…帰り道

紬「先生ってりっちゃんが好きだったんじゃなかった?」

さわ子「ええ・・・」

紬「手当たり次第って感じですか?ちょっと幻滅しました」

さわ子「所詮私なんてこんなやつよ」

紬「だから私がちゃんとするの」

さわ子「やめといた方が身の為よ」

紬「さわちゃんを一番愛してるのは私だから」

さわ子「早く熱が冷めるといいわね」

紬「これからどこかお食事行きませんか?」

さわ子「親御さんが心配するわよ」

紬「わ、私だってもう一人前です!これくらいの事!」

さわ子「んまあ遅くならない程度ならいいかしらね」

紬「さわちゃん!」グイッ

さわ子「ちょ、ちょっとちょっと!」

紬「うふふっ!いいじゃないですか腕を組む位!」

さわ子「はいはい(周りからはどう見えてるんだろこれ)」


……

さわ子「は~、流石に様になってるわねえ」

紬「そうですか?」

さわ子「フォークとナイフの使い方とか勉強になるわ」

紬「うふふそれ程でもあるかな」

さわ子「これならどこにお嫁に出しても恥ずかしくないわね」

紬「お嫁なんていきません!」

さわ子「あ~そこでムキになるんだやっぱり」

紬「先生もダメですよ」

さわ子「何で?男の子嫌い?」

紬「・・・」ツーン

さわ子「悪かったわ。個人の感性に干渉は良くないわね」

紬「さわちゃんだってその・・・いいんでしょ女の子同士の方が」

さわ子「う・・・」

紬「うふふ、もうやめにしましょ?もっと楽しい話がしたいな」

さわ子「私の過去話だけはダメよ」

紬「ん~・・・じゃあ好きなお菓子の話とか!」

さわ子「そろそろ遅くなっちゃったわね。出ましょうか」

紬「ええ~、折角盛り上がってたのに」

さわ子「また今度ね。じゃあお会計済ませてくるわ」

紬「あっちょっと待ってください。今お金出しますから」

さわ子「いいわよ奢るわ」

紬「でも・・・」

さわ子「こういう時は大人に見栄を張らせるものよムギちゃん」

紬「ハ、ハイ・・・」ポッ


…真鍋家

和「・・・はっ!?宿題やっていた筈が>>65な事に!?
いけないわ!出来る子にならないとさわ子先生に嫌われちゃう!」


…平沢家

憂「お姉ちゃんおかえり・・・ってどうしたのその格好?」

唯「あ、あの・・・災害というか事故というか」

憂「なっ何があったのお姉ちゃん!?」

唯「あう~・・・そ、そんな大げさな事じゃなくて」

憂「まさかあのエロ教師が!?」

唯「ち、違うよ~!もらしちゃったの!」

憂「もらした!?」

唯「でもムギちゃんは誰にでもあるからって・・・」グスッ

憂「・・・それでブツは?」

唯「こ、これ・・・」ソッ

憂「そっか。洗っとくねお姉ちゃん」

唯「うい~ごめんね・・・」

憂「えっ?い、いいのよ!誰にでもあるよ!ふふっ!」


…翌日

和「どうもさわ子先生」

さわ子「和ちゃん・・・その姿は!」

和「ええ見つけて来ました警察の帽子。似合いますか?」

さわ子「に、似合うわ・・・」ゴクリ

和「本当ですか!わざわざ持って来た甲斐がありました!」

さわ子「和ちゃんちょっと私を逮捕してみてくれる?」

和「はい?」

さわ子「罪状はええ~とギターで男を殴って傷害罪とかで」

和「そ、そんな事したんですか先生!?」

さわ子「する訳無いでしょ!そういう設定よ設定!」

和「いやリアルすぎますよ」

さわ子「人を何だと思ってるのよ」

和「じゃあ逮捕しますガチャリ」

さわ子「すみませんでした」

和「何でやったんです?」

さわ子「私にセーラー服プレイを求めてきたので」

和「それ位いいじゃないですか」

さわ子「予想以上に無理があったのです」

和「でも男のロマンらしいですよ」

さわ子「いっそ園児服なら吹っ切れたんですが」

和「ないわ」

さわ子「カレーとシチューならカレーでしょ?」

和「カレーですね」

さわ子「分かっていただけましたか」

和「いえ何も」

さわ子「所で取り調べってもっと激しいものだとお聞きしましたが」

和「とんでもない。誤解ですよ」

さわ子「じゃあ友達にもそう伝えておきます」

和「お願いします」

さわ子「カツ丼とか頼んでいいですかね?」

和「いいんじゃないんですか」

さわ子「でも取調室がカツ丼臭くなりませんかね?」

和「そろそろ授業始まりますよ」

さわ子「よし脱獄するわ!」

和「ハンパないですね」

紬「りっちゃんりっちゃん!」

律「んあ~?何だムギ?」

紬「りっちゃんはさわちゃんの事どう思ってるの?」

律「さわちゃんはさわちゃんだろ」

紬「だからその一人の女性としてね」

唯「私さわちゃん大好き!」

紬「唯ちゃんは黙ってて」ギン

唯「う、うん」ゾクッ

律「私も好きだぜ~?話が分かるいい先生だよ」

紬「なるほど・・・その程度の認識なのね」

律「あん?」

紬「ありがとうりっちゃん安心したわ」

律「はぁそりゃど~も・・・」

唯「ムギちゃん怒っちゃヤダ!」ガバッ

紬「あら怒ってないわよ唯ちゃん」ニコニコ

唯「へへ~良かった~」


…昼休み

澪「律~!」

律「お~、澪!どした?」

澪「一緒に食べようかと思ってな。いつの間にか和いなくなっててさ」

律「そっかそっかじゃあ私の膝の上に乗りな?」

澪「ちょ本気か!?」

律「冗談だって~!足痺れちゃうよあはは~!」

澪「・・・」

唯「あれ~?ムギちゃんもいないよ?」


…音楽室

二人は対峙していた。
背中には怒り狂うマンボウと警察官のオーラみたいのが出ていた。
さわ子はあたふたしていた。

和「紬さん・・・悪いけど先生は私の事が好きなんで」

紬「うふふふ寝惚けた事を。ガリベンしすぎて寝不足なのかしら?」

和「とにかく私の先生に付き纏わないで」

紬「それはあなたでしょう?」

さわ子「あ、あのさ三人仲良く食べましょう?ねっ?」

紬「私は心が広いですからそれで構いませんけど」

和「あら私だって先生の意見に賛成ですよ」

紬「うふふ、お茶をお出ししましょうか和さん?」

和「結構よ。水筒があるので」

さわ子「怖い!怖いってその引きつった作り笑顔!」

紬「はいさわちゃんあ~ん」

和「あっ私だってほら!」

さわ子「二人とも、両サイドからほっぺに食べ物押し付けないでくれる?」

紬「うふふ!さわちゃんの顔おもしろいです!」

和「あらホントふふっ!」

さわ子「ちょっとあんた達ねぇ・・・」

和「ふー。何か物足りないわね」

さわ子「あんた達が私にばっかり食べさせるからでしょうが」ウップ

紬「でも楽しかったな!」

さわ子「いや私で遊ぶのはやめて」

紬「またご一緒しましょうね!」

和「ええまた!」

さわ子「まぁ最終的には仲良くなって何よりだわね」


…放課後

さわ子「あんた達たまには練習しなさいよ」

律「うわ珍しく顧問らしい事いった」

唯「もうちょっと・・・もうちょっとでパワーが溜まります」

梓「手伝います唯先輩!」

律「よし私の力も注入するぞ!」

紬「うふふふ私も!」

澪「もうやだこのコント」

さわ子「ほら唯ちゃん教えてやっから」

唯「ホント!?わ~い!」

律「山が動いた!」

澪「律も動けよ」

梓「私の役目取っちゃイヤです!」

紬「ずるい唯ちゃん!私も!」


……

さわ子「りっちゃんちょっと待って話があるの」

律「ん~なに?込み入ってんの?」

さわ子「うん悪いけどみんなは先帰っててくれる?」

澪「そうですか。じゃあ行くぞみんな」

唯「ほ~い」

梓「練習してお腹減っちゃいました」

紬「・・・」

律「で、なんですかい用って?」

さわ子「今度の日曜日デートしない?」

律「は?」



4
最終更新:2010年01月05日 02:18