さかなくん「ぎょぎょっ!皆さんようこそ水族館へ!」

純「うわぁっ!?」

さかなくん「今日はお二人のために、素敵なプレゼントを持ってきました!」

憂「プレゼント?」

さかなくん「どうぞ、魚のペンダントですっ!年頃の女の子には必須のお洒落アイテムですよ~!ぎょぎょっ!」

さかなくん(ちなみにそのペンダントを二人で、お互いに結ばれると言われてるんですよ~!ぎょぎょっ!)

憂「わぁ、かわいいね」

純「う、うん…」

純(それにしても、何でさかなくんが…)

憂「あっ、純ちゃん!向こうで>>294のショーやってるよ!」

純「え?イルカショーじゃなくて?」


※さかなくん


さかなくん「ぎょぎょ~っ!」ザパーン

さかなくん「次はシンクロナイズドスイミングですっ!ぎょぎょっ!」


憂「うわぁ~!さかなくんって凄いね!」

純「う、うん…」

純(働き過ぎでしょ、さかなくん…)

さかなくん「ぎょぎょ~っ!!」ザパーン

憂「すごーい!」

純「…まぁ、憂が喜んでるならいいか」

憂「え?」

純「なんでもない」

憂「面白かった」

純「そっか、よかった」

憂「今度はお姉ちゃんと来たいな~」

純「!」

純(う、憂はやっぱりお姉ちゃんが一番好きなのね…)

憂「お姉ちゃん、ああいうの好きだと思うし」

純(でも諦めない!必ず私に振り向かせてやる!)

憂「あっ純ちゃん、実は私行きたい所があるの」

純「えっ、どこ?」

憂「>>300」


※純の家



純の家


憂「純ちゃんのおうち来るの久しぶりだね」

純「あ~…そういえば結構久しぶりかも」

憂「あっ、この写真中学の修学旅行のやつだ」

憂「懐かしいねっ」

純「う、うん」

純(憂と私のツーショット写真…///)

純「…あれ?」

純「そういえば私たち何しにここに来たんだっけ?」

憂「>>304」


※恋愛トーク



純「ふ、ふぇ!?」ドキッ

憂「だから、二人でまったり恋愛トークでもしようよ」

純「な、なんか憂にしては珍しいね…」

純(むしろ嬉しいけど…///)

憂「もー、私だって年頃の女の子だよ?」

純「そ、そっか…あははは」

純(け、けど…いきなり恋愛トークって言われても)

憂「純ちゃんは好きな人いるの?」

純「いきなりっ!?」

憂「ねぇねぇ、いるの?」

純「…そ、そりゃあいるけどさ///」

憂「うそっ!?だれだれ?」

純「な、なんかいつもの憂より食い付きがいいね…」

憂「そんなことないよ~」

憂「それより、純ちゃんが好きな人ってどんな人?」

純「そ、それは…」ドキドキ

純「りょ、料理が上手くて…優しくて…」

憂「ふんふん…」

純「家族想いで…可愛いて…」

純「一緒にいると…心が温かくなる人…かな?」

憂「へぇ~、素敵な人だねっ」

純「ッ///」

憂「ふふっ」

純「そ、そういう憂は?」

憂「私?」

純「う、憂の好きな人って…どんな人?」

憂「>>308」


※純ちゃんの内臓


純「……へ?」

憂「だから、純ちゃんの内臓だよっ♪」

純「う、憂…何を?」

ガバッ

純「きゃっ!?」ドサッ

憂「純ちゃん…ごめんね」

純「憂…?」

憂「私、ずっと前から純ちゃんの内臓が…」

純(そ、それってまさか…!?)

憂「純ちゃん…」

純「そ、そんなのいやあぁぁぁっ!!」



憂「なーんちゃって」

純「……え?」


憂「冗談だよ、冗談」

憂「ちょっと純ちゃんを驚かせようと思って」

純「も、もう!いきなり変な事しないでよ!」

純「憂のバカっ!」ウルウル

憂「ふふっ、ごめんね純ちゃん」

憂「お詫びに>>316してあげるから」


※セクロス



純「えっ…」ドキッ

憂「……」

純「ひょ、ひょっとして…それも冗談?」

憂「冗談じゃないよ」

純「うそ……んむっ!?」

憂「んっ…」

チュッ

チュパッチュパッ

クチュックチャッ


純(な、なに…どういうことなのこれ?!)

チュパッアムッ

ヌチャッレロレロ

憂「はぁ…はぁ…」

憂「純ちゃん…」

純「う、憂…?」ドキドキ

憂「純ちゃん…私純ちゃんのことずっと前から」

憂「>>321」


※食べたかったの(性的な意味で)



純「!?」

憂「もう…興奮が止まらないよ純ちゃん…」

純「う、憂…それってまさか私のこと…」

憂「決まってるじゃない」

憂「純ちゃんは私にとって…>>325なの」


※大親友(セックスフレンド)



純「だ、大親友ってそういう意味だったの…」

憂「うん…あの時は恥ずかしくて本当のことが言えなかったけど…」

憂「やっぱり隠しきれないね」

純「憂…」ドキドキ

憂「純ちゃん…純ちゃんの気持ちにも本当は気づいてたんだよ?私のことが好きだって…」

純「!」

憂「でも私…心はお姉ちゃんにあるから」

純「ッ…!?」

憂「だけどせめて、純ちゃんの気持ちには応えたくて…」

憂「だから…身体だけでも…」

純「……」

憂「ごめんね…恋愛関係にはなれないけど…」

憂「純ちゃんのことは満足させてあげる…」

純「……」

純(…これでいいの?)

純(あれだけ好きだった憂と…身体だけの付き合いだけなんて…)

純(でも、憂はお姉ちゃんのことが好きだし…)

純(でも私は……)

憂「純ちゃん…」

純(私は…どうすれば…)

純「………」

純(やっぱり、>>335するしかない…)


※唯先輩を篭絡



純「憂、ごめん!」バッ

憂「じゅ、純ちゃん?どこ行くの?」

純「ちょっと用事思いだした!」ダダダッ

憂「えぇっ!?」

純(そうだ…なんで気づかなかったんだろう私)

純(唯先輩を篭絡して、憂と付き合わさせないようにすればいいんだ!)

純(そうすれば憂は私の方へ流れるはず!)

純「完璧!完璧だっ!!」ダダダッ


ピンポーン

ガチャッ

唯「はーい」

純「唯先輩、こんにちは」

唯「あっ、純ちゃんだ」

唯「いらっしゃ~い」

純「ちょっと話があるんですけどいいですか?」

唯「?」

唯「うんいいよ~、あがってあがって」

唯「それで、話ってなに?」

純(そういえば…篭絡するって言ってもどうすれば…)

唯「?」

純(うーん……はっ!)

純「唯先輩、実は>>341」


※唯先輩は前世で私の彼女だったんです!



唯「!?」

唯「う、うそ…」

純「本当です」

唯「純ちゃんと私が…」カアァァ

純(ふふん♪これで憂は私のものに…)

純「……」

純(あれ?これなんか違くない?)

唯(ぜ、前世で恋人と同士ってことは…私と純ちゃんは…///)モジモジ

純(…空気がおかしいんだけど)

唯「純ちゃん…」

純「は、はいっ!?」

唯「私…純ちゃんのこと…」

唯「>>344」


※大好き



純「!!」

唯「大好きだよっ、純ちゃん!」

唯「えへへ///」

純(ち、違う!こんなはずじゃ!?)

純「唯せんぱ…んぐっ?!」

唯「んっ…あむっ…」

チュパッレロッ

ヌチャッピチョッ

唯「純ちゃぁん…だぁいすきぃ…」

純「んんんーーーっ!!」

チュパッチュパッ

レロッレロッジュポッ

唯「ぷはぁ」

純「はっ…はっ…」

純「ゆ、唯先輩…どうして…」

唯「だって…純ちゃんが誘ったんだよ?」

唯「責任とってね」ヌギヌギ

純「!?」

純(こ、このままじゃ私犯され…)

純(そうだ!>>348しかない!)


※身をゆだねる


純(もう…唯先輩でいいや…)

純(よく見れば顔も憂に似てるし…)

唯「純ちゃん…」

純「唯先輩…」

唯「い、いいよね…?///」

純「はい…優しくしてください///」









唯攻略編②~Fin~



4
最終更新:2010年07月15日 00:39