唯「ふわ~あ……」ノビー

唯「ん~、よく寝た!」

唯「昨日いろいろやったし、お腹空いちゃったなあ」グー

唯「うい~!うい~!起きてる~?」

ガチャッ

憂「すー……すー……」

唯「ありゃ、まだ寝ちゃってる……早起きの憂より私が先に起きるなんて珍しいな~」

唯(まあ昨日憂には頑張らせちゃったし、疲れちゃったのかな?)


唯「あ、そうだ!」

モゾモゾ

憂「ん、ん……」

唯「おちんちんは……なくなってるね。薬の効果が切れたのかな?」サワサワ

憂「んっ……あれ?お、お姉ちゃん!?」

唯「あ、うい起きた~。おはよ~♪」

憂「お、おはよ……って何してるの?///」

唯「いや~、憂のおちんちんがどうなったのか気になっちゃって!」

憂「お、おち……!?あっ、そういえば……ううっ///」カアッ

唯(憂、顔真っ赤!昨日のこと思い出しちゃったのかな?)

唯「おちんちんなくなったみたいだよ。よかったね、憂!」

憂「えっ?そ、そう……なくなっちゃったんだ……」ショボン

唯「それよりうい~、ご飯どうする~?」

憂「あっ、もうこんな時間なんだ!ごめんねお姉ちゃん、すぐ準備しちゃうか、ら……?」フラッ

唯「おっとっと」ガシッ

憂「あ、あれ……?」

唯「どうしたの?大丈夫?」

憂「うう、何だか体に力が入らないよ……」フラフラ

唯「あ~……」

唯(出させすぎちゃったのかなあ?精力不足?)

憂「は、早く支度しないと」ググッ

唯「ダメだよ憂!ご飯は私が作るから、寝てなさい!」

憂「えっ?で、でも……」

唯「いいからいいから!ほら、ゆっくり休んでて」

憂「う、うん……そうさせてもらうね。ありがとう、お姉ちゃん///」

唯「えへへ~任せなさい!出来たら呼ぶから、それまでゆっくり休んでね♪」パタパタ

ガチャッ、バタン

憂(お姉ちゃん優しいなあ……)

……

唯「むう……」

唯(せっかくの休みだから、今日も憂におちんちん生やそうと思ってたのにぃ……。さすがにあの調子じゃ無理かな?)

唯「しょうがない、今日は諦めよう。憂には無理させたくないしね!」

唯(あっ、でも……)

唯「薬入りのジュースを作って冷やしとこうかな。部活に持っていってあずにゃんに飲ませたりも出来るし……」

唯「ふっふっふ……」サラサラ

唯(あずにゃんのおちんぽみるくも楽しみだよ~♪)カチャカチャ

唯「よし完成!さて、私と憂のご飯も作っちゃわないと!」

……

唯『うい~、出来たよ~!下りてこられる~!?』

憂「ん……」パチッ

憂(お姉ちゃんが呼んでる……行かないと!)

憂「今行くよ~!」パタパタ

ガチャッ

唯「あっ、うい~♪体の調子はどう?大丈夫?」

憂「うん、お姉ちゃんのおかげで大分良くなったよ!」

唯「えへへ、良かった!さあさあ私特製の料理だよ~。召し上がれ~」

憂「わあ……!」

唯「どう?この卵焼きなんて自信作なんだ~♪」

憂「凄いよお姉ちゃん!私より上手かもだよ!」

唯「えへへへ……そ、そうかな~?」テレテレ

憂(誉められて照れるお姉ちゃんも可愛い!)

唯「それじゃあ、大分遅い朝ご飯になっちゃったけど……」

唯・憂「いただきま~す!」

パクッ

唯・憂「っ!!!」


唯(辛っ!何この卵焼き、塩辛くて食べれたもんじゃないよ!)

唯(はっ!まさか、飛びっきりの甘い卵焼きにしようとして入れた砂糖……あれ塩だったの!?)

唯「う、ういっ!食べちゃダメ!これ明らかに体に悪……」

憂「美味しい……おいじいよおねえぢゃん」モグモグポロポロ

唯「ちょっ、憂~!?明らかに無理してるよね!?泣いてるじゃん!」

憂「おねえぢゃんがづぐっだ料理、おいじぐないわげがないよ」モグモグポロポロ

唯「ストップストップ!今何か飲み物持ってくるから!」ダダッ

ガチャッ

唯「え~と、飲み物飲み物……」

唯(うえ~、舌がひりひりする……)

唯「あっ、ジュース発見!」

唯「まずは私から先に!」

ゴクッゴクッゴクッ

唯「ぷはーっ!」

唯「……」プルプル

唯「にっ…………が~~~~~~~いっ!」バタバタ


唯「うう……辛味と苦味の二重苦だよ……」ヒリヒリ

唯(ていうか何今の!?何であんな不味いジュースが冷蔵庫に入ってるのさ!)プンプン

憂「……」モグモグ

唯「ってそんな場合じゃない!早く憂に何か飲み物を持っていかないと……」アセアセ

唯「ええいっ、もう麦茶でいいや!」

ガチャンッ

唯「ほら憂、食べるのやめてお茶を……」

憂「ご馳走様でした」カチヤッ

唯「嘘おっ!?」

憂「美味しかったよ、お姉ちゃん!」ニコッ

唯「……嘘」

憂「嘘じゃないよ!お姉ちゃんの料理最高だったよ!」

唯「嘘だよ、あんな塩辛い卵焼きありえないよ!ねえ憂、私は怒ってるの!あんな体に悪そうなもの、何で無理して食べたの!?」

憂「え?だ、だってそれは……」

唯「ういのバカ!私を傷付けないように気を使ってくれたのかもしれないけど、それで憂が苦しい思いをするなら、私……私……」プルプル

憂「お、お姉ちゃん……」

唯「私にとっては、全然嬉しくないよお……」グスッ

憂「あっ……!」

憂(お姉ちゃんを……泣かせちゃった……?)

唯「卵焼きなんていつでも作ってあげるから……。今度は失敗しないようにするから……。無理しないでよういぃ……」グスッグスッ

憂「お姉ちゃん……ごめんね」ギュッ

唯「うい……?」

憂「私、お姉ちゃんの料理を食べれるのが嬉しくって……」

唯「……」グスッ

憂「今度は二人で、飛びっきり美味しい卵焼きを作ろうよ!」

唯「う、ういぃ……」グスッ

憂「だから、泣かないで……ね?」チュッ

唯「あっ……///」

憂「えへへへ///」

唯「憂の唇、塩味だったよ~///」

憂「もう~、お姉ちゃんのせいだってば!」

唯「えへ、ごめんごめん!さあ憂、麦茶飲んで!」

憂「うん、ありがとうお姉ちゃん!」

ゴクッゴクッ

唯(ちょっと想定外の出来事だったけど、憂にキスされちゃった///)

唯(憂……)ジーッ


憂「……ふうっ」

唯(憂……可愛いなあ)

憂「お姉ちゃん、どうしたの?」

唯(可愛いだけじゃなくて、憂はえっちなんだよね。私だけが知ってる憂……)

憂「……?」

唯(な、何だか憂を見てたら体が……)ハアハア

唯(ムラムラ……いや、ムズムズ?)ハアハア

唯(何だかあそこが……熱いっ……!)スリスリ

唯「っ!?」

憂「お姉ちゃん?顔赤いよ、大丈夫?」

唯(な、何で……)ワナワナ

唯(何で私におちんちんが生えてきてるの~~~!?)

グニグニ

唯「うう、この感触は間違いなく本物……」

憂「本物って……何が?」

唯(何で急に……私、別に薬は飲んでな……はっ!)

唯(し、しまった!あのジュース、私が薬を入れて冷やしてたんだった~~~っ!)

唯(わ、私としたことが……何たる不覚!)

憂「お姉ちゃん、さっきから変だけど本当に大丈夫?」オロオロ

唯「……」ムラムラ

唯(そういえば、昨日の憂は凄く気持ち良さそうだったなあ)

唯(こ、このおちんちんがあれば、私も憂みたいに……。そして憂が私のおちんぽみるくを飲む……?)ドキドキ

憂「……?」

唯(す、凄く興奮する……!そうだよ、生えちゃったものはしょうがないし前向きに考えないと!)

唯「ね、ねえ憂?」

憂「何、お姉ちゃん?」

唯「あのね、その……ね///」

憂「な、何かあったの?」

唯「何かあったというか、その……」モジモジ

唯(う~~~、かなり恥ずかしいよこれ///)

唯「う、憂!とにかくこれを見て!」ヌギヌギ

憂「きゃっ!?お姉ちゃん、どうしていきなり服を脱ぐの!?///」

唯「いいから見てて!」ヌギヌギ

憂「う、うん」

憂(お姉ちゃんの体……凄くキレイだよぅ///)

唯「……」プルンッ

憂「あっ……」

憂(お姉ちゃんの……お、おっぱい)

唯「……」モゾモゾ

憂(本当にシミ一つない……天使!天使だよお姉ちゃんは!)

唯(う……やっぱりおちんちん出すの恥ずかしい……。というか私もまだ直接は見てないのに///)

憂(い、いよいよ下……お姉ちゃんの大事なところ!)ハアハア

唯(ええい、ままよ!)スルッ

憂「っ!」ガタッ

憂(お姉ちゃんのあそ……こ……あれ?)

唯「見て、うい……///」ボロンッ

憂「ひっ!?お、おち……?」ビクッ

憂「き、きゃああああああああっ!?」

唯「……その反応はけっこう傷付くなあ」ガーン

憂「あっ、ご、ごめんなさい……」

唯「いや、私もいきなり見せちゃったから……驚かせてごめんね憂」

憂「う、うん。……えっと、それおちんちん……だよね?///」

唯「まあ、見ての通りだよ」

憂「な、何で急に……」

唯「さ、さあ?分からないな~」

憂「そっかあ。私の時もいきなりだったしなあ……」マジマジ

唯「うい~、あんまりジロジロ見ないでえ……///」

憂「あっ、ごめんね!やっぱり恥ずかしいよね……」

唯「えっと……それもあるんだけど、その……」

憂「他に何かあるの?」

唯「憂に見られてるって思うと、そのぅ……」モジモジ

唯「……興奮、しちゃうよ///」ビキビキ

憂「ふわあ……」

憂(お、おっきくなってきた……///)

唯「ね、ねえ憂……おちんちん、触ってくれない?」

憂「えっ!?」

唯「私、このままだと何だか……///」ハアハア

憂(お姉ちゃん苦しそう……)

憂「分かった!私に任せて!」

唯「う、うい~」ウルウル

憂「じゃあ触るね。お姉ちゃん、こっちを向いて足開いて……」

唯「う、うん。……こうかな?///」

憂「えっと……」キュッ

唯「あうっ!?」ビクッ

憂「こ、こうかな?」サワサワ

唯「はああ……んっ、いいよお……ういの手、きもちい……!」ピクピクッ

憂(お姉ちゃんのおちんちん、凄く熱いよ……///)

唯「ういぃ、昨日私がやったみたいに、おちんちん扱いてぇ……」

憂(しご……く?あれかな、おちんちんを握って上下に……)ギュッ

唯「くうっ///」

憂(こ、これでいいのかな?)シュコシュコ

唯「あっ!ういぃ、気持ちいい!イクっ、イッちゃう!」

憂「えっ?」シュコシュコ

唯「うああ……あっ!」ビクンッ

ビュルビュルビュル!

憂「きゃあっ!?」

唯「…………っ!」ガクガク

憂「す、凄い量……!止まらない……!」

ビュクビュクビュク…

唯「ふわ、ああ……///」ビクビク

ピュルッ…

憂「あ……せーえき止まっちゃった」

唯「はあっ、はあっ……」

唯(き、気持ちよすぎ……これがしゃせー……?)

憂(お姉ちゃん、出すの早かったなあ。もしかしてこれ、そーろーってやつなのかな……)

唯「ふうう……っ///」ブルッ

憂(早漏なお姉ちゃんも可愛い!///)


4
最終更新:2010年07月08日 20:57