純「……ねえ憂」

憂「な、なに?」

純「憂ってさ……やっぱりお姉ちゃんのことが好きなの?」

憂「! そ、それはもちろんだけど」

純「そう……」ショボーン

憂(あぁ……純ちゃんが悲しそうに……)

純「ねえ……憂ってさあ」

憂「ああっ! 今日はスーパーで特売してるんだった!」

憂「それじゃ純ちゃんばいばい!」タタタ

純「えっ? ちょっと憂!」




――音楽室

澪「ふう、つかれた」

唯「あっ澪ちゃん!」

律「掃除当番おつかれちゃん!」

澪「まったく……じゃんけんでごみ捨て決めるなんて……」

紬「はい澪ちゃん」コト

澪「おぉ、ムギありがと」

澪「そういえばさ……唯」

唯「ん? なに?」

澪「今日の昼休みに憂ちゃんにばったり会ったんだけどさ」

唯「うん」

澪「なんか唯に変装してたんだけど……どうしたんだ?」

梓「憂がですか?」

澪「うん。屋上に行く階段のところで見たんだけど」

梓「なんで澪先輩がそんなところにいるんですか?」

澪「そ、それは……屋上で歌詞でも書こうかなと思って……」

梓(仲間はずれとかじゃなかったんですね)

唯「うーん……昼休み……屋上……」

唯「あっ! 純ちゃんだ!」

梓「純がどうかしたんですか?」

唯「あのね、昨日のことなんだけど、純ちゃんから手紙をもらってね……」

紬「それで屋上に来てって言われたのよね」

唯「うん! でもなんでムギちゃんが知ってるの?」

紬「あ……そ、それは……超能力で……」

唯「ムギちゃんすごい!」

梓(なんて純粋なんだ……)


律「でもそれって……」

澪「だよな……」

唯「えっ? なになに?」

梓「唯先輩にはまだ早いですよ」

唯「えーっ? 私あずにゃんより年上だよ!?」

律「ということは……憂ちゃんが唯の代わりに純って子に会ったと……」

唯「なんでそんなことしたんだろう?」

律「そりゃあもちろん……」

紬「りっちゃんは黙ってて!」グイッ

律「もがっ!?」

紬「もちろん憂ちゃんが純ちゃんに会うために変装したのよ」

唯「なんで?」

紬「だって憂ちゃんと純ちゃんは仲良しでしょ?」

唯「なるほど! そうだったのか」

梓(この人は騙されるために生まれて来たんじゃないのだろうか)




――平沢家

唯「たっだいま~!」

憂「おかえり、お姉ちゃん」

唯「いや~今日も疲れちゃったよ」

憂「そうなんだ……」

唯「あれ? どうしたの憂?」

憂「ふえっ!? ななな何が?」

唯「なんか元気がないっていうか」

憂「そんなことないよ! ほら元気!」

唯「おぉ! さっすが憂だね!」

憂「はやく手を洗ってきて」

唯「ほーい」

憂「……」


唯「ねえ、憂」

憂「なに?」

唯「この黒い物体は……なにかな?」

憂「ハンバーグだよ」

唯「えっ……この黒くて四角いのが!?」

憂「うん」

唯「……えいっ」カン

唯「フォ、フォークでさせない!?」

憂「……」

唯「そういえばういー、今日の昼休みにさ」

憂「!!!」ビクッ

唯「純ちゃんにさ」

憂「わ、わわたしもう寝るね!!」ピュー

唯「うわっ! 早いなあ……」




――憂の部屋

憂「……」バフン

憂(純ちゃん……私の中学からのお友達……)

憂(今まではただの友達だったのに……)

憂(純ちゃんには悪いけど……私にはお姉ちゃんがいるんだもん……)

憂(これだけはゆずれないよ……)


チュンチュン

憂「うーん……あ、朝か……」

憂「……へっ!? もう8時!?」

ガチャ

唯「ういー、もう起きたー?」

憂「遅刻遅刻!! 遅刻だよお姉ちゃん!」

唯「へっ? まだ7時だよ?」

憂「えっ?……ほんとだ」

唯「憂でも寝ぼけることがあるんだね」

憂「うぅ……」




――学校

憂「はあ……」

憂(これから学校に行くたびに純ちゃんに会わないといけないのか)

憂(純ちゃんには悪いけど……私は純ちゃんを好きになんか……)

純「憂!」

憂「うひゃあっ!?」

純「そ、そんなにびっくりしないでよ」

憂「ご、ごめんね……」

純「それよりもさ、今日の昼休み時間空いてる?」

憂「えっ!? い、いっぱい用事があるから無理!」

純「そうなんだ……わかったよ」

憂「ごめんね」

純「憂があやまることはないよ」

憂「うん……」

憂(純ちゃん……積極的になっちゃって……)

憂(このままじゃ、私、純ちゃんのお嫁さんになっちゃう!)

純「じゃ、じゃあさ。明日、一緒に遊びに行かない?」

憂「あ、明日!?」

純「うん。明日は休みだし……たまには憂とも遊びたいしさ」

憂(無理無理! 今の状態で純ちゃんと二人っきりだなんて絶対に無理だよ! ここは……)

憂「そ、それだったら梓ちゃんも一緒に……」

純「ああ、梓は明日練習があるんだってさ」

憂(梓ちゃんのばかー!)

純「ねえ、いいでしょー? ねえねえ」

憂「あうっ……わ、わかったよ……」

純「ほんとに!? やったー!」ピョン

憂(そんなに私と行くのがうれしいのかな……?)

憂(それでも、私にはお姉ちゃんがいるんだ)

憂(……よし! このお出かけで、純ちゃんに嫌われよう!)

憂(そうすれば、純ちゃんもあきらめてくれるはず……)

憂(待っててねお姉ちゃん。私がんばるからね!)

……


――お昼休み

純「……はあ」

純(憂ってばあんなに浮かない顔しちゃって……)

純(やっぱ無謀だったかな……)

純(憂のお姉ちゃん好きは、恐ろしいものだって私でもわかる……。わかるのに……)

純(それでも……この気持ちは……)

紬「お困りのようね!」

純「ぬわっ!? だ、誰ですか!?」

紬「軽音部所属の琴吹紬です♪」

純「ああ、キーボードの……」


紬「そんなことよりも、純ちゃん、恋してるんでしょ?」

純「えっ、な、なんでそのことを……というかどうして私の名前を……」

紬「私はなんでも知ってるわ! この学校のことなら何でもね!」フンス!

純「は、はあ」

紬「とにかく! 恋してるのよね?」

純「は、はい……///」

紬(うふふ、照れた顔もかわいいわぁ)

紬「しかも、女の子が好きなんでしょ?」

純「っ! そうですよ! 何か悪いんですか!?」

紬「いいえ! たしかに女の子同士は世間体的にも厳しいわ……でもそれが何よ! 私たちはいつだって本能に従って生きてるんだから!」

純「そ、そうですよね!」


紬「と、いうことで、私は純ちゃんに協力するわ!」

純「ほ、本当ですか!?」

紬「うん! だから今度のデートがんばってね!」

純「は、はいっ!」

紬「それじゃっ」シュパッ

純「うわっ、3階の窓から飛び降りた……」

……


――放課後

律「へえ、純ちゃんって子が……」

紬「そうなの! だから私、純ちゃんを応援してあげようと思って」

梓「まさかとは思いましたが……そんなことが……」

紬「やっぱりダメかしら……?」

梓「いえ、私は純が憂と付き合ってもかまいませんよ」

紬「じゃあ梓ちゃんも協力してくれる?」

梓「できる範囲なら」

紬「やった!」

澪「じゃあ、唯にも手伝ってもらえば……」

紬「ダメよ! もしかしたら唯ちゃんは憂ちゃんのことが好きなのかもしれないし」

律「まっさか~。さすがの唯でもそんなはずは……」

梓「ありませんよ!」

澪「な、なんで梓が思いっきり否定するんだ?」

梓「な、なんでもありません!///」

紬(この高校はオアシスだわ……)ポワーン

律「じゃあさ、明日は憂ちゃんたちのデートを尾行してみないか?」

澪「ば、馬鹿! そんなことしていいわけないだろ! 大体練習はどうするんだ!?」

律「だってムギが協力するって言った以上は私たちも協力しないといけないだろ」

澪「尾行のどこが協力だ!」


紬「いいと思うわりっちゃん!」

澪「ムギ!?」

梓「そうですね。たまには息抜きも必要ですし」

澪「梓まで……」

律「澪もなんだかんだ言って尾行したいくせに」

澪「うぐっ……」

律「じゃあけって~い!」

紬「唯ちゃんにはそれとなく話を合わせておきましょう」

ガチャ

唯「遅れてきましてすんません!」

律「遅いぞー」

紬「今日は唯ちゃんの大好きなモンブランよ」

唯「しゃああおらああっ!」

……



――平沢家

憂「お、お姉ちゃん」

唯「どしたのうい~?」

憂「あ、あのね! 明日、私純ちゃんとお出かけに行ってくるの」

唯「そうなんだ~。じゃあ明日は憂抜きで起きなきゃね」

憂(ああ……お姉ちゃんが一人で起きるなんて……)

憂(私の『お姉ちゃん完全養育計画』が水の泡になっちゃうよ……)

憂「う、うん……。だから今日は早く眠らなきゃダメだよ?」

唯「ほーい」

憂「……」

唯「ん? 憂? まだ何かあるの?」

憂「う、ううん! 何でもないの!」

唯「そう? じゃあお風呂入ってくるね~」

憂「いってらっしゃい」

憂(お姉ちゃん……)

……



――翌日

純「……」

律「ほほう、あれが純ちゃんか~」

紬「そんなに緊張してはなさそうね」

梓「まあ、憂と純は中学からの友達ですから、そんなに気を遣う相手でもないんでしょう」

澪「そうなのか」

律「あら~ん? 澪ちゅわんはあんなに尾行はダメだと言ってたのになんでそんなに乗り気なんでちゅか~?」

澪「黙れ!」ガスン

律「ぷぎゃっ!」

純「ん? 何だ今の音」キョロキョロ

紬「静かに、ね」ニコ

律澪「すみません……」ガクガク

梓「あっ! 憂が来ました!」

憂「お、おまたせ~」

純「もう、時間過ぎてるよ」

憂「ご、ごめんね?」

純「まあいいか。じゃあ行こうか」

憂「うん」

律「……よーし。後をつけるぞ!」

澪紬梓「おー!」

……



――音楽室

ガチャ

唯「いやー、遅れてごめんね! みん……な……」

ガラーン……

唯「いない……」

……

純「じゃあここに行こう」

憂「うん」

律「ふむ、ゲーセンか……いいんじゃないか?」

澪「まあデートの定番だな」

紬「いいわね……すごくいいわよ純ちゃん」

梓「あれ? ムギ先輩ってゲーセン行ったことあるんですか?」

紬「みんなと一緒に1年生の時にね」

梓「そうなんだ……」

梓(もっと知りたいなみなさんのこと)

律「よーし! 早く行こうぜみんな!」

澪「こら、走るな律!」


3
最終更新:2010年07月04日 01:51