唯「今、りっちゃんが遊びに来てます」

律「唯?誰に向かって言ってるんだ?」

唯「ううん、なんでもないー」

唯「ところでりっちゃん、パン作ったんだけど食べる?」

律「えっ!?唯が作ったのか……?」

唯「むぅ…何その反応~」

律「いや、だって憂ちゃんならともかく唯が……」

唯「もう私だってやろうと思えば出来るんだよ~」

律「ふうん。じゃあ食べてみようか」

唯「うん。ちょっと待っててね」


唯「はいこれ~」

律「ふむ、見た目はまともだな」

唯「もう、りっちゃんったら」

律「そんじゃ、いただきます」

律「ぱくっ……もぐもぐ……」

唯「どう、どう?」

律「ん~~…悪くないけどなんか変な味がするぞ」

唯「そっかー。まあちょっと失敗する事もあるよね」

律「おいおい……」



唯(にやり)


律「はぁ……はぁ……」

律(どうしたんだろ……急に体が熱い……)

唯「りっちゃん、どうしたの?」

律「いや……別に何でもない……」

律(すごい体が火照って……)

唯「調子悪いなら帰る?」

律「ああ、そうするわ……」

律(駄目だ…いますぐオナニーしたい……)

律(今すぐアソコをぐちゃぐちゃに掻き回したいよぉ……)

律「んじゃ、唯また明日な……」

唯「うん、それじゃあねー」



唯「ふふ、りっちゃんだいぶきてたっぽいなー」

唯「えっちな気分になるっていうのをパンに混ぜてみたけど」

唯「りっちゃん、私のせいだって気づくかなー」

唯「ちょっと、強力らしいけどまあ大丈夫だよね」

唯「明日が楽しみだなー」




~律の部屋~

律「はぁ…はぁ……やっと帰ってこれた……」

律「もう…もう限界……」

くちゅぅ……

律「ひゃぁん……すごい…すごい濡れてるぅ……」

律「きもちいぃ……もっと、もっと……」

ぐちゅぐちゅぐちゅ……

律「はぁっ、あぁ!んんっ……くぅ……」

律「なんれ…こんなに…きもひいいのぉ……」

律「イくぅ…こんにゃの……すぐイっひゃうよぉ……」

律「あ、あぁん…あ、あ、あぁぁぁぁぁっっ!!」

律「はぁ……はぁ……こんなの…はじめてぇ……」


律「でも、全然治まらないよぉ……」

律「はぁ……はぁ……」グチュグチュ

律「ああ…だめぇ……気持ちよすぎぃ……」

律「わたひの体……どうなっちゃったんだろぉ……」

律「んんっ…はひぃ……はふぅ……」

律「いい…いぃ…イくぅ……」

律「また…またイっひゃう……」

律「イく、イく…んんあぁぁぁぁぁぁっ!!」

律「はぁ…はぁ………ぁ……」

律「…すう……すう……」




~次の日、通学路~

律(はあ…昨日のは何だったんだよ……)

律(唯の家でパン食べたらなんか体が変になるし……)

律(なんか唯に変な物でも飲まされたり……)

唯「りーっちゃん!」

律「ゆ、唯か……おはよう」

唯「りっちゃん、体大丈夫?調子戻った?」

律「あ、ああ、大丈夫だって」

律(か、考えすぎだよな…唯がそんなこと……)

唯「そっかー。あ、そうそうりっちゃん」

律「ん、なんだ?」

唯「昨日、何回オナニーしちゃったの?」

律「えっ…はは…何言って……」

唯「昨日私の家から帰って、どうせオナニーしてたんでしょ?」

律「唯…やっぱりあの時何か……」

唯「今も、アソコいじりたくて仕方ないんじゃないの?」

律「そ、そんなことあるわけ……」

唯「ほんとかなぁ?」

くちゅ……

律「きゃう……!?」

唯「うわぁ、何これ?何もしてないのにパンツの上からでも分かるくらい濡れてるじゃん」

律「そ、それは……唯が何かしたからだろ……」

唯「えー?でも私が何かしたとしても、もう1日経ってるしそれだけでこんなになっちゃうなんて……」

唯「りっちゃんがいやらしいからじゃないの?」

律「そ、そんな……ことない……」

唯「ほらほら」

クチャクチャ……

律「あっ…だめ唯……やめてぇ……」

唯「どんどん、りっちゃんのいやらしいお汁が溢れてるよ?」

律「うそぉ…うそだぁ……」

唯「りっちゃんったら分かってるの?ここ道のど真ん中なんだよ?」

律「!いやぁ…やめて…誰かに見られちゃう……」

唯「えーでも……」

ぬちゃぁ……

唯「ほら、こんなに糸引くくらい感じちゃってるじゃん」

唯「りっちゃんってほんとは見られたい変態さんでしょー」

律「そんなことない……そんなことない……」


律「唯やめて…お願いだから……」

唯「えーなんでー?こんなに感じてるのに」

唯「もしかして、感じすぎてイっちゃうの?」

律「はぁ……あん……く…ぅ……」

唯「あはは。声を我慢してるりっちゃんも可愛いねー」

唯「うーん…じゃあ私が今から聞くことを正直に答えてくれたらやめてあげる」

律「あぁ…ほ、ほんとぉ……?」

唯「うん。えっとまずねぇ……」

唯「昨日帰ってからオナニーしたでしょ?」

律「は、はい…しました……」

唯「何回したの?」

律「ひぅ…あぁ…え、えっと…に、二回ですぅ」

唯「ほんとーに?」グチュグチュ

律「ん、んぅぅぅぅっ!!ほ、ほんとですぅ……その後疲れて寝ちゃって……」

唯「じゃ、そういうことにして」

律「はぁ…はぁ……」

唯「今日、朝からいやらしい気持ちになってたでしょ?」

律「は、はい……」

唯「オナニーしたくてしょうがなかったでしょ?」

律「……」

唯「どうなの?」グチュグチュ

律「あひぃぃぃ!!し、したかった……オナニーしたかったです……」

唯「で、りっちゃん今イきそう?」

律「イきそう……もうイっちゃいそう……」

律「だからもう…もうやめてぇ……」

唯「うーんじゃあ、次で最後ね」

唯「りっちゃん、イきたい?」

律「えっ……?」

唯「ほんとーに嫌だったら、正直に言ってくれればやめるけど」

唯「りっちゃんの体はそれで我慢できるのかなぁ?」

律「あ……あ……」

唯「こんなに乳首硬くして」クリクリ

律「あう……やぁ……」

唯「こんなにアソコびしょびしょにして……」クチュクチュ

律「くひぃ……らめぇ……」

唯「こんなにクリトリス大きくさせて」キュ

律「ひゃぁぁぁっ!つ、摘まないれぇ……!」

唯「ほんとーにイきたくないのぉ?」

律「あ…ぁ…あぅ…ぁ……たい」


唯「えっ?よく聞こえないよ?」

律「イきたい…イきたいです…イかせてくださいぃ……」

唯「あはははは、りっちゃんってやっぱり……」グチュグチュ

律「あ、あぁ…気持ちいぃ……」

唯「ド変態で淫乱だね」

唯「ほら、イっちゃえ!!」

律「あ、あぁ、イく、イく、イく…っくぅぅぅぅぅぅ!!」

ぷしゃ!ぷしゃ!

唯「うわぁ…潮まで吹いちゃうなんて…りっちゃんってば、どこまでいやらしいんだろうね」

律「はひぃ…ひぃ…ぁ……」

唯「りっちゃん、りっちゃーん」

律「はへぇ……?」

唯「はい、ちーず」

ぴろりーん

律「へ……?唯…今何を……?」

唯「えー、だってこんなにいやらしいりっちゃんを、私だけ見てるのも勿体無いよね」

律「そ、それって……」

唯「じゃあ、まず澪ちゃんから送ってみようかなー」

律「いやっ!お願いやめてぇっ!」

唯「うーん、どうしようかなー」

律「ぐす…お願いします…その画像消してください…ひっく…お願いします……」

唯「もうりっちゃんったら泣かないでよー。それはりっちゃんの今後の態度次第かなー」

唯「この意味分かるよねー?」

律「はい……」

唯「うんうん。りっちゃんは賢いねー」

唯「じゃありっちゃん、パンツ脱ごうか」

律「えっ……?」

唯「だってそれ、りっちゃんのいやらしい汁でもうぐちょぐちょじゃない」

唯「そんなの、いらないよね?」

律「は、はい……」

唯「だよねー。じゃあここに捨てようよ」

律「えっ…、そ、そんなの……」

唯「私ちゃんと聞いたよね、『いらない』って?」

唯「いらないんだったら捨てても全然いいじゃん」

律「で、でもそんなことしたら……」

唯「あんまり聞き分けが悪いと、私機嫌が悪くなっちゃうなー」

律「ひっ……ごめんなさい……」

唯「そうそう、素直じゃないとね」

唯「それじゃあ早く学校にいかないと」

律「唯……」

唯「ん?」

律「どうして……どうしてこんなことするんだ……?」

唯「んー特に理由は無いよ?」

唯「強いて言うなら……普段明るいりっちゃんの、泣いてる所を見たいからかな」

律「そ、そんな理由……」

唯「ほら~早くしないと遅刻だよ」

律「うぅ…ぐす……ひっく……」

唯「そうそう、そういうりっちゃんが見たいの」



~学校~

律「うう……」

律(結局ノーパンのまま……)

澪「律、おはよう」

律「ひゃぁっ!?」

澪「ど、どうしたんだよ律?」

律「え、あ、あはは!と、突然声かけられてびっくりしちゃって」

澪「全く、ぼーっとしてたのか?」

律「そうなんだよー。寝不足でさー」

律(澪…お願い……今の私をあんまり見ないで……)



~授業中~

律「はぁ…はぁ……あぁ……」

律(どうしよう…すごい見られてる気がする)

律(ばれてないよね…私がノーパンだってこと…ばれてないよね……)

ひそひそ ひそひそ

律(ああ、あの子達何話してるんだろう。私の事なのかな……)

律(学校にノーパンで来るなんて、変態だって思われてるのかな……)

律「いやぁ……お願い見ないで……見ないでぇ……」

律(嫌なのに…嫌なのに……)

くちゅぅ……

律(どうして濡れてるんだよ……)

律(どうしちゃったんだよぉ…私の体……)

律(もうだめ…我慢できない……)

律(唯が私の体に変なことしたせいで……私はこんなことしたいわけじゃ……)

律(そう、これは唯のせい…唯のせい……)

くちゅくちゅ……

律「はぁ…っ……んん……」

律「声…我慢……しなきゃ……」クチュクチュ

律「くぅ…ん……ふぅふぅ……」

律「あぁ…なにこれぇ……すっごい……」

律「頭…おかしく…なりそ……」グチャグチャ

律「もしかして…誰かに、ばれちゃってるかなぁ……」

律「授業中に…オナニーする…変態だって…思われちゃってるのかなぁ……」グチュグチュ

律「あぁ…だめ…イく…イく……」

律「ん…んんっ…っっっっ!!」ビクビク


3
最終更新:2010年07月14日 22:41