紬「・・・!」

岡っ引き「ほら、暴れるなって。今引き上げるから、な・・・!」ググッ

紬「・・・あり、がとう・・・」ボソッ


グイッ!


岡っ引き「ふぃー、無事かぃ?」

紬「え、えぇ」

岡っ引き「あと・・・さっき、何か言ったか?」

紬「・・・い、いいえ(走り回ったせいかしら、頭がクラクラする・・・)」フラッ

岡っ引き「っと!・・・大丈夫か?」

紬「平気、よ」ボー・・・

紬(あれ、ちょっと待って。どうしてこの岡っ引きさんは私を抱きしめているの?)

紬(って、何言ってるのよ。私がふらついたから支えてくれてるんじゃない)

紬(でもこの状況って・・・!)

岡っ引き「全く、手の焼ける女だぜ///」

紬「」

紬「・・・は・・・ない」

岡っ引き「ん?どうした?」

紬「こんなディスティニーは認めない!!!」ガッツン!!!

岡っ引き「!?!?!?」

・・・ドスンッ!

紬「百合ん百合んな世界、斉藤に言って追加してもらわなくちゃ。それじゃ岡っ引きさん、さようなら」タッ

岡っ引き(またしても熊手打ち・・・見事だったぜ・・・)ガクンッ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


梓「うわぁ、すごいですね。この建物」

唯「そうだね!昔のムギちゃん家って感じ!」

澪「豪邸ってやつだな」

律「ここだけ煌々と灯りがついてるよな」

梓「でも、なんか騒がしくないですか?」

澪「確かに。なんだろうな?」

紬「きゃぁぁぁぁ!?!?どいてどいてぇぇ!」ダダダダッ

律澪「ムギぃぃ!?!?!?」

紬「って、みんな!?」

唯「ムギちゃん!来てたんだね!!」

紬「話はあとよ!」

梓「どこ行くんですか!?」

女「あんた達もあの女の仲間だね!?」

律澪唯梓「!?」

女「逃がしはしないよ!!あんた達出ておいで!」

律澪唯梓「逃げろっ!」ダッ

唯「ねぇねぇ」

律「どうした?」

唯「私達こんなのばっかりじゃない?」

律「言うな。そのことは言うな」


ザッ・・・!


律唯梓澪「!?」

男12「おっと、こっちは行き止まりだぜ」

律「うげっ、なんか変なの出た・・・」

男3「あと、こっちも行き止まりですからね」

梓「!?」

男4「へっへー」

澪「まずい、挟み込まれたな」

唯「ムギちゃん!大丈夫!?」

紬「う、うん・・・ちょっと・・・疲れた、だけ・・・」ゼェハァ・・・

澪「おい!大丈夫か!?」

紬「ん・・・」

澪「ムギ、ちょっと休め。ここは私達がなんとかするから」

紬「うん、ありがと・・・」

唯「そうだよ!任せて!」フンスッ

紬「・・・」ニコッ

律「梓」

梓「なんですか?」

律「澪達がムギを守るなら、私達は」

梓「わかってますよ。唯先輩達は私達が守る、そうでしょう?」

律「うーん、物分りのいい後輩を持って先輩は幸せだぞー?」

梓「チャラけてないでどうするか考えましょう」

律「へ?どうするかって?」

梓「まさか、普通に戦うつもりだったんですか?」

律「それ以外に何があるんだよ」

梓「流石に複数の男の人相手に、それは厳しくないですか?」

律「バカ、あいつらの顔見てみろ」

梓「・・・?」

梓「見ましたけど?」

律「雰囲気的にショッカーって感じじゃないか?」

梓「それ、遠回しに雑魚っぽいって言ってますよね」


律「なんとかなったりしないかな」

梓「・・・他にいい方法も思いつきませんし。やりますか」

律「おう!そうこなくっちゃ!!」

男2「おい、打ち合わせは済んだか?いくぞ?」

律「っていうか待っててなんて言ってないし?」ププッ

男2「こんの・・・!」ダッ

律(流石に刀に十手で対抗するには無理があるからな・・・)

男2「おらぁ!!!」ザン!

律「っと!」サッ

律(一つ方法はあるけど・・・一回でもしくじったら終わりだな)

男2「ちょこまか逃げてねぇでかかってこいよぉ!?」ブォン!!

律「あっぶな!?」ザッ

男2「なんでぇ、弱いくせに調子に乗りやがって!!」

律「うるっせーよ!悔しかったら私を真っ二つにしてみろ!」ヘーンダ!!

澪「っちょ!?律!?」

律「いーから見てろ」

澪「へっ?」

男2「舐めやがって・・・!!」

男2「言ってくれるじゃねぇか、この野郎ぉぉぉ!!」ブォン!!!

律(今だ!!)


ガッキィィィン!!!


律(十手の鈎と棒身の間で受けて・・・!)ギリッ

澪「律!!!?」

律(手首を捻る!)

律「いっくぜー!?」グルン!!

男2「!?」


ッカァァン!

ガシャン・・・!


唯「おぉー!!」

澪「すごい!」


律「丸腰だな?」ニヤッ

男2「くっ・・・!」ダッ

律「拾わせるかよ!」ダッ

男2「!?」

律「うおおぉぉ!!」ガスッ!!

男2「っが・・・!」

唯「うわ、いったぁ・・・こめかみに直撃だよぉ・・・」ブルッ

男2「て、めぇ・・・」


ドサッ・・・!


律「へっへーん。りっちゃんを舐めるな」


ガシャ・・・


律「刀も調達できたし。次はあんたか」キッ

男1「おうよ」スチャッ


梓「・・・」

梓(律先輩、やるじゃん!!)

男3「ふむ、お仲間の様子が気になるのはわかります・・・が」ブォン!!!

梓「!?」サッ!

男3「こちらもそろそろ始めませんか?」カチャ・・・

梓「望むところですよ」グッ

男3「ふふ、そうこなくては・・・!」

梓「・・・」グッ

梓(え、あれ?)グググ・・・


グググッ・・・


梓(何コレ・・・刀抜けないんですけどぉぉ!!?!?)


男3「ふざけているのですか。困った人ですね」ヤレヤレ

澪「梓!何してるんだ!早く!!」

梓(言えない!まさか刀が抜けなくて苦戦してるなんて言えない!!)

男3「女性だからと言って、容赦はしませんからね・・・!」ザン!

梓「っあああぁぁぁ!!」ブォン!


ガッコォン!!


男3「なっ・・・私をコケにしているのですね、わかります」

唯「ねぇ澪ちゃん?」

澪「なんだ?」

唯「なんであずにゃんは刀抜かないで戦ってるの?」

澪「さ、さぁ・・・?人を斬るのは嫌なんじゃないか?さすがに」


梓(とっさに抜刀しないで鞘ごと受けちゃったけど・・・)

男3「っざけやがってぇ・・・!」

梓(相手を怒らせちゃった、みたい・・・)ヤバッ

男3「生きて帰れると思うなよ?」ギロリッ

梓(いやだ、生きる)

男3「っらぁぁぁ!!」ブオン!!

梓(ヤケになっちゃおうかな、うん。それがいい)

梓「やあぁぁぁぁ!!!」ザッ・・・!!


ッキィィィン!

ガキィン!

ッカーン・・・!!


男3「ふん、そんなもので私が倒せると思うなよ?」

梓「それはこっちのセリフですよ」

梓(いっつぅ・・・)

梓(刀を受けた衝撃で手がいたい・・・)

澪「梓!負けるな!!」

梓「・・・!」

男3「これで最後だぁぁぁ!!」

唯「あずにゃん、いっけぇぇ!」

梓「・・・やああぁぁぁぁぁ!!!!」ブォン!!

澪唯「って振るの早ぁぁぁ!!!!」

男3「ふん、間合いも知らんのかっ・・・!」ニヤッ

梓(これで、いいんだ・・・!)


スポンッ!


澪唯男3「!?!?!?」


スコーン!!!


男3「なっ・・・!?」


ドサッ・・・!!


男3「」

梓「や、やった・・・!」ゼェハァ・・・

唯「今の、なに?」

澪「刀を振り下ろした勢いで抜けた鞘が、相手の眉間に・・・」

唯「痛そう」

梓「なんとか、勝った・・・」


唯「あずにゃんってばさすが!あったまいー!」

梓(ぶっちゃけ一か八かだったんですけどね)

男4「やーっと俺の番か。へっへー」

梓(いや、へっへーじゃないし・・・)

梓「・・・」キッ

男4「ブッ殺してやるよぉぉ~ひひ~」

梓(うわ、何こいつアブない)

梓(っていうか、もう体力的に限界・・・)

男4「かかってこいよ~?」ゲヘヘ

梓「・・・」

男4「おい、どうしたぁ?」

梓「・・・」スチャッ

梓(やっば・・・刀持ち上げる力も残ってないかも・・・)

男4「・・・!」

梓(何?相手の様子が変だけど・・・)

男4「下段百眼の構え、だと・・・!」

梓(え・・・?)

男4「その構え、あんたみたいな小娘に使いこなせるのかなぁ~?」ケッケッケ

梓(下段、百眼の構え・・・?何ソレ)

男4「おい・・・なんとか言えよ・・・!!」

梓「・・・」

男4「おいって・・・おいぃぃ!!」

梓(なんかすごい動揺しているみたいだけど・・・)ジロッ

男4「ひ・・・ひぃぃぃ~!!!!」ダッ

澪唯梓「逃げた!?」


澪「すごいぞ、梓!」

唯「あずにゃんの剣客のオーラがすごいから逃げちゃったんだね!!」カッコイイ!!

梓「は、はぁ・・・?」

梓(なんだったんだ、今の)

唯「残るはあと一人だね!」

澪「律!頑張れ!!」


ッキィィィン!!!


律「くっ・・・」

男1「はっはー!なかなかやるじゃねぇか!!」

律「そりゃどーも!」グッ


ガッキィィィン!!


梓(すごい鍔迫り合いだ・・・!)


キィン!


男1「そんじゃ、これはどうだ!?」パシィッ!

澪「片手で刀を・・・何をするつもりだ?」

律「はん。なんで片手に切り替えたが知らんが、それじゃ斬撃の強さが落ちるんじゃないか!?」スチャッ!

男1「強さなんていらねぇのよ!」ハッハー!

律「は?」

男1「おっらぁぁぁ!!!」ヒュ!!

律「!?」サッ!!

澪「律!ほっぺた!血が!!」

律「平気!たいしたことないって!」

律(なるほど、な・・・)

梓「片手に切り替えたお陰でパワーは落ちますが・・・」

律(その分、間合いが伸びるってことか・・・!)

男1「いつまでかわしていわれるかな!?」ヒュ!ヒュ!ヒュ!

律「くっ!」

男1「死にたくなけりゃ鏡を返しな!!」

律梓唯澪「・・・かがみ?」

男1「とぼけたって無駄だ!おとなしく返せば全員切り捨てるのだけは勘弁してやってもいいぜ!」ヒュ!

律(かがみって、鏡だよな?)


梓(なんのこと?)

唯「ねぇ、澪ちゃん。鏡って・・・」

澪「」

唯「どうしたの?」

澪「ムギが持ってるの・・・これって、まさか・・・!」

唯「ん?」チラッ

紬「・・・」キラキラー

唯「あ゛」


8
最終更新:2010年07月12日 23:29