―幼稚園


唯「和ちゃん大好き♪」

和「私もだよ唯♪」

唯「ほんと!?嬉しいなぁ♪」

和「私も嬉しいよ♪」

唯「えへへ♪」

和「えへへ♪」


―小学校


和「唯ー、一緒に帰ろう?」

唯「…うん」

和「…?どうしたの?元気ないね」

唯「…なんでもないよ♪」

和「嘘つかないで、その顔は何か隠してるでしょ?」

唯「…!どうしてわかったの?」

和「当たり前でしょ、大好きな唯のことはなんでもわかるよ」

唯「和ちゃん…うわあああん!」


……

和「あなた達、唯のことを池沼って馬鹿にしたそうね…」

男子A「だって本当のことだろ、何が悪いんだよ?」

男子B「そうだそうだ!」

和「…許せない!今すぐ唯に謝りなさいよ!」

男子A「はぁ?なんでですかー?」

男子B「意味わかんないんですけどー」

和「いいから!唯に謝りなさい!」

男子A「うるせー!」バキッ!

和「あっ…!」ドサッ

男子B「兄貴!女を殴るのはまずくないですか…?」

男子A「こいつが生意気だからだよ!これで懲りただろ…」

和「あなた達…謝りなさい…!」ヨロ…

男子A「こいつ…!まだ殴られたりないのかよ!」バキッドカッ!

和「うあ…いた…い…!」

男子A「はぁ…はぁ…!今度こそ…!」

和「…早く…謝ってよ…」

男子A「…こいつ、なんで立ち上がれるんだよ…」

男子B「気味が悪いですよこの女…」

和「…はやく謝ってよ!」


……

和「…ゆい」

唯「和ちゃん!?どうしたのその怪我…?」

和「私はいいわ…それよりこいつらが謝りたいって…」

男子A「……平沢、ごめん」

男子B「ごめんなさい…」

唯「………」

和「こうやって謝りに来てくれたのよ?許してあげなくちゃ」

唯「……許せない」

和「唯…?」

唯「あなた達が和ちゃんをこんな風にしたんでしょ!?」

男子A「それは…」

男子B「うぅ…」

唯「私のことよりも先に謝ることがあるでしょ!早く和ちゃんに謝ってよ!」

和「唯…私はいいから…」

唯「謝ってよ!!!」

男子A「…真鍋も…ごめん!」

男子B「ごめんなさい!」

和「私はあなた達が唯に謝ってくれただけで満足だから…」

男子A「本当にごめん!」

男子B「ごめんなさあああい!!!」ポロポロ

和「もういいわよ…反省してるなら…」

男子A「…すまない、それじゃ俺達はこれで…」

男子B「ひっく…ひっく…」グスッ

和「…さぁ、私達ももう帰りましょう?」

唯「………」

和「唯?」

唯「…和ちゃぁん!」ギュッ

唯「ごめんなさい…!私のせいでぇ!」ポロポロ

和「大丈夫よ。気にしないで…」

唯「でもっ!酷い怪我だよ!?」ポロポロ

和「大丈夫だって…すぐ直るよ」

唯「本当に…?和ちゃんに何かあったら…、私…」ポロポロ

和「…そんなに心配してくれてるんだ…ありがとう」グスッ


この時、私も唯と一緒に泣きたかった。怪我が痛いからじゃなく、唯が私を心から心配してくれているのが嬉しかったから。

でも、私の胸で泣きじゃくる唯を見ていると泣いてはいけないと思った。

私まで泣いてしまえば、泣き虫な唯のことを守れなくなってしまうと思ったから。


―中学校


和「…え!?告白された!?」

唯「しーっ!声が大きいよ和ちゃん…」

和「ご、ごめん…それで唯はなんて…?」

唯「もちろん断ったよ」

和「そう…でもなんで?」

唯「だって私は和ちゃんが好きなんだもん」

和「……え?」

和「あっそうか…友達としてよね…うん」

唯「違うよ。本当に好きなの」

和「…あまりからかわないでよ」


唯「からかってなんかいないよ!和ちゃん…私と付き合って下さい!」

和「………」

唯「…ダメ?」

和「……え?」

和「…本当に?」

唯「本当」

和「…嘘じゃない?」

唯「嘘じゃないよ」

和「………」

唯「………」

和「………」

唯「…それで、返事は?」

和「……え?」

唯「返事、聞かせてほしいなぁ…」

和「………」

唯「………」

和「…わかったわ。付き合いましょうか」

唯「ほんと!?やった~!和ちゃん大好き!」

和「…ひとつ聞いていいかしら?いつから私のことを?」


唯「幼稚園」

和(なら今までの好きってそういう意味だったのか…)

唯「和ちゃんはいつから私のことを?」

和「え…?」

唯「だって和ちゃんも私の事が好きだからOKしてくれたんだよね?」

和「…そうよ」

和(…本当にそうなのかな?)

唯「ならいつからなの?」

和「…わからない」

唯「え~?どうして~?」

和「さぁね。でもこれから付き合うんだから前のことなんかいいでしょ?」

唯「う~ん…そうかな?」

和「そうよ」


月日は流れて―


和「唯!迎えに来たわよ!」

唯「ちょっと待っててー!」

和「たく…これじゃ入学式の日に遅刻じゃない」

憂「おはようございます和さん、桜高の制服似合ってますね」

和「憂ちゃんおはよう、でもこの制服ぶかぶかなの」

憂「そうですか、でもすぐにちょうど良くなりますよ」

和「そうかしら…ありがとう憂ちゃん」

和(…ん?ちょうど良くなるって…ふとる的な意味で…?)

唯「ごめん和ちゃん!おまたせ~」

和「遅いわよ唯、遅刻しちゃうわ」

私と唯はあれからずっと付き合っていた。でも、恋人らしいことは一つもすることなく、これじゃ前と何も変わらない。

普通恋人ならキスとかは当たり前なんだろうか?…でも、私と唯がキスって…


和「ありえない…」

唯「確かに…こんなに部活のチラシもらったって邪魔なだけだよ」

和「…どこかに…あった!」ポイッ

唯「えぇ!?それ全部捨てちゃうの!?」

和「だって邪魔なだけじゃない」

唯「なら和ちゃんは部活どこにするか決めたの?」

和「私は部活なんてしないわよ。唯は何かするの?」

唯「うーん…まだだけど…」

和「何かしたいことは?」

唯「特に…でもせっかくの高校生なんだもん!何かしたいよねー」

和「…唯の得意なことは?」

唯「…ない。私運動音痴だし、文化系のクラブも良く分からないし…」

和「はぁ…こうやってニートが出来上がっていくのね…」

唯「部活してないだけでニート!?…でもそれなら和ちゃんだって同じじゃん」

和「うっ…!」


―数日後

唯「和ちゃん!部活決まったよ!」

和「へぇ、どの部?」

唯「とりあえず軽音部ってところに入部してみることにしました!」

和「唯って楽器弾けたの?」

唯「うん!カスタネット!」

和「……え?」


―さらに数日後

和「えっ!?本当に軽音部に入ったんだ!?」

唯「うん!ギター弾くことになったよ」

和「唯が…ギター?」

和「………」

和(…想像できない)

唯「…なにか失礼なこと考えてるでしょ」

和「そ、そんなことないわよ?ならギター買うんだ?」

唯「うん。5000円くらいで買えるよね」

和「……え?」


―次の日

和「唯!今日こそ一緒に…」

唯「ごめん!今日はみんなでギター買いに行くんだ」

和「みんな…?」

唯「そうだよ。軽音部のみんな!」

和「…そう」

唯「…?どうしたの和ちゃん?」

和「…なんでもないわよ。早く行けば?」

唯「和ちゃん?」

和「早く行きなよ。みんなが待ってるんでしょ」

唯「…うん。それじゃ、行ってくるね…」

和「………」

和「……帰ろう」



―また次の日

唯「和ちゃん、昨日はごめんね…」

和「…なんのこと?」

唯「昨日和ちゃんのこと怒らせちゃったみたいだし…私馬鹿だから何したか覚えてなくて…」

和「………」

唯「だから…ごめんなさい!」

和「…なにいってるの、唯は何もしてないわよ」

唯「…でも昨日和ちゃんが怒ってたのは私のせいじゃ…?」

和「怒ってなんかいないわよ。気のせいだって」

唯「ほんと?」

和「ほんとだよ。それより今日は一緒に帰れそう?」

唯「うん!大丈夫だよ」



―放課後

和「唯、それじゃ帰りましょうか」

唯「………」

和「唯?」

唯「…ごめん和ちゃん!やっぱり今日も一緒に帰れそうにない!」

和「え…どうして?約束したでしょ」

唯「それが…今日は買ったギターをみんなに見せる日だったんだ…」

和(また「みんな」…みんなみんなって、そんなに唯はその「みんな」が大事なの…?)

唯「だから…ごめんなさい!」

和「…私との約束は?」

唯「…ごめん」

和「…はぁ、もういいわ。先に帰るわね」

唯「…ごめん」

和「………」



―次の日

唯「和ちゃん…昨日は約束破ってごめん」

和「…今日もみんなの所に行くんでしょ?」

唯「うん…ごめん…」

和「いいわよ…謝らなくたって」

唯「うん…それじゃ行ってくるね」

和「………」

和「…そろそろ中間テストよね、図書室で勉強していこう」

和「勉強してたらすっかり遅くなっちゃった…」

和(唯はもう帰ったのかしら…?最近ずっと一緒に帰ってないなぁ…」

和「…寂しい」

唯「和ちゃーん!」

和「…唯?」

唯「今帰りなの?一緒に帰ろう!」

和「…えぇ、いいわよ」

唯「今日は途中からだけど一緒に帰れるね」

和「…そうね」

唯「…ごめんね、最近一緒に帰れなくて…本当にごめん」

和「…こっちこそごめん。最近唯に嫌な態度とってばっかりで」

唯「………」

和「私ね…寂しかったんだ。唯と一緒に帰れないのが…私よりみんなのとこに行くのが…」

唯「…何言ってるの。私と和ちゃんは恋人なんだからみんなとは違うよ」

和「…ほんと?」

唯「うん!その証拠に…」チュッ

和「…!」

唯「…今はまだほっぺだけど、そのうち口に…ね?」


それからの唯は、なるべく私の為に時間を作ってくれるようになった。

キスは相変らずまだだけど、それでも私は唯と一緒にいれることがすごくうれしくて…

この関係がずっと続くなら私はこのままでもいいと思っていた。

でも…


―数カ月後 生徒会室

唯「こんにちわー」

和「あら、唯じゃない」

唯「あ、和ちゃん!」

律「だれ?唯の知り合い?」

唯「そうだよ。恋人なんだ」

律「ふ~ん…って、えぇ!?」

和「こんにちわ、真鍋和です」

律「…本当に…唯の恋人なの?」

和「そうだけど…?」

澪「………」

律「…そうなんだ」

唯「うん♪」

澪「…私、先に帰るね」

律「澪!待てよ、おい!…くそ」

唯「澪ちゃんどうしたのかな?」

和「…それで、何の用?」

律「あ、ああ…、部活のことなんだけど…」



―数日後

和「唯ー、今日は部活あるの?」

唯「今日はないよ…」

和「そう、なら一緒に…」

唯「ねえ和ちゃん…私達…別れよっか…」

和「……え?」

和「そんな…どうして!?」

唯「………」

和「ねぇ!どうしてなの!?」

唯「………」

和「なんとか言ってよ!ねぇ!」

唯「…ごめん」

和「…そんな…」

和「…私のこと…嫌いになったの?」

唯「………」

和「ねぇ、私のどこがいけなかったの?ちゃんと治すから…だから…」

唯「…もう、疲れちゃった…」

和「そんな…酷いよ…」グスッ

唯「…本当にごめん」

和「…!」ダッ

唯「あ!和ちゃん…」

唯「…ごめんなさい、和ちゃん…」ポロポロ



―帰り道

和「………」トボトボ

…どうしてこうなった。私と唯は昨日までずっと仲が良かったじゃないか。
この関係がずっと続くと思っていたのに…どうして…


次の日から、私は唯と話さなくなった。


2
最終更新:2010年01月04日 02:05