ピッピッピッピッピッ。

憂「お姉ちゃん起きて朝だよー目覚まし時計鳴ってるよー」

唯「…………はっ!」

憂「おはようお姉ちゃん!」

唯「夢……だったんだよかった……」

憂「どうしたのお姉ちゃん?」

唯「怖い夢を見たんだ……急に回りが暗くなって何も見えない夢」

憂「怖かった?もう大丈夫だよ」

唯「うん……夢でよかったぁー」

憂「ご飯出来てるから制服に着替えたら下に降りて来てね」

唯「うん……本当に夢でよかった!」

唯「よーし!着替え終わったし朝ご飯食べようかな~」

唯「あ!ギー太も忘れないように持って行かなくちゃ!」

唯「よいしょっと…」

唯「夢の中だけど忘れてごめんねギー太」

憂「あ…お姉ちゃん朝ご飯の支度もう出来てるよ」

唯「うん!ありがとう!」

憂「じゃあ食べよっか」

唯「うん、いただきます」

憂「いただきます」



唯「ごちそうさまでしたー」

憂「ごちそうさまでした」

唯「美味しかったよ憂」

憂「ありがとう!じゃあ学校に行こっか」

唯「うん!行こう!」


唯「いってきまーす」

憂「いってきます」

唯「今日も暑いね~」

憂「そうだね、段々と暑くなって来てるもんね」

唯「うん!私、夏は好きだけど暑いの嫌い」

憂「私もお姉ちゃんと一緒だよ!」

唯「そうなんだ~このじめじめした暑さ嫌だよね~」

憂「うん!」

唯「でも夏休みがあるから暑いの我慢出来る!」

憂「あ…お姉ちゃんアゲハ蝶だよ!」

唯「本当だぁ!」

唯「可愛いね~」

憂「うん!可愛い」

唯「あ!お花に止まったよ蜜を吸うのかな?」

憂「そうなんじゃないかな?」

唯「暑さに負けず頑張って蜜を吸うんだよ!」

憂「頑張ってね蝶々さん」

唯「よし!私達も蝶々さんみたいに暑さに負けず学校に行こう!」

憂「うん!」

唯「今日もムギちゃんのお菓子食べるぞー!」

憂「私も勉強頑張る!」

唯「じゃあ学校へ行こう!」

憂「そうだねー」

唯「やっと着いたね…」

憂「うん、そうだね」

唯「やっぱり蝶々さん見たいに暑さと戦えないや……」

憂「教室に行ったら涼しいから後少し頑張ろ?」

唯「うん!じゃあ教室に行くね」

憂「うん!バイバイお姉ちゃん」

唯「バイバイ~」



唯「みんなおはよー」

律「おはよう唯、今日は暑いな」

唯「うん!でもここ三階だから涼しいよね~」

律「そうだな~」

唯「クーラーも着けなくていいし!エコだね!」

紬「唯ちゃんクーラー苦手だからね~」

唯「あ、ムギちゃん!」

紬「おはよう唯ちゃん」

唯「うん!おはよう」

律「そういえば今日は澪は休みだから」

紬「何かあったの?」

律「夏風邪だよ」

唯「そっかー澪ちゃん大丈夫なの?」

律「うん、大丈夫だと思う」

紬「よかったわ~」

唯「あ!今日の部活どうするの?」

律「まぁ澪抜きでやるしかないよな」

唯「そっかぁ~部活終わったらお見舞い行こうよ」

紬「私もお見舞い行きたいわ~」

律「わかった後で澪に電話してみるよ」

さわ子「みんな席に座りなさい」

唯「あ、さわちゃん来たよまた後でね」


さわ子「みんな気をつけてね~」

唯「やっと放課後だぁ~」

律「あ、昼休み澪に電話掛けたらお見舞い来ていいってさ」

紬「よかったわ~梓ちゃんも誘って行きましょうね」

唯「うん!澪ちゃん風邪だからはしゃぎ過ぎないようにね!」

律「お前が言うなー!」



梓「あ、皆さん!」

唯「あずにゃん!」

律「梓、今日は澪休みだから」

梓「え?何でですか?」

唯「夏風邪だよ!」

梓「そうですか…大丈夫なんですか?」

律「うん、大丈夫大丈夫」

唯「澪ちゃんクーラー付けて寝てたのかなぁ?」

律「そうじゃないか?」

紬「最近、暑くなって来たもんね~私もついつい着けたままで眠ってしまうから気をつけなきゃ」

唯「うん!やっぱり夏は扇風機だよね!」

律「ああああああって出来るしな!」


梓「じゃあ練習しましましょうか!」

唯「こう暑いと練習するやる気が出ないよね~」

律「アハハハハ分かる分かる」

梓「アハハハハじゃないです!暑さに負けずに練習しましょう」

紬「少しティータイムしてから練習しない?」

唯「うん!ムギちゃんに賛成!」

律「私もー!」

紬「梓ちゃんティータイムしてからでいい?」

梓「はい…分かりました」

紬「ありがとうね梓ちゃん」

梓「いえ、でもティータイムが終わったら練習ですよ!」

唯「うん!」

唯「このアイスティー美味しい!」

紬「そう?ありがとう」

梓「澪先輩…大丈夫ですかね?」

律「大丈夫だって!」

梓「少し心配です……」

唯「澪ちゃんを心配するあずにゃん可愛い!」

梓「みんな飲み終わった事ですし…練習しましょうか」

紬「そうね!」

律「よーし頑張るぞー」

唯「あ…あれ?」

梓「どうしたんですか」

唯「右手が動かない……」

梓「右手が動かないって……嘘ですよね?」

律「嘘は良くないぞー」

唯「ほ、本当だよ!本当に本当に動かないんだよ!」

紬「本当なの?」

唯「動かないよ……動かないよ……」

律「と、とりあえず保健室に行こう」

梓「は、は…はい」

唯「た…立てないよ………ムギちゃん…りっちゃん……あずにゃん立てないよ…」

梓「立てないって……」

唯「足が動かないよ……うぅ……動かない…ぐすっ……」

律「足が動かないって…………」

唯「うぅ……動かない…ぐすっ……動かないよぉ…嫌だよぉ……動かないよぉ」

紬「唯ちゃん大丈夫なの!?すぐに救急車呼ぶわね」

唯「大丈夫なのかな?……私…大丈夫なのかな?」

律「だ、大丈夫だって……」

梓「だ、大丈夫ですよ!」

唯「嫌だよぉ……このまま…手が動かなくなるの嫌だよ…足が動かなくなるの嫌だよぉ……」

紬「救急車に連絡したわ!先生呼んでくるわね!」

唯「何で……急に…動かなくなるの……ぐすっ…もうギー太弾けないのかな?…そんなの嫌だよ…」





……

憂「…………うぅ」

憂「私、寝てたみたいだね……」

憂「また夢を見たよ…とっても素敵な夢」

憂「お姉ちゃんも素敵な夢を見てるんだよね?」

憂「そうだったらいいな」

憂「あのね……私が今見た夢はね」

憂「お姉ちゃんが抱き着いてくる夢」

憂「私の目を見てお姉ちゃんがニッコリ笑ったかと思うと…私に抱き着いてくるの」

憂「とっても幸せだったよ」

憂「お姉ちゃんの柔らかな肌……温かい体温」

憂「私を安心させてくれる匂い」

憂「夢なのにね……凄く鮮明だったよ」

憂「思わず私もお姉ちゃんを抱きしめてね」

憂「何だか……何だか分からないけど私泣いてた」

憂「私が泣いてるとね……」

憂「お姉ちゃんはそっと私の涙を拭ってスーッと消えちゃった……」

憂「私の目を見て両手を伸ばして……幸せそうに笑って消えた……」

憂「そして目が覚めた……起きてお姉ちゃんが側たから……安心したよ」

憂「ねぇ……お姉ちゃん」

唯「…………………」

憂「寝てないで目を覚まして……」

唯「…………………」

憂「目を覚ましてお願いだから……」




……

ピッピッピッピッピッ

唯「う……ふわぁ~」

憂「あ、お姉ちゃん目覚めたんだね」

唯「うん……今何時?」

憂「えーと…7時30分だよ~」

唯「そっかぁー……………」

憂「もう二度寝しないの!」

唯「うん……でもよかった……」

憂「何が?」

唯「夢だったんだ……まだ頭がボーッとしてるけど……夢だったんだ」

憂「どんな夢を見てたの?」

唯「私の右手と両足が動かなくなる夢…怖かった」

憂「そっか…あ!もう朝ご飯出来てるよ」

唯「うん……制服に着替えてから行くね」

憂「じゃあ用意してるからね」

唯「ありがとう……」

憂「お姉ちゃん何だか元気無いね……」

唯「うん、夢が怖かったから……」

憂「お姉ちゃん……」

唯「凄くリアルだったんだ」

憂「…………………」

唯「腕がね動かそうと頑張ってるんだけど動かなくて…足もまったく動かなかった」

憂「怖い夢だね……」

唯「本当に怖かった……でも夢でよかったよ!」

憂「うん…」

唯「制服に着替えるね」

憂「うん、わかった」

唯「着替え終わったよー!」

憂「うん!もうご飯の仕度は終わってるから朝ご飯食べよっか?」

唯「うん!いただきまーす」

憂「いただきます」



憂「お姉ちゃんやっと学校に着いたね!」

唯「………………え?」

憂「どうしたの?」

唯「あれ?わ、私今ご飯食べてたんだけど……」

憂「ご飯は食べ終わったよ」

唯「え?いつの間にか学校に着いてる……」

憂「…………?」

唯「あのね私、今さっきまでご飯食べてたんだ」

憂「でも……ご飯は食べ終ったよね?」

唯「ううん…まだごちそうさまもしてない……」

憂「えっと……」

唯「……憂と一緒に学校行った記憶が無い」

憂「え……お姉ちゃん大丈夫なの?」

唯「……憂と学校に行った記憶が無いよぉ……」

憂「大丈夫なの?今日は学校休む?」

唯「ううん……ただ忘れてるだけかも知れないし……」

憂「でも最近の事だよ?そんな簡単に忘れないと思うよ」

唯「そうだよね……」


憂「お姉ちゃん起きてー!」

唯「…………んっ」

憂「もう朝ご飯食べながら寝てるんだもんびっくりしたよ~」

唯「え?…私、学校に……夢?」

憂「どうかしたの?早く朝ご飯食べないと遅刻しちゃうよ~」

唯「う…うん……」

憂「美味しい?」

唯「美味しいよ……」

紬「そうよかったわ~」

唯「え……?ムギちゃん?」

梓「それ食べ終わったら練習ですからね!」

唯「……あずにゃん?」

梓「律先輩も今日はいっぱい練習しますからね!」

律「わかってるって~」

唯「…………………」

澪「どうしたんだ唯?急に黙って」

紬「何だか顔色が悪いわね具合悪いの?」

唯「私…家にいた……」

律「……はぁ?」

唯「私、家にいたんだよ!それが……気付いたらいつの間にか部室に……」

梓「唯先輩はずっと部室にいましたよ?」

唯「ううん…家にいたよ……」

唯「朝、憂に起こして貰って……制服に着替えて朝ご飯食べてたらいつの間にか学校にいて」

紬「唯ちゃん……本当にどうしたの?」

唯「また……いつの間にか家にいて……」

唯「次はここにいた……」
ピッピッピッピッピッ


3
最終更新:2010年07月11日 21:14