澪「見えない聞こえない見えない聞こえない・・・」ブツブツ

律「おま、ちょ、え、何してるの?」

澪「見えない聞こえない見えな・・・へ?律?」

律「・・・澪、だよな?」

澪「律ぅぅぅぅ!!」ダキッ

律「のわぁぁ!?」

澪「こ、怖かったぁー・・・!」ギュー

律「痛い痛い!っていうかどうしたんだよ!?色んな意味で!」

澪「うううぅぅぅ」

律「と、とりあえず座ろう?な?」


ピシャン


律「・・・で、どうしてこんなところにお前がいるんだ?」

澪「どうしてって・・・気付いたらいたんだよ」

律「気付いたらってことは・・・」

澪「どうしたんだ?」

律「既に何人か相手にしたのか?」ニヤニヤ

澪「ばか!」ゴツンッ

律「あだっ」

澪「お前が初めてだよ」

律「そ、そっか、私が初めてか・・・///」ポッ

澪「そういう意味で言ったんじゃない!///」

律「冗談だよー。それにしても、その格好・・・結構似合ってるぞ?遊女っていうの?」

澪「あまり嬉しくない・・・って、律は岡っ引き?」

律「みたいだなー。どう?」

澪「ある意味似合ってるよ」

律「ある意味ってなんだよ!?」

澪「まぁまぁ。唯は?一緒じゃないのか?」

律「あいつは裏切り者なので普通の宿に泊まりました」

澪「普通の宿・・・?って、そうだよ!」

律「!?」

澪「お前、こんなところで何してるんだよ!スケベ!」

律「お前にだけは言われたくねーし、スケベじゃねぇーし!!」

澪「だって、そうだろ?客としてこんな店に来るなんて・・・!」

律「あーあー、違うんだって。これには深い訳が」

澪「言い訳は聞きたくない」

律「えー」

澪「律って最低だな。鼻の下伸ばしてこんなところに来て!」

律「待てって!知らなかったんだよ!ホントだって!」

澪「はいはい」

律「なんで聞き流すんだよー!」

澪「知らなかったよ、律が下膨れフェチなんてさ」

律「あー、下膨れで思い出した」

澪「なんだよ」

律「澪、自分の源氏名知ってるか?」

澪「へ?そんなのあるのか?知らないよ」

律「・・・座敷童子」

澪「なんだそれ!?」

律「全く喋らないから座敷童子って名前にしたってさ」クスクス

澪「な・・・そんな・・・」ガーン

律「いいじゃんいいじゃん、幸せをもたらしてくれるんだろー?」ニヤニヤ

澪「こぉんの・・・!」

律「ぼぼぼ暴力反対!」


ゴツンッ


澪「ん?今何か言ったか?」

律「・・・いいえ」




梓「失礼しまーす・・・」ガラッ

唯「あずにゃん!?」

梓「唯先輩!」

唯「あずにゃんだぁー!」ダキッ

梓「早速これですか」

唯「一人で寂しかったよー」ギュー

梓「あー、はいはい」

唯「あずにゃんは?寂しくなかった?」

梓「私はここに来るまでムギ先輩と話していたので、別に・・・」

唯「う、裏切り者だ・・・」ガーン

梓「で、でも」

唯「?」

梓「唯先輩に会えて嬉しい、です」

唯「えへへー」ギュー

梓「苦しいですって」

唯「あれ・・・?あずにゃん、お侍さん?」

梓「そうなんですよ。刀が重くて重くて・・・」

唯「ちっちゃいお侍さんってカンジで可愛いね!」

梓「そ、そうですか?」

唯「うん!私、普通なんだもん。つまんないー」ブー

梓「でも似合ってますよ?」

唯「本当に?へへー」

梓「そうだ」

唯「うん?」


梓「そういえば、律先輩は?一緒じゃないんですか?」

唯「りっちゃんならこの隣の建物にいるよ」

梓「あ、そうなんですね。・・・って、はい!?」

唯「だからー、りっちゃんは」

梓「そうじゃなくて!!隣の建物って、その、遊郭?ですよね?///」

唯「あ、それそれ!りっちゃんも言ってた!」

梓「・・・」

梓(何してんだあのデコ)

唯「今からりっちゃんのところに行く?」

梓「でももう遅いですし・・・」

唯「そっか、そうだよね」

梓「・・・あ」

唯「?」

梓「やっぱり今から行きましょう」

唯「へ?遅いから駄目って」

梓「ムギ先輩ですよ!」

唯「ムギちゃん・・・?あー!!」

梓「私達はいいですけど、このまま寝ちゃうとムギ先輩は家に帰れなくなるじゃないですか!」

唯「そうだね!あずにゃんに言われるまで気付かなかったよ!」

梓「ゆ、遊郭って私達でも入れるんですかね?」

唯「大丈夫だよ。私とりっちゃんが客引きにあったくらいだし」

梓「そうですか・・・なんか緊張してきました」

唯「あれ、そういえば私達ってりっちゃんのお部屋に入れてもらえるのかな?」

梓「あ゛・・・無理じゃないですかね」

唯「どうしよう・・・」

梓「ムギ先輩、聞いてますかー?」


シーン・・・


梓「今は取り込み中みたいですね」

唯「私ももうちょっとムギちゃんと話したかったなー」

梓「どうしましょう?とりあえず待機しときます?」

唯「そだね。それまであずにゃんとイチャイチャするよ!」

梓「しません」


唯「えー、ケチー」

梓「全く・・・///」

紬『私のこと、呼んだでしょ?』

梓「さっき呼んだときは返事しなかったくせに・・・」ボソッ

紬『うん?』

梓「ごめんなさい、なんでもないです」

紬『りっちゃんと澪ちゃんなんだけど・・・』

唯「うんうん」

紬『一緒にいるみたいなのよ』

唯梓「へ?」

紬『今さっき反応が返ってきたんだけどね、どうも同じところにいるみたいなの』

梓「じゃあすぐに合流できるんですかね?」

紬『えぇ、そんなに時間はかかわらないと思うわ。ラッキーね』

唯「ムギちゃん、下校時間大丈夫そう?」

紬『粘ってあと1時間ってところかしら』

梓「やっぱり・・・って、はいぃぃ!?!?」

唯「うわぁ!?ビックリしたぁ!」

紬『どうしたの?』

梓「確認しますけど、律先輩は遊郭にいるんですよね??」

紬『遊郭!?』

唯「うん!りっちゃんはゆーかくにいるよ!」

紬『えええ!?』

梓「もう一つ確認なんですけど、澪先輩は律先輩と同じところにいるんですよね?」

紬『えぇ、帽子の反応では・・・!』

梓「それって・・・」

紬『ごめんなさい。急用を思い出したわ』

梓「こら待て」

紬『だ、だって。遊郭でりっちゃんと澪ちゃんが二人きり・・・!!』

梓「わかったから」

唯「じゃありっちゃんと澪ちゃんがエッチなことしてるの!?」

梓「してないでしょう!?」

唯「だって、ゆーかくはエッチなところだって聞いたもん・・・」シュン

梓「これは憶測ですけど、澪先輩はこの世界にくるときに遊郭に飛ばされちゃったんだと思います」

唯「なるほどー、あずにゃんあったまいー!」

梓「その帽子の感度というか、場所特定の精密さってどれくらいなんですか?」

紬『反応が返ってくればかなり精密よ。ただ、よく通信が途切れるのがちょっと・・・。』

梓「そうなんですか」

紬『一度場所の情報を読み込むことができれば、映像として確認することもできるわよ』

唯「なんかわからないけどすごい!」


紬『だから私には唯ちゃんが両手をあげて『すごい!』って言ったのも見てたわ』

梓「へー、声しか聞こえないんだと思ってました」

紬『最初はそうだったんだけど、さっき拡張機能の設定をしたからね。位置情報もかなり正確よ』

唯「位置情報?」

紬『さっき言ったでしょう?『りっちゃんと澪ちゃんが同じところにいるみたい』って」

唯「うん!」

紬『恐らくだけど、同じ部屋にいると思うの』

梓「これは・・・ラッキーですね」

唯「っていうことは、りっちゃんが澪ちゃんを指名したってこと?」

紬『・・・!!!!』ブシュアアァァァァ!

梓「なんでだろう。こっちからはムギ先輩が見えるわけじゃないのに鼻血を出したんだと理解できた」

唯「豪快な鼻血だね!」

紬『と・・・にか、く・・・わた、しは・・・二人の、様子を・・・!』

梓「そんな死にそうな声で言わなくても」

唯「私達はどうしたらいいと思う?」

紬『遊郭に全員集合するわけにはいかないから、二人は部屋で待機していて?』

梓「それが一番無難ですよね」

紬『えぇ、私はりっちゃんと澪ちゃんにコンタクトを取って、そっちに移動するように言うわ』

唯「おー!ムギちゃんなんかスパイみたいでかっこいいー!」

紬『そ、そう?///』テレテレ





律「どうしよっか」

澪「まず、ここから出たい・・・」

律「うーん、とりあえず隣の宿に移るか」

澪「隣に宿なんてあるのか」

律「あぁ、唯がそこにいるぞ」

澪「唯が!?そういえば、梓には会ったか?」

律「梓?そーいや、一緒じゃなかったのか?」

澪「私達は別々の場所に飛んできちゃったみたいなんだ・・・」

律「そうだったのか。でも梓なら大丈夫じゃないか?」

澪「だといいんだけど・・・」

律「ま、なんとかなるって」

澪「問題はここから抜け出せるのかって、ね・・・」

律「確かになー。簡単には抜け出せないかもな」

澪「うぅ」

律「裏口とかないの?」

澪「なかったと思う」

律「ってことは正面突破?・・・いやいや、危険すぎるだろ」

澪「うーん」


コンコンッ


律澪「!?」ビクゥ!!

客引き「失礼します。今、お邪魔してよろしいでしょうか?」

律(な、なんだよ急に)

澪(わ、わからないけど・・・逃げようとしたのがバレた、とか?)

律(おい、嘘だろ?)

澪(でもそれ以外何が考えられるんだよ)

律(ま、まぁ・・・な)

客引き「失礼しました。お取り込み中でしたか。それでは、これはここに置いておきますので」コトッ

律(これってどれだよ)

澪(わからない)

客引き「それでは、失礼しますね」トントン・・・

律「・・・」

澪「・・・」

律「行ったみたいだな」

澪「あぁ」

律「で、あいつは何を置いてったんだ?」

澪「さぁ?」

律「っていうかお取り込み中じゃねぇっつの」

澪「そうだそうだ。誰がだよ、全く・・・///」

律「おい、恥ずかしいから赤くならないでくれ」

澪「う゛///」

律「よっしゃ、何を置いてったのか見てみようぜ」

澪「そうだな」

ガラッ

律「」

澪「これ、なんだ・・・?」


パタンッ


律「見なかった。私達は何も見なかった」

澪「なぁ律。今のあれ、なんなんだ?」

律「澪」

澪「なんだよ」

律「見なかった。私達は何も見なかった」

澪「さっきも聞いたよ、それ」

律「いいから。とりあえずここから出る方法を考えようぜ」

澪「わかったよ」

律「っと、ごめん。ちょっとトイレ行ってくる」

澪「この時代では厠っていうんだぞー」

律「おぉ、そうだったな」

澪「あんまり横文字ばっか使ってると不審がられそうだよな」

律「確かに。ちょっと気をつけた方がいいのかな」

澪「うーん」

律「そんじゃ、ちょっと行ってくるわ」

澪「あぁ。行ってらっしゃい」


紬(やっと映ったわ!!!)



澪「・・・」

紬(早速コンタクトを取りたいんだけど、その前にちょっと覗き見しちゃったり・・・)ウフフ

澪(もう夜になっちゃったな・・・ごめん、ムギ。もうちょっと時間かかりそうだ)

紬(遊女の澪ちゃん、綺麗ね)ホゥ

澪(あ、そうだ!)ピンッ!

紬(何かしら?何かを思い出したみたいだけど・・・)

澪「さっきのアレ、なんだったんだろう」

紬(????)

澪(律は見なかったことにしてたけど・・・)ソワソワ

澪(やっぱり気になるよな・・・)


ガラッ


紬(あれ?外に出ちゃうの?)

澪「あー、あったあった」ヒョイッ

ピシャンッ


澪(これ、なんだろ)

紬「!?!?!?!?!?!?!?」

澪「うーん・・・」

紬「」ポカーン

律「おーす、戻ったぞー」

澪「遅いぞー?」

律「ごめんごめん、なんか使い方よくわからなくてさー」アハハ

澪「律、私もこれの使い方よくわからないんだけど」

律「あー、それはなー・・・って、おいぃぃぃ!!!」


5
最終更新:2010年07月12日 23:26