ガチャ

梓「こんにちは」

律「おーす」

澪「こんにちは、梓」

紬「梓ちゃんこんにちは」

梓「あれ、唯先輩はまだですか?」

律「あー唯は漢字テストの追試受けてるよ」

梓「赤点だったんですね……」

紬「どうやらそうみたい」

律「唯のやつはいつまでたっても成長しないよなぁ!」

澪「……昨日私に範囲聞いてきたのはどこのどいつだ」

律「ひゅ、ひゅーひゅー」

澪「おーい口笛吹けてないぞー?」

澪「まったく私はクラスが別だから範囲も違うのに……」

律「でも澪の言ったところでたからいいじゃん。結果オーライ!」

澪「まったく……」

律「うひひ、さすが私の幼馴染だ!」

澪「はいはいどうも」

紬「う……」

梓「ん?」

ガチャ

唯「みんなー、おーす!」

律「お、やっときたか!」

紬「唯ちゃん追試お疲れ様」

澪「あれ、和?」

和「……こんにちは」

唯「えへへ、廊下であったから連れてきちゃった」

和「唯……私は生徒会の仕事の途中なんだけど」

唯「いいじゃんいいじゃん!ちょっとだけ!」

和「あのねぇ……」

澪「私からもお願い。和もお茶していって?」

和「じゃあ……お言葉に甘えようかしら」

唯「わーい!和ちゃん大好き!」

ギュッ

和「はいはい私も大好きよ」

唯「えへへー」

律「さすが和……幼馴染なだけあって唯の扱い方を熟知してるな」

紬「っ……」

梓「……ムギ先輩?」

紬「な、何?」

梓「さっきから時々苦い顔してますけど大丈夫ですか?」

紬「……そんな顔してたしら?」

梓「はい」

紬「……大丈夫、何でもない」

梓「?はぁ」

律「じゃあムギ、いつもより一人分多くお茶とケーキ頼む!」

紬「……うん」

唯「和ちゃーん、和ちゃーん」

和「あ、こら!どこ触ってるの!」

唯「おっぱい!」

和「はぁ……もういいわ」

律「……ふむ」

紬「……」

コポコポ

律「澪ー、澪ー」

澪「きゃあぁぁ!どこ触ってるんだ!」

律「おっぱ」

ゴンッ

律「いだぁぁぁぁ!」

澪「こんっのバカ律!」

律「うぅ……唯と同じことしただけなのにぃ」

唯「へへーん私と和ちゃんはラブラブだもん!」

和「ラブラブって……ただの幼馴染でしょ」

唯「えぇ!?あの時の約束は嘘だったの!?」

和「いつしたのよ。いつ」

紬「……」

コポコポ

律「ふんだ。私と澪だってラブラブだもんなー」

澪「いや」

律「……仲のいい幼馴染……」

澪「……まぁ、そういうことにしといてあげよう」

律「澪しゃあぁん!」

ギュッ

澪「あ、こら抱きつくな!」

律「やだ!抱きつく!」

澪「まったく……甘えん坊なんだから」

律「えへへー」

紬「……もう!」

ガシャン!

唯「ほぁ!?ムギちゃんどうしたの!?」

澪「だ、大丈夫かムギ!」

紬「……もうやだぁ!」

律「はい?」

紬「皆ずるいわ!仲のいい幼馴染がいて!」

和「ムギ、落ち着いて」

紬「落ち着けない!なんで皆そんなに仲良い幼馴染がいるの!?ずるい!」

唯「私はムギちゃんも大切な友達だよー?」

紬「それでも違う!何でも気兼ねなく話して、遊んで、ケンカして!」

紬「そりゃあ私女の子同士がいちゃいちゃするのを見るのは好きよ!」

紬「だけどそれでもダメなの!嫉妬しちゃうの!」

梓「ムギ先輩私は幼馴染なんて」

紬「そう!私の味方は梓ちゃんだけ!」

梓「へ、味方?」

律「ムギ、悪かったって……」

紬「つーん」

澪「機嫌なおしてよ?いい子だから、ね?」

紬「つーん」

唯「つーん」

紬「真似しないで!」

唯「あうっ」

和「こら唯、余計なこと言わないの」

唯「ごめんちゃい……」

和「あなたは昔からそうなんだから……」

紬「昔から……ねぇ」

和「あっ」

紬「……梓ちゃん!」

梓「はい」

紬「私の幼馴染になって!」

梓「はい?」

和「ムギ、幼馴染はなるとかならないとかじゃなくて……」

紬「ふーんだ!」

律「……ダメだこりゃ」

紬「梓ちゃん行きましょう!」

グイッ

梓「ちょ、ムギ先輩!?」

紬「それじゃああとは皆さんどうぞ仲良く!」

梓「いたたたた!ムギ先輩強く握りすぎです!」

バタン

和「……」

律「……」

澪「……」

唯「……あずにゃんが連れ去られた」

澪「お、追わなきゃ!」

和「まって澪。下手に刺激したらダメよ」

律「そうだね……今は梓に任せよう」

澪「そんな……」

和「とりあえず、割れたティーカップ片付けましょう……」

唯「たしかこれって王宮御用達の……」

律「……あっ」


――――

梓「はぁ……はぁ……」

紬「……」

梓「ム、ムギ先輩……?」

紬「……」

紬「どうしよう……」

梓「どうしようって……?」

紬「私ったら皆にひどいこと言っちゃった……」

梓「……」

紬「う……う……」

梓「え、泣いて……?」

紬「うぁぁぁん……どうじようぅ……」

梓「ムギ先輩……」

紬「う……ひぐ……」

梓「……」

ギュ

紬「きゃっ」

梓「よしよし……」

紬「あぅ……」

梓「ムギ先輩は、自分といる時より楽しそうな皆を見て嫉妬しちゃったんですよね」

紬「……うん」

梓「かわいいところがあるんですね」

紬「かわいくなんて……」

梓「……明日、暇ですか?」

紬「明日?暇、だけど……」

梓「じゃあ二人で遊びましょうか!」

紬「へ?」

梓「皆さんに謝るのはその後にしましょう!」

紬「でも、皆私のこと嫌いになってないかしら……」

梓「大丈夫ですよ!私達の仲はこのぐらいじゃ壊れません!」

紬「……」

梓「ね!」

紬「……うん!」


カチャカチャ

和「とりあえず破片はすべて集めたけど……」

唯「ばらばらー」

律「……なぁ接着剤もってる?」

澪「え゛」


――――

梓「マックスバーガーの前だからここら辺のはずだよね……」

紬「梓ちゃーん」

梓「あ、いたいた」

紬「まぁ、梓ちゃんその服すごくかわいい」

梓「ムギ先輩こそ、大人っぽくて素敵ですよ」

紬「大人っぽいなんて……恥ずかしい」

梓「恥ずかしがることないですよ。もっと自分に自信を持ってください!」

紬「う、うん」

梓「さぁどこ行きましょうか。ムギ先輩どこか行きたいところありますか?」

紬「ううん……私よくわからないから」

梓「じゃあ……ゲーセンに行きましょうか!」

紬「げーせん?」


紬「わぁ、ゲームがいっぱい!」

梓「あはは、かなり古いですけどね」

紬「このテーブルみたいなのは!?」

梓「インベーダーですよ」

紬「で、これは何円で買えるの?」

梓「買うんじゃないんですよ……一回百円で遊ぶんです」

紬「一回……?」

梓「ここに百円玉をいれて」

チャリン

梓「このレバーとボタンを使って遊ぶんですよ」

紬「へー」

ピシューンピシューン

ボカーン

紬「それで?それで?」

梓「あ、いえ……ゲームオーバーですけど」

紬「あれ」

梓「ち、違うのやりましょうか」


2
最終更新:2011年10月13日 21:49