澪は私の何かが気に食わないのだ。
授業の合間の休み時間も、ホームルームの後に和の仕事が終わるのを待っている間も、澪は唯や和、ムギとは普通に喋っていた。
しかし、私とはろくに目も合わせようとしない。
みんながいなくなったら、今度は狸寝入りだ。

律「はぁ……。わかったよ。
   じゃあ私もう帰るから。帰りに痴漢にあっても助けてやんないからな」

澪は何も答えなかった。

私は薄暗い教室に澪を残し、さっさと帰る事にした。

教室のドアを閉める前に、私は振り返って澪を見た。
澪は顔を上げていて、私の方を見ていたが、振り向いた私と目が合うと、また顔を伏せた。

その態度が気に入らなかった。

私は舌打ちをしてから勢いよくドアを閉め、教室を出た。

澪無しの登校は珍しくなかったが、私一人の下校は多分数ヶ月ぶりだ。
それも、こんな気分での下校は人生始まって以来だ。

こんなに私の家は遠かっただろうか。

夕闇に染まりつつある通学路に、まだ街灯は灯っていなかった。

制服のポケットに手を突っ込み、苛立ちを抑えられずに、私は早足になった。
頭に血が昇っているおかげで、風が吹いても全く寒さを感じなかった。

家に着いても、私はまだ苛立っていた。
階段を上がり、自分の部屋に入って、私は制服のまま身体をベッドに放り投げた。
それからバッグから携帯電話を取り出した。

澪はあの後ちゃんと帰ったのだろうか?

着信履歴の一番上にあるのは澪の名前だ。
昨日の午後9時。
あの時は確か、ケーブルテレビで私の好きなイギリスのインディーズバンドのライブがやってるって事を私に教えるために、澪は電話してきた。

私はその履歴から、澪に電話をかけてみた。
数回のベルのあと、留守番電話サービスに繋がった。

電話も無視かよあの馬鹿は。


枕に顔をうずめながら、考える。

理不尽だ。
澪は理不尽に私に怒っている。

怒っている?
いや、それはちょっと違う。

怒っているというより、私と関わらないようにしている。

澪が怒った時は、もっと直接的だ。
殴ったり怒鳴ったり説教したり……とにかく、話をしようとせず、顔を合わせようともしないなんてのは、澪のやり方じゃない。

なんだこの状況は。
私が何をしたんだ?
何もしていない。
心当たりが全くない。
私以外の、何かが、誰かが澪に何かをしたんだ。

誰が?
和しか考えられない。
昼休みに、和は澪に何かを吹き込んだ。
澪が私を邪険に扱うようになる何かを。

いや、和がそんな事をするような奴じゃない事くらいわかっている。
和は本当にいい奴だ。
あいつが誰かの陰口を言っているところなんて見た事がない。
他人を甘やかす性格ではないけれど、その一方でいつも他人を気にかけている。唯だけじゃなく、私の事も。
和のせいにするのは、邪推もいいところだ。


じゃあなんで澪はああなった?

考えても考えてもわからない。
でも私の思い過ごしとも思えない。

律「…………っく」

いつの間にか私はしゃっくりをしていた。
あぁ、そうじゃない。
そのずっと前に、私は泣いていた。

もしかしたら、結局私はずっと澪のファンの一人でしかなかったのかもしれない。
小学生の時、教室で一人で本を読んでいた澪に私が話しかけたのは、単純に澪が可愛かったからだ。
桜高のファンクラブの人達が澪を見る目と何ら変わらない。

人間が天女を崇めるように、私が澪に最初に抱いていたのは憧れのようなものだった。
友情なんてのは、その延長線上に芽生えたものだ。

人間は結局、空を舞う天女の気まぐれに一喜一憂するしかないのだ。
それだけの事なのかもしれない。

両手で枕の端をきつく握り、下唇を噛み締めながら、私は声を殺して泣き続けた。


唯から電話がかかってきたのは、午後九時を過ぎてからだった。

【PM9:08】




【PM6:27   平沢 唯】

私の部屋と違って、和ちゃんの部屋は殺風景だ。
日当たりは良好で、壁にかかった時計もオシャレだけど、可愛いぬいぐるみもギターもない。
本棚には難しそうな小説と参考書が並んでいて、マンガは数冊しかない。
あ、でも机の上のライトなんかは丸くて可愛いかも。
置いてある雑誌のセンスも悪くない。
もう少しピンクで彩れば、もっと可愛い部屋になりそうなんだけど。

前にそんな事を和ちゃんに言ったら、その前にあんたは自分の部屋を片付けなさいと言われてしまった。
ごもっとも。

和「唯、ごめん。私ちょっと寝るね。昨日あんまり寝てないから」

唯「え~?勉強は?」

和「わからないところがあったら起こして」

唯「は~い」

和ちゃんは制服のまま、私に背を向けてベッドに横になった。
私は添い寝したい気持ちを抑えて、参考書を開いた。


エアコンが苦手な私を気遣ってくれてるのだろう。
最近和ちゃんは自分の部屋でもエアコンをつけようとしない。
ホットカーペットが申し訳程度に私を暖めてくれていたが、決して十分ではなかった。

かと言って、寒いから勉強したくないなんて言ってられない。
さすがにもうちゃんと勉強しないとまずい。
授業中に当てられて答えられないようじゃ、みんなと一緒の大学になんて合格できっこない。

唯「でも和ちゃんが勉強しないで寝るなんて珍しいね。夜更かし?」

和「うん、テレビ見過ぎちゃって」

唯「うお……余裕ですな……さすが」

和「そんな事ないわ。判定もまだBだし。ちょっと寝たら私も自分の勉強するわよ」

唯「まだC判定の私って一体……」

和「じゃあしっかり勉強しないとね」

唯「がってんです!」


私は早速、今日赤っ恥をかかされた世界史から解き始めた。
多分、カノッサの屈辱はもう一生忘れないんじゃないかな。

唯「あ、和ちゃん。今日授業中に教えてくれてありがとうね」

和「どういたしまして。
   でも私まで恥ずかしくなったわよ。次はちゃんと答えてね」

和ちゃんは私に背を向けたまま返事をした。
そんなに眠いのかな?

唯「でへへ……まかせて!」

私は世界史の続きを解き始める。

唯「あ、和ちゃん。今日りっちゃんと澪ちゃん何かあったのかなぁ?」

和「唯……話しかけられたら私寝れないんだけど……」

唯「あっ……ごめんごめん。えへへ」

和「あとで澪に聞いてみるわ。それより唯は勉強に集中!」

唯「ほいほい」


一年生の中間試験の時は、自分の集中力の無さに情けなくなったけど、いざ本腰を入れて受験勉強を始めてみたら、私もなかなかどうして集中できている。

ベッドで和ちゃんが寝息をたてている間、私はひたすらセンター試験の過去問を解き続けた。

私が勉強を中断したのは、午後8時を過ぎて、部屋がいっそう冷えてきてからだった。
さすがにエアコンをつけないと風を引いてしまう。
私はエアコンのリモコンを取ろうと思い、立ち上がった。

唯「いてて……足が痺れた……」

足の血管が圧迫され、じんじんする。
私はそれを解消するために、黒いタイツを脱いで、両手で足を揉んだ。
電流が走ったように足がびりびりしたけど、さっさと痺れをとるにはこうしたほうがいい。
医学的な根拠なんてないけど。
なんとなく。


足の痺れがとれると、私はベッドに目をやった。

和ちゃんがこっちに背中を向けて寝ている。

そうだ。
寒い時は、エアコンなんかより快適に暖をとる方法があるじゃん。

勉強もちゃんとしたし、そろそろくっついてもいいよね。

私はもぞもぞとベッドに潜り込むと、和ちゃんに馬乗りになった。

和「わっ!?ちょっと何!?」

唯「和ちゃんと一緒に寝る~」

和「ちょっと……ダメだって!」

唯「やだ~」

和ちゃんの制止を無視して、私は遠慮なく正面から抱きついた。
一度抱きついちゃえばこっちのもんだもんね。


私に乗られた和ちゃんは、抵抗をやめて嘆息を漏らした。

最近和ちゃんはこういう事を避けるようになっていた。
もう子供じゃないんだから、との事だったが、私はまだ子供でいいや。

和「もう……。ていうか唯、あんた下はどうしたの!?」

唯「え?脱いだよ~」

和「いや、脱いだって……」

唯「大丈夫だよ。
   パンツもスカートもちゃんと履いてるし。ほら。

和「……ねえ唯。お願いだから離れて……」

それは無理な相談だ。
抱き癖がついている私は、一度くっついたらそう簡単には離れられない。

唯「はぁ~和ちゃんあったかい……」

私が和ちゃんに頬ずりした直後、天地がひっくり返った。


さっきまで、乗っかっていたのは私だった。
でも今は、和ちゃんが私の上に乗っかっている。
私の右手を押さえて、私を見下ろしている。

和ちゃんは泣くのを必死で耐えるような顔で私を見ている。
その顔が私を不安にさせた。

唯「あ、あれ?ご……ごめん和ちゃん。
   調子に乗りすぎちゃった……」

和ちゃんは答えない。
その代わり、私の右手首を握る力を強めた。

唯「あう……。ごめんなさい……」

和ちゃんは答えない。

携帯電話のバイブ音が部屋に鳴り響いた。

唯「和ちゃん、電話鳴ってるよ……」

和ちゃんはまた何も答えなかった。


今までこんな事で、和ちゃんが怒った事はなかった。

ううん、そうじゃない。
和ちゃんは怒ってもこんな事をする子じゃない。

天井から吊された電気が逆光になっていたが、和ちゃんの表情はよく見えた。
怒っているようにも、悲しんでいるようにも見える。

どうしたんだろう、和ちゃん。

私の足りない頭がそれをようやく理解したのは、和ちゃんの唇が私の唇に触れて、離れてからだった。

がたがたと音がする。

それは震える私の身体から聞こえたのではなく、外の風が窓を叩く音だという事に、私は気づかなかった。

もう携帯電話のバイブ音は鳴り止んでいた。

【PM8:08】




【PM6:32   秋山 澪】

律の言う通り、さっさと帰れば良かった。

私が妄想に区切りをつけ、目を開ける頃には、教室はもう真っ暗だった。
黒板の端に目をやると、「12月14日」の文字は消えていた。
恐らく週番の和が帰る前に消していったのだろう。
几帳面な和らしく、そこにはチョークの跡すら残っていなかった。

校門を出ると、あたりはすっかり暗くなっていて、一人で下校するには心許なかった。

律がいない下校なんて久しぶりだ。

だが、今の私には、一人なのをいい事に、道端の花を眺めたり、風の音景に耳を澄ませる余裕なんてなかった。
もっとも、冬の道に咲く殊勝な花なんてこの界隈にはなかったし、風もスカートを巻き上げるだけで、ろくなものではなかったが。


普段は気にも止めていなかったが、私の通学路は人通りも交通量もあまり多くない。
それこそ痴漢でも出そうな雰囲気だ。
案の定、電柱には「ひったくり注意!」と書かれた看板がかけられている。

気を紛らわせるために、書店によってしばらく雑誌を立ち読みする事にした。

ベース誌を開くと、アークティックモンキーズの元ベーシストが新バンドを始めたという記事が載っていた。
そういえば律は、アークティックのドラマーが好きとか言ってたっけ。
確かにパワフルで、16ビートを好むあたり勢いもあるドラマーだ。
テクニックに関しても定評がある。
そのへん、律にも見習ってほしいものだ。

その雑誌をレジに持っていき、会計を済ませ、書店を出ると、通りに往来はほとんど無かった。
これなら寄り道しないで帰ったほうが、まだ楽だったかもしれない。

こういう時はどうすればいいんだっけ。

誰かに電話だ。
電話しながら歩いていれば襲われにくいって、テレビの特集で見た気がする。


律とお揃いの携帯電話を開くと、ディスプレイに表示された時刻は既に午後8時を過ぎていた。

私は着信履歴を見てみた。

一番上の律……は無理だ。
さっきかかってきた律からの電話を無視してしまっている。
おまけに理不尽に下校の誘いを断っている。

今更、怖いから話し相手になってくれなんて言えない。

律の下には、また律の文字。
その下も、さらにその下も律だ。

どんだけ電話してるんだ私達は。

律の名前が五回続いた後に、真鍋和の文字。
私はとりあえず和に電話する事にした。

しかし、和は出なかった。

今頃、唯に勉強を教えているんだろうか。
ちゃんと我慢できてればいいんだけど。

その後、唯に電話したが、唯も出なかった。


あの二人は勉強に集中しているのか、はたまた私が帰りのホームルーム中も繰り広げていた妄想と同じような事をしているのか。

昼休みの和の言葉から察するに、後者はないだろう。
そう思いたい。
多分、今日の私より和のほうがずっと冷静だ。

次に電話したのはムギだった。
2コール目でムギは出てくれた。

梓と音楽室にいるらしく、ムギがスピーカーホンにしてくれたおかげで、私は梓とも会話できた。

家に着くまで、私は二人と電話をし続けた。
どうやら梓は、ムギに作曲のいろはを教わっているらしい。
曲を書けるメンバーが増えるのは、バンドにとってかなりプラスになる。
ビートルズがあそこまで成功できたのも、ジョン・レノンとポール・マッカートニーという二人の天才的な作曲家が同じバンドに存在していたからだ。
その二人が仲違いした事で、バンドは崩壊の道を辿っていったが、ムギと梓に限ってそれはないだろう。

バンドのこれからについて話している内に、痴漢の事なんて頭からすっかり消えていった。

が、律に抱かれる妄想という誘惑の蛇は、首をもたげて虎視眈々と私に隙ができるのを待っていた。


自分の部屋に入り、挨拶を済ませ、私は電話を切った。

マフラーとコートを脱ぎ、椅子に座ってパソコンを開いた。
i Tunesを立ち上げ、ストーンローゼズのアルバムを私は選んだ。

さて、どうしたものか。

私は律を怒らせてしまった。
しかも、律に落ち度は全くない。
非があるのは完全に私のほうだ。
私が律の立場だったら、愛想を尽かしているくらい、今日の私は理不尽だった。

しかし、他にどうしようもなかった。
あんな妄想をしているなんて気取られるわけにはいかない。
まあ顔を赤くしているのを見ただけでは、さすがの律もそこまで見抜けないだろうけど、質問責めにされるのは目に見えていた。
和の事がある以上、私がボロを出すわけにはいかない。
おまけに、あの妄想のおかげで、とっさに言い訳ができるほど頭も回らなかっただろう。
昨日は寝てなかったし。

にも関わらず、不思議と今も眠気は無かった。

睡魔が襲ってくる前に、律の事をなんとかしないと。


パソコンの時計は午後9時を示している。
早く打開策を見つけないと。

普通に考えて、私が謝るのが筋だ。

しかし、ただごめんなさいと言うだけでは解決しない。
なにしろ、律は訳も分からず私にないがしろにされたのだ。
理由を説明しなければならない。

それが厄介だ。
何て説明すればいいんだ。

私はあなたを頭の中で裸にして、私の乳房を吸わせ、下着の中を弄られるのを想像していたので照れていました。

そんな事言えるわけがない。

そもそも、律とまともに話をできるかどうかすら怪しい。
事実、こうしている今も、油断したらまた私は妄想の虜になりかねない。

私が頭を悩ませていると、携帯電話が鳴った。

律からのメールだった。


音楽をかき消して、部屋全体に響くんじゃないかと思うほど、私の鼓動は鳴った。

律に何を言われるんだろう。

十中八九、罵倒だろう。
まさか絶交宣言か?
いや、さすがにそこまでの事はしていないはずだ。

メールを開くのが怖い。

しかし後回しにも出来ない。
このメールを読まずに、律と仲直りの作戦を練る事なんて出来ない。

私は指の震えを堪えながら、携帯電話のボタンを押してメールを開いた。


「なんで避けてんの?理由くらい教えろよ」


5
最終更新:2010年03月29日 01:56