~休み時間~

唯「りーっちゃん」

律「ゆ、唯…どうした……?」

唯「一緒におトイレいこーよ」

律「しょ、しょうがないなー……」

……
…………
………………

唯「ねえ、りっちゃん」

唯「授業中オナニーしたでしょ?」

律「……!」ビクッ

唯「気づいてないと思ってたのー?」

律「あ…あれは……」

唯「あれは?」

律「唯が…私の体に何かしたから…私の体が変になって…だからしかたなく……」

唯「ふーん…でもさ」

唯「授業中にしちゃうなんて、りっちゃん変態すぎじゃない?」

唯「そんなに気持ちよくなりたかったんだ?」

唯「そんなに、みんなにオナニーしてるところ見られたかったんだ?」

律「ち、ちが……」

唯「違わないよ」

くちゅぅ!

律「あひぃん!?」

唯「りっちゃん、気づいてないの?」

唯「ここに来るまでに、りっちゃんのいやらしいお汁、太ももまで垂れてたよ?」

律「えっ……」

唯「期待してたんでしょ?私に虐められるのを」

唯「興奮してたんでしょ?ノーパンだって気づかれるかもしれないって」

律「嘘…うそぉ…」

唯「りっちゃん駄目だよ。私の前では素直にならないと」

唯「りっちゃんって、授業中にオナニーしたがる変態だよね?」

律「ち、違う……あれは、唯の……」

唯「私の飲ませた薬のせいだって言いたいの?」

唯「でもさー、あの薬の効き目なんてとっくに無くなってるよ(たぶんだけど)」

唯「それに……」グチュグチュ

律「あひぃっ…あっ、あっ、あぁぁっ!」

唯「ちょーっといじっただけで、こんなにぐしょぐしょにしちゃってるのにさ」

律「だめ…だめぇ…そ、そんなに…したらぁ……」

唯「ん、どうしたの?」

律「イきたく…はぁん…イきたくなっちゃうの……」

唯「ふふ、ちょっとだけ素直になってきたね」

唯「でも、だーめ」

律「はぁはぁ……えっ……?」

唯「だって、もう休み時間終わっちゃうよ?」

唯「早く教室に戻らないとねー」

律「あ……そんなぁ……」

唯「ほら、行くよーりっちゃん」

律「唯…まって…おねがい……」

律「このままにされたら……私…わたしぃ……」

唯「ふふ、また授業中にオナニーしたくなっちゃうとか?」

律「あぅ……」

唯「でもぉ、りっちゃんが変態じゃないっていうのなら、それくらい我慢できるよね」

律「ごめんなさい…無理…むりなのぉ……」

唯「うーん、でももう遅いよ」

キーンコーンカーンコーン……

唯「ほら、ね」

唯「まあ、放課後にでもまた続きをしてあげようかな。それまで我慢してね」

律「ほ、放課後なんて無理だよぉ……ゆい…おねがい……」

唯「ふふふ、りっちゃんこれはお仕置きなんだよ」

律「えっ……?」

唯「私に嘘言うなんて、まだ自分の立場が分かってないの?」

唯「これ、みんなに見せちゃってもいいのかなー?」

律「あ…あぁ……許して…おねがい……」

唯「あーでも、りっちゃんだと、喜んじゃうかな?」

唯「授業中にオナニーするくらいだもんねぇ」

律「ごめんなさい……ごめんなさい……」

唯「分かったら、もういいよね。教室にもどろっか」

律「はい……」

唯「勝手にオナニーしちゃ駄目だよ?」

律「は…はい……」



~放課後、軽音部~

唯「今日はりっちゃんの部長権限で休みにしました」

唯「まあ、りっちゃんがそんなに調子悪そうにしてたら、みんなも納得するね」

律「唯…はやくぅ…もう…私げんかい……」

唯「ふうん…じゃあ、スカートたくし上げて見せてみてよ」

律「はい……」

唯「うんうん。素直になってきたねー」

唯「うわぁ。スカートにまで染みができてるね」

唯「りっちゃん、イかせて欲しい?」

律「はい……イかせてください…お願いします……」

唯「それじゃあ、スカート脱いで床に座って」

律「……」

唯「ほら、足開いてよ。りっちゃんのアソコが良く見えるようにさ」

律「……」

唯「あははは、さっきからずっと私の言いなりになっちゃって……」

唯「りっちゃん、人として恥ずかしくないの?」

律「うぅ…ぐす…ひっく……」

唯「そんなりっちゃんのために、私の手を汚すなんて嫌だからさ」

唯「もう足で十分だよね?」

律「えっ……?」

ぐりぐり!

律「あっ!?あっ!?あぁぁぁぁぁっっっ!?」

唯「きゃはははは。りっちゃんったら、こんなのでも感じまくってるの?」

唯「私の靴、りっちゃんの愛液まみれになっちゃってるよ」グチュグチュ

律「あひぃっ!か、感じるっ!気持ちいいのぉっ!!」

唯「うわぁ、りっちゃんってもう最悪だね」

唯「ほんと、救いようのない変態でマゾだね」

律「いいっ!それでもいいからっ!」

律「もっと…もっとしてぇ!イかせてぇっ!!」

唯「しかたないなぁ。じゃあ……」

唯「思いっきり踏んであげるから、思う存分イきまくってね」

律「ふぇ……?」

唯「えいっ!」グチャア!

律「あぎっ、あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”っっっ!!?」

律「……あ…あぅ……ぁぅ……」ビクビク

ぷしゃあぁぁぁぁぁ……

唯「うわぁ、お漏らししながらイっちゃうなんて」

唯「私の靴汚れちゃったじゃん」

律「あ…ごめ……なさ……」

唯「りっちゃんが綺麗にしてよ」

律「えっ……?」


唯「聞こえなかった?りっちゃんが汚したんだから綺麗にしてよ」

律「あ…うん……今拭くから……」

唯「はぁ?何言ってるのさ」

唯「舐めて綺麗にするんだよ。」

律「えっ……どうして……」

唯「えへへ、そんなの決まってるじゃん」

唯「りっちゃんには、それがお似合いだからだよ」

律「そ、そんな……冗談だよ…ね……?」

唯「ほら、早くしてよ!」

律「あ…あぅ……」

ぴちゃぴちゃ……

律「はぁ……んっ…じゅる……」

唯「あはは、あはははははははは!!」

唯「うわー、最悪だよりっちゃん!よくそんなことできるね!」

律「うっ…ううっ…ひっく…ぐすっ……ふぇ……」

律「綺麗に……できました……」

唯「りっちゃん何言ってるの?」

律「えっ……?」

唯「ほら、床もりっちゃんのおしっこでびしょびしょじゃない」

唯「早く綺麗にしてよ」

律「うぅ……ぐす……」

律「んんっ……ぴちゃぴちゃ……」

唯「うんうん。それでいいよ」

唯「それじゃあ、素直なりっちゃんに御褒美あげないとね」

律「ごほうび……?」

唯「はい、これ」

くちゅ……

律「はぁぁん……な、何これぇ……?」

唯「んー、ローターってやつだよ。明日はこれをつけて学校に来てね」

律「ひゃぁぅ…はぁ…あぁ……そんな…むりぃ……」

唯「そんな事いっても、りっちゃんならすぐ喜んじゃうかもね」

律「そんなこと…無い……」

唯「えー?あんなによがってたくせに?」

律「あ…あれは……」

唯「もうりっちゃんったら、早く自分でも認めなよー」

唯「りっちゃんは、虐められて喜ぶ変態だって」

唯「じゃ、私は帰るね。ちゃんと綺麗にしとくんだよー」

律「あ…唯……待ってぇ……」

律「うぅ…う、ひっく……ぐす…うわぁぁ……」



~次の日、通学路~

唯「りっちゃーん、ちゃんと昨日言った通りにしてる?」

律「ゆ、唯……うん…し、してるよ……」

唯「んじゃ、確認するね」ポチ

ヴヴヴヴヴヴヴ

律「ひゃひぃっ!?」

唯「うんうん。ちゃんと言う通りにしてるみたいだね」

律「ひゃぁ……唯なにこれぇ……?」

唯「何ってローターのスイッチ入れただけじゃん」

律「だめ…唯……これ止めてぇ……」

唯「もう~、まだ『弱』なのに何言ってるの」

唯「それにりっちゃんには、今日一日このままでいてもらうんだから」

律「唯…まってぇ…こんなの一日中なんて…むりだよぉ……」

唯「ほらほら、早く学校にいこー」



~学校~

律「はぁ…あぁ…やっと…くぅ…着いた……」

唯「もう、りっちゃん遅いよー」

律「そ、そんなこと…言ったって……」

澪「お、律おはよう」

律「あ、澪…んん……おは……」

唯「……(『中』っと)」ポチ

ヴヴヴヴヴヴヴヴヴ!

律「よ、う、んんっっっ!!?」ビクビク

澪「り、律!?どうしたんだよ、大丈夫か?」

律「あ…ら、らいじょうぶ……だから……」

澪「でも……」

律「いいから…気にしないでいいからさ……」

律(もう声でちゃいそうだからぁ……)

唯「澪ちゃん、りっちゃんはまだ調子が戻ってないんだよ。そっとしてあげよう」

澪「あ、ああそうか。どうしても駄目だったら保健室行けよ?」

律「あ、ああ……わかっ、てるって……」

澪「じゃあ、私は席に戻るから……」

唯「ふふふ、澪ちゃんの前でイっちゃいそうだった?」

律「唯…これ止めてぇ……こんなの私おかしくなるぅ……」

唯「うーん、仕方ないか。じゃあ昼休みまでで許してあげる」

律「くぅん……ほ、ほんとぉ……?」

唯「その代わり、教室から出たら駄目だよ」

律「え、なんで……?」

唯「だって~、私の見えないところで、ローターを取らないとも限らないし」

律「あ、はぁ……で、でもぉ……」

唯「何?それとも一日中着けてる?」

律「は、はい…分かりましたぁ……はぁはぁ……」


……
…………
………………

律「んんっ…くぅ…はぁ……」

律「あ、イク…またイク…」

律「くっ、うん……んっっ!!」ビクビク

律「またイっちゃった……もうやだぁ……」

律「もうイきたくないのに…いやなのに……」

ヴヴヴヴヴヴヴヴヴ

律「どうして……気持ちよくなっちゃうのぉ……?」

律「こんなの…ばれちゃう…誰かにばれちゃうよぉ……」

律「ふ、むぅ…ん……あぁ…はぁ……」



~休み時間~

唯「ちょっとちょっと、りっちゃんどこ行くの?」

律「へ……?トイレだけど……」

唯「もう忘れたの?りっちゃんは今日教室から出たらだめなんだよ」

律「え…トイレくらいいいだろ……?」

唯「そんな事いって、ローター取っちゃうんじゃないの?」

律「そ、そんな事しないから……そうだ!唯も一緒に来れば……」

唯「はぁ……まだ分かんないかなぁりっちゃんは……」

律「えっ…何を……?」

唯「そんなの建前に決まってるでしょ」

唯「私は教室でお漏らししちゃって、泣いちゃうりっちゃんが見たいんだよ」

律「は、はは……何言って……」

唯「分かってるでしょ?りっちゃんは私に逆らえる立場じゃないんだよ?」

唯「それに…昼休みまで我慢すればいいだけの話だよ」

唯「まあ、我慢できなかったときは……知らないけどね、あはは」

律「はぁ…あっ…も、もう限界…かも……」

律「でも、この授業が終わったら昼休みだし、ローターの刺激も慣れてきたし……」

律「なんとか……いけそ……」


唯(ふふふ…りっちゃんったら、これで終わりとか思っちゃってるのかな)

唯(今からりっちゃんがどうなるか、楽しみだよ~)

唯(そーれ、『強』にしちゃえ)ピッ

ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ!!!

律「ひぃっ!?嘘…こんなの…むり…むりぃっっっ!!」

律「あっ、あっ、あぁぁぁぁぁっっっっ!!」ビクビク

ぷしゃぁぁぁぁぁぁ……

先生「た、田井中さん、どうしたの!?」

「この歳でお漏らしとか……」ヒソヒソ
「恥ずかしくないのかしら……」ヒソヒソ

澪「り、律…だ、大丈夫か……」

律「ぐす…見ないでぇ…こんなの…見ないでぇ…ふえぇぇぇぇ……」


4
最終更新:2010年07月14日 22:42