律「シモネタ嫌いなのか?」

唯「でも昨日は普通だったじゃん。
  実験してみよう。おちんぽー」

梓「……」ピクッ

唯「おちんぽおちんぽおちんぽ」

梓「……」ピクピクピクッ

唯「あずにゃんにおちんぽ生えろー」

梓「!!!!!」ガタッ

澪「うおっ」

律「ど、どうした梓」

唯「もしかしてあずにゃん、
  本当におちんぽが生えちゃったとか~」

梓「…………」ぐすっ

澪「え」

梓「う……ううううう……
  実は……そうなんです……」

澪「えええええっ!」

唯「えっ、ホント? ホント?
  見せて見せて~!!」

梓「い、イヤですよ……恥ずかしいじゃないですか」

唯「そんなことないよ、見てみなきゃ対処のしようがないじゃん!」

梓「対処とかじゃなくてただ興味本位で見たいだけでしょ!」

唯「そ、そんなことないよ!
  ねえりっちゃん!」

律「お、おう!
  みんなお前のことを心配してるんだ!
  さあ、覚悟を決めてスパッと脱いじゃえ!」

梓「嫌に決まってるでしょ、なんですかスパッとって」

唯「りっちゃん!」

律「おっしゃ!」ガシッ

梓「ちょ……やめてください!
  はーなーしーてー!」


澪「お、おいやめろよ……
  梓も嫌がってるだろ……」

梓「澪先輩……」

唯「えー、澪ちゃんも見たいでしょ?」

澪「…………ゴクリ」

梓「澪せんぱーい!!」

唯「ではいっきまーす!
  あずにゃんのおちんぽ! 大公開~!」ズルッ

ボロン
梓「もういやあ……」

澪「コ……コレガオチンポ……」

律「澪、鼻血がすごいぞ」

唯「こ、このおちんぽ……
  憂に生えてたおちんぽだ!」

律「ええっ?」


唯「間違いないよ、この大きさ、黒ずみ……
  手触りだってそうだよ」さわさわ

梓「ちょ……触らないでください!」

唯「りっちゃん、あずにゃんをしっかり押さえといて」

律「え、お、おう」ガッシリ

梓「ちょ、もうやめてください!
  澪先輩、助けて!」

澪「オオ……アズサノオチンポ……オチンポォ……」

梓「ムギせんぱーい! 早く来てぇー!」

唯「あずにゃん、知ってた?
  こうやってしごくと勃起しちゃうんだよ!」しこしこ

梓「ちょ、やめ……やめてくださいっ……あっ……」

律「おおホントだ、大きくなってる……」

唯「もっとエレクトさせちゃうよー」しこしこしこしこしこしこ

梓「ちょ、もう……恥ずかしいです」ギンギン

唯「はっはっは、おちんぽは正直だよ。
  もうフル勃起状態になっちゃったじゃん」

梓「うう……」

唯「じゃあ早速、いただきまーす」ぬぎぬぎ

律「えっ、まさか」

梓「や……ヤルんですか?」

唯「当たり前だよ、おちんぽがあるんだから
  セックスしなきゃ損だよ!
  据え膳食わぬは女の恥って言うでしょ!」

律「言わねえよ」

唯「りっちゃん、あずにゃんを押さえててね!」

律「あとでアイスおごれよ」

唯「おっけいおっけーい!
  じゃあ行くよあずにゃん!」

梓「い、いやあ~……!」

ぬぷぷぷ

唯「あっ……入ったあ」

梓「ああ……な、なんですかこれぇ……」

唯「どう、気持ちイイでしょ、あずにゃん」

梓「は、はい……天にも昇る心地です……
  まさかこんなに気持ちイイなんて……」

唯「じゃあ腰動かすよ、あずにゃん」

梓「いえ、その必要はありません……
  律先輩も、手をほどいてください」

律「え、いいのか唯」

唯「うん、離してあげて」

律「ほい」パッ

梓「ふう……じゃあ行きますよ、唯先輩!」

ぱんぱんぱんぱんぱんぱん

律「おお、なんという激しさ……」

梓「あああああ、いいいっ! いいですよおおお唯先輩!!!」

唯「そうでしょあずにゃん、気持ちイイでしょセックスって!」

梓「はい、最高です!!
  もうどんどん気持ちよくなってきちゃいますう!!!」

唯「ああああ、私もおまんこ気持ちいいよう!!」

梓「おちんぽ気持ちいい、気持ちいいです!!!
  私おちんぽ生えてきてよかったです!!!」

ぱんぱんぱんぱんぱんぱん

澪「オウ……クレイジー」

律「こんなに大声出して……
  外に聞こえたらどうすんだ」

ガチャ
紬「遅くなってゴメ……」

唯「はあはあはあ」

梓「はあはあはあ」


紬「むっぎゅううううううううううう!!!」バタン

律「おい澪、ムギが倒れたぞ!
  一緒に保健室に……」

澪「あ、えっ、ああ……」

紬「むぎゅ……むぎゅぎゅ……」

律「あーあ……
  こんなんじゃ練習になんないな」

澪「まーな、ムギだけじゃなくて
  唯と梓もあれじゃあなあ」

律「ああ……よっこいしょっと」

澪「よっこいしょ……ムギ結構重いな」

律「言ってやるな……」

――

――――

――――――



保健室に紬を運び、
ふたたび音楽室に戻ってきた澪と律。

澪「……」

律「……」

唯「ああああ、いいよいいよあずにゃん、そこおおおお」

梓「はあはあっ、ああっ、唯先輩のおまんこいいっ……」

ぱんぱんぱんぱんぱんぱん

澪「おーい、いつまでやってるんだー」

律「明後日学園祭なのに……
  大丈夫かね」

澪「まあ無理かどうかはさておき
  まず練習しなきゃ」

律「そうだな……」


澪「おいほら2人とも、練習するぞー」

律「もう2時間もやってんだから、満足しただろ」

唯「やだよ!」

梓「満足なんてするわけないじゃないですか!!
  こんなに気持ちいいのに!!」

律「おいおい」

唯「ほらあずにゃん、腰がお留守だよ!」

梓「すみません唯先輩!」

ぱんぱんぱんぱんぱんぱん

澪「……はあ、まったく何時間やれば
  気が済むんだか」

律「そういえば、唯は昨日一晩中
  憂ちゃんとセックスしてたって言ってたなあ」

澪「じゃあ明日になるまで、
  こいつらずっとこのままか」

律「そうだな」



2時間後。

澪「あのー、外もう真っ暗ですけど」

唯「はあはあはあはあ」

律「私らもう帰りたいんだけど」

梓「はあはあはあはあ」

澪「いつまでやってるつもりですか」

唯「今日は学校に泊まってセックスするよ!」

梓「はあはあ、うちには帰らないって連絡しといてください」

澪「はあ? ……もう、律どうする?」

律「どうするもこうするも……」

唯「いいよおもっと激しくしてえあずにゃあん!」

梓「はいっ、いきますよ唯先輩いいい!」ぱんぱんぱん

律「……もうほっとくしかないだろ」

澪「……そうだな……」



翌日。

ガラッ
唯「おはよほ~……」

律「ああ、おはよう……」

唯「あー昨日1時間しかねてないからツライわー。
  実質1時間しか寝てないからなー」チラッ

律「寝てないアピールしても、
  『ゆうべ何やってたか』とか聞かないからな。
  もう知ってるし」

唯「ちぇ、つまんないの」

律「梓はどうしてる?」

唯「もう教室行ってると思うよ。
  あっそうだ、今朝見てみたらね、
  あずにゃんのおちんぽ無くなってたの!」

律「へえ、おちんぽってのは1日で消えちゃうもんなのかな」

唯「うーん、勿体無いねえ」


キーンコーンカーンコーン

先生「はい、HR始めるぞー」

律「あ、先生来ちゃった」

先生「えーと、まず出席から……
    相田ー」

相田「はーい」

先生「鬼瓦ー」

鬼瓦「はーい」

先生「鬼怒川ー」

鬼怒川「はーい」

先生「琴吹……は体調不良で休みっと」

唯「あれ、ムギちゃん休みなんだ」

律「昨日のアレのせいかな」


――

――――

――――――


放課後。

唯「はー、やっと授業終わったよー」

律「やっと、って……
  今日は午前中で終わりだから良いじゃん」

唯「そうだね~」

律「昼飯食おうぜ」

唯「昼飯よりおちんぽハメたいなあ」

律「まだおちんぽ欲しいのか」

唯「おちんぽどこ行っちゃったんだろ~……」

律「もう、お前のおちんぽ好きには呆れるよ」

ガラッ
澪「唯~、律~」

唯「あ、澪ちゃん」

梓「私もいまーす」

律「おう、どうしたんだ」

澪「これからムギのお見舞い行かないか?
  明日のライブについて話しあうという建前で」

律「えー、いいのかー?
  午後は学園祭の準備することになってるのに」

澪「部活ある人はいいんだよ。
  ほら、行くぞ二人とも」

律「わかったわかった、仕方ないな」

唯「はーい」



琴吹家。

斉藤「お嬢様のお部屋はこちらでございます」
ガチャ

紬「あら、みんな……」

唯「やっほー」

澪「元気か?」

紬「ええ、体調は……いいんだけど」

律「なんだ、何かあるのか?」

梓「まさかおちんぽが生えてきたとか」

紬「実はそうなのよ」

唯「なんと」

律「展開が早いな」


唯「見せて、ムギちゃん!
  おちんぽ見せてよ!」

紬「ええ、いいけど……笑わないでね?」

唯「うん、笑わないよ!」

紬「じゃあ……」ボロン

唯「おおおおお!
  憂やあずにゃんに付いてたおちんぽと
  同じやつだよ~!!」

紬「あら、憂ちゃんや梓ちゃんにも、これが?」

梓「ええ、一日経つと無くなるみたいです」

紬「そうなの、無くなるんなら安心したわ」しまいしまい

唯「ああっ、しまっちゃだめだよ!」

紬「え、どうして?」

唯「これから気持いいことしてあげるから~」

澪「まずい」

紬「気持いいこと?」

唯「そうだよ、ほら早くおちんぽ出して!」

紬「ええ」ボロン

澪「だ、だめだぞ唯!
  また昨日みたいに延々とセックスを続けるつもりだろう!」

唯「当たり前だよ!」

澪「威張るな!
  今日はダメだ! 明日に備えて練習するんだ!」

律「そうだぞ唯」

唯「いや! いやいや!
  セックスするの! おちんぽ欲しいの~!!」

梓「駄々をこねないでください」

唯「おちんぽ~! おちんぽ~!
  うぇええええん!」

律(唯ってすぐ泣くな)


紬「な、泣かないで唯ちゃん……
  ほーらおちんぽ、おちんぽよ~」ぷらぷら

唯「わーい、おちんぽおちんぽ~!」

澪「ムギ! 唯を甘やかしちゃダメだ!」

紬「だって、こんなにおちんぽ欲しがってるのに……
  ちょっとだけなら、良いでしょう?」

澪「ちょっとで終わらないから言ってるんだよっ」

唯「おちんぽ~、会いたかったよ~」しこしこしこしこしこしこ

紬「あっ……なんだかだんだん気持ちよくなってきたわ……」

澪「あーもう……律、梓、力ずくで唯を引っ剥がすぞ」

律「おっけいおっけーい!」

梓「ラジャです!」

唯「おちんぽちんぽちんちんぽ~」しこしこしこしこしこしこ

紬「あぁん……」

澪「唯、ムギから離れろ~!!」ぐいーっ

律「学校に帰って練習するぞーっ!!」ぐいーっ

梓「おちんぽはライブが終わってからです~!!」ぐいーっ

唯「ふぬぬぬぬ……私はおちんぽから離れないいっ!!」しこしこしこしこしこしこ

紬「ああっ唯ちゃん、なにか来るっ……あああっ!」

唯「くらえ、ムギちゃんザーメン!!」しこしこしこ

紬「あっあああああっ!!」ドピュドピュドッピュドッピュ

澪「うわあああっ!!」

律「きたNEEEEEE!!!」

梓「ひえええ、顔にかかったあ!」

唯「早く出ていかないと……
  何度でもザーメンかけちゃうよ!」

澪「くっ……」


3
最終更新:2010年03月31日 00:13