二時間後、ヨドバシ

純「……ぷっ」

純「憂のハマってるゲームってウルトラマン?」

憂「……うん」

純「ぷくく……男の子じゃないんだから」

憂「お、面白いし! 格好良いし!」

純「私らの年だったらイケメン俳優とかのが格好良くない?」

憂「ティガのイケメンフェイスをバカにしないでよ!」フンスフンス

梓(真剣だなぁ)

子ども1「ここに百円入れるんだよ」

純「はいはい、と……まぁ話のネタに一回くらいね」

~~~

純「え、わ、私の負け!?」

子ども2「順番守って後ろの人に交代しなよ」

純「もう一回並ぶ……」

梓「純ー」

純「勝つまでやる、すぐ終わらせるから」

憂「あはは……」

梓「ミイラ取りがミイラの典型だね」

子ども1「ロン毛お姉ちゃんはやらないの?」

梓「ていうか私は梓だから、こっちは憂で、あっちは純。名前はキチンと呼びなさい」

子ども1「は、はーい」

梓「よろしい」

憂「子ども相手に威張る梓ちゃん可愛い」

梓「う、うるさいよ」

純「か、勝てない……」

子ども2「純姉ちゃん、ボタン叩きゃ良いってもんじゃないからね」


憂「しばらく掛かりそうだから、別のとこ見てようか」

梓「そうしよ」

子ども1「あ、俺もいくよ……あず姉ちゃん……」

憂「……」

子ども1「う、憂姉ちゃん」

憂「うん」ニコニコ

憂(なんか新鮮だねー)

梓(いつもは年上の人としかいないからね、汚れを知らない純粋さが眩しい)

~~~

さわ子「うぇっくし!!」

~~~

憂「約束通り、アイス奢るよ」

子ども1「うん!」

店員「だからもう台座はねぇよ! バンダイに言えよ!」

客「お願い! お願いお願いお願い!!」



数時間後

純「……」

梓「子どものゲームにムキになってやんのぷぷぷ」

純「うるさいなー」

憂「面白かったでしょ?」

純「ま、まぁまぁね」

子ども2「純姉ちゃんセンス無さ過ぎだよ」

純「うるさい」グリグリ

子ども2「いてて!」

子ども1「じゃ、また今度」

憂「うん、バイバイ」

純「……結構、可愛かったね」

梓「……うん」

梓「ね、憂」

憂「ん?」

梓「この事、唯先輩にも内緒にしてる?」

憂「実は、ね」

梓「あんまり口を挟む事じゃないけどさ、言った方が良いと思うよ」

梓「憂の事、凄く心配してるから」

梓「それに唯先輩なら、変な偏見も無いだろうしね」

憂「そうだね……ありがとう梓ちゃん、言ってみるよ」

純「ほらほら二人とも、急ぐよ!」

梓「どこに?」

純「ツタヤ行ってビデオ借りなきゃ!」

梓「ハマってんじゃん」

憂「あはは……」



平沢家

憂「ただいま」

唯「おーかーえーりー」ゴロゴロ

憂「……」

唯「うーいーお土産のアイスはー?」

憂「今日のお土産はこれだよ」

唯「DVD?」

憂「うん、私がいつも観てるドラマ」

唯「おおー! 今日は私も一緒にみせてもらおうと思ってたんだよ!」

憂「その前に、ちょっと聞いてもらって良い?」

唯「ほえ?」

憂「あのね、なんで私がこれを見始めたかと言うと」

唯「うん」

憂「寂しかったんだ」

唯「……」

憂「お姉ちゃんが部活で、お父さんお母さんは仕事で帰りが遅くて」

憂「でも寂しいから構ってなんて言えないし」

憂「で、時間を潰すのに何でも良いから楽しそうなのをと思って借りてきたの」

憂「そしたらハマっちゃって」

憂「だけど、それで返ってお姉ちゃんに心配掛けてたら本末転倒だよね」

憂「ごめんなさい」ペコリ

唯「いいよー、許す」

憂「お姉ちゃん」

唯「私もコソコソしないで最初から直接聞けば良かった」

唯「お互い様だよー」

憂「うん……」

唯「さ、過ぎた事は忘れて、一緒に観ようよ!」

憂「うん!」

唯「ちなみに何なの? まさかえっちなのじゃ」

憂「違うよー」

唯「えーと、う……うる……うると……」

唯「ULTRAMAN? なんか聞いた事あるような」

唯「ん? あのシュワッチでスペシウムのウルトラマン!?」


憂「そ、そうです」

唯「ふーん、ほー、へー、憂がねー」

憂「こ、子どもっぽいよね」

唯「……」

唯「いやいや、良いと思うよー」

憂「ほんと?」ホッ

唯「実は私も……だし」ボソリ

憂「へ?」

唯「何でもないよ! さっそく観ようよ!」

憂「はーい」

唯「……なんか知ってるのと違う」

唯「わっ! トカゲの怪物!」

ザ・ワン『ハアァ……』

唯「こ、怖いよ……ウルトラマンってもっと明るい感じじゃなかった?」

憂「こ、この作品はちょっと作風が違うみたいだね」

唯「あ! ウルトラマンのおじさんが自衛隊にさらわれた!」

憂「現実だとこんな感じなのかな」

唯「……」トントン

憂(お姉ちゃん、リズム取ってる?)

唯「音楽が良い感じだね」

憂「有名な人が曲を作ったらしいよ」

唯「スーパー戦車とか出てこないのー?」ブーブー

憂「他のだと出てくるんだけどね」

唯「どんなに喧嘩しても、空を飛ぶ日だけは見送ってきた……」

憂「……ぐすっ」

唯「トカゲが集まって……わわ、でっかくなっちゃった!」

真木『俺はお前を……許さなぁぁぁぁい!!』

憂「おお! 格好良い!」

唯(憂が夢中だ!)

沙羅『銀色の……巨人』

唯「あ、ちょっと生っぽいけどいつものウルトラマンになった。ナマトラマンだ」

沙羅『悪魔……』

唯「あわわ……こんなの勝てっこないよ」

憂「大丈夫! ウルトラマンは負けないよ!」


ネクスト『飛べる……俺は、この空を飛べる!』

ザ・ワン『ギャオオオン!』

憂「……!!」フンスフンス!

唯「はぁはぁ!!」フンスフンス!

憂「目にも止まらぬ空中戦……!」

唯「ぷはぁ! 息するの忘れてた!」

ザ・ワン『バカが! もう限界か!?』

唯「ああ! カラータイマーが!」

憂「エナジーコア……らしいよ」

唯「ナマトラマンが落ちていく……」

憂「お願い……」ギュウ

真木『俺にはまだ、やらなくちゃいけない事がある』

真木『こいつを倒す事……それが俺の、ラストミッションだ!!』

ネクスト『ジュワッ!!』

唯憂「うおおーーーー!!」

唯「真木ぃぃぃぃっ!!」

憂「くるよ!」

ネクスト『デェア!』

唯「スペシウム光線だ!」

憂「エボルレイ・シュトローム!」

唯「噛みそうな名前……」

アナウンサー『あの事件から数カ月、子ども達はあの銀色の巨人に、憧れを込めてこう呼んでいます』

アナウンサー『ウルトラマン、と』

憂「!!」

唯「わー! わー! なんか今ゾクってきたよ!」

憂「ここで初めてウルトラマンって呼ばれるんだ……」

沙羅『ありがとう、ウルトラマン』

唯「どーんせーりーべー♪」

憂「ねーばーぐーばーい♪」

唯「はー!面白かった!」

憂「でしょでしょ!」

唯「じゃあ今度は私のオススメの……」スッ

憂「よし、ご飯にするね!」

唯「かめ……うん」

唯「おのれディケイド」ボソリ

憂「何か言ったー?」

唯「何でもなーい」

憂(お姉ちゃんも楽しんでくれて良かった)

憂(明日は日曜日だし、徹夜でネクサス観ちゃおうかな)

憂(ダイナみたいに熱いのだと良いなぁ)



憂「ネクサスはULTRAMANの数年後の話なんだよね」ワクワク

理子『弧門くーん』

憂「あれ?なかなかウルトラマン出てこないなぁ」

憂「最後に手だけ出てきた……」

憂「何だかシリアスな感じだよ……いつもとは違うね」

憂「それにしても副隊長怖いなぁ」

姫矢『お前たちに捕まる気はない、俺は俺で戦う』

憂「主人公がウルトラマンじゃないって珍しいなぁ」

溝呂木『絶望を見せてやる』

憂「悪い人!」ムカムカ

ファウスト『弧門……くん』

憂「えっ……え……嘘でしょ……?」

ネクサス『シェア!』

憂「や、やめて!」

弧門『うわああああっ!!』

溝呂木『はーーはははは!』

憂「…………うぷ」

憂(は、吐きそう)

凪『このまま戦い続ければ、あなたは死ぬわ』

姫矢『……』

憂「初めてだ……こんな悲壮なウルトラマン……」

弧門『ウルティメイトバニッシャーが完成すれば……』

憂「ナイトレイダーが意外と強いなぁ」

憂「にしても同じ怪獣が何体も……」

姫矢『これは俺の戦いだ!』

憂「……」ドキドキ

溝呂木『この女は貰う』

憂「人質とかそんなのばっかり卑怯だよ!ヤプールみたいな人、嫌い!」ムカムカ

憂「今の姫矢さんが、勝てるわけないよ……」

ネクサス『……』

憂「ほら……だから言ったのに」グスン

イラストレーター『ウルティメイトバニッシャーをエナジーコアに照射すればあるいは……』

弧門『僕が……撃ちます!』


ネクサス『シェア!』

憂「ウルトラマンが復活した!」

メフィスト『光が闇に……勝てるはずが無い!』

ネクサス『光とは無限に繋がっていく絆、それを理解出来ないお前が、勝てるはずが無い!』

憂「元気なネクサスってこんなに強かったんだ……」

憂「うう、速くて目が追い付かないよ」

ネクサス『ハアァ……! デェヤッ!!』

憂「勝った!」

弧門『逃げろ! ウルトラマン!』

ネクサス『……』

姫矢『ありがとう、弧門』

憂「え……爆発して……え……姫矢さんは……?」



翌朝

憂「おはよう……」ヨロヨロ

平沢母「あら、憂にしては珍しくお寝坊ね。日曜だから良いけど」

憂「お姉ちゃんは?」

平沢母「それが……『チハルが来るよぉ』とか言って部屋に籠ってるわ」

平沢母「何だか妙に怯えてたわね」

憂「怖い夢でも観たのかな?」

平沢母「さぁ?」


6
最終更新:2010年07月10日 14:23