唯「知らないの?気持ち良さが頂点になっちゃうと、おちんちんから精液を吐き出しちゃうんだよ?それをイクって言うの」ヌリュヌリュ

憂「あっ……せー、えき?」ハアハア

唯「そう、精液。出した瞬間は頭が真っ白になって、何も考えられないくらい気持ち良くなっちゃうらしいよ♪」シュッシュッ

憂「頭、真っ白に……」

唯「そう、真っ白に……。憂、出したい?ビュービュー精液を撒き散らしちゃいたい?」シュコシュコ

憂「だ、出したい!お願いお姉ちゃん、イカせてえっ!」

唯「ふふ……憂は素直だね。イカせてあげるよ……!」

ヌリュッ、ニュリュッ!

憂「……!」ゾクゾクッ


唯「……イッちゃえ♪」

ギュッ

憂「あっ、あああああっ!ダメええええっ!」ビクンビクンッ

ビュクビュクビュク…

憂「うっ、あっ……ああ……!」ガクガク

唯(す、凄い……憂のおちんちんがビクビク震えて、先っぽから白い精液がビュクビュク出てきてる……!)

憂「と、止まらない……!止まらないよお……!」ガクガク

ピュッピュッ…

憂「は、ああ……///」ブルルッ

唯「うわあ……私の手、憂のでベチョベチョ……」ヌチャア…

憂「はあ、はあ……ご、ごめんねお姉ちゃん……」

唯「気にしなくていいよ~。それより、気持ち良かった?」

憂「……」

唯「うい~?」

憂「うん……こんなに気持ちいいなんて思わなかった……///」

唯「ふふっ、よかった♪」

唯(それにしても、これが憂のおちんぽみるく……凄く濃いよ……///)ドキドキ

唯(……ん?)

唯「あ~~~っ!?」

憂「っ!?」ビクッ

唯(しまった、私は憂のおちんぽみるくを飲もうと思ってたのに……。忘れてた~!)


憂「ど、どうしたの……?」

唯「う~……」

憂「お姉ちゃん……?」

唯「あっ!」

唯(憂のおちんちん……まだ元気だ!)

憂「……?」ボーッ

唯(もう一回……行けるよね?憂、出したあとだからか何だかボーッとしてるけど)

唯「憂の……まだ元気だね」ニギッ

憂「ひゃひっ!?」ビクンッ

憂「おねえ、ちゃん……!今すごく敏感だから、触っちゃ……!」ビクンッ

唯「ねえ、もう一回出して♪」

憂「ええっ!?む、無理だよお……」

唯「無理じゃないよお、まだ憂のおちんちん元気じゃん。今度は口でしてあげるから、私に憂の精液飲ませて~」

憂「く、口っ!?」

憂(お姉ちゃんが私のおちんちんを、口で……)

憂(そして私のせーえきをお姉ちゃんが飲む……///)

唯「うい~?」シュコシュコ

憂「ううっ」

憂(か、考えただけで……///)ムクムク

唯「わあ……!凄いよ憂!固さも大きさも、さっきと同じくらい……いや、さっきより大きくなったかも!」シュッシュッ

憂「はあっ、はああ……///」

唯「じゃあまずは舐めるね……」チロッ

唯「ペロッ……」

憂「……っ!?」ピクンッ

唯(変な味……でも、何だろ?)

憂「くうっ……///」

唯(何だかずっと舐めていたいかも……)ペロペロ

唯(あ、先っぽからまたネバネバした液が……さっき出した精液と混ざってる……)チュクッ

憂「お、お姉ちゃん!?そんな、先っぽに舌ぁ……」ビクンッ

唯(憂……先っぽを舌でいじられるのが好きなのかな?)クニュクニュ

唯「んっ、ん……」

憂「ふわあ、ああ……///」

唯(苦い、けど……美味しいかも……)チュッ


憂「お姉ちゃん、先っぽも気持ちいいけど……それだけじゃ、切ないよお……!」

唯「ん~。ふふ、口の中に入れたいっておねだり?憂のえっち~♪」

憂「うっ……で、でもお姉ちゃんだってこんなことして……。お姉ちゃんのほうがえっちだよ!///」

唯「……ふ~ん、そんなこと言うんだ……」

憂「えっ、あっ……ご、ごめ……」

唯「お仕置き、しないとね♪」

パクッ

唯「はむっ!んっ……」チュウッ

憂「うわあっ!?」ビクビクンッ

憂(な、何これぇ……さっきの手より、格段に気持ちいいよ……!)

唯「んっ、んっ!」

チュポチュポ

憂(あ、あ、あ……腰が勝手に浮いていくよ……!お姉ちゃん、もっと奥まで……)ガクガク

唯「うい?ふぉお、ひもひいい?」ジュプ…

憂「あううう……!く、口の中に入れたまま喋らないでえっ!」

唯「?ほーひて?」チュプチュプ

憂(おちんちんが刺激されちゃうからだよお///)

唯(アイスを食べる時みたいに口の中で舐めて、吸って……)

ジュプッ、ジュプッ

憂「っ……!」ビクビクッ

唯(我慢してる憂、可愛い……♪)

ジュポッジュポッ

憂(お、おちんちん溶けちゃいそう……気持ち良すぎる……!)

唯(んん~……)

憂「お、お姉ちゃん!私、また……!」

唯(もう出るの?二回目なのに……まったく憂はしょうがないなあ♪)

唯「んあっ……」

チュポンッ

唯「いいよ、憂……私の口の中に憂の精液、いっぱい出して♪」

憂「お、お姉ちゃん……///」ドキドキ

唯「あむっ……」

ジュププ…

憂「ふわ、あああ……」

唯「ひふよ、うい……」

唯「んっ……んっ、んっ!」

ジュプ…ジュッポジュッポ!

憂「あああああっ!?そ、それ刺激つよ、すぎぃ……!」ガクガク

唯(あ、また少しおちんちん膨らんだ?もう出るのかな?)

ジュプジュプジュプ!

憂「も、もう無理ぃ……!せーえき出るよ!お姉ちゃんの口の中にいっぱい出しちゃうよっ!」

唯「ん……いーよ、うい。わらひの口でイッひゃえ♪」

チュウウッ

憂「あっ、あっ!……うわあああああああっ!?」ビクビクビクッ


憂「ううっ!お姉ちゃんの口の中に、せーえき出ちゃうう!」

ビュクッ!

憂「ああ……ひもひ、いい……」ガクガク

ビュルビュルビュル…

唯「んっ、んんん~!」ゴクゴクッ

唯(ふわあ……!私今、憂のおちんぽみるくを飲んでるよ!)

憂「お姉ちゃん……おねえちゃんっ!」ブルブル

ビュルビュル…

唯「んんっ!?」

唯(す、凄い量……!どんどん出てくるから、飲むのが間に合わないよお)

憂「はあっ、はあっ!」ビクビク

ビュクッ!ピュルル…

憂「あうう……やっと静まった……///」

唯「あふぁ……」ドロオ…

憂「お、お姉ちゃん……」

憂(私のせーえきがお姉ちゃんの口から溢れて……凄くえっちだよお///)

唯「んっ……。出してる時はすぐ飲んじゃってたから分からなかったけど、これが憂の味なんだね……」ペロッ

唯(苦い……けど、甘いような……。不思議な味……)

唯「……」

憂「ど、どうしたの?」

唯(もっと……)ドクン

唯「もっとちょうだい……憂のおちんぽみるく……」

憂「ええっ!?な、何言って……さすがにもう無理だよお!」

唯「大丈夫だよ、憂のまだおっきいし……///」スリスリ

憂「こ、これはえっちなお姉ちゃんを見てたから……ひゃうっ!?」ビクッ

唯「うい……いっぱい気持ち良くしてあげるから、もっと出してね……♪」

チュポッ…

憂「お、お姉ちゃ……」

……

憂「あっはあああ!い、イクっ!イッちゃうよお……!///」

ビューッ、ビュルル!

唯「憂、ういぃ……!」チュウチュウ

憂「や、やめてえ……!出してる最中に、吸わないでえ……おちんちん刺激しないでえ……!」

唯「ぷはあっ、だってこうすればおちんぽみるくがいっぱい出てくるんだもん……。さあ憂、もっと気持ち良くなって……♪」

憂「あっ、あっ、あっ……やああああああっ!?」ビクビクビクッ

ビュルルルル…

唯「ういぃ……///」

憂「おねえちゃ、ん……///」

……

憂「は、あ……///」ピクピク

唯「ふう……憂、気絶しちゃったよ~」

憂「う、あ……」ビンビン

唯(でもおちんちんは元気なままなんだよね……えっちだなあ///)

唯「よっと。とりあえず風邪引かないように、服を着せてベッドに運んであげないと……」

憂「おねえちゃん……」ギュッ

唯「えへへ、憂可愛いなあ♪」チュッ

唯「ふひ~っ、憂は私と背丈が変わらないから運ぶのも大変だよ~……」ヨタヨタッ

唯(でもおっぱいは私より大きいんだよねえ……。このおっ、妹のくせに!)ムニュッ

憂「あっ……///」ピクッ

唯「おっといけないいけない、早く寝かせてあげないと。……よいしょっと!」

トサッ

憂「うう~ん……」

唯「おやすみ、うい……♪」

……

唯「はあ~、憂のおちんぽみるく美味しかったなあ……」ゴソゴソ

唯「この薬があればいつでもそれが味わえる!ムギちゃんに感謝だね!」

唯「ふわあ……」

唯(何だか凄く疲れた……そういえば、寝ようとしてたんだっけ?)

唯「じゃあもう一回、寝ちゃお寝ちゃお寝ちゃお~!」

唯「おやすみ~……」



唯「……」

唯(……そういえば)

唯(この薬があれば、誰にでもおちんちん生やせるんだよね……)ゴクリッ

唯(私に生やして憂に舐めてもらったり、あずにゃんに生やしていじめたりとか……?)

唯「い、いいかもしれない……。憂、凄く気持ち良さそうだったし……」

唯「ん……」

唯(とりあえず明日決めようかな。今日はもう眠いや……)


終わり?



最終更新:2010年07月08日 20:55