唯「ムギちゃん!起きて!それ返そう!?」

紬「・・・」グッタリ

唯「駄目だぁ・・・」

澪「つまり、ムギがこの屋敷から鏡を盗んで、だから追われてるっていうことなのか?」

梓「っぽいですね。ムギ先輩、忍者みたいな格好してますし・・・義賊ってヤツじゃないですか?」

唯「ぎぞく!」

澪「いや、いいから」

梓「でも、それを返してもただで済むとは思えません」

澪「だよな・・・」

唯「ムギちゃん!とりあえず起きて!!」

梓「ムギ先輩!!」

律(大体の事情はわかった、けど・・・)

男1「ほら、かかってこいよ?」

律「・・・」

律(どっちにしろ、こいつはどうにかしないとマズいだろうな)

男1「ちんたらしてんじゃねぇよぉぉ!!」ダダダダッ!!

律「!?」

男1「おおおぉぉ!!」ヒュッ!

律「あっぶな!」サッ

男1「まだまだぁ!」ガシィ!!

律「!?」

梓「あいつ!空いてる方の手で・・・!!」

唯「りっちゃん捕まっちゃったよぉ!」

澪「りつー!」

男1「どらぁぁぁ!!」ヒュッ!


ッキィィィン!!


律「くっ、こぉんの・・・!」ギリギリ

男1「いつまで持つかなぁ!?おい!!」


タッタッタッタッ・・・!!


律男1「!?」

梓「やああぁぁぁぁ!!!」ブォン!!

男1「っと!」バッ

梓「てやぁぁ!!」ザン!

男1「1対2、か。そりゃちょいと卑怯なんじゃねぇか?・・・なんてな。悪くねぇ!燃えてきたぜ!!」チャキッ

梓「先輩!大丈夫ですか!」

律「おう!サンキュ!」

梓「どうにかしてあいつをやっつけましょう」

律「だな!」

梓「作戦は!?どうしたらいいですか!?」

律「さっきも言っただろ?」

梓「へ・・・?」

律「そんなもんねぇよ!」ダッ

梓「あ!ちょっと!律先輩!!」ダッ

男1「どらぁぁぁぁ!!!」ダッ

澪「ムギ!起きろ!起きてくれ!」

唯「ムギちゃん!!」

紬「・・・ん・・・うん?」

澪唯「!?」

梓「ったぁぁぁ!!」ザン!!

男1「おっとぉ!」


キィィィン!!


律「うらぁぁぁ!!左側ががら空きだぜ!!」ブォン!!

男1「まだまだ甘ぇなぁ!!?」サッ!

梓「なっ、小太刀!?」


ガキィィィン!!!


男1「俺に二本目を抜かせるなんて、てめぇらやるじゃねぇか!」

律「そりゃどうも。・・・でもな、二刀流はあんたの専売特許じゃないんだよ」ニヤッ

男1「はぁ?」

律「これでどうだぁ!?」サッ!!

男1「!?」

梓「さっきの十手!!?」

律「甘いのはお前の方だぜ!!」ヒュッ・・・!!


ガッコォォ・・・!!!


男1「!!!?」


ドサァ・・・!!


梓「うわぁ・・・顎に十手の先がめり込んだ・・・痛そう・・・」

男1「ちっきしょ・・・」

律「へへーん、だ・・・」ゼェハァ・・・

男1「見様見真似で二刀流、とは・・・な・・・」ゼェハェ・・・

男1「やるじゃ、ねぇか・・・」

律「ばーか。ドラマーはいつだって二刀流なんだよ」

男1「どらまー、って・・・なんだ、よ・・・意味わか、んね・・・」ガクッ

ドサッ・・・!


梓「勝った・・・?」

澪「りつぅぅ!!」タッタッタッ

律「澪!」

唯「あずにゃーん!!」ダッ

梓「先輩・・・」


ダキッ!


澪唯「無事でよかったぁ!!」ギュー!

律「おい、痛いって」ハハハ

梓「ほら、刀持ってるし危ないですよ?」


紬「みんな・・・」

律「ムギ!起きたのか!」

紬「えぇ。私のせいで、ごめんなさい」

梓「気にしないでください。それにしても・・・」

紬「?」

梓「先輩もこっちに来てたんですね」

澪「私も知らなかったよ」

紬「実は、さっきのりっちゃん達の会話で、ちょっとね」テヘヘ

律澪(あー、あのときか)

唯「途中でムギちゃんと話せなくなるし、ちょっと心配しちゃったよー」

紬「ごめんなさいね」

唯「ううん、こうして会えたんだからいいんだよ!」

律「そういうこと!」


梓「ムギ先輩、元の世界の戻り方、わかりました?」

紬「えぇ、普通通りで平気なはずよ」

澪「でもさっき」

紬「それは私がこっちの世界に飛んできたあとでしょう?」

律「言われてみればそうだな。あのタイミングだと、澪と遊郭にいた時にムギはこっちに飛んできたってことになる」

梓「それじゃ、普通に帰れるんですか?」

紬「えぇ。怖い思いさせてごめんね」

梓「そんな、いいですって」

女「こっちよ!早く!!」

律澪梓紬唯「!?」

男達「いた!いたぞ!!」ゾロゾロ

律「うぉい!?いっぱい来たぞ!?」


梓「さすがにもう限界です!!」

唯「大丈夫だよ!ね?」

澪「あぁ!そうだろ、ムギ!」

律「あ、そうか・・・!」

紬「それじゃ、いくわよ?」

梓「はい!」

唯「せーの・・・!」

律澪紬唯梓「帰るー!!!」


プシュンッ





部室!



律「・・・」

澪「・・・」

梓「やった・・・」

紬「成功、ね」

唯「やったぁー!!」


ビー!!ビー!!


律澪唯梓紬「!!?!?!?!?」


シンニュウシャ、ハッケン・・・!シンニュウシャ、ハッケン・・・!


律「セコム!?」

梓「なんでこんな変なところでハイテクなんですか、この学校は!」


唯「でも女子高だし、しょうがないよ」

紬「唯ちゃん、そんなこと言ってる場合じゃないわ!」

唯「おぉ!?」

律「荷物は持ったか!?」

澪「あぁ!練習の準備する前で助かった!」

梓「同じくです」

唯「待ってー、ギー太が・・・!」


ビー!!ビー!!


紬「唯ちゃん急いで!!」

唯「うー!」ゴソゴソッ

梓「今日はこんなのばっかりですね、私達」


紬「こんな日があってもいいと思うの」

澪「何悠長なこと言ってるんだよ!?」


ビー!!ビー!!


律「よし、いいか!?」

唯「うん!」

澪「行くぞ・・・?」

律澪紬梓唯「逃げろー!!!」





数日後!




律「全く、この間は酷い目にあったぜ・・・」

澪「お母さんに怒られちゃった」

律「私も。聡にまで怒られたんだぜ?勘弁して欲しいよ」

唯「憂なんて泣いて抱きついてきたよ。心配かけちゃったなぁ・・・」

紬「私は事情を知っている斉藤が上手く言ってくれて助かったわ」

梓「私なんて誰にも怒られませんでしたからね」

律「なんていうか、その・・・」

澪「あぁ・・・」

唯「よしよし」ナデナデ

梓「むぅ」

紬「またやる?」ニコニコ

律「おう、いいぜー!」

澪「出来れば誰かが一人で行ったりとか、駄目か?」

紬「いいけど、どうして?」

澪「一人で行けば戻ってくるときも誰かを探す手間が省けるだろ?」

紬「それもそうね・・・」

梓「みんなが合流しないと帰れないって、ちょっと考え物ですよね・・・」

紬「製品版にするまでには、誰がどこにいるかわかるようにするらしいから、合流に手間取ったりはしない予定らしいんだけど・・・」

梓「そうなんですか。そういう処置がないと、この間の私達みたいになりかねませんもんね」

律「むしろ一日でみんなが会えたのって奇跡だろ」

澪「かもな」

梓「この機械、まだまだ改良すべき点が多そうですね」

紬「そうそう、それなんだけどね」

律唯「?」

紬「あの日、帰ってから改良すべき点をメールで送信したの。そうしたら、技術部からパッチが届いたの」

梓「ぱ、パッチって・・・いいんですか、それで」

紬「どうして?」

梓「だって、ほら。やっぱり研究所でその帽子を分解して~とか、そういう風に改良するんじゃないんですか?」

紬「それが面倒だからパッチによる修正が出来るようにしたらしいわよ」

梓「へー、ハイテクですね」

唯「次は!?何処行こうか?」

紬「次の舞台はここなんてどう?」

澪「ここ?」

紬「えぇ。IFの世界に新しく、『この世界』っていうのが追加されたの」

律「この世界って、私達のいるこの世界か?」


紬「えぇ。私もまだ説明を聞いてないからよくわからないんだけど・・・」

梓「どんな世界かわからない、か」

紬「えぇ、なんでもランダムな設定になるみたい」

律「どういうことだ?」

紬「例えば、私達が全員文芸部だったらとか、北海道の学校に通ってたらとか」

澪「なるほど。時代や大まかなところはこの世界と一緒っていうことだな」

紬「そういうことになるわね」

梓「私達の世界とは何かがちょっとだけ違った世界ってことですか」

律「へぇ。じゃあ唯が部長の世界なんてのもあるかもな」

梓「うわ・・・頼りな・・・」

唯「あずにゃんひどいよ!?」

律「つまり、私は頼りになるってことでいいんだな?」ニヤニヤ

梓「それは断じて違いますけど」

律「泣くぞこら」


紬「とにかく、時間のあるときに行きましょうね」

唯「うん!いこういこう!」


バタンッ!


律唯「!?」

さわ子「ちょっとぉ、聞いたわよあんた達」

梓「な、何がですか?」

さわ子「金曜日の夜、ここで何をしていたの?」

唯梓「ぎくぅっ」

さわ子「怒らないから言ってみなさい」

律「いや、もう既に怒ってるだろ」

梓「さっ、練習でもしましょうか」

さわ子「ちょっとちょっと」

紬「先生、今日はパティシエに作らせたとっておきのケーキがあるんです。いかがですか?」ニコッ

さわ子「いただくわっ」キリッ

律澪(それでいいのか、音楽教師)

梓「さわ子先生にバレたら面倒ですし、IFの世界に行くのはまた今度にしません?」ボソッ

紬「そうね。装置は物置に隠しておくから。近いうちにまた」

唯「うーん、残念だけどしょうがないね・・・」

さわ子「ケーキケーキ♪」

紬「はい、どうぞ」

さわ子「あら、これは美味しそうね!」ワクワク

唯「ムギちゃーん!私にもケーキ!」

紬「うふふ、ちょっと待ってね」




おわり(?)



最終更新:2010年07月12日 23:29