-------------------------------------------
----------------------------------
-------------------

------後日  音楽室

唯「えへへ。ギ―太ぁ♪」スリスリ

澪「ギ―太?」

唯「このギターのい名前だよ!」

律「名前つけたのかよ」

唯「どうやって音だすの?」

梓「アンプにつなぐんです」

梓「・・・・・・・」カチャカチャ

梓「つなぎました。弦をはじいてみてください」

アンプ「ベイ―ン」

唯「おお!」

律「すごいな!」


梓「ベースアンプにつなぎます」

梓「キーボードはこうで・・・ドラムは・・・・・」

-----------------------------
--------------------
----------

ギター「ギュワワ~~ン」

ベース「ボンボンボン」

キーボード「ポロポロン」

ドラム「ドンガラガッシャ―ン」

唯「すごーい!」

澪「ホントだな!」

律「音楽ってすごい!」

紬「ええ!」

梓「(みんなすごい・・・・短時間でこんなに上手に・・・)」

梓「(なんか先輩達と演奏してるとすごい楽しい・・・・)」

梓「(この時間がずっと続けばいいのに・・・・)」


--------------------------------------------
------------------------------
--------------

----ある日  音楽室

梓「唯先輩!また間違えてますよ!」

唯「あう・・・・・」

梓「律先輩のドラムも走りすぎです!」

律「それが私の持ち味なんだよ!」

梓「澪先輩のベースとムギ先輩のキーボードは完璧です」

唯「でも私達すごいうまくなったね!」

律「そうだな」

紬「私たちの時代の人たちにも早く聴かせたいわ」

澪「そうだな」

律「ちょっと休憩しようぜ~」

紬「ちょっと休憩しようぜ~」

唯「わ~い!」

------------------------------------
--------------------------
-------------

-----ティータイム

律「いや~、音楽ってホントいいものですね」

唯「うん!すごいたのしい!」

梓「・・・・・・」

梓「みなさん。ライブにでてみませんか?」


紬「ライブ?」

梓「はい。ライブハウスってところで、お客さんの前で演奏を披露するんです」

澪「お客の前で・・・恥ずかしいよ・・・」

唯「でもやってみた~い」

律「じゃあ決まりだな」

さわ子「そうなってくるとバンド名が必要ね」ボリボリ

律「うお!?さわちゃん!?」

澪「いつの間に・・・・」

さわ子「あ、ムギちゃん、私にもお茶ちょうだい」


紬「はい♪」

律「バンド名か・・・・」

澪「メルヘン☆キャンディとかは?」

律「却下」

澪「うう・・・・・」



唯「やせがまんとかどうかな」

律「なんじゃそりゃ」

一同「あーだこーだ」

さわ子「ちょっとあなたたち!」

一同「ビクッ」

さわ子「いつまでもめてるのよ!」

さわ子「もうわたしが決めるわ」カキカキ

      
「放課後ティーータイム」


律「まあ・・・・これだな」

唯「うん!」

梓「いいと思います」

澪「わたしも」

紬「素敵だわ」

さわ子「ところでライブはいつ?」

梓「一週間後です」

さわ子「そう・・・じゃあいっぱい練習しなさい」

--------------------------------------
-------------------------
-------------

-----帰り道

梓「じゃあ私はこっちなんで」

律「おう。また明日」

澪「じゃあな」

紬「さようなら」

梓「・・・・・・」

梓「みなさん!」

律「お、どうした?」

梓「絶対・・・絶対ライブ成功させましょう!」


澪「ああ・・・・そうだな!」

梓「じゃあまた明日!」タタタ

唯「・・・・・・」

唯「ねえ、みんな」

律「ん?」

唯「私たちがこの時代にいれるのってあと10日だよね・・・・・」

澪「そうだな・・・・」

紬「3カ月なんてあっという間ね・・・・」

澪「梓にはなんていおうか・・・・」

律「梓にはライブが終わったら言おう」

唯「そうだね・・・・」


-------------------------------------
----------------------------
---------------

------さわ子の家

さわ子「ええ!?10日後に未来に帰る!?」

律「そうなんだ・・・・」

紬「私達がこの時代にいれるのは3カ月までなの・・・・」

さわ子「そうなの・・・・・」

さわ子「梓ちゃんは知ってるの?」

唯「知らないよ・・・・」

澪「ライブが終わったら言おうかと・・・・」

さわ子「そう・・・・・」


---------------------------------
-------------------------
-------------

------ライブの日

律「ここがライブハウス・・・・」

唯「緊張してきた~」

梓「中に入りましょう」

澪「すごい・・・」

紬「そうね」

梓「あの。今日ライブに出演する放課後ティータイムです」

川上「えっと・・・・ああ、たしかにそうね」

川上「じゃあこちらの楽屋へどうぞ」

律「は~い」


唯「楽屋だよ!楽屋!」ワクワク

澪「あ、あんまりさわぐなよ」

紬「ウフフ」

梓「失礼しまーす」ガチャ

律「おわ!?」

唯「なんか怖そうな人達・・・・」

紬「・・・・・・」ドキドキ

澪「・・・・・・」ビクビク

マキ「よーす」

アヤ「よろしく~」

唯「あれ?いい人たち?」


---------------------------------------
-------------------------------
------------------------

-----ステージ裏

唯「次私達の番だよ・・・」ドキドキ

律「澪、大丈夫か?」

澪「だ、だだだだだ大丈夫ぶぶぶぶだ」

律「(こりゃ相当きてるな・・・・)」

紬「緊張してきたわ・・・・・」

梓「大丈夫です!いつもの練習の通りにやればいいんです!」

唯「そうだね!」

律「出番だ!いくぞ!」


---------------------------------
--------------------------
----------------

-----演奏終了後

客「うおーー!」

客「いいぞー!」

客「ピィ、ピィーー」

唯「はあ、はあ」

澪「終わった・・・・」

紬「ウフフ」

律「へへ」

梓「やった・・・・」


--------------------------------
-----------------------
------------

-----帰り道

梓「みなさんすごいです!大成功でした!」

澪「そうだな」

唯「楽しかった~」

紬「私もたのしかったわ」

律「・・・・・・」

律「なあ、梓」

梓「はい?」

律「ライブが終わったら言おうと思っていたことがあるんだ」

唯「りっちゃん・・・・・」

澪「律・・・・・」

紬「・・・・・・」

律「実は・・・私達はもうすぐ未来に帰らなければいけないんだ・・・・」

梓「え?」

唯「・・・・・」

澪「・・・・・・」

紬「・・・・・・」


梓「すぐって・・・・いつですか?」

律「3日後だ」

梓「え・・・・3日・・・・う、嘘ですよね?」

澪「ごめん・・・・梓・・・」

唯「あずにゃん・・・・」

紬「・・・・・・」

梓「そんな・・・・・」ジワッ

梓「ひどいです・・・・」ポロポロ

梓「せっかく出会えたのに・・・・・」ポロポロ


律「梓・・・・」

梓「もっと・・・・もっと先輩達と演奏がしたいです・・・」ポロポロ

唯「あのね・・・・あずにゃん」

梓「も、もう私帰ります・・・・!」ダッ

澪「あ!梓!」

紬「いちゃったわ・・・・」

唯「あずにゃん・・・・」

律「・・・・・・」

律「なあ、みんな」

澪「ん?」

律「私にいい考えがある」

唯「何?」

律「ちょっと耳かせ」

律「ごにょごにょ」

紬「それ素敵だわ・・・・」

澪「私は賛成だ」

唯「わたしも!」

律「うし!じゃあ決まりだな」


-------------------------------------------
-------------------------------
---------------------

-------さわ子の家

律「さわちゃん」

さわ子「何かしら?」

律「梓に明日の夕方6時に音楽室に来てくれって言ってくれないか?」

さわ子「あらどうして?」

律「実は・・・・」ごにょごにょ

さわ子「ふふ、素敵ね。わかったわ」

律「たのんだよ」


-----------------------------------
-------------------------
------------

-----翌日

さわ子「梓ちゃん」

梓「はい・・・・?」

さわ子「りっちゃんたちが今日の夕方6時に音楽室に来てくれって言ってたわ」

梓「6時に・・・?どうしてですか?」

さわ子「いけば分かるわよ」

梓「?」


--------------------------------
-------------------
--------

------6時

梓「(なんだろう・・・・?)」

梓「(昨日勝手に帰っちゃったから会いづらいな・・・・)」

梓「(音楽室ついちゃった・・・・)」

梓「こ、こんにちは・・・・」ガチャ

律「来た!」

唯「あずにゃん!」

梓「は、はい」

唯「私たちに音楽を教えてくれてありがとう!」

律「ありがとう!」

澪「梓、ありがとう」

紬「ありがとう」

梓「・・・・・」

唯「昨日はお客さんに見せるためにライブをやったけど・・・・」

律「今日は梓のためだけにライブを開く」

澪「今までの感謝の気持ちを込めて演奏するよ」

律「それじゃあいくぞ!」

紬「ええ!」

梓「・・・・・」

梓「先輩・・・・・」ジワッ

梓「ずるいですよ・・・・」グスッ


-----------------------------------
----------------------------
----------------

-----別れの時  森

唯「じゃあ・・・私達いくね」

梓「はい。もう泣かないって決めました」

梓「これはお別れじゃありません。また会えるって信じているので」

澪「そうだな。必ずまた会える」

紬「梓ちゃん、元気でね」

梓「はい!」

さわ子「私も湿っぽいのは嫌いよ。元気でやりなさい」

唯「さわちゃん。今までありがとう!」

さわ子「私も楽しかったわ」

律「じゃあ・・・私たちいくね!」

梓「はい!またあいましょう!」

唯「バイバイ!さわちゃん、あずにゃん!」

澪「さようなら!」

紬「ありがとうございました!」

タイムマシン「ブォォーーン・・・・・バシュン」

6
最終更新:2010年03月24日 01:27