「柔道部に入部しませんか!」

「吹奏楽部に入部しませんか?」

「ソフトボール部で一緒に頑張りませんか!?」

…うざったい。私は部活なんてやるつもりはない。

和「邪魔ですよ。先輩方」

「…………」

「なにあんた…あんたみたいのもう誘わないわ」

だれもさそってくれなんて頼んでない。

和「その方が助かります。では…」

和「………」

女A「真鍋さん。一緒にお弁当食べない?」

和「…いい。一人で食べたいの」

女A「でも…いつも一人じゃない。たまには私達とでも…」

和「…うるさいわね」

女A「そんな…」

女B「行きましょう。ほっときましょうよ」

そうだほっといてよ。あなた達なんかといたって楽しくなんかないんだから。

和「……つまらないなぁ」

?「…お前さぁ、いつも一人でさびしくないの?」

和「…別に」

?「ふーん。私なら一人なんて嫌だけどな」

和「だからなんなの…?」

?「様は…私と一緒に飯食おうぜ!」

和「……嫌よ」

?「いいから!一人で食うより二人だよ!」

和「はぁ…?意味わかんないんだけど」

?「二人で食った方が飯だってうまいだろ?そういうことだ!」

なんなんだこいつは。うるさくてかなわない。

…でも、いい暇つぶしにはなるかもしれない。

和「わかったわよ…。一緒に食べましょう」

?「よし!そうこなくっちゃ!名前はえーっと…真鍋和さんだっけ?」

和「そうよ。あなたは?」

?「私は田井中律!律でいいよ。よろしくな!」

律「真鍋さんは部活決めた?」

和「…やる気ない」

律「なにか楽器とか弾ける?」

和「…弾けないわよ」

律「そっかー。だったら一緒に軽音やろうぜ!」

和「はぁ!?」

なぜそういう話になるんだ。私は部活をする気なんてないっていっただろ。

楽器だって弾けない。こいつは人の話を聞いてないのか?

律「いやさぁ。軽音部に部員が足りなくて…あと一人入部しないと廃部なんだ」

和「…だから?その話が私に関係ある?」

律「ないよ!けどお願い!一緒にバンドやろうぜ!」

和「…話にならないわ」

律「そこをなんとか!」

和「嫌よ。大体楽器も弾けないのよ?私が入って何になるの?」

律「それなら心配ないよ。これから覚えればいいんだから!」

和「嫌よ面倒くさい。勝手にやってれば?」

律「そんなこといわずにさ~。試しに見学しにでも来てよ」

和「……暇だったらね」

律「やった!場所は音楽室な!今日の放課後待ってるぞ!」


―放課後

和「………」

和「………」

和「………」

和「…音楽室だっけ?暇つぶしに行ってみるか…」

がちゃ

和「失礼します…」

律「真鍋さん!まってたよ。よく来たな~」

和「…暇だったからね」

?「律…この人がさっき言ってた?」

律「そうだよ」

?「そっか…その…は 初めまして!秋山澪です!」

?「初めまして♪私は琴吹紬です」

和「…真鍋和よ」


律「じゃあさっそくだけど演奏始めようか!」

澪「そうだな。真鍋さん、ゆっくり聞いていってくれ」

紬「お菓子もあるわよ♪食べてね」

和「ありがとう…」

…律がドラム。秋山さんがベース。琴吹さんがキーボード。

どうやらこの部にはギタリストがいないらしい。

…なら、もし入部すれば私がギターのポジションなのは必然か。

律「わん!つー!」

~~~♪

和「………」

…あんまりうまくないな。

律「よしっ!きまった!どうだった?私達の演奏」

和「…なんていうか、その…」

澪「うんうん」

和「…あんまりうまくないわね」

律「ばっさりだー!」

でもとても楽しそうだった。入部すれば退屈はしないで済みそうだな。

…でも、この居場所は私のものではない。

ここは、今生きていたらきっと唯の居場所だった筈だ。

私は唯の居場所を奪うことなんかできない。

律「で、どう?一緒に軽音部やってみない?」

和「………私は…」

和「…ごめんなさい」

律「…!そ そんなぁ…」

和「………」

律「…どうしても?」

和「…ごめんなさい」

律「本当にどうしても…?」

澪「しつこいぞ律。ごめんな真鍋さん。気にしないでくれ」

和「……気にしてないわ」

紬「またお菓子でも食べに来てね」

和「ありがとう…じゃぁまた…」


がちゃ

律「真鍋さん!期限まであと1週間あるから!もう一度考えてみてくれ!」

和「………」


ー帰り道

和「………」

和「…これでよかったのよね」

そうだ。これでよかったんだ。

…私に唯の居場所を奪う資格なんてないんだから。

…でも、少しだけあの部活に入部したかったな。

憂「和さ~ん!」

和「憂ちゃん…?」

憂「今帰りですか?」

和「そうよ…」

憂「…和さん、またお姉ちゃんのことで悩んでますね?」

和「…え?」

和「…そんなことないわ」

憂「嘘です」

和「………」

憂「私にはわかりますよ。何を悩んでいるんですか?」

和「…私ね。軽音部に誘われたんだ」

憂「そうなんですか…」

和「それでね…」

憂「お姉ちゃんなら気にしませんよ。ぜひ入部してください」

和「…え?」

憂「和さんはお姉ちゃんに引け目を感じているんですよね?お姉ちゃんの好きだった音楽を自分がやることに」

和「………」

憂「そんなこと気にする必要なんてないですよ。自分のやりたいことをやってください」

憂「それに、お姉ちゃんが生きてたら…和さんに私と同じことをいったはずです」にこ

和「憂ちゃん…ありがとう」

憂「気にしないでください♪」

憂ちゃんは強いな。唯が死んだ時、一番悲しかったのは憂ちゃんの筈なのに。

憂「だから軽音部、入部してくださいね」

和「うん…もう少し考えてみるよ」



―1週間後

律「………」

澪「………」

紬「………」

澪「…結局、真鍋さんはこなかったな」

紬「…廃部は免れませんでしたね」

澪「律…もう帰ろう」

律「…まだだ。真鍋さんは今日中に絶対来る」

澪「…でも、下校時間まであと10分だぞ?」

律「私は来るって信じてる」

澪「……そうだな。信じよう」

紬「私も信じます…」

がちゃっ!

和「はぁ…はぁ…!」

律「真鍋さん!」

和「おそくなってごめんなさい…」

和「私を…入部させてください!」

律「………」

澪「………」

紬「………」

和「…だめ…かしら?」

律「…夢じゃないよな?」

澪「ああ…夢じゃない…」

和「…?」

律澪紬「やった~!!!」

律「よかったー!これからよろしくな!真鍋さん!」

和「…和、でいいわよ」にこっ

律「!わらった…。澪!あの真鍋さんが笑ったよ!」

澪「落ち着け律!真鍋さんに失礼だろ!」

紬「まぁまぁ♪よろしくね。和ちゃん」

律「あ、そうだ…。よろしくな、和!」

澪「軽音部にようこそ!よろしくな…和」

なんて楽しい人達なんだろう。ここなら私はうまくやっていける気がする。

唯。私の居場所、見つけたよ。

和「ええ、みんな…これからよろしく」



ピンポーン

がちゃ

憂「はーい!あ、和さん!」

和「こんにちわ憂ちゃん」

憂「こんにちわ。和さん、軽音部に入部したんですね」

和「え?なんでわかったの?」

憂「だって、前にあった時よりも顔が明るいですから」

和「あはは…。憂ちゃんには隠し事はできないわね」

憂「えへへ♪さあどうぞ。上がってください」


チーン…

和「………」

…唯、私ね。軽音部に入部したんだ。

しかも唯と同じギターまでやることになったんだよ。

私、唯の分まで頑張っていっぱい練習するから。

…だから唯。見守っててね。

唯『和ちゃん…ありがとう』

和「! 唯!?」

憂「わっ!びっくりした…」

和「う 憂ちゃんか…ごめん」

憂「いえいえ。そういえばこれ…はい、ギターの本です」

和「ありがとう。でも本当に借りちゃっていいの?」

憂「いいですよ。…あとこれも」

和「これは…唯のギターじゃない!こんな大事なもの借りられないわ!」

憂「いいんですよ。和さんが使ってくれるなら、お姉ちゃんだって喜びます」

憂「それに…まだギター買ってないんですよね?」

和「…憂ちゃんはなんでもお見通しね」

和「…本当にありがとう憂ちゃん。私、がんばるから」

憂「はい♪頑張ってください」



がちゃっ

和「お邪魔します」

律「よう和…ってそのギターどうしたんだ!?」

和「…友達から借りたのよ」

澪「そうか。でもこれでやっと軽音部らしい活動ができるな」

紬「えぇ♪よかったわ」

律「そうだ!なにか弾いて見せてよ!」

和「え…?でも私まだ全然…」

律「簡単なものでいいからさ!」

和「…わかったわ。…それじゃぁ…」

律「………」わくわく

澪「………」どきどき

紬「………ごくり」

チャラリ~ララ~♪

和「………」

澪「…チャルメラ?」

律「…ぶっ!」

紬「…くすくす…」

律「…あーっははは!!!チャルメラって…!
  和のキャラじゃねえよ!!!」

和「なっ!?」

紬「あはははは!ご…ごめんなさい和ちゃん!」

和「ちょっと失礼よ!がんばって練習したんだから!」

澪「…和。ちょっと待ってて」ゴツンッ!

律「あいたっ!」

澪「よし…これで静かになったな。和に謝れよ律、ムギ」

律紬「…ごめんなさい」

和「別にいいわよ…。それに、これからいっぱい練習してうまくなる予定なんだから」

律「おお!心強いねぇ!この分なら武道館も夢じゃないかもな!」

和「…え?」

和「…律は…プロになりたいの?」

律「当たり前だろ?目指すは武道館!」

唯『うん!目指すは武道館!』



すこし昔のことを思い出していた。

唯が武道館に行きたいなんて言い出した時は、もしかしたら唯なら…って思った。

それだけ唯の演奏が上手だったから。

私だけの力なら、決して武道館に行けないけど…みんなでがんばれば…もしかしたら…

澪「おいおい…。プロになんてなれるわけないだろ。なぁ和」

和「わ…私も武道館行きたい!」

澪「えっ!?」

澪「お…おい!本気なのか!?」

和「うん!」

澪「でも…プロになるって大変なんだぞ!和だってまだ始めたばかりじゃないか!?」

和「それでも…私、頑張って練習するから!行こうよ武道館!」

律「…そうだな!でも、和はどうしてそこまで行きたいと思うんだ?」

和「…私の友達にね。武道館にどうしても行けなくなっちゃった人がいるの」

紬「…まぁ」

和「だから、その友達の夢を引き継ぎたいの。このギターと一緒に」

澪「…まさか…それって…」

律「…だまってろ澪」

和「だからみんな…お願い。私と一緒に武道館に行きましょう!」

律「…だめだ」

和「え…?どうして…」

律「だって、その台詞は部長であるこの私の台詞だからな!」

律「みんな!必ず行くぞ!武道館!」

紬「おー♪」

澪「わかったよ…とことん付き合ってやる。おー!」

和「みんな…」

律「ほら、和も一緒に!」

和「うん…!おー!」

それから私は、勉強そっちのけで一生懸命練習した。


3
最終更新:2010年01月28日 03:19