ピッピッピッピッピッ

憂「ごめんね、お姉ちゃんお母さんから電話」

憂「すぐに戻ってくるから待っててね」

唯「…………………」

憂「はい、もしもし」

憂「うん、今お姉ちゃんと一緒にいる」

憂「うん……」

憂「まだお姉ちゃんと一緒に居たいから」

憂「そんな事言わないでよ!!」

憂「もう切るね」

憂「バイバイ…………」



憂「ただいまお姉ちゃん」

唯「………………」

憂「…………お姉ちゃんのギター弾いてる姿見たいな」

憂「歌ってる姿も見たい……でも1番見たいのは」

憂「お姉ちゃんが笑ってる姿」





……

唯ちゃん…?唯ちゃん……?

唯「……ムギちゃん?」

紬「よかった……急に倒れるんだもんびっくりしたわ~」

澪「だ、大丈夫か?」

唯「あれ?部室?」

梓「唯先輩…………ぐすっ」

唯「あずにゃん何で泣いてるの?」

唯「………………」

律「何処か具合の悪い所はないか?」

唯「……私、倒れてたの?」

澪「あ、あぁ……」

唯「そっか……何か変な電子音聞こえなかった?」

梓「電子音?」

唯「うんピッピッピッピッって電子音、聞こえなかった?」

律「いや、聞こえてないけど……」

唯「そっか…あのね、私今日は帰っていいかな?」

紬「えぇ…」

唯「ごめんね……じゃあバイバイ」

梓「唯先輩…待って下さいギター忘れてますよ」

唯「うん…………え?」

梓「どうしたんですか?」

唯「ギー太が…ギー太が真っ黒だよ!」

澪「……え?」

唯「ギー太…真っ黒だよ……どうして?ギー太……なんで真っ黒なの?」

唯「ギー太…ぐすっ……こんなんじゃもう弾けないよ……」

紬「唯ちゃん……」

唯「何で…何で……真っ黒なの?」

澪「………………」

唯「ねぇ……何で?」

律「…………それはな」



さわ子「唯ちゃん居眠りしちゃダメよー」

唯「うぅ……」

和「やっと起きたわね昨日ちゃんと寝たの?」

唯「和ちゃん……?ここは教室?」

さわ子「まだ寝ぼけてるわね~」

唯「え……?だって私、部室にいたのに…」

和「夢でも見てたんじゃない?」

唯「また夢……あ、そうだ……ギー太が真っ黒になってて…私のギターは何処?」

和「音楽室に置いてたじゃない」

唯「見てくる……」

和「ちょっと今は授業中よ!」


唯「……………ギー太!」

唯「よかった……真っ黒じゃない……よかった」

さわ子「ちょっと唯ちゃんどうしたの?」

唯「さ、さわちゃん……」

さわ子「授業中に教室を飛び出して何かあったの?」

唯「ううん…もう大丈夫だよ……よかったギー太が無事で本当によかった」

さわ子「……?何かよく分からないけど教室に向かいましょう」

唯「うん!」

さわ子「急に教室から飛び出すんだもん、みんなびっくりしてたわよ」

唯「ごめんなさい……」

さわ子「いいのよ」

さわ子「じゃあ行きましょう」

唯「うん!……何だか急に暑くなったね!」

さわ子「そう?」

唯「うん、暑いよ……暑い暑い…」

さわ子「……?」

唯「さわちゃん…暑いよ……熱いよ熱いよ……」

唯「熱い…熱い熱いよさわちゃん助けて体が熱いよ!!」

さわ子「どうしたの?」

唯「あづっ熱い…熱い熱いよぉた、助け助けて熱いよ」

さわ子「唯ちゃん!どうしたの!?」

唯「熱いごほっごほっ息が出来なっ…ごほっ出来ない熱い…苦しいくるじいよぉさわちゃん助けごほっ助けて」




紬「唯ちゃん練習に疲れてすっかり寝てるわね~」

梓「はい、今日は沢山、練習しましたからね」

澪「そろそろ起こさないとな、もう暗いし」

律「そうだなー」

唯「…………熱いよ」

紬「寝言かしら?」

唯「助けて…熱いよ」

梓「悪い夢でも見てるんですかね?」

澪「みたいだな、起こしてあげよっか!」

紬「そうね~」

律「おーい、ゆーいー起きろー!」

唯「んっ………りっちゃん?」

律「大丈夫か?唸されてたみたいだけど」

唯「……まただよ」

紬「どうしたの?」

唯「ごめん…私、先に帰るね」

澪「あ、あぁ……」

唯「バイバイ……」



唯「………………」

憂「あ!お姉ちゃん!」

唯「憂……」

憂「待ってだんだぁ~一緒に帰ろ?」

唯「うん…いいよ」

憂「元気ないね…どうしたの?」

唯「………………」

憂「何かツライ事でもあったの?」

唯「うん…………」

憂「そっか…よかったら私に話して欲しいな」

唯「……………蝶々だ」

憂「蝶々?」

唯「ほら…空見て蝶々がいっぱい飛んでる」

憂「本当だ綺麗だね」

唯「うん、綺麗だね…あのね憂」

憂「どうしたの?」

唯「私…最近変な事ばっかり起きるんだ」

唯「口では上手く説明出来ないんだけど……」

唯「怖いんだ……」

唯「目が見えない夢を見たり右手と両足が動かなくなったり」

唯「いつの間にか別の場所にいたり…」

唯「体が燃えるように熱くなったり…ギー太が真っ黒になったり……」

唯「怖いんだ……」

唯「……………憂?」

唯「あれ?憂がいない……」

唯「憂!うーいー!」

唯「……何処に行ったの……」

唯「うーいー!」

唯「何で急にいなくなっちゃんだろ……」

唯「憂…ぐすっ……憂……うぅ…」

唯「何処にいるのー!ぐすっ……憂」

唯「憂……いなくなっちゃ嫌だよ……」

唯「さ、先にお家に帰ったんだよ……」

唯「先にお家に帰って私を驚かそうとしてるんだ」

唯「早くお家に帰ろう」

唯「きっと…憂がいるから」

唯「…………………」

唯「……あれ?何だろうあの黒い煙」

唯「火事かな?」

唯「……私の家の方向からだ」

唯「まさか……」

唯「憂……憂!」

唯「はぁはぁはぁはぁ……どうしよう私の家が…火事だ」

憂「お姉ちゃーん!お姉ちゃん…お姉ちゃん!!」

唯「う…憂!何処にいるの!?」

憂「お姉ちゃん!嫌ぁっ!お姉ちゃん…」

唯「憂ー!……何処にもいない…まさか……」


唯「誰かぁっ!誰かいませんか!?」

唯「どうしよう…憂が……憂が!」

唯「誰か…誰かいませんかぁっ!?」

唯「だ、誰もいない…」

唯「しょ…消防車に電話しなきゃ」

憂「お姉ちゃあああああん!」

唯「ケータイが……溶けてる……」

唯「これじゃあ…消防署に通報出来ないよ……」

憂「お姉ちゃん…お姉ちゃん!!」

唯「どうすれば……」

唯「私が憂を助けなきゃ……」

唯「でも……怖いよ」

憂「お姉ちゃん……お姉ちゃん……」

唯「…………勇気を出さなきゃ」

唯「待っててね憂」

唯「今から助けるからね……」

唯「げほっ…熱いよ熱い…げほっげほっ」

唯「憂ー!何処にいるの!?」

唯「げほっ…ごほっ…煙が…吸わないようにしなきゃ」

唯「憂ー!うーいー!」

憂「お姉ちゃん!」

唯「げほっ聞こえたごほっげほっ何処にいるのー!」

唯「今、助けるからね!!」

憂「誰かっ…誰かぁっ……」

唯「もう少し我慢しててね!!」

憂「助けて下さい……」

唯「待っててげほっ…私が助けるから」

憂「誰かお姉ちゃんを助けて下さい!!」

唯「………え?」

「まだ中に一人いるぞ!」「うわぁ~…マジかよ」「平沢さんの家、大変な事になってるわね~」「すっげー火事って始めてみた」「もー…不謹慎だよ~写メらないの~」

唯「熱い…体が……」

憂「消防士さん!まだ中にお姉ちゃんがいます助けて下さい!」

唯「憂……?ごほっ…熱いよ体が……熱い……あ……づい……死ぬ…………」


4
最終更新:2010年07月11日 21:16