憂「お姉ちゃん?」

唯「……………………」

憂「寝てるんだよね?」

唯「……………………」

憂「今はどんな夢を見てるのかな?」

唯「……………………」

憂「お姉ちゃん……いい夢を見てる?」

憂「今、お姉ちゃんが見てる夢が幸せな夢だといいな」

唯「…………………」

憂「私も今日、夢を見たんだ」

憂「とっても楽しい夢」

憂「朝、お姉ちゃんを起こして」

憂「一緒に朝ご飯食べて…学校に行って」

憂「部活しているお姉ちゃんを影で見守って」

憂「一緒に家に帰って……夜ご飯食べて一緒に寝る」

憂「とっても楽しい夢だったよ」

唯「…………………」

憂「夢はね、無意識が生み出す見たいと思ったイメージなんだって」

唯「…………………」

憂「本当に楽しい夢だったよ…本当に」

唯「…………………」

憂「お姉ちゃんも今、夢を見てるんだよね?」

唯「…………………」

憂「……ゆっくり眠っててね」

憂「私も眠くなってきちゃった……」

唯「…………………」

憂「おやすみお姉ちゃん……今、お姉ちゃんが見ている夢がいい夢だといいな」

憂「おやすみ…………」



……

ピッピッピッピッピッ。

憂「お姉ちゃん起きて朝だよー目覚まし時計鳴ってるよー」

唯「うぅ……ふわぁ~」

憂「おはようお姉ちゃん!」

唯「うん…おはよう……」

唯「えへへ~まだ眠いや……」

憂「もう!二度寝したら遅刻しちゃうよ」

唯「うん……」

憂「ほら、朝ご飯出来てるから制服に着替えて下に降りて」

唯「わかったぁ~」

唯「今日の朝ご飯なに?」

憂「あ、やっと降りて来たね、今日は焼き魚とお味噌汁とご飯だよ」

唯「美味しそう!食べていい?」

憂「うん!一緒に食べよ」

唯「わかった!いただきまーす」

憂「いただきます」


唯「このお魚美味しい!」

憂「ありがと、お姉ちゃん」

唯「お味噌汁も美味しいし憂は本当お料理上手!」

憂「えへへ~ありがとうお姉ちゃん」

唯「美味しい~」

唯「お腹いっぱい!」

憂「私も一緒にごちそうさましよっか?」

唯「うん!ごちそうさまでした~」

憂「ごちそうさまでした」

唯「毎日、お料理作ってくれてありがとう憂」

憂「うん!毎日美味しそうに食べてくれてありがとうお姉ちゃん」


唯「じゃあ学校に行こっか!」

憂「うん!」

唯「あ…今、何時かな?」

憂「8時になるよ」

唯「ゆっくり行ってもまだ間に合うね!」

憂「うん、そうだね」


憂「行ってきまーす」

唯「いってらっしゃい!」

憂「もう!お姉ちゃんも一緒に行くんだよー」

唯「えへへ~行ってきます憂」

憂「うん!じゃあ行こっか」

唯「今日も一日頑張るぞー!」

唯「あのねー今日はムギちゃんがケーキ持って来てくれるんだぁ~」

憂「よかったね!」

唯「うん、ムギちゃんが持ってくるケーキとっても美味しいから早く食べたい!」

憂「いっぱい食べれるといいね」

唯「うん!」

憂「あ、今日は純ちゃんと一緒に遊ぶんだぁ」

唯「本当?憂と純ちゃん仲がいいね~」

憂「うん!」

唯「あれ?あずにゃんは?」

憂「梓ちゃんは今日は軽音部のみんなと沢山、練習したいって言ってたから遊ぶの無理だって」

唯「あずにゃんやる気満々だね~」

唯「あ…学校着いたね~」

憂「うん!じゃあ私は教室に行くね」

唯「うん、バイバイ~」

憂「バイバイお姉ちゃん!」

唯「……あ、蝶々だぁ!」


唯「綺麗な蝶々だなぁ~お名前は何て言うのかな?」

和「なんで蝶々に話しかけてるのよ」

唯「あ、和ちゃん」

和「おはよう唯」

唯「うん!おはよう~」

和「今、来たの?」

唯「うん!一緒に教室行こうよ」

和「いいわよ、それより唯」

唯「なぁに?」

和「ギター忘れて無い?」

唯「…………あ!」

唯「ど、どうしよう取りに帰らなくちゃ!」

和「今から取りに帰っても遅刻するわよ」

唯「どうしよう……」

和「みんなに謝るしか無いんじゃない?」

唯「そうだよね…あずにゃんから怒られるよー」

和「……ギターこれからは忘れないようにね」

唯「う、うん…わかった!」

和「じゃあ教室に行きましょ」

唯「あぁ…ギー太が恋しいよ和ちゃん」

和「そうなんだ早く教室に行くわよ」

唯「はぁーい!」



唯「みんなおはよー!」

律「おはようー!」

紬「唯ちゃんおはよう」

澪「おはよう」

唯「みんな今日は大事なお知らせがあります!」

律「なんだなんだ?」

唯「ごめんなさいギター忘れました!」

律「えー!」

澪「練習出来無いじゃないか!」

紬「唯ちゃんおっちょこちょいね~」

和「まぁ…唯にはよくある事だから」

澪「今日の練習どうするんだ?」

律「梓めちゃめちゃ張り切ってたぞー怒られるぞー」

紬「学祭まで残り一ヶ月だからね~」

唯「うぅ!あずにゃんから怒られるー」

律「覚悟を決めろよー」


さわ子「席に座りなさーいHR始めるわよー」

澪「あ、さわ子先生来たぞ」

唯「ギター取りに帰ろうかな?」

律「もう諦めた方がいいんじゃないか?」

唯「う~ん……」

さわ子「そこの二人早く席に座りなさい」

唯「はぁーい」


唯「放課後だぁ!よーし今日も部活頑張るぞ!」

澪「ギター忘れてるけどな」

唯「うぅ……」

紬「まぁまぁまぁまぁ早く部室に行きましょ?」

律「そうだな」

律「うぃーす!」

梓「あ、来た!」

澪「うん、先に来てたのか」

梓「はい!今日は沢山練習しましょうね」

唯「あ、あのね…あずにゃん」

梓「どうしたんですか?」

唯「ごめんなさい!ギター忘れました!」

梓「えぇぇぇ!」

唯「ごめんねあずにゃん」

梓「れ、練習はどうするんですか!?」

唯「えーと…エアギターするよ!」

梓「エアギターって…」

紬「まぁまぁ梓ちゃん、今日は唯ちゃんにギターの用語とか色々教えてあげるのはどう?」

唯「うん!私、ギターの用語てかあんまり知らないし」

梓「わ、わかりました……じゃあ今日は唯先輩にギターの事を教えます」

憂「失礼しまーす……」

唯「あ、憂!」

純「し、失礼しまーす」

唯「純ちゃんも!どうしたの?」

憂「お姉ちゃん今日ギター忘れてたでしょ?持って来たよ」

唯「ギー太!」

憂「和さんからお姉ちゃんがギター持って来るの忘れた事を聞いて持って来ちゃった」

唯「ありがとう憂!」

唯「純ちゃんもわざわざ来てくれてありがとう」

純「い、いえ……」

梓「これで沢山、練習出来ますね!」

澪「うん、そうだな」

律「あ、二人共私達の練習見て行かない?」

憂「純ちゃんどうする?」

純「是非、見たいです」

紬「じゃあ決まりね~紅茶入れてくるわね」


紬「はい紅茶よ」

憂「ありがとうございます」

純「あ、ありがとうございます」

紬「いいのよ~私達の練習いっぱい見ててね」

純「はい!」

澪「じゃあ練習するか」

唯「よーし頑張るぞー!」


唯「ふぃー…」

律「どうだった?」

純「はい!とってもカッコ良かったです!」

憂「凄かったです!」

唯「えへへ~ありがとう!」

梓「もう1曲やりましょう!」

唯「うん!」

憂「あ、お姉ちゃん」

唯「なぁに?」

憂「私達はもう行くね」

唯「えー!もう行くの?」

憂「うん、純ちゃんとお外で遊びたいから」

唯「そっかぁ~」

純「今日はありがとうございました演奏凄かったです」

律「うん、何時でも見に来ていいからな」

純「はい!ありがとうございます」

憂「じゃあ行こっか」

純「うん」

唯「憂バイバイ~」

憂「バイバイお姉ちゃん」


梓「じゃあ…もう一曲……」

唯「見る人がいないと一気にやる気が……」

紬「そうね~」

律「一曲練習したら休憩しないか?」

澪「うん少し疲れたし」

梓「じ、実は私も少し休憩したいです」

唯「よーしじゃあ次は休憩ね!」

紬「終わったら唯ちゃんが楽しみにしてるケーキもあるからね?」

唯「やる気が出て来たよ!」

梓「じゃあやりましょう!」

唯「おー!」


唯「よーし終わったぁ!」

澪「休憩するか」

紬「紅茶入れてくるわね~」

律「ありがとうなムギ」

紬「いいのよ~」

梓「唯先輩、上手になって来ましたねギター」

唯「ありがとう!」

紬「紅茶よ~」

唯「ありがとう!」

紬「梓ちゃんも」

梓「ありがとうございます」

澪「律のドラムも段々揃って来たよな」

律「そ、そっか?」

梓「はい!今度の学祭が楽しみですね」

唯「うん!学祭楽しみ!」

紬「ケーキよ~」

唯「わぁー!美味しそうムギちゃんありがとう!」

律「本当に美味しそうだな」

澪「毎日ありがとうな」

紬「全然、大丈夫よ~」

唯「あずにゃんはどれにする?」

梓「私はこのバナナの奴がいいです」

唯「じゃあ私はこのショートケーキ」

澪「私はチーズケーキがいいな」

律「ムギは?」

紬「私は余ったのでいいわよ~」

律「本当にいいのか?」

紬「余り物には副が言うじゃない?」

唯「ムギちゃん優しいね!」

律「じゃあ…私はモンブランな」

紬「私はコレね!」

唯「ムギちゃんこのケーキ本当にありがとう」

紬「ううん、いいのよ早く食べましょ?」

唯「うん!いただきまーす」

唯「美味しいよムギちゃん!」

紬「本当?ありがとう唯ちゃん」

唯「うん!」

澪「本当に美味しいな!」

唯「……わっ!何だか急に部屋が暗くなったね停電かな?」


律「え……?」

唯「急に暗くなるからびっくりしたよ~まだ暗いね!」

澪「どうしたんだ唯?」

唯「どうしたって…停電だよ!もっと驚かないの澪ちゃん」

梓「暗くなって無いですよ?」

唯「え?でも暗いよ…暗過ぎて何も見えないもん」

紬「唯ちゃん……本当にどうしたの?」

唯「部室が急に真っ暗になったんだよ!」

梓「暗く無いですよ唯先輩」

律「明るいぞ…まだ5時だし……」

唯「もしかして…誰か部室の電気消した?」

澪「………なぁ唯」

唯「もー誰か部室の電気付けてよ~ケーキ食べたいよ!」

澪「唯ってば!」

唯「み、澪ちゃん…どうしたの?」

澪「ほ、本当に真っ暗なのか?」

唯「うん……早く誰か電気付けてよ」

紬「誰も電気消したり何かしてないわ……」

唯「………でも真っ暗だよ?何も見えないよ?」

梓「唯先輩……」

唯「……早く電気付けてよ……本当に真っ暗だよ」

紬「………………」

唯「誰か電気付けてよ……真っ暗だよ……何も何も見えないよ暗過ぎて何も見えないよ……」

律「………………」

唯「誰か何か言ってよ!暗いよ……怖いよ……」

澪「………………」

唯「何も見えないよ……」


2
最終更新:2010年07月11日 21:12