唯「………」ぼー

和「…ゆいちゃん?」

唯「……なーに?」ぼー

和「お空になにかあるの?」

唯「…なにもないよー?」

和「…へんなの」


唯「うんたん♪うんたん♪」

先生「唯ちゃん上手ねぇ~」

唯「えへへ…」

和「…うんたん」

唯「あー!」

和「っ!?」ビクッ

唯「私のまねしてるー!」

和「…真似しちゃだめなの?」

唯「いいよ!一緒にやろう♪うんたん♪」

和「…やっぱりへんなの」

唯「のどかちゃんあそぼー!」

和「いいよ。なにしてあそぶ?」

唯「う~ん…いっしょにお空みよう!」

和「いいよ」

唯「………」ぼー

和「………」

唯「………」ぼー

和「…ねぇ」

唯「…なーに?」

和「…楽しい?」

唯「たのしい!」


ピンポーン

唯「はーい のどかちゃん!」

和「こんにちはゆいちゃん」

唯「どうぞあがって!ママ―!のどかちゃんきたー!」

唯母「あらあら いらっしゃい」

和「おじゃまします」ペコ

唯母「ずいぶん礼儀正しい子ね」

唯「のどかちゃーん!はやくはやく!」

唯母「まったく…うちの唯ときたら…」

唯「みてのどかちゃん!」

和「わぁ!かわいいねぇ。ゆいちゃんの妹?」

唯「そうだよ!ういっていうの♪」

憂「はじめまして。ひらさわういです」

和「よしよし。私はまなべのどかです」

唯「わたしはひらさわゆいだよ!」

和「しってるよ」

和「それじゃぁ私そろそろかえるね」

唯「えー!?もうかえっちゃうの?もっといてよ!」

和「でも、もう5時だし…」

唯「いやだのどかちゃん!かえらないで!」

唯母「唯!わがまま言わないの。和ちゃんのお母さんが心配しちゃうでしょ?」

唯「うう…ぐす…」

和「ごめんねゆいちゃん…またあそぼうね?」

唯「やくそくだよ?」

和「うん やくそく」


和「ゆいちゃんかぜでおやすみか…」

和「………」

和「………」

和「…お空でもみてよう」

和「………」ぼー

和「………」ぼー

和「…つまんないの」

唯「のどかちゃ~ん!」

和「ゆいちゃん!かぜはだいじょうぶ?」

唯「もう平気だよ~」

和「そっか…よかった」

唯「えへへ!心配かけてごめんね?」

和「いいよ」にこ

唯「わたしね。のどかちゃんがだいすきだよ♪」

和「わたしもだよゆいちゃん。ずっとなかよしでいようね」

唯「ねー♪」


唯「わたしたち明日で卒園なんだよね」

和「そうだよ」

唯「わたしたち同じ小学校にいくんだよね」

和「そうだよ」

唯「じゃあまた小学校でもなかよくしようね♪」

和「うん!よろしくね唯」

唯「のどかちゃーん!」

和「唯!やったね!私達同じクラスだよ!」

唯「クラス?クラスってなあに?」

和「同じおへやで勉強するってことだよ」

唯「ほんと!?やったー!」

和「やったー!」


唯「のどかちゃん いっしょに給食たべよ♪」

和「いいよ」

唯「~♪」

和「ごきげんだね なにかいいことあったの?」

唯「えへへ、今日の給食はカレーなんだよ~♪」

和「ああ…そういうことね」

唯「のどかちゃーん…」

和「唯?どうしたの?」

唯「しゅくだい教えて…」

和「また?少しは自分の力でやったほうがいいよ?」
唯「そこをなんとか!」

和「もう…しょうがないんだから」

唯「おお!ありがとうのどかちゃん!大好き♪」

和「はいはい…」

唯「…あ!あった!」

和「…どうやら私達別々のクラスになったみたいね」
唯「そんなぁ…寂しいよのどかちゃん…」

和「こればっかりはしょうがないわよ唯…」

唯「…のどかちゃんは私と離れるの寂しくないの?」

和「なにいってるの…。寂しいに決まってるじゃない」

唯「ほんと?嘘じゃない?」

和「嘘じゃないよ」

唯「の…のどかちゃーん!」

和「まぁこれを機会に自分の力で勉強することを覚えなさい」

唯「うぅ…はーい」

和「よろしい」



がら

唯「和ちゃーん!宿題教えてー!」

和「…嫌」

唯「えぇ!?なんで!?」
和「唯…たまには自分の力でやろうと思わないの?」
唯「いつも思うんですけど…その…忘れてしまいまして…」

和「はぁ…唯らしいわね」

唯「えへへ…めんぼくない」

和「大体家に帰ったらすぐに宿題をやる習慣をつければいいのよ」

唯「はい…ごもっともです」

和「まったく…いつもは家で何をしているの?

唯「えへへん!よくぞ聞いてくれました!」

唯「実は私、家でギターの練習をしているのです!」

和「…唯がギター?」

唯「そう!だからまったく勉強も宿題もしてません!」

和「いばって言うことじゃないわよ…でもなんでギターなんか…?」

唯「かっこいいから!」

和「…え?それだけの理由?」

唯「そうだよ。十分な理由だよ」

和「まぁ…唯らしいっちゃ唯らしいわね…」


ピンポーン

がちゃ

唯「はーい。和ちゃん!」

和「こんにちわ唯。遊びに来たわよ」

唯「どうぞ上がって♪」

唯母「あら、こんにちわ和ちゃん」

和「こんにちわ。お邪魔してます」ペコ

唯母「相変らず和ちゃんは礼儀正しいわねぇ」

唯「和ちゃん!じゃ~ん!」

和「おお。ギターだ」

唯「えへへ…かっこいいでしょ!」

和「かっこいいよ。何か弾いて見せてよ」

唯「うん!~♪」ジャカジャカ ジャン

和「………」

唯「えへへ…どうだった?」

和「…すごく上手だわ。すごいじゃない唯!」

唯「ありがとう♪勉強しないで頑張ったかいがあったよ!」

和「勉強もちゃんとしなさい」

唯「…はーい」

唯「………」ぼー

和「…なにぼーっとしてるのよ」

唯「あ。和ちゃん」

和「私達来月から中学生なのよ?もっとしっかりしなきゃ」

唯「えへへ…そうだね」

和「まったく…唯は昔から変わんないね」

唯「和ちゃんもだね。なんだか私のお姉ちゃんみたい」

和「お姉ちゃんか…その通りかもね」

唯「うん!…ねえ和ちゃん」

和「なに?」

唯「中学校でも私と仲良くしてくれる?」

和「…当たり前じゃない。これからもよろしくね」

唯「うん!」

唯「和ちゃ~ん…」

和「唯…また宿題?」

唯「なんでわかったの!?」

和「いつも通りだからよ…はい」

唯「おお!ありがとう和ちゃん!」

和「まったく…いつになったら自分でやってくるのかしら」

和「そう言えば唯…」

唯「んー?なーに?」

和「まだ家でギターの練習してるの?」

唯「してるよ!腕もだいぶ上達したよ!」

和「そうなんだ。今度聞かせてね」

唯「いいよ!楽しみにしててね」



ピンポーン

がちゃ

憂「はーい。あ、和さん!」

和「久しぶりね憂ちゃん。唯はいる?」

憂「ちょっと待っててください。おねえちゃーん!」

憂「………」

唯「…部屋にいると思うので勝手に上がってください」

和「ありがとう。お邪魔するわね」

こんこん

和「唯ー。遊びにきたわよ」

「……」

和「唯ー?部屋に入るからね」

がちゃ

唯「すぅ…すぅ…」zzzz

和「…寝てる」

唯「う~ん……っは!?」

和「…おはよう」

唯「和ちゃん…いらっしゃい」

和「…でももう帰る時間」

唯「えっ?今何時?」

和「夕方の6時だよ」

唯「そんな…ごめんね和ちゃん」

和「いいよ…また今度遊びに来るから」

唯「そうだ!一曲だけでも聞いていってよ!」

和「まぁ一曲くらいなら…」

唯「やった!それじゃあ…」

唯「~~~♪」ジャカジャカ ジャン

和「す…すごい!うまくなったね唯!」

唯「へへ~ん!プロになれるかな?」

和「…プロになりたいの?」

唯「うん!目指すは武道館!」

和「そっか…応援するわ」

唯「うん!ありがとう♪もし私が武道館で演奏する時は絶対見に来てね!」

和「わかったわ。約束する」

唯「うん!約束」

和「…じゃぁ私そろそろ帰るわね」

唯「うん。また明日ね~」

和「それじゃあお邪魔しました」


……

先生『えー…みんなに残念なお知らせがある…』

先生『平沢唯がな…昨日、事故にあって…』

先生『…亡くなったそうだ』


和「………」

和「………」

和「…唯の嘘つき…プロになるんじゃなかったの?
  …武道館はどうするの…?」

和「……嘘つき…」

それからの中学校生活はあっという間だった。

唯がいないだけでこんなにも毎日がつまらなくなるなんて

私にとって、それだけ唯はとても大きな存在だったんだ。


和「今日から私は高校生だよ。唯」


2  
最終更新:2010年01月28日 03:14