・ ・ ・ ・ ・

紬「ほら、ここがお父様の部屋よ」

茜「ゴクリ…」

 ガチャ

紬茜「!?」

斎藤「これは紬お嬢様、お帰りなさいませ。旦那様なら今はお客様のご相手を…」

斎藤「おや? そちらの方はご学友ですかな?」

紬「え、ええ…そうなのよ」

茜「……」

斎藤(あの楽器は…!! まさか!!)

斎藤「お嬢様!! その方からお離れくださいっ!!」

紬「へっ?」

茜「…動かないで」

斎藤「ぐっ……!!」

紬「茜…ちゃん…? いったい、なにを…?」

茜「今、私がこのユーフォニアムを吹いたらこの方は木っ端微塵になります」

茜「わかりますね?」

斎藤「……どうぞ穏便にお願いいたします」

紬「えっ? 何を言ってるの? 茜ちゃん?」

茜「ムギ先輩…その扉をゆっくりと開けて中へ…」

茜「あなたは下がってください」

斎藤「……かしこまりました」

紬「ねぇ? 何がどうなってるの!?」

茜「あなたを殺しにきました」

紬「!?」

紬「でも、私を助けてくれたじゃない…」

茜「ハンバーガーショップであなたを襲った彼らは私と仲間です
  私をあなたに信じ込ませることでこのチャンスを伺っていました」

紬「そんな…!!」

 ・ ・ ・ ・ ・

  prrrrrrrrr…

平沢「おっと失礼…妻からです
    僕が家族に内緒で美味しい食事をすることを恨んでいるかもしれないな」

平沢「もしもし…」

妻『あなた!! 大変なの!!』

平沢「どうしたんだい? そんなに慌てて」

妻『唯の学校に来たっていう転校生、気になって調べてみたんだけど…』

   \お嬢様!! その方からお離れくださいっ!!/

琴吹「ん? なんだ? 騒がしいな…」

妻『その子が、例の日本人テロリストなのよ!!』

平沢「なん…だと…!?」

琴吹「どうしたのかね、平沢くん」

平沢「社長! 大変です!! 思ったより事態は……!!」

  ガチャ

紬「お、お父様……」

琴吹「つ、紬……」

茜「……」

平沢「き、キミはっ!? そうか、もうすでに……!!」

茜「やっと……。私が…この日をどんなに待ちわびたことか…」

琴吹「紬を離してやってくれないか…?」

茜「お断りします」

琴吹「キミの目的はこの私だろう…」



茜「…いえ…あなたを殺してしまうなんて、そんな楽なことしません」

茜「それよりも…目の前で娘の死を見た方がよっぽど苦しいと思いませんか?」

紬「!?」

茜「大切な人を殺されて…生きていく方が…辛いと思いませんか?」

琴吹「お、お願いだ…やめてくれ…」

茜「父も…そう言って死んでいったのかもしれません
  いえ……違います。父はそんなに腰抜けではありませんでした」


平沢「三浦茜さん…だね…。お父さんは、元傭兵」

茜「やはり…知っている人は知ってるんですね…。用心していたかいがありました」

茜「10年前、あなたの会社が人道支援だと謳いながらも、私たちの村を滅茶苦茶にした」

茜「安物の機械ばかりを持ってきて不具合で爆発を起こし、村の人がたくさん死んだ
  そしてその失態の口封じのために父を…みんなを殺した」

茜「世間には表に出てないけど、私は一生忘れない!!」

平沢「違う! それは間違いだ!」

茜「うるさい!! こんな裕福な国に住み、私腹を肥やすヤツらに何がわかる!!」

紬「お父様…本当ですか…!!」

琴吹「確かに…起こった事柄はおおよそその通りだ」

紬「じ、じゃあ…!!」

茜「くっ! やっぱり!!」

琴吹「しかし、その娘が言っていることは事実ではないっ!!」

茜「だ、黙れ!!」

平沢「社長…あまり彼女を刺激してはいけない…」

平沢(こちらにはとっておきの切り札があるが…間に合うか…!?)

紬「茜ちゃん…」

茜「……!?」

紬「私、あなたがそんな思いで日本にきてたなんて思いもしなかった…」

紬「だって、あなた、私たちと一緒に居るとき本当にとても楽しそうに見えたのよ」

茜「……」

紬「でも、もし私を殺すことで、あなたの気持ちが晴れるなら…」

紬「私を殺してください」

茜「!?」

琴吹「つ、紬!!」

平沢「馬鹿なこと言っちゃいけない!!」

紬「いいえ、お父様。不幸の連鎖はどこかで断ち切らなければいけないのです」

紬「だから、私が死んでも。茜ちゃんを恨まないでやってほしいの」

紬「それが…娘からの…最後の…願いです…」

紬「さぁ…茜ちゃん。そのユーフォニアムを吹いてちょうだい」

紬「その音色と共に私は消えてなくなるのね…」

紬「でも。忘れないで…私と食べた牛丼の味…」

紬「ウルトラデラックス特盛り牛丼 税込1500円 私は並盛300円」

紬「あなたが食べた分だけで私の時給約2時間分…」

茜「……」

紬「あと、あなたのお母様へのお持ち帰りはゴージャストロトロ角煮丼
  国産の最高級ブランド豚を贅沢に使った本格派。それを一日かけてじっくり煮込んで
  調味料類も一級品ばかりを惜しみなく使った自慢の逸品」

紬「あのお店では一日3品限定。あの日は運良く残っていたのよ
  ちなみにお値段は高級品をふんだんに使っているせいか 2500円」

茜「……ゴクリ」

紬「うふふ。実は隠しメニューなの。りっちゃんが教えてくれたのよ?」

茜(だからか…お母さんだけ…ずるい…!!)

紬「あら?やっぱり茜ちゃんもそっちの方がよかった?」

茜「は、はい……って!?」フルフル

平沢(さ、さすが琴吹家ご令嬢! あちらのペースを乱している!!)

紬「あと、みんなには黙っていたけど部活に持っていってるお菓子」

紬「あれ最近は全部私の自腹なの」

茜「!?」

紬「バイト代はほとんどそれに消えていったわ」

茜「そ、そうだったんですか……」

紬「以前なら我が家へ訪問に来るお客様はなにかしらお土産を手に来てくださったのだけど…」

紬「最近じゃ折からの不況でめっきり減っちゃってね…」

紬「さすがに、ストックもなくなってきちゃったのよ」

紬「ほら、今いるお父様のお客様もどうやら手ぶらでいらっしゃったようだし」

琴吹「……」

平沢(……ごめんなさい)

紬「しかも、夕食まで食べようとしていらっしゃったのね?」

平沢(唯…お前の友達はとてもすごい人だよ…あの危険な空気を一変させてしまった…)

紬「ただでいただくディナーはさぞかし美味しいことでしょうね」

平沢(しかし…あまりにも辛辣すぎる…)グサグサ

茜「す、少し黙っててください…」

紬「はい」

茜(あれっ?)

紬「……」

茜(な、なんで急に…)

紬「……」

平沢(うまいぞ…これで時間が稼げる)

茜「牛丼は美味しかったです。でもそれとこれとは話しが違います」

平沢(くっ…やはり10年もの私怨は簡単には…!!)

茜「あなたを殺したら今度は自分でゴージャストロトロ角煮丼を注文に行きます!!」

平沢(そっちか…!!)

紬(やっぱり…ダメなの…!!)

「やめるんだ! 茜!!」

茜「!?」


茜父「もう、やめるんだ…」

茜「お、おとう……さん?」

平沢(間に合った!!)

茜「な、なんで……?」

茜父「そこの平沢さんに助けていただいてね」

茜父「キミは組織に騙されているんだよ
    あの爆発はお金に目が眩んだ何人かの村の者が仕掛けたんだ」

茜父「欲に負け、テロリスト共に利用されたんだ…」

茜父「日本の機材は質も良く高値で売れる。そうやって、たらし込まれたのだろう」

茜父「貧しい国だ…そうなってしまうのも仕方がないかもしれない…」

茜「まさか、お父さんのユーフォニアムを私に渡してくれたあのオジサンが…!?」

茜父「そうかも…しれない…」

茜「……くっ!!」

茜父「真実を知ってしまった私だったがヤツらには抵抗のしようもなかった…
    何故なら茜や妻が人質のようなものだったからね…」

茜父「その後、私は収容所のようなところに入れられ強制的に働かされていた
    生かさず、殺さずに…ね 」

茜父「なんども逃げ出そうと…皆に真実を伝えようと思った…」

茜父「しかし人間の扱いをうけない私たちはいつからか無気力になってしまってね」

茜父「最初の1年で諦めてしまったんだ…」

茜父「それからは奴隷のような日々が待っていた…」

茜父「同じようにして捕らえられた仲間も何人も死んでいった…」

茜父「だが、最近になってそちらの平沢さんが捕まって私たちの収容所へ入ってきた」

平沢「そう、そして10年前の真実を知った僕は何とかしてこの事実を知る人達を救い出そうとした」

平沢「琴吹インダストリーの力を借りてね」


茜「そんな…じゃあ私は…」

茜父「ヤツらはお前の殺し屋としての才能に気づいた…
    そしてなんと言ってもそのユーフォニアムを扱える唯一の人物」

茜父「組織はそれを利用しようとしたんだろう…だから憎ませることで強くしようとした」

茜「じ、じゃあ、私の…私の10年は…いったい…」

茜父「そのユーフォニアムはお父さんが戦争で殺してしまった人への鎮魂歌を戦場で
    奏でるために自分で武器として改造したものなんだ…」

茜父「許されることではないことはわかっている。でも生きることで必死だった」

茜父「でも、茜にはそのユーフォニアムを戦場で響かすのではなく
    ステージで人を感動させる楽器として使ってほしかったんだ…
    想いを伝える道具として…」

茜「人を…感動…音楽を…奏でる…想いを…伝える……!!」


茜「私…今までも…これからも…こんな生き方しかできないって…思ってた…」

茜「でも、日本に来て…軽音部の皆さんに会って…こんな世界もあるんだって…」

茜「本当は…私だってムギ先輩達と一緒に…演奏がしたい…普通に生きてみたい、って…」

茜「いつも……笑って過ごしてみたいって……!!」

茜「でも、お父さんが殺されたって…ずっと…ずっと、そうやって教えられてきたから…」

茜父「そうだね、でもお父さんはこうやって生きてるよ
    茜ももう普通の女の子に戻っていいんだよ。今まで辛かったね」

茜「お父さん……お父さん……」

茜父「さぁおいで、成長したキミを抱きしめさせておくれ」

茜「お、お父さ~~~ん!!!!」

茜父「よしよし、大きくなったね…本当に大きくなったね…有り得ないくらい大きくなったね」

茜父「……正直あの国で何を食べたらそんなに大きくなるんだい?」


紬「良かったわ…クスン…」

茜「すみません! 私……ヒドイことを……」

紬「ううん。いいのよ、本当言うと
  あなたから私を殺すような感情は伝わってこなかったもの」

茜「…はい…私、とても迷いました。復讐した後どうしようって…」

茜「ゴージャストロトロ角煮丼を食べた後どうしようか…って!!」

紬「……」

茜「それに、このお父さんのユーフォニアムで人を殺したことないんです…」

茜「本当はわかっていたんです。お父さんもこんなこと望んでないって…」

紬「やっぱり…茜ちゃんがそれで人を殺すなんてできないって思ってたわ」

茜「はい…今までは専ら素手で殺してましたので…」

紬(あれっ!? もしかして結構危険だった!?)

茜「私…本当に過ちを犯さなくって…よかった…」

紬(本当によかった!!)


7
最終更新:2010年03月26日 00:55