純「……」

純「……」

純「……」

純「あっ…」

純「…まぁいっか」

純「……」

純「……」

純「暇だ…」

純「>>520でもしよっと」


※勉強



純「よし、学生なんだし勉強しないとね!」

純「目指せ東大!」

純「……」カリカリ

純「……」カリカリ

純「……」カリカリ

純「……」カリカリ

純「……」

純「……」

純「もうムリわかんなーい!」

純「はぁ…勉強がこんなに難しいとは」

純「どうしよう…全然解けないよ…」

純「そうだ!>>528呼んで勉強教えてもらおう!」


※さわ子


ガチャッ

純「あっ、さわ子先生いらっしゃい」

さわ子「はぁ…なんで私が」

純「先生彼氏もいないし暇だと思ったから」

さわ子「ムカッ」

さわ子「帰る」

純「あぁっ!ちょ、待ってください!」

純「ケーキとかありますから!」

さわ子「じゃあちょっと寄ろうかしら」

純(梓の言ってた通りの人だ…)

さわ子「それで、どこが分からないの?」

純「ここなんですけど…」

さわ子「あぁ、ここはこうしてこうするのよ」

純「なるほど!」

さわ子「他に分からない所ある?」

純「あっ…>>531が分かりません」


※自分の性癖



さわ子「へっ?性癖?」

純「///」

さわ子「ま、まぁ性に関しては悩む年よね…」

純「あの…私どうすれば?」

さわ子「そうねぇ…なら色んなプレーを試してみればいいんじゃないかしら?」

純「ほうほう」

さわ子「とりあえずまずは>>539をやってみましょう」


※寸止めプレー



純「す、寸止めプレー///」

さわ子「じゃあ服脱いで」ガバッ

純「あっ…」

さわ子「……あら?」

クチュッ

純「ひぅっ!?」

さわ子「…クスッ、なぁに?もう濡らしちゃってたの?」

さわ子「我慢のできない子ね…これからもっと凄いことするっていうのに」

純「あっ…あぅ…///」

さわ子「ふふっ…」

ニチャッピチャッ

さわ子「ちょと触っただけでこんなに濡らしちゃうなんて…あなた結構な変態ね」クスクス

純「そ、そんなぁ…あうっ///」

さわ子「あらあら、可愛い声で鳴いちゃって」

純「せ、せんせぇ…」

ヌプッ

純「ッ!?」

さわ子「ほぉら、純ちゃんのおまんこに私の指が一本入っちゃったわよ?」

ズプッヌプッ

純「あっ、ひゃぅっ///」

さわ子(うふふ…なかなか可愛いわねこの子)

ヌチュッヌチュッ

さわ子「ほら、見えるでしょう?自分がどうなってるか説明しなさい、鈴木純さん」

純「はぁ…はぁ…」

純「わ、私のアソコに…」

さわ子「アソコ?アソコってどこかしら?」

ヌチュッヌチュッ

純「ひゃうぅぅっ///」


さわ子「ほらぁ、早く答えなさい」

ピチュピチュ

純「わ、私のおまんこに…先生の指が…」

純「出たり入ったりしてま…うぅっ///」

さわ子「うふっ、よくできました…ご褒美に指二本にしてあげる」

ズブブブッ

純「ひぐぅぅっ!」

さわ子(いいわぁ、この子…隠れた逸材ね)

純「せ、せんせぇ…」

さわ子「なぁに?純さん」

純「私…もう…イッ…」

さわ子「イ?」

純「イッ…イッちゃうぅ…///」

さわ子「あらそう」

ピタッ

純「ふ、ふぇ?」

さわ子「うふふ」

純「ど、どうしてやめちゃ…」

さわ子「寸止めプレーだからに決まってるじゃない」

純「そ、そんな…」

さわ子「あとこれを何回も続けるのよ?」

純「!」

さわ子「うふふ、じゃあ頑張ってね♪」

数十分後

ヌチャッヌチャッヌチャッヌチャッ

純「はぁ…はぁ…」

さわ子「あらあら、よだれ垂らしちゃってだらしないわね」

純「…ねがいします……」

さわ子「なに?」

純「お願い…します…」

純「私を…イかっ…せてぇっ…」

さわ子(そうねぇ…そろそろいいかしら?)

さわ子(けどこのままイかせるのもつまらないし…)

さわ子「じゃあ、>>560したらイってもいいわよ」


※私を殺したら



さわ子「私を殺したらいいわよ」

純「!」

さわ子「ま、あなたにできるのなら…」

純「うわああぁぁぁぁぁっ!!」ドスッ


さわ子「うっ…」ドサッ

純「はぁ…はぁ……」

純「イクっ!!イクううぅぅぅぅぅぅっ!!!」ビクンビクン


純「はぁ…気持ちよかった」ウットリ

さわ子「……」

純「あっ…先生どうしよう…」
さわ子「う、う~ん…」

純「!」

純「よかった…峰打ちだったから生きてたんだ」

さわ子「私…一体なにを…」

純(記憶がなくなってる!?)

純「先生、大丈夫ですか?」

さわ子「あら?あなたは梓ちゃんの友達の…」

純「鈴木純です」

さわ子「私…どうしてここに?」

純(適当な嘘ついちゃお)

純「先生は>>573しにうちに来たんですよ」


※2号の世話



さわ子「あら、そうだったの」

2号「にゃー」

さわ子「じゃあ一緒に遊びましょうか」

2号「にゃー」









あずにゃん2号の世話編~Fin~



5
最終更新:2010年07月15日 00:40