

紬「ボクサーパンツって?」

梓「男の人が履く下着のことですよ」

紬「へぇ…」

律「ムギ?」

紬「りっちゃんすごいわ!」

律「何がだ!?」

唯「でも本当に履いてないの?」

律「履いてねーよっ!」

唯「本当の本当に?」

律「…履いてねーったら!」

唯「ほ・ん・と・う・の・ほ・ん・と・う・に?」

律「もー!しっ、しつこいぞっ唯っ!」

唯「でも履いたことは?履いたことはあるでしょ?」

律「だからそんなことは…」

唯「りっちゃん弟いるんだよね?うっかり間違えて履いちゃったりしたことあるんじゃないの?」

律「う…いや…そんなことは…」

梓(これは…)

唯「あるよね?一度くらいはあるよねっ?」

律「ま…まぁ…一回だけ…」

梓(おおっ…)

澪「ええっ!本当かよっ!」

唯「やったぁ!やっぱりりっちゃんはそうでなくっちゃ!」キラキラ

澪(なんでこんな喜んでるんだろう…)

律「一回だけだぞ!一回だけ!」(言えない…実は今も履いてるなんて…絶対に言えない…!)

唯「実は今も履いてるんだよねっっ!?」

律(なっ何ィィィィイイイイイ!!!???)

紬「あらあらうふふ♪」

澪「流石にそれはないだろ…」

律「そうだぞっ!澪の言うとおりだぞ!唯!」

梓「と、言いつつ…?」

律「梓!?」

唯「と!言・い・つ・つ~?」

律「なっ!無いったら!」

唯「じゃあ見せてよ!」

律「なっ!?」

紬(唯ちゃんナイスよ!)パァァァ

唯「履いてないなら見せられるよね!女の子同士だもんね!」

梓(唯先輩…恐ろしいです…)

律「見せられるわけないだろ!私にだって羞恥心ってものがだなあ!」

澪「うん、それはさすがにどうかと思うぞ唯…」

唯「澪ちゃんは気にならないの?幼馴染なのに…」

澪「べっ、別に…」

唯「澪ちゃん!パンツの中身も知らないで幼馴染だなんて言えないんだよ!」

澪「そうなのか!?」

律「そうじゃないだろ!」

唯「そうだよっ!」


梓(パンツの中身じゃなくてスカートの中身ですね…)

澪「律!」

律「な、なんだよ急に?」

澪「私はお前の幼馴染なんだ!だから!」

紬(いいわ!いい調子だわ!すごくいい調子だわ!)

澪「パンツの中身!見せてくれ!」

律「澪!?どうしたんだ!お前はそんな奴じゃなかったはずだぞ!?」

梓「ていうか、パンツの中身じゃなくってスカートの中身ですよね。パンツの中身っていうと…」

澪「えっ…あっ…////」ボヒューン

ドサッ

梓「澪先輩!?澪先輩!?……………………死んでる…」

律「そんなっ!…ってんなわけないだろ!!」

梓「気絶でした」

律「澪!?大丈夫か!?」

唯「澪ちゃーん!あららー…」(澪ちゃんはもう駄目だね…)

紬(澪ちゃんすごくかわいいわ!)

梓「とりあえずそっとしておきましょう」

律「そうだな」

紬「それがいいわね」

唯「あ、ところでりっちゃん、さっきの話の続きなんだけど」

律「ぐっ…」

梓「まだ話は終わってないです」

紬「うふふ♪」

唯「見せて!」

律「見せられるわけないだろ!」

唯「ええー…」

律「なんだその反応!っていうか大体!唯はどうなんだよ!スカートの中身!」

唯「へ?私?」

律「ふ、ふんっ!どうせ毛糸のくまパンかなんかかだろ!」

梓(毛糸はいいとしてなんでくまパン…)

唯「ちがうよ?ほい」ペロン

律「なっ…!///」

梓「せっ先輩…////」カァァッ

紬「まあっ…!///」キラキラッ

律(なんか普通にかわいい下着じゃん…)「どっどういう神経してんだよお前っ!」

紬「まあまあ」ウフフ

梓(見ちゃった…見ちゃった…ゆ、唯先輩の…パ…パ…!////)

唯「はい!次!りっちゃんの番!」

律「ぐぅ…!///」(どうしよう…)

紬「うふふ。うふふふうふふ♪」

唯「あずにゃんも見たいよね!」

梓「え…あ…あの…は、はい……」(もうお腹いっぱいです…)

唯「ほらあずにゃんも見たいって!」

律「…わ…私は…私は…!」

唯(おおっ…?)

律「断固拒否だーーっ!絶対見せなーいっ!」ダダッ

ガチャ! バタン!

唯「ああっ!」

紬「りっちゃん!」

唯「行っちゃった…」

紬「行っちゃったね…」


唯「うーん…ねえムギちゃん」

紬「なぁに?」

唯「あれは履いてるよね、ぼくさーぱんつ!」

紬「うふふ…唯ちゃんはなんでそんなに気になるのかしら?」

唯「えへへ、だってりっちゃんおもしろいもん!」

紬「うふふふ♪」

澪「でも何であんなに嫌がるんだろうな。まあ私も嫌だけど…あいつなら簡単に見せそうなのに」

梓「あ、復活した」

唯「それはやっぱり履いてるからだよ!ぼくさーぱんつ!」

澪「はは」

澪「・・・」(まさか本当に…?確かめなければ…幼馴染として…!)



~職員室~

さわ子「え?りっちゃんがボクサーパンツ?」

唯「うん!さわちゃん先生もそう思うよね!」

さわ子「わざわざこんな大所帯で職員室まで来て何かと思ったら…なんでそんなこと私に聞くの?」

唯「実はね」

梓「かくかく」

澪「しかじか」

紬「ダイハツ春フェア」

唯「エコカー増えてます!ダイハツへ!ってことなんです!」

さわ子「はぁ…なるほどねぇ…」

梓「先生はどう思うんですか?」

さわ子「それは間違いなく履いてるわね!ボクサーパンツ!あのりっちゃんが逃げるなんてそれ以外無いわ!」

唯「やっぱり!?」

澪「そうなんだ…」

さわ子「ただ、まあ実際に見ないとはっきりしないわよね。本人が否定している限り」

唯「そうなの?」

梓「それはそうですよ」

澪「私は確かめたい。あいつの、唯一の幼馴染として!」

唯「おお!その意気だよ澪ちゃん!」

紬(なんだか素敵な方向に話が進んできたわ…)ウフフ

梓「なんか楽しくなってきたです!さっそく作戦会議ですね!」

さわ子「私もちょうど暇になった所だし!協力するわよ!」

唯梓澪紬さわ子「おー!」

さわ子「あ、お菓子とお紅茶よろしくね」

紬「あ、はい…」



~音楽室~


唯「ということで!さわちゃんもメンバーに加わっての作戦会議です!」

紬「わぁ~!」パチパチパチ

さわ子「ズズズ…うまい!」

唯「題して!『りっちゃんはイケメンだからボクサーパンツに間違いない!絶対確認してやり隊!緊急作戦会議』!」

紬「素敵~!」パチパチパチ

澪「長いな」

梓「とりあえずあれですよね、先輩が学校から帰る前に確認しないとですよね」

さわ子「そうね、家で履きかえられたらお終いだわ」

澪「そうじゃなくても帰りにお店で履きかえられるかもしれないし…極力学校から出さないほうがいいな。もし本当にボクサーパンツなのだとしたら」

紬「あ、でも荷物はここにあるし大丈夫なんじゃない?」

澪「いや、あいつなら荷物置いて帰りかねないからな…」

梓「!! じゃあ大変じゃないですか!急いで探さなきゃ!」

唯「それなら大丈夫だよ。あずにゃん」

梓「へ?なんでですか?」

唯「えへへ…これな~んだ♪」スッ


梓「靴…?もしかして…」

澪「律のじゃないか!」




~靴箱~

律「まったく…学校にいちゃ危ないな…練習しないのは悪いけどさっさと帰るか。
  あ、荷物…いや、私のパンツの危機だ…背に腹はかえられまい。
  律さんは今日は退散ですよ~っと。……あれ?靴がない…!そんな!帰れないじゃん!!
  ってあれ?なんだこの紙…」






唯「ぴぽぴぽぴぽーん!澪ちゃん大正解~!」


紬「でもどうして…?」

唯「えへへ…念のためさっき職員室に行くときにとっておいたんだ♪」

澪「流石だな!唯…!靴がなければ流石の律も帰れまい!」

さわ子(唯ちゃん…恐ろしい子…!)





りっちゃんの靴は預かった!返してほしくば
音楽室に来るがよい!そしてパンツを見せるがよい!ボクサーパンツを見せるがよい!


                   淑女・唯


律「あ…!あの小娘ぇぇえ~~~!!!」




~音楽室~

唯「そろそろりっちゃんも靴と一緒に入れておいた手紙に気づいて帰ってくるころだね」

梓「帰ってくるまでに作戦決めなきゃですね」

紬「作戦・・・」

さわ子「選択肢は二つよ。パンツを見せなきゃいけない状況まで追い込むか・・・」

澪「実力行使か」

梓「でもそれは最後の手段だと思うです。倫理的に」

唯「えー、そうかなぁー」

梓「そうです」

梓「でも、追い込むって具体的にどうするんですか?」

さわ子「それを今から決めるんじゃない」

梓「あ、そ、そうでした。すみません」

さわ子「いいえ。ナイスボケよ」

梓「ボケって・・・」

唯「そんなあずにゃんがかわいい」

梓「な、何言ってるですか・・・」

紬「うふふ♪」

澪「作戦会議しようよ・・・」

さわ子「ナイスツッコミよ澪ちゃん」

澪「は、はぁ・・・」

紬「あの、私思うんだけど」

唯「おおっ。なになにムギちゃん!」

紬「りっちゃんがここに来るまでの短い時間で作戦を決めて、さらにこの急増チーム
  でりっちゃんのスカートの中身を覗けるまでのチームワークを発揮するのは難しいと思うの」

唯「ほ、ほほぉ~・・・」

澪「うん、一理あるな。確かにこの急増チーム・・・ええっと・・・」

唯「りっちゃんはイケメンだからボクサーパンツに間違いない!絶対確認してやり隊!」

澪「そうそれ。それであの律を追い込めるまでの力を発揮するには時間が浅すぎると思う」

梓「ふむ、じゃあどうするですか?」


さわ子「簡単よ。もう自由に攻めるのよ」

唯「ふりーだむってやつだね!」

梓「え、どういうことですか?唯先輩」

唯「自由って意味だよ!ちょっと前にカップヌードルのCMでやってた!」

梓「いやそういうことじゃなくて・・・」

さわ子「個々が各々の判断で、その時に一番適切だと思う方法でりっちゃんを攻めるのよ」

梓「な、なるほど」

唯「あどりぶだね」

紬「あどりぶって何かしら?」

唯「え・・・えっとね・・・えー・・・さあ・・・」

さわ子「それはラテン語で ad libitum という語が縮まったものです。
    訳すと「自由に」というような意味になります。」

唯「ほぇー・・・そうだったんだー・・・」

さわ子「一般的には想定外のことに遭遇して、即興的なやり方で対応することを
    アドリブという言葉で示すことがよくあります。」

紬「先生すごい!博識ですね!」

さわ子「フフッ!ヤフー知恵袋よ!」

澪「作戦会議はもう終わったんだろうか」

さわ子「ナイスツッコミよ澪ちゃん」

澪「・・・」

梓「でもやっぱりちょっと不安です。だれがどの順番で攻めるか、簡単な役割分担でもしませんか?」

さわ子「それもそうね。だれが一番いく?」

唯「うーん・・・」

澪「じゃあ私が行きます!あいつの親友として!幼馴染として!」

さわ子「却下。」

澪「なっ・・・!?」

さわ子「正直に言って幼馴染であるあなたが攻めるのが一番確率が高いわ・・・でもね・・・」

澪「でも・・・なんですか!?」

さわ子「そんな簡単に勝負がついたら・・・面白くないじゃない!」

澪「えええっ・・・!!」ガガーン

唯「一理あるね。」

梓「あるんですか」

紬「じゃあ私が行きます!」

唯「おおっ!やる気だねムギちゃん!」

紬「ええ!お金にものを言わせるわ!」

唯「さすがっ!偉いっ!」

梓(偉い・・・?)

さわ子「そこ!人としてどうかと思うとか言っちゃダメ!」

澪「誰に言ってるんですか」

さわ子「ということで私は二番手で行かせてもらうわ!澪ちゃんは最後の砦よ!」

澪「決められた!?」

唯「うーんと・・・じゃあ私は・・・」

ドア「ガチャ!」

律「唯ぃぃぃーーーーっ!!!」ダダッ

唯「りっちゃん!?」

澪「律!?」

さわ子「しまった・・・遊びすぎたわね・・・」

梓「遊び過ぎたって・・・」

律「唯!私の靴を返せ!」

唯「あうあう」

さわ子「ムギちゃん!ゴー!」

紬「はいっ!」


紬「りっちゃん!」

律「な、なんだよムギ。いっとくけどパンツは見せないぞ」

紬「ここに王美屋のフルーツケーキがあるわ」

律「そ、それがどうした・・・」ゴクリ

紬「これをあなたにあげましょう」

律「な、なんだと・・・」ジュルル

紬「ただし・・・」

律「ただし・・・?」

梓「古い手ですね・・・」

さわ子「それ言っちゃだめよ梓ちゃん」

唯「でもそれがいいのだ!」

紬「あなたのおパンツ!見せて頂戴!」

律「やはりそれか!いやわかってたけどね!わかってたけどね!」

澪「ムギが「おパンツ」だなんて・・・」

さわ子「適度に壊れてて先生嬉しいわァ」

紬「スカートを少し捲るだけでいいの!それだけであなたはこのケーキを食べられるのよ!」

律「うぐ・・・いやしかし・・・」


2
最終更新:2010年03月24日 00:24