梓「さわ子先生」

さわ子「あらん梓ちゃん良く来たわ!相変わらずプリチーね」

梓「唯先輩を誘惑したらしいですね。憂から聞きましたよ」

さわ子「早速だけど猫耳つけてみない?」

梓「言っておきますけど唯先輩は私に夢中なんですから!」

さわ子「はい?」

梓「奪っちゃイヤです!唯先輩は奪っちゃイヤです!」

さわ子「う、奪わないわよ・・・」

梓「それを聞いて安心しました」

さわ子「え?梓ちゃんって唯ちゃん好きなの?
何かイヤがってる様に見えたけど」

梓「あれは・・・その恥ずかしいだけで本当は嬉しいんです」

さわ子「ふ~ん。じゃあ素直になんなさいよ」

梓「だってそれだと負けたって感じがして悔しいし」

さわ子「めんどくさい子ねぇ」

梓「こっこんな子じゃやっぱり唯先輩にもいつか愛想尽かされるかな」グスグス

さわ子「かもねぇ~」

梓「どうすればいいんでしょうさわ子先生」

さわ子「何で私がアンタの恋相談に乗らなきゃいけないのよ・・・」

梓「さわ子先生だけが頼りなんです」ジー

さわ子「ん~じゃあまあこれ付けてよ」

梓「猫耳ですか?」

さわ子「それがあれば唯ちゃんなんて梓ちゃんの魅力にイチコロよ!」

梓「イチコロですか!」

梓「付けました!」

さわ子「ニャーも!」

梓「付けましニャー!」

さわ子「きた!きたよコレ!」

梓「本当ですか!何だか自信がわいて来ましニャー!」

さわ子「うん!自信持って梓ちゃん!」

梓「早速唯先輩に見せに行きニャース!」ダー

さわ子「頑張って!・・・ってあれ?」



CM

まんこ「やあ」

まんこ「やあ」

まんこ「合わせてみる?」

まんこ「合わされてみる?」

まんこ「それはどうかな?」

まんこ「それはどうなの?」


さわ子(梓ちゃんは唯ちゃんが好きだったんだから、
元から脈なしだったんだ・・・まあ仕方ないわよね!
もういいわ!大分経験値溜まったし頃合よね!
いよいよ私のりっちゃんを口説く時が来たのよ!)


ピンポンパンポーン『田井中律、音楽室に至急こられたし!山中さわ子』

律「ちぃ~す」

さわ子「よくぞここまで来た・・・褒めてやるぞ」

律「いやさわちゃん、もうみんなから色々聞いてるからさぁ~」

さわ子「何の事だか」

律「とにかくさ、生徒に手を出すのとか良くないよ教師として」

さわ子「貴方が私のものになるなら全て捨ててしまっても構わない」

律「冷静になろう?なっ、さわちゃん?」ポン

さわ子「あっ!りっちゃんったらそんな大胆な!」

律「か、肩触っただけだって!」

さわ子「いいの!りっちゃんになら全てを捧げる覚悟は出来てるの!」

律「しっかりしろさわちゃん!男に振られたくらいで!」



さわ子「うっ・・・ううう・・・」ポロポロ

律「泣くなよ!さわちゃんは黙ってればかわいいよ!男の方に見る目がなかったんだって!」

さわ子「り、りっちゃあああああん!!」ガバッ

律「ああもう・・・仕方ないなぁ」

さわ子「うええええ~ん!!」ポロポロ

律「ほいほい」ポンポン

さわ子「律うぅ~~~!!」ポロポロ

律の胸で一頻り泣いて、さわ子はスッキリした。
一時の気の迷いというやつだったのだろう、さわ子はそう思った。
ともあれいつものさわ子は戻ってきたのだ。

律「落ち着いたか?もうやめろよこんな事」

さわ子「おほほほ・・・ごめんね
(でもりっちゃんだったらやっぱりいいかも)」

物陰|紬「りっちゃんったらさわちゃんと・・・
私が付き合ってるのに・・・許せない」ブルブル


…翌日

律「唯見て見て!のれん!」パサッ

唯「あはははは!りっちゃん前髪なっがーっ!」

律「やってるかい?女将?」

唯「あはははは!似てね~!」

律「おいおい誰を想像したんだよ!?」

紬「・・・」

律「ムギムギ~!ほら、のれん!」パサッ

紬「・・・はぁ」

律「何だ~?元気ねえな・・・どした?」

唯「ム~ギちゃんほらあったか~!」ガバッ

紬「あっ唯ちゃんたら」ポッ

律(ん?私だけを意図的に無視してるのか?)

澪「り、律・・・」

律「お~澪じゃん。どったの?」

澪「あのさ・・・えっと・・・(律前髪おろしてる・・・カッコいいな)」モジモジ

律「何照れてるんだよ~!」ペシッ

澪「あっごめん」

律「・・・澪何か悪いもんでも食ったか?」

澪「いやもう帰るから!」ダー

律「ええ?何しに来たんだよ!?」

唯「あれ~?澪ちゃんもう帰っちゃったの?」

律「あ、ああ・・・」


…職員室

紬「先生!」

さわ子「あらムギちゃんじゃない。どうしたの?」

紬「あのあの・・・私達って付き合ってるんですよね!?」

ざわ・・・ざわ・・・

さわ子「ムムムムギちゃん!ちょちょっと場所変えようね!」

紬「隠す事なんてないじゃないですか!」

さわ子「いや一応、私にも貴方にも教師と生徒という建前が」

紬「・・・」グスグス

さわ子「・・・ごめんなさい。私のせいなのに自分の事言っちゃって」

紬「さわちゃん・・・」

さわ子「これ以上あなたを傷つけたくないから言うわ!
実は私が好きなのはりっちゃんなのよ!」

紬「!!」

さわ子「許してくれとは言わないわ。でも私の事なんて」

紬「負けないもん!」

さわ子「え?」

紬「私!さわちゃんに振り向いてもらえるように頑張るもん!」

ざわ・・・ざわ・・・

さわ子「ちょっと落ち着くのよムギちゃん!
昨日まで普通だったでしょ!これはその一過性のものよ!
思春期特有のアレよ!アレ!」

紬「もうスイッチ入っちゃったもん!」

さわ子「分かった!分かりました!その話は放課後しよ?ね?ほら授業始まっちゃうから!」

紬「ハイ・・・絶対ですよさわちゃん・・・?」

さわ子「あう・・・」ゾクッ

さわ子「やべ~・・・自分で蒔いた種とは言えやばいわ」

和「あっ!さわ子せんせ~い!」

さわ子「ひっ!和ちゃん!」ビクッ

和「そういえばお返事ど忘れしてまして」

さわ子「い、いいのよ・・・どうせダメなんでしょ?」

和「いえ・・・一日頭を冷やして考えた結果 お付き合いさせていただこうかと」

さわ子「なんでやねん!」ビシッ

和「いたぁ・・・いや私は本気なんですが」

さわ子「いや~も~無理しないでよ~」

和「今日は一日中先生の事ばかり考えてました」

さわ子「タチ悪いよその冗談」

和「ほらノートにびっしりと」バッ

さわ子「ぎゃああああああああ!!」


…昼休み

さわ子(あ~も職員室じゃ変な空気だし音楽室で食おう)ガラッ

紬「あ・・・」

さわ子「・・・」ピシャッ

紬「さわちゃん待って!」

さわ子「は、はいはいどこにも行きませんよー」ガラッ

紬「良かった・・・」ニコ

さわ子「・・・」

紬「お弁当ですか?今お茶入れますね」

さわ子「ありがとうムギちゃん」

紬「~♪」

さわ子「あのさムギちゃん・・・あれはお互い冗談半分のつもりだと思ったんだけど」

紬「でも私、もう本当に好きだから」

さわ子「う~ん・・・」

紬「おいしいですか?」

さわ子「ん~?まあ普通よ」

紬「私のと交換しませんか?」

さわ子「あ~、そりゃあいいね。割に合わないと思うけど」

紬「そんな事ないですよ。さわちゃんの作ったものだもん」

さわ子「照れるからやめなさい・・・」

紬「うふふふ」

さわ子(ていうか今の私の状態ってモテ期な訳?
でも二股の上に本命は別にいるなんて胃が痛くなりそう)

紬「これどうですか先生」

さわ子「ありがと~ムギちゃん(私最低だな)」ムグムグ

紬「うふふふ」

さわ子「じゃあこれあげる(自分がされて傷ついた事を他人にもやってる)」

紬「おいしいです」ムグムグ

さわ子「そう・・・良かったわ(この子はすごくいい子なのに)」


…放課後

律「よう澪、一人で本ばっか読んでんなよ~」

澪「こ、こら律!手で隠すんじゃない!」

唯「あずにゃ~ん!ほらケーキあ~ん」

梓「やめてください!自分で食べられます!」

紬「さわちゃんお茶のおかわりはいかがですか?」

さわ子「ありがと~」

紬「こうして見るとさわちゃんと私で丁度三組だね♪」

さわ子「んま~そうね(りっちゃん・・・)」

和「失礼しますっ!」ガラッ

さわ子「げぇっ!?和ちゃん!」

唯「あれ~?和ちゃんどうしたの~?」

梓「くっ!唯先輩の身体が目当てですか!?」

澪「また律が何かやったのか?」

律「し、しらね~よぉ・・・多分」

和「さわ子先生の希望するコスプレをしてみよっかなと思いまして」

紬「あら・・・?」ピキッ

律「なんじゃそりゃ?」

和「ミニスカポリスよ」

梓「そんなんで唯先輩を誘惑しようって魂胆ですか!?」

紬「そっかそっちよね」ホッ

さわ子「ちょ、ちょっと和ちゃ~ん?生徒会はどうしたの?忙しいんでしょ?」

和「ほったらかしてきました」

澪「和!そ、それはマズいだろ!」

唯「和ちゃんが不良になっちゃった!」

さわ子「ダメよ和ちゃん!自分の役割はちゃんとやらなきゃ!」

和「で、でも私・・・」

さわ子「私はしっかりしてる和ちゃんが好きなのよ!」

紬「!?」

唯「私も和ちゃん好きだよ~」

和「せ・・・先生・・・私が間違ってました戻ります!」ダー

梓「こ、これは・・・」

澪「好きって・・・先生って和とそういう関係だったの?」

さわ子「ち、違うわよう!生徒としてに決まってんでしょ!やだな!」

律「そうそうみんな穿ちすぎだぜ!」

澪「別に律がフォローしなくてもいいだろ」

紬「そうよりっちゃんのでしゃばり!」

律「え、ええ~・・・」

さわ子「いやいやりっちゃんの反応こそ普通よ!落ち着いて!?」

唯「どうしたのみんな?」

梓「唯先輩は見なくていいです」

紬「本当ですか?」ギュウー!

さわ子「痛い痛い!そんなに手を強く握り締めないで!」

律「ムギが怒ってる方が良く分からん」

澪「怒ってるか?」

律「私にも何かちょっと怒ってる」

唯「え~、ムギちゃんが怒る訳ないじゃん」

紬「そうだよりっちゃん気のせいだよ♪」ギュウー

さわ子「潰れる!ホント潰れるから!」

律「は、はは~、それならいいんだけどさ~」

澪(ムギがそんなに気になるのかよバカ律)

さわ子「もおムギちゃん!いい加減にしなさい!」ペシッ

紬「きゃん!」

律「ああ、ホントだ嬉しそうだ」

唯「あずにゃ~んまた猫耳つけてよ~」

梓「イヤです!」


……

さわ子(はぁ~みんな帰ったわね・・・今日は疲れた。 鍵かけておかなくっちゃ)

唯「あっさわちゃん待って~!」

さわ子「あら、唯ちゃんまだいたの?忘れ物?」

唯「んとね・・・前の続きやろ?」

さわ子「えっ」

唯「えへへ~!」ガバッ

さわ子「ちょっ唯ちゃん!?」

唯「さわちゃんいい匂いがする~」クンクン

さわ子「ご、ごめんなさい唯ちゃん!あれは謝るわ!
教師が生徒に手を出すなんてダメなのよ!」

唯「えっと私がさわちゃん好きなんだけどダメなのかな?」

さわ子「嬉しいけどダメ!ダメなの!」

唯「ま、いっか~」スリスリ

さわ子「人の話は聞きなさい!」

唯「さわちゃんお母さんみたい」

さわ子「そ、そうそれよ!私はお母さんみたいなものだから!」

唯「わ~いお母さんだ~!えへへ~」スリスリ

さわ子(ハッ唯ちゃんの家ってあまり両親が帰ってこないんだったわ!
これでは逆効果!本格的に甘えられてしまう!)

唯「さわちゃんは私の事好きじゃないの?」

さわ子「そりゃ唯ちゃんはかわいいと思うけど、
教師として超えちゃいけない一線があるのよ!分かって?」

唯「かわいい?ホント?」

さわ子「だ、だから(反則的だってもう!り、理性が)」

唯「嬉しいなっ!さわちゃん大好き!」ギュッ

さわ子「お、お願いよ・・・唯ちゃんもっと自分を大事に」プルプル

唯「ねえキスしよ?」

さわ子「イ、イヤ(りっちゃんと約束したもの)」

唯「さわちゃんもかわいい」チュッチュッ

さわ子「唯ちゃん・・・」

唯「えへへ大人の触りっこ~!」ムニムニ

さわ子「ダ、ダメだってばぁ~・・・あうぅっ」

唯「ここか?ここがええのんか?」スルッ

さわ子「イヤッ!下着の中はホントに・・・」

唯「えいっ」ズプ

さわ子「ひゃあぅっ!?」ビクッ

紬「唯いいいいいいいいいい!!」ピシャーン!

さわ子「うっうわああああああああ!!」

唯「ほえ?ムギちゃん?」

紬「先生・・・」ギロ

さわ子「あのあのこれはそのムギちゃん違う違わないえっと」

紬「唯ちゃん・・・」ギロ

唯「あうあう・・・(こ、怖い!)」ジョー

さわ子「もう遅いから送って行くわよムギちゃん!」

紬「本当ですか!?」パアッ

さわ子「うんうん(このままだと唯ちゃんがやばい)」

唯「あう~・・・もらしちゃったどうしよう」

さわ子「ジャージに着替えてきなさい唯ちゃん。ここは掃除しておくから」

紬「私も手伝います!」

唯「ごめんなざい・・・」

紬「いいのよ!失禁は誰にでもあるわ!」

唯「う、うん・・・ありがとうムギちゃん」ビクッ

さわ子(無理もないわ・・・ムギちゃんの人相の変わり様は
まるで阿修羅みたいだったもの)


3
最終更新:2010年01月05日 02:08