紬「はあ、はあ……」

律「ど、どうすんだよ」

梓「えー、でも連れて帰んないと……」

澪「ていうかムギも体調いいなら
  一緒に学校戻って明日の練習しようよ」

唯「学校なんか行かないよね~、ムギちゃん」しこしこしこしこしこしこ

紬「ほへぇ……そうねえ……」

律「すっかり骨抜きだ……」

澪「ったく、どーすんだ明日のライブ……」

唯「大丈夫だよ、練習の時はバッチリできてたじゃん」

澪「練習でできてたからって……」

唯「もーうるさいなー、
  早く帰んないとまたザーメンかけるよ」

澪「ううっ」

梓「はあ……」


律「もう帰ろうぜ……」

梓「そーですね」

澪「え、でも……」

律「こんなとこで言い合ってるより、
  私たちだけでも戻って練習した方が
  いくらか効率的だよ」

梓「私もそう思います」

澪「でもお……」チラッ

紬「ああっ、もっとしごいてえ……」

唯「もうしごくの飽きたよ~、入れていい~?」

澪「…………はあ……」

律「な、帰ろうぜ」

梓「じゃあムギ先輩、お邪魔しました……」



翌日。

ガラッ
紬「おはよう」

律「おう、ムギ……
  一応聞くけど、あれから……」

紬「ええ、一晩中セックスしてたわ♪」

律「やっぱり……」

紬「朝になったらおちんぽが消えちゃってて。
  ちょっと寂しいわね」

律「ところで唯は?」

紬「ああ、昇降口のところまでは一緒だったんだけど、
  用事があるからってどっか行っちゃった」

律「用事ぃ?」


紬「ええ、よくは分からないんだけど」

律「ふうん、何やってんだか」

紬「それにしても、セックスって気持いいものなのねえ。
  初めて知ったわ~」

律「あ、そう」

紬「私も気持ちよかったけど、
  唯ちゃんなんかアンアン喘いじゃって……
  すっごく可愛かったの」

律「へえ」

紬「りっちゃんはセックスしたことある?」

律「ねーよ!」

紬「えー、それはもったいないわ、
  人生の半分を損してるわ」

律「私の人生の半分はセックスか」


律「ところでライブの方は大丈夫なんだろうな」

紬「ええ、私は日頃から練習してたから、
  バッチリできるようになってるわ」

律「それならいいんだけど」

ガラッ
唯「おはよ」

律「あ、やっと来た。
  遅刻ギリギリだぞー」

唯「へへへ、おちんぽ探してて」

律「はあ?」

唯「だって、あのおちんぽは私の周りにいる人に移っていくでしょ?
  最初は憂で、次があずにゃん、そしてムギちゃん」

律「そうだな」

唯「だから今日は誰についてるか、
  探してたんだ~」

律「……どうやって探してたんだ?」

唯「校内で擦れちがう人に、
  かたっぱしから、
  『おちんぽ付いてませんか?』って……」

律「完全に変質者じゃねーか!」

唯「え、そう?」

律「当たり前だろ、
  よくそんなことできたな」

唯「普通にできるけど……」

律「普通じゃねーよ!」

唯「そうだ、ライブは午後からだよね。
  HR終わったら、またおちんぽ探しに行かなくちゃ!」

律「馬鹿か、やっていいことと悪いことが……」


キーンコーンカーンコーン

先生「はい座れー、そこ静かにー」

律「っ……」

先生「えーじゃあHRはここまでだー、
    学園祭楽しめよ~、じゃあな」

ざわざわざわ

唯「ダッシュ!」ばっ

律「あっ、唯! 待ちやがれ!」

紬「り、りっちゃんっ」

律「ちくしょう、見失っちまった……」

紬「どうするの?」

律「よし、じゃあムギは唯を探しに行ってくれ!
  私は澪と梓にこのことを伝える」

紬「ええ、分かったわ!」だっしゅ

律「ったく、唯のやつ……!」



音楽室。

ガチャ
律「やっぱりここにいたか」

澪「なんだ、律か。
  早く自主練するぞ」

梓「そうですよ、今日本番なんですからね」

律「んなこと言ってる場合じゃねーんだよ、
  唯がおちんぽを探しに行っちまったんだ!」

澪「はあ?」

律「今まで唯の周りの人におちんぽが付いてたから、
  今日もきっとそうだろうって……」

梓「そんな……もし、唯先輩が
  おちんぽを見つけてしまったら……!」

澪「ああ、昨日のようにセックスにふけって、
  ライブどころじゃなくなってしまう……!」

律「梓はムギと一緒に唯を探して、捕まえてくれ!
  私と澪は、おちんぽを探すぞ!」

澪「おう!」

梓「やってやるです!」

律「よーし澪、おちんぽ探しに行くぞ」

澪「でも、どうやって探すんだ?
  まさか校内で擦れちがう人にかたっぱしから、
  『おちんぽ付いてませんか?』って
  聞くわけにもいかないだろうし」

律「唯はそうやって探してるみたいだけどな」

澪「おちんぽにかける情熱が違うな……」

律「まあそれはともかく……
  唯みたいな無差別な探し方じゃあキリがない、
  ピンポイントでいこうぜ」

澪「ピンポイント?」

律「唯は、自分の周りの人におちんぽが付くと言っていた。
  その読みは間違いではないだろうし、
  だからこそ校内中を探し回っているんだろう」

澪「ああ、確かにこれまでも憂ちゃん、梓、ムギに
  おちんぽが付いたんだったな」


律「そう……唯の周りの人におちんぽがついている。
  しかし、範囲が狭すぎやしないだろうか」

澪「た、確かに……!
  周りの人というよりは、妹や、部活の仲間……
  より親密な関係にある人間に、
  おちんぽが付いている……ということか!」

律「そうだ!
  私の読みが確かならば、
  校内中を探し回る必要などない!
  特に唯と親密な間柄の人間に当たればいいのだ!」

澪「おお、今日の律は冴えてるな!」

律「ははは、そんなに褒めるな。
  ではまず……澪はおちんぽ生えてないよな?」

澪「生えてないよ」

律「私も生えてない」

澪「そうか」

律「じゃあ、誰だろう……?」

澪「梓や憂ちゃんにもう一度生えてきたとか?」

律「可能性としてはあるなあ」

澪「一応メールで聞いとくか、
  おちんぽ生えてないか……っと」ピッ

律「他には……」

澪「和は?」

律「有り得そうだな。
  和のとこに行ってみよう」

澪「和はたぶん講堂だ。
  舞台発表の準備を仕切るって言ってたから」

律「おし、行くぞ!」

――

――――

――――――


講堂。

わいわいがやがや

生徒会「オラァー!! 長椅子はそっちだっつってんだろうがぁー!!」

生徒会「照明ずれてんぞオラァー!!」

生徒会「スピーカーいじってんじゃねえぞオラァー!!」

律「生徒会の人、忙しそうだなー」

澪「ガラ悪いだけじゃないか?」

律「で、和、和っと……あ、いた」

澪「おーい、和~」

和「あ、澪に律……
  ごめんなさい、今忙しくて」

澪「いやいや、時間はとらせないから。
  ちょっと聞きたいことがあるだけ」

和「何?」

律「おちんぽ生えてる?」

和「はっ……!?
  な、な、な、なにを……」

澪「どうなんだ?
  今おちんぽ生えてる人を探してるんだよ、緊急で」

和「ば、ば、ば、馬鹿なこと言わないでよ……
  な、なにが、おち、おち、おち……」

澪「顔が真赤だ」

律「タコのようだ」

和「もうっ、ふざけたこと言ってないで!
  早く出ていって、学園祭当日の生徒会役員に
  ムダ話なんてしてる暇はないんだから!」

律「和はおちんぽ生えてないんだな?」

和「とととととと当然でしょ!」

律「えいっ」ぎゅむっ

和「!!!!!!!!!!」


4
最終更新:2010年03月31日 00:14