さわ子「折角の冬休み、あんた達どうすんの?」

唯「何も考えてないよ~」

律「左に同じく」

澪「その時になってみないと……」

梓「こたつ」

紬「あらあらうふふ」

さわ子「やっぱり暇なのねみんな」

律「確かにその通りだが何が言いたい?」

さわ子「いやぁねー、ムギちゃんがみんなを誘って
スキー行きたいって言うから、どっかな~って」

澪「おおっ!スキーか!(律に告白する絶好のシチュエーションじゃないか!)」

唯「わっ澪ちゃんすんごい反応」

律「澪はスキーめちゃくちゃ上手いからなぁ」

唯「へぇ~!そうなんだ!澪ちゃん飛んだり出来る!?」

澪「い、いや普通!普通だから!好きなだけ!」

紬「じゃあみんないいのね?」

梓「こたつがいいです」

紬「こたつも手配するわよ梓ちゃん」

梓「みかんも欲しいです」

紬「用意するわ」

梓「後、ムギ先輩が編物をして笑っていて欲しいです」

紬「検討するわ」

律「どんだけぐうたらしたいんだよ」

梓「冬弱いだけです」

唯「私も寒さだけは苦手で」

律「唯は夏の暑さにも弱いだろ」

さわ子「じゃあ決まりでいいわね?」

唯「あう~……でも私スキーなんて出来ないよぅ」

澪「大丈夫だ!初めはみんな初心者だよ!」

唯「そ、そっかな!」

律「そうさ澪先生に教えてもらえ?」

澪「かっからかうなっ……教えるけどさ」

唯「うん!」

梓「私はソリ派なんで」

紬「あらかわいい」

さわ子「そうだわ和ちゃんと憂ちゃんもどうかしらね?」

唯「憂と和ちゃんもいいの!?」

さわ子「聞いてみてくれる唯ちゃん?」

唯「うん!多分大丈夫だよ!」

澪「みんな一緒か!楽しみだな律!」

律「あぁ!合宿じゃなくて純粋に遊び行けるのがいい!」

梓「合宿でも純粋に遊んでた気がしますが」

紬「うふふ梓ちゃんもね!」


……

さわ子「これで本当に良かったのムギちゃん?」

紬「ハイ!みんなと一緒がいいんです」

さわ子「私は二人きりの方が良かったな」

紬「もう先生ったら独占欲が強いんだから」

さわ子「当たり前よ。これでも一途なのよ私は」

紬「心配しなくても浮気なんてしませんよ。先生みたいに」

さわ子「いじわるな口ね」チュプッ

紬「んっ……さわちゃん……」チュパッジュプッ

さわ子「ムギちゃんの唇甘い……お菓子の味かな」ペロッ

紬「恥ずかしい……」

さわ子「大丈夫よ。誰も見てない」

紬「さわちゃんに見つめられるのがです」スッ

さわ子「えっ?あっちょっとメガネ!」

紬「うふふ……やっぱり私この方が好き」

さわ子「ええ~、見えなくて困るんだけどな」

紬「今度は私からするね」

さわ子「優しくね。私だってそんなに慣れてる方じゃないんだから」

紬「ふふっ分かってます」ムニムニ

さわ子「やっ……そんなにおっぱいばっかり……甘えん坊さんね」

紬「さわちゃんの胸大きくて羨ましいな」

さわ子「ムギちゃんならすぐにこれ位にはなるわよ」

紬「うふふふ、キスマークつけちゃっていいですか?」

さわ子「好きにして。私はムギちゃんのものなんだから」

紬「嬉しい……私もさわちゃんのものだよ」チュウウッ

さわ子「はぁうっ……」ピクンッ


…マック

澪「ちょっと気になっていたんだが、何で最近ムギだけ別行動なんだ?」

律「あれっ?澪知らないのか?ムギはさわちゃんと付き合ってんだよ」

澪「ええ!?」

唯「ウソッ!?」

梓「へぇ~へぇ~ほぉ~」

律「何だよ知ってるの私だけかよ。鈍いなみんな」

梓「ポテトMにすれば良かった」


唯「失恋しちゃったぁ……」グスグス

梓「元気出してください唯先輩」

唯「あずにゃあん!」ガバッ

梓「きゃっ」

律「ムギは何となくあっち側だと思ってたけどまさか唯までとは……」

澪「女子高には良くある事だよ律?」

律「見くびるなよ澪。私だって理解がないわけじゃないし、
生暖かい目で見守って行こうと思う」

澪「そ、そう……」

和「話は聞かせてもらったわ!」

唯「あっ和ちゃん~!」ヒシッ

和「唯~!」ヒシッ

梓「何でメガネがここに」

澪「私が呼んだんだ。スキー旅行の事もあるし」

梓(うぐぐ……私のポジションが)


和「実は最初にさわ子先生と付き合っていたのは私だったのよ!」

唯「ええ~!」

律「和!お前もか!」

澪「むしろ律の方がおかしいんじゃない?フフ……」ボソッ

和「でもまああの二人お似合いだったからね。私が身を引いたの」ホロッ

唯「和ちゃん……」

澪「大人だな和」

律「良く分からんがその方が良かったろ」

梓(そんな事言って本当は唯先輩を狙ってるんじゃ)ギリギリ


……

澪「なあ律……ようやく二人きりだな」

律「どした澪?気持ち悪いぞ」

澪「き、気持ち悪いってなんだよ!」

律「いや急に改まって言われてもって感じで」

澪「そっそうかも知れないけど、言い方ってもんがあるだろ!」

律「人に言えない悩みでもあるのか?聞いてやるぜ」

澪「いいよ!律はすぐちゃかすし!」

律「ははっ!澪ってかわいいから、ついからかいたくなるんだよな~!」

澪「かわっ、かわいい私が?」

律「だってファンクラブまであんじゃん!よっ!学校のアイドル!」

澪「はぁ……」

律「へへ~、アイドルの髪触っちゃうよ!」

澪「おい遊ぶなって」

律「ほぉ~、すげえサラサラだぁ!まるでそうめんだね!」

澪「……私が揖保の糸なら律は何だ?めんつゆか?」

律「はは!それいいな!私らはそういう感じだよなぁ!」

澪「う、うん……ふふっ!」

律「唯はあげ、ムギは沢庵、梓はネギ、さわちゃんは……」

澪「薬味だな。一味は欠かせないぞ」

律「私は七味の方がいいけどな~」

澪「七味は騒がしい感じがするんだよ」

律「まあ放課後ティータイムは誰一人欠けちゃダメだってこったな」

澪「ていうかお腹すいた」

律「何だ人がいい話っぽくまとめようとしたのに」

澪「律がそうめんとか言い出すから食べたくなっちゃったし」

律「ははっ私も」




幼律『みおちゃん!しょうらいなにになりたい?』

幼澪『みおはね~、しょうらい王子さまのおよめさんになるんだ!』

幼律『あははは!王子さまなんているわけないよ~!ガッキだねぇ!』

幼澪『む~!いるもん!』

幼律『いないって!それより夢はでっかくトラクターだよ!』

幼澪『……目の前にいるもん』ボソッ

幼律『はぁ?なに~?聞こえないよう、みおちゃん?』

幼澪『うっうるさいっ……バカ』

幼律『またはずかしがっちゃってぇ~……へっへっ、そんな子にはぁ』

幼澪『なっなに?りっちゃん……りっちゃん!?』

律『うへへへへ!よいではないか!よいではないか!』

幼澪『きゃあああぁーーー!!』




澪「はっ夢か……いい所だったのに……」


…スキー当日

さわ子「あー、着いた着いた~」

律「流石ムギ!人が少なくて穴場って感じのいいゲレンデだな」

澪「雪質もいいぞ!サラッサラのパウダースノーだ!」

紬「喜んでもらえて何よりだわ」

唯「パウダースノーって?」

澪「滑ると気持ちいい雪なんだ!きっと唯も気に入るよ!」

唯「でも雪見てると雪だるま作りたくなるよね」

梓「雪合戦も捨てがたいですよ」

澪「いやっ滑ろうよ!?」

和「唯と憂ちゃんは初心者だって分かってるけど、梓ちゃんもそうなの?」

梓「私はソリ派ですから」

憂「でも梓ちゃんソリやれる所は子供ばっかりだよ?」

梓「ソリマスターだし」

律「極めてんのかよ」

梓「唯先輩もやりますよね?」

唯「えっ?私は澪ちゃんに教えてもらうって約束したからやらないよ」

梓「なっ!?」

澪「ああ、教えるぞ唯!」

さわ子「観念した方がいいわね梓ちゃん。一人でソリはかなり惨めよ」

律「あはは~!何なら私が付き合ってやってもいいぞ梓!
マスターのお手並み拝見したいからな!」

梓「うぐぐ結構です……」

唯「一緒にがんばろっ!あずにゃん!」

梓「仕方ありませんやってやるです」

唯「わ~い!えへへー!」ガバッ

梓「苦しい(だけど気持ちいい)」

憂「お、お姉ちゃん私も頑張るよ!」

紬「うふふふ」●REC


……

澪「唯そろそろやるぞ~」

唯「えへへ~、よろしくね澪ちゃん!」


……

律「じゃあ梓には私がマンツーマンで教えてやるよ」

梓「えっ律先輩がですか?」

律「何だ?不服かぁ?」

梓「いえ我慢しますから」

律「引っかかる言い方だな……まぁいいや」

梓「これでも我慢強い子ですから」

律「そんなにイヤなのかよ!」


……

和「憂ちゃんには私がコーチするわ」

憂「よろしくお願いします」

紬「じゃあ私はその様子をビデオに収めるわね」

さわ子「じゃあ私は一人で滑ってくるわ」

紬「あっ!さわちゃん待って……斎藤ッ!」

斎藤「はっお呼びで」

紬「悪いけどみんなの様子を私の代わりに撮影しておいて!」

斎藤「御意にございます」

さわ子「いや~、ホントまめねぇムギちゃんは」


……

律「まずは片足スキーやってみよ~か?」

梓「こうですか?」

律「そうそう。感覚つかめるまではそれな」

梓「はぁなるほど、これなら下手に転びませんね」

律「ああ。じゃあ私ちょっと滑ってくるから」

梓「ええ~……」

律「頑張れよソリマスター!」

梓「やかましいです!」


……

澪「次は転ぶ練習だ」

唯「ほぇ?転ぶだけなの?」

澪「スキーは危険なスポーツなんだ。転ぶ練習は基本だぞ」

唯「そっか!やってみるね!」バタッ

澪「あっそうじゃなくて手を使わずに横向きに」

唯「つめたっ!」ゴロゴロ

澪「いや転がるんじゃなくて……」

唯「これシロップかけたら食べ放題だよね!」

澪「お腹こわしちゃうよ……」


……

和「歩く事には大分慣れてきたようね」

憂「はい何とか」

和「いやあ、すごい飲み込み早いわよ憂ちゃん。
じゃあ止まり方だけどこんな感じで」

憂「こんな感じですか?」

和「そうそう……それで曲がり方はこうね」

憂「こうですか?」

和「ああなるほどそんな感じ」

憂「なるほど?」


……

澪「あっ憂ちゃんもう軽く滑ってるのか!?」

唯「はうぅ……私なんてまだちゃんと歩くのもダメなのに」

澪「いっいや唯は普通だ!憂ちゃんが異常なんだ!」

唯「そうだよね憂はガチャピンだもんね!」

澪「そうだ憂ちゃんはガチャピンだから仕方ない!」


……

梓「私はいつまで片足スキーやってればいいんでしょうか……」

律「よ~、お二人さん」ズシャー

紬「あれ?りっちゃん?」

さわ子「上手いわね。流石に運動神経がいい」

律「いやスキーに関しちゃ澪の方が断然上手いんだけどな」

紬「そうなんだ」

律「うん私も教わった位だし」

さわ子「おっぱい大きいからね」

律「おっぱいは関係ないだろ」

紬「さわちゃんも大きいもんね」

律「そりゃ良かったな」


……

唯「あう~……澪ちゃんも滑ってきなよ。私なら一人で練習してるし」

澪「気なんてつかうな。ちょっとずつ上手くなってるって唯」

唯「ほ、ほんと~?」

澪「ウソなんて言わないよ。緩い所でちょっと滑ってみるか?」

唯「うん滑る!」

澪「緩くても結構スピードは出るからな。やばいと思ったらすぐ止まるんだぞ」

唯「ひゃいっ!」ドキドキ


梓「あっ楽しくなってきたかも……ふふっ」ズリズリ


唯「わわ、わわわ……」ヨロヨロ

澪「やった!滑ってる!滑ってるよ唯!」

唯「あうっ」ドスン

澪「あっ大丈夫か唯?」

唯「みっ澪ちゃん見たぁ!?澪ちゃんのおかげだよ!」

澪「うんすごい!唯すごいよ!」


憂「お姉ちゃん!」ズシャー

唯「わっ!うい~?」

憂「大丈夫お姉ちゃん大丈夫!?」

唯「大丈夫だよ~」

澪「尻餅ついただけだって」

憂「良かった……スキーは危ないから心配で」

和「憂ちゃん待って早いわ」

憂「ごめんなさい和さん……お姉ちゃんがフラフラしてるのが見えたんで」

唯「もう~憂は心配しすぎだよぉ~」

澪(既に和より上手そうだな……)

唯「私だってちゃんと滑れるようになったんだから!」

憂「ええっすごい!やっぱりお姉ちゃんすごいよ!」

唯「えへん!と言いたい所だけど澪ちゃんのおかげ~!」ガバッ

澪「わっ!ちょちょっと唯!?」

唯「大好き!」チュッ

澪「うっわわわわわっ!ゆっ唯いいっ!」カァー

和「うは大胆ね唯ったら」

憂「……」

澪「何て事を何て事を!わ、私のファーストキスを!」

唯「えっごめん私じゃイヤだった?」

澪「イヤって言うか……なっ何でだよもう~!」

憂(落ち着け……お姉ちゃんを数えて落ち着くんだ……)

唯「良かった!じゃあ別にいいんだね!」

澪「良くなんかないもん!」

和「ちょっと唯が羨ましいかな」

憂(1……1……1……1……1……)


2
最終更新:2010年01月05日 02:38