梓「ほんっと可愛いんだよ!ムギ先輩!」

純「もうその話は何回も聞いたよぉ…」

梓「そう!何回見ても可愛い!何度見しても可愛い!」

純「聞いちゃいねぇ…」

梓「あの艶やかな髪!豊満なバデー!そしてムギ先輩を先輩たらしめる眉毛!マジで天使やな天使!」

純「はいはい。だからって休日にまで先輩のバイト先に押し掛けるなんて…」

梓「ああ!接客するムギ先輩!くぁっわいい~!」

純「そんなに気になるんなら、行ってくればいいじゃん」

梓「ばっかだねぇ!君は実にばかだねぇ!遠くからひっそりと眺めるのがいいんだよ!」

純「さいでっか」

梓「ああでも体から溢れんばかりのリビドーは抑えきれない!」

純「脳汁はダダ漏れだけどね」

梓「ああ!ペロペロしたい!」

純「あずにゃんペロペロ!ってか」

梓「なんだか叫びたくなっちゃったなぁ!」

梓「むぎゅうううううううううううううううううううううううう!!」

純「ちょ、ホントに叫ばないでよ!みんな見てるし…!」


男店員「あの…お客様?店の前で叫ぶのはやめていただきたいのですが…」

純「すっすいません!…ほら梓!」

梓「…邪ッ!」

男店員「たわばっ」

純「回し蹴り飛ばした!?」

梓「ふぅ…はい!純も一緒に叫ぼう!」

純「なんで!?」

梓「むぎゅううううううううううううううううううううううううううううう!!」

純「言わないよ!」

梓「むぎゅううううううううううううううううううううううううううううう!!」

純「だからうるさいって!」

梓「むぎゅううううううううううううううううううううううううううううう!!」

純「しつこい!」

梓「むぎゅううううううううううううううううううううううううううううう!!」

純「むぎゅううううううううううううううううううううううううううううう!!」

梓「むぎゅううううううううううううううううううううううううううううう!!」

梓・純「「むぎゅううううううううううううううううううううううううううううう!!」」




むぎゅうううううううううううううううううううううううううう
むぎゅううううううううううううううううううううう
むぎゅうううううううううううう
むぎゅうううううう
むぎゅう


ぎゅっ




律「ねぇ、みーおー。ぎゅってしてくれよー」

澪「なんだよ急に…いつもは暑がって嫌がるくせに」

律「いいじゃんよーぎゅってしてよー」

澪「そんないきなり言われても恥ずかしいよ…」

律「いいじゃんかみおー、今日は誰もいないから、好きなだけいちゃいちゃ出来るのよん」

澪「…まったく」

ぎゅっ

澪「どう?」

律「…ん」

澪「…それだけ?」

律「なんかあったかいや。ねぇもっと強く」

澪「こ、こう?」

ぎゅっ

律「うんうん。あぁ、澪の愛と胸を感じちゃうなー」

澪「なっ、何だよいきなり!?へんなこと言うなよ馬鹿律っ」

律「えー。じゃああたしのこと嫌いなのかよー?」

澪「そ、それは…」

律「うりうり~どうなんだよ~」

澪「す…好きだよ…律…///」

律「えへへ…あたしも…///」

澪「…ふふ」

律「おっと、そろそろ晩飯にしないか?」

澪「そうだな。もうこんな時間か」

律「どうする?多分昨日の残り物があると思うけど。それともなんか頼もうっか?」

澪「いいよ。それより律の手料理が食べたいな…なんて」

律「あんですと!?で、でもあたしカレーぐらいしか作ったことないし…」

澪「あー…じゃあいっしょに作らないか?カレー」

律「いいな!二人でカレー!」


律「えっと…材料材料…」

澪「どう?ありそうか?」

律「ニンジン、玉ねぎ、ジャガイモ、牛肉はあった!あ、でもルゥが無い」

澪「そうか…」

律「あきらめるかー?」

澪「あ、じゃあルゥじゃなくて一から本格的カレー作るか」

律「そんなんできるの!?」

澪「結構料理はやってるんだ」

律「あらー、澪ちゅわん奥さんみたい!」

澪「!…ばっ馬鹿!お前も手伝うんだよっ…えーっと、まずは…カレー粉ない?」



カレー粉ない?
カレー粉ない
カレーこない
かれーこない


彼が来ない





さわ子「…彼が来ない」

さわ子「フッざっけんなァ!」

さわ子「3時間も待ちぼうけ喰らわせやがって!」

さわ子「今度会ったらただじゃおかないわよ!」

さわ子「ガァアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!」

さわ子「ぶっ潰す!あいつぜってーぶっ潰す!」

唯「あれは…さわちゃん先生?」

さわ子「クッソがァ!こんなもん討ち入りじゃ討ち入り!」

唯「さわちゃん先生!」

さわ子「そしてあいつを羽交い絞めにして!」

唯「先生ったら!」

さわ子「乳首を食いちぎって…あら、唯ちゃん」

唯「も~さわちゃん全然気づいてくれないんだもん!」

さわ子「ごっめーん、ちょっと考え事してて…唯ちゃんは何してるの?」

唯「私?ういに頼まれてお使いしてるんだー」

さわ子「あら、偉いじゃない。感心感心」

唯「えへー。さわちゃんこそなにしてるの?」

さわ子「私?デ、デートよ!」

唯「えっ!さわちゃんに彼氏!?すごい!でもいない!?不思議!」

さわ子「え、ええ…その、ちょっと影の薄い人だから…」

唯「そっか!影が薄いから見えないのか!じゃあ二人を邪魔しちゃ悪いから、行くね。ばいばいさわちゃん!」フリフリ

さわ子「ええ、また学校で」フリフリ

さわ子「ああ…どっと疲れが…帰るか…」

女「すいませーん!今新しい固形入浴剤のサンプルを配布してるんですけど、お一ついかがですか?」

さわ子「…あら、いい匂い」

女「ええ!爽やかなラベンダーの香りです!しかもお湯に入れると二秒で溶けるんですよ!」

さわ子「へー。最近のはすごいわね」

女「その前に少しアンケートにお答えいただきたいのですが…」

さわ子「うーん。少しくらいならいいわよ」


女「ありがとうございます!では早速!現在結婚もしくはお付き合いしている方はいらっしゃいますか?」

さわ子「…フンッ!」

女「ああっ!試供品が衛星軌道に乗らんばかりの勢いで投げとばされた!」

さわ子「…クソッたれが!」


クソッたれが!
クソッたれが
くそったれが
くそったれが


嘘…誰が?




和「嘘…誰が?…ひとまず状況を整理しましょう」

和「部屋は荒らされてない…他に何も取られた形跡もない」

和「誰かが部屋に入った後もなし…ね」

和「ではなぜ…私の眼鏡が鼻メガネに…?」

和「昼寝する前までは普通だったわよね、確か」

和「家族の仕業かしら…でも今日は二人とも出かけてるし…」

和「…気味が悪い」

和「とりあえず一通り戸締りを確認したら、親が帰ってくるまでじっとしてた方がいいわね」

和「…あら。この鼻メガネ度が入ってる」


憂「あぁもってきちゃった…和さんの眼鏡もってきちゃった!」

憂「しょうがないよね!普通好きな子のリコーダー舐めるようなもんだよね!」

憂「ふふ…ピッキングの技術や部屋に入った形跡を残さないことなんて朝メシ前だもん!」

憂「そして和さんのスケジュールは全て把握済み…!計画通り…!」

憂「和さん最近お姉ちゃんとばっかり仲良くして全然構ってくれないんだもん…後で返せば大丈夫だよね!」

憂「代わりの眼鏡も置いてきたし」

憂「ふふ…和さんの眼鏡…早速ちょっと舐めてみようかな」

憂「では。いっただっきまーす!」



唯「うい~!ただいま~!」ガチャン


憂「ひゃう!お、おねえちゃん!?」

唯「頼まれたもの買ってきたよ!」

憂「あ、ありがとう!お姉ちゃん!」

憂(あーあ。まあいいや。ペロペロは後でコッソリ隠れてしようか…)



コッソリ隠れてしようか…
コッソリ隠れてしようか
こっそり隠れてしようか
こっそりかくれてしようか


コショウ買ってこようか?



澪「コショウ買ってこようか?」

律「いや、大丈夫だろ」

澪「でもそれじゃあ味がしまらないだろ?」

律「うーん。まあそこは他のスパイスで何とかなるでしょ!この天才シェフ律様の腕をなめるなよ!」

澪 (すっかりその気になってる律…可愛い…)

律「それに♪」

ぎゅっ

澪「わわっ。な、なんだよいきなり…///」

律「今日はずっと一緒にいるんだもん」

澪「…二人で買い物に行くっていう発想はないのか」

律「着替えんのめんどくさいんだもーん。それに、澪のココ」

澪「え?首?」

律「キスマークつけちった」

澪「!?お、おい!」

律「あらー?澪ちゅわん赤くなってる。かっわい~♪」

澪「…バカ律…///」

律「へへ…澪…///」

澪「律…///」チュッ


ボチャン!


澪・律「「!?」」

澪「今の音聞いた?」

律「ああ…何か水音が聞こえた」

澪「ひょっとして鍋に何か入ったのか?」

律「見てなかったのかよー?」

澪「いや、目閉じてたし… そういう律だって」

律「ふむ。…鍋の中には何も入ってないぞー?」

澪「気のせい…ってやつか?」

律「かもなー。おっと、いちゃこらしすぎた。早く続き作ろうぜ」

澪「よし!やるか」


律「ふう。一通り終わったな」

澪「もう後はよく煮込んで、ご飯が炊けるのを待つだけだ」

律「楽しみだなー。もうお腹が背中になるぜ」

澪「だな!よくわかんないけど!」

澪「…スパイスひとさじ刺激ちょうだい♪」

律「甘口じゃなく今日は辛口なの♪」

律・澪「大人味なの☆」


大人味なの☆
大人味なの
おとなあじなの
おとなあしなの


相当な愛なのね



純「つられて一緒に叫んでしまった…不覚」

純「アレから10分間叫び続け」

純「そこからさらに数時間。周りの眼も気にせずにムギ先輩を観察し続けるその執念」

純「…相当な愛なのね」

梓「当然だよ!一瞬でも視界から見失いたくないから、瞬きもしてないもんね!」

純「それはしなさいよ。眼が真っ赤だよ」

梓「私の眼が赤いのは、ムギ先輩に恋をしてるからだよ!」

純「はいはい。ねぇ、私中でなんか買ってくるけど、梓は何か食べる?」

梓「店内に入る…それはならん!くわっ!」

純「自分で擬音を言っちゃったよ」

梓「ムギ先輩は可憐で繊細!貴様のようなくせっ毛が無暗に話してはならん!」

純「くせっ毛は余計なお世話です。いいじゃん、私もムギ先輩と話したいし」

梓「ならぬ!」

純「なんで仙人っぽい口調なのよ」

梓「ムギ先輩はワシのモノなのじゃ!カッカッカッ」

純(何故そこでモノ扱い…あ)

ムギ「あら?梓ちゃんそんな風に思ってくれてたの?」

梓「!?」


純「ムギ先輩!こんにちは!」

ムギ「こんにちは。えーっと、純ちゃん、だったわよね?」

純「はい!いつも梓や憂からお話聞いてます!ムギ先輩の持ってくるお菓子は絶品だって!」

ムギ「あらやだ。照れちゃうわ♪」

梓「せ、先輩!どうしてここに!?」

ムギ「レジで接客してたら、外に梓ちゃんそっくりな人がいるなーって思ったの」

純 (そりゃ何時間もいたらばれるわな)

ムギ「丁度バイトも終わりそうだから外に出てみたら、やっぱり梓ちゃんだったのね!」

梓「あはは…た、たまたま通りかかったんですよ!(やばいやばいやばいやばい)」

ムギ「あらそうだったの…ところで梓ちゃん?さっきの話なんだけど…」

梓「あーあーあーきーこーえーなーいー」

純「子供か」

ムギ「梓ちゃん、今度二人でどこか遊びにいかない?」

梓「あばばばばばばば…え?」

ムギ「実は私、あんまり梓ちゃんに好かれてないのかと思って…」

ムギ「ほら、唯ちゃん達とはよく話すけど梓ちゃん私とはあんまり…ね?だから私嫌われてるのかなぁ…って」

梓「そ、そんなことないです!ムギ先輩を嫌いになるなんてありえません!」

ムギ「ええ!そうみたいね!さっきの梓ちゃんのセリフを聞いて、どうやら思い過ごしだったってわかったの」

純 (さっきのジャイアニズムで!?)

ムギ「私は梓ちゃんとはもっともっと仲良くなりたいから…どうかしら?」

梓「じゃ、じゃあ今度遊園地にでも行きませか?」

ムギ「ええ!楽しみにしてるわ!」

純(まあ、結果オーライ?)

星野「紬ちゃん、ちょっといいかしら?」

ムギ「あ、はい!…そろそろ戻るわね。ばいばい、梓ちゃん、純ちゃん」

梓「お疲れ様です!ムギ先輩!」

ムギ「ふふっ。ありがとう。じゃあまた学校で」フリフリ


純「…いっちゃったね。よかったじゃん、梓…梓?」

梓「…ヒック…ヒック…クスンクスン…オエッ」

純「ちょ、ちょっと何泣いてんのよ!?」

梓「だっでぇ…ブギザンとデードでぎるっで…」

純「あぁはいはい。嬉しかったのね。よしよし…って、私の肩で鼻水をふくなぁ!」

梓「嬉しいよぉ…!」ズビズバー



嬉しいよぉ…!
嬉しいよぉ…
嬉しいよお
うれしいよお


憂、おいしいよぉ



2
最終更新:2010年06月24日 17:48