さらに数日後!



澪「なぁ」

律「なんだ?」

澪「走り過ぎ」

律「そうか?ここはこれくらい勢いがないと駄目だろ」

澪「お前、勢いとテンポは違うだろ」

梓(まーた始まった)

律「っていうかお前こそ」

澪「なんだよ」

唯「二人とも、喧嘩はやめようよ。ね?」

律「Bメロのルートだっせぇから止めろよ」

澪「はぁ?」

紬「そうだ!お茶にしましょう?」

律「なんかかっこ悪くないか?もっと動けよ」

澪「お前に何がわかるんだよ。いいか?あそこはな」

律「あーもういい」

澪「なっ!」

紬「ほら、みんな!お茶が入ったわよ?」

律澪「 い ら な い 」

紬「えっ・・・」

梓「」カッチーン

律澪「今それどころじゃないから」

梓「ちょっと!!」

律「なんだよ、デカイ声出すなよ」

梓「そんな言い方ってないと思います!」

澪「梓には関係ないだろ」

梓「はぁ?本気で言ってるんですか?二人で喧嘩するのは勝手ですけど、ムギ先輩に八つ当たりするなんて最低です!」

律「・・・」ガタンッ


唯「り、りっちゃん?」

律「私帰るわ」ゴソゴソ

澪「おい、ちょっと」

律「じゃーな」ガチャ

バタンッ!

唯「本当に帰っちゃった・・・」

紬「澪ちゃん・・・」

澪「ムギ、ごめん」

紬「ううん、気にしないで。・・・あの、追いかけなくていいの?」

澪「いいよ。あいつが勝手に出てったんだし」

梓「でも!」

澪「いいんだ!!」

梓「・・・」

紬「そ、そんな」

唯「ねぇ、喧嘩なんてやめようよ」

澪「別に喧嘩じゃないよ。私は正しいことを言ったし」

唯「この状況、いつも通りかな」

澪「それは、違うけど・・・」

唯「なんでいつも通りじゃないのかな。喧嘩してるからじゃないのかな」

澪「・・・」

唯「どんなに正しいことでも言い方で人の受け取り方って変わると思うよ」

澪「・・・」

梓(唯先輩にあんなこと言われる澪先輩って・・・)

紬(それは言わない約束よ)

梓(うわ、心の中読まれたよ、最低だよ)

澪「とにかく、お茶にしようよ」


唯「・・・」

梓「澪先輩、今ならまだ」

澪「いいって。あはは」

紬「強がらなくていいのよ?」

澪「いいったらいいんだ!」

唯「・・・ばか」

澪「なんだよ」

唯「澪ちゃんのばか!ばーか!!」ダッ

梓「唯先輩!?」

紬「何処行くの!?」

唯「澪ちゃんはりっちゃんじゃなきゃ駄目なんだよ!」ガチャ!

唯「それで、りっちゃんは澪ちゃんじゃなきゃ駄目なの!」バタン!!

梓「そっちって、物置・・・!」

唯「それで・・・!!」スチャッ!

紬「唯ちゃん!待って!」ガチャ!

唯「私達は二人がリズム隊じゃないと嫌なの!!!!」

キィィィン・・・!!!

紬梓澪「!?!?!?!?」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


澪「こ、ここは・・・?」

唯「澪ちゃん、大丈夫?」

澪「へ?あ、唯・・・」

梓「ちょっと休憩しましょうか?」

紬「そうね、もう2時間もやっているものね」

澪「・・・?」

マキ「いや、もうちょっとやってからにしようよ。ね?」

澪「マキ、ちゃん・・・?」

マキ「ん?どうしたの?」

澪「いや、え?・・・あれ?」

唯「澪ちゃんどうしたの?」

澪「なん、で・・・?」

澪(そこは、律の場所だろ・・・?)

マキ「そんな大げさな。しかたがないなー。もう一回アタマから通したら休憩にしようか」

澪「いや、そうじゃなくて・・・」

梓「?なんか今日の澪先輩、変です」

紬「具合でも悪いの?」

澪「い、いや。なんでもない、やろうか」

唯「おー!」

澪「えっと、なんの曲だっけ?」

マキ「ふわふわ時間だよ。本当に大丈夫?」

澪「平気平気。ありがと」

マキ「それじゃーいくよー」


カンカンカンカン!


~~♪

♪~~♪♪


~♪

~~~~♪


澪(律のドラムと、違う・・・)


~♪♪~~~~♪

♪♪~♪


澪(違う、ここじゃ律は・・・)


~♪

~~~~~~~♪


澪(あいつはこんなところでシンバルを入れたりしない・・・)


~~♪

~♪


澪(あいつなら・・・あいつなら・・・)








律(なんで私・・・)

律(さっきまで家に帰ってたのに)

律(ここ、スタジオ、か?)

アヤ「ふぅ、疲れたねー」

律「お、おう?」

アヤ「今日は二人だけど、次の練習には来れるみたいだから」

律「来れるって、誰が・・・?」

アヤ「やだなー、ギターボーカルだよ。ギターボーカル」

律「へ、へぇ・・・?」

律(なんだ、これ。この子、マキちゃんのバンドのベースの子だよな?)

アヤ「それじゃ。残り40分、頑張ろうか」

律「え?今休憩しにきたばっかだろ?」


アヤ「何言ってるの。お金払って借りてるんだし、ちゃんと練習しようよ。ね?」

律「あ、あぁ。そう、だな・・・?」

アヤ「じゃ」

律「ちょっと待った」

アヤ「何?」

律「練習って?誰と誰が?なんで?」

アヤ「私とりっちゃんがだよ。なんでって、なんで?スタジオにいるんだから当たり前でしょ?」

律「いや、そうじゃなくて。なんで私がアヤちゃんと・・・?」

アヤ「???」

律「えっと・・・ごめん。じゃ、やろっか(そっか、そういうことか)」

アヤ「う、うん」

アヤ(変なりっちゃん)


バコンッ


アヤ「それじゃ、何合わせようか」

律「んー?適当でいいよ」

アヤ「そっか。じゃあ、ラブクライシスでもやろうか。あ、ちゃんと扉閉めてね」

律「あ、ごめんごめん」バコンッ

アヤ「よっと」

律「よいしょっと」ストンッ

律(右利きのベーシスト、か)

律(何珍しがってんだよ、レフティ使ってるヤツのがよっぽど珍しいっての)

律「あ」

アヤ「どうしたの?」

律「えっと、ラブクライシスの音源、聴かないか?」

アヤ「・・・えええぇぇぇ??」

律「いや、ほら。原点回帰っていうか、ちょっと聴きたくなっちゃって」

アヤ「うーん、じゃあこの間レコしたCDあるから聴こうか?」

律「おう。悪いな」

アヤ「いいよ。でもちょっとビックリしちゃった」

律「何が?」

アヤ「さっきの言い方。まるで『曲を覚えてません』って感じだったから」

律「ぎっくぅ」

アヤ「ん?」

律「いや、なんでもない、なんでもない!」

アヤ「???まあいいや。それじゃ流すよー?」ポチッ


~~~♪

~♪

~~~~~♪♪


律(あー、大晦日のライブで一番最初にやってた曲か)

律(一回聴いただけで耳コピできっかな・・・)


~~♪

♪♪

~~~~♪


律(基本エイトビートでフィルもスネア中心だな。サイズ覚えればいけそうだ)


~~♪

~~~~♪♪

ドコドコドコドコドコドコシャンシャンドコスタタタスッタタシャンシャンドコドコ♪


律「」

律(うおおぉぉぉぉい!!!何余計なことしてんだよ!)


律(曲のタイトルから考えて自分達の自己紹介みたいな感じか。いや、だからって各パートでソロとか・・・!!)


~~~♪

~♪

律(マキちゃんって、マジでドラム上手いんだなー・・・)

律「・・・」

律『Bメロのルート、だっせぇからやめたら?』

律(何、言ってんだ、私・・・)

律(『だっせぇ』のは自分じゃないか・・・)



~~~♪

~~~~~♪

♪♪~~♪

♪。


律「澪、ごめん・・・」ボソッ

アヤ「ん?なんか言った?」

律「い、いや。なんでもない」

アヤ「そう?でもたまに自分達の音源聴くってのもいいかも。新しい発見があるもんだねー」シミジミ

律「そう、だな」





紬「あと、今日はもう一つあるの」

唯「本当?」

梓「た、食べれないこともないです!」

澪「・・・」

マキ「何言ってんの、そろそろ練習しようよー?」

唯「そ、そうだね!ごめんごめん」エヘヘ

紬「これはまた後でにしましょうね」

梓「仕方がないですね」

澪「・・・マキちゃん」

マキ「ん?」

澪「いや、なんでもない」


10
最終更新:2010年07月12日 23:30