憂「話ってなーに?梓ちゃん」

梓「憂は・・・私が律先輩の事を好きなのはしってるよね?」

憂「うん、だから軽音部に入ったんだよね」

梓「そう・・・でも、あんまり絡みがないというか、タイミングが無いと言うか・・」

憂「もっと積極的に話かけてみたら?」

梓「でもイキナリだと変に思われないかな?」

憂「慣れれば大丈夫だよ」

梓「そういうもんかな・・・」


放課後

梓「こんにちわ~」ガチャ

唯「あずにゃーん!抱き!」

梓「にゃ!ちょっと、熱いですよ~唯先輩~」

律「あはは、またやってるよ」

澪「飽きないよなー唯も」

紬「ニコニコ」

梓(うう・・・ここからどうやって律先輩と絡もうか・・・)

唯「ほれ~すりすり~」

梓「(よしっ)た、助けて下さいよ~律せんぱーい・・・」

律・澪・唯・紬「へっ!?」

梓「(ちょっと甘えた感じに・・・)りつせんぱ~い・・・助けてぇ」

律「え!あ、あたし!・・・お、おお!唯ーいい加減にしとけよー(棒)」

唯「え!あ、あうん、そうだねーごめんねー(棒)」

澪「どういう風の吹き回しだ?」

紬「わかりません・・・」

梓(よしっ!出だしは良いかも!)



梓「~で、純が私の玉子焼きを・・・って、ちゃんと聞いてますか?律先輩?」

律「え?お、おう!聞いてる聞いてる!」

唯・澪・紬「・・・・・・・」

澪「今日は梓、随分と律に絡むな・・・」

紬「ホント、こんなの初めて」

唯「何があったし・・・」

律「・・・(チラッ)」

唯「あ、目が合った」

澪「あいつも何が起きてるか理解できてないんだな」

紬「・・・(私達もなにがなんだか分かんないの・・・)」チラッ



律「・・・(マジか・・・)」

梓「~って、結構良いバンドなんですけど・・・・・聞いてます?」

律「き い て る よ ~ 」


梓(律先輩とこんなに話したのって初めてだな~)

梓(すっごく楽しいよ~。楽し過ぎて時間も・・・えー、今何時だろ・・・)

澪「あ、梓・・・そろそろ・・・」

梓「・・・はっ!スミマセン!夢中になっちゃって。練習ですね、直ぐに準備を・・・」

唯「いや~あずにゃん・・・そろそろ・・・」

梓「はい、今ギターを・・・」

紬「・・・帰る時間よ・・・?」

梓「・・・えぇん!?」


澪「おーい、律ー生きてるかー?」

律「わたしに・・・なんの・・・怨みが・・・ぐふっ・・・」ガクッ


梓「今日はスミマセンでした!私のせいで練習が・・・」

澪「いや、そういう時もあるさ」

唯「そうだよあずにゃん!欲求不満ってやつだよ!」

律「おいおい・・・」

紬「たまにはこういうのもいいわね~」

梓「はい・・・」

唯「じゃあ、私こっちだから~また明日ね~」

律「おうじゃあなー」

澪「またなー」

紬「気をつけてね~」

澪「じゃあ、私達もさっさと帰るか」

律「そうだな」

梓「・・・・あの、律先輩・・・」

律・澪・紬「・・・!!!」

律(今・・・私を呼んだよな・・・)

澪(お次は何だ・・・)

紬(まさか・・・告白!?・・・でもシチュエーションがイマイチだし・・・)

梓「あの・・・私、本屋に寄りたいんですが・・・付き合ってくれませんか?」

澪・紬(放課後デートキターーー!!!)

律「あ、ああ、いいぜ!じゃあ皆で行・・・」

梓「え!?いや、あの・・・」

澪「あ!私、用事があったんだ!ゴメンな帰るよ!」

紬「あ!私も~用事が・・えーと・・・・・帰るわ!」

律「・・え!な、なんだよ・・・」

澪・紬「じゃあまた明日~」タタタ・・・

律「皆行っちゃったけど・・・」チラッ

梓「・・・・」じ~

律「・・・・・・行くか?」

梓「・・・!は、はいっ!」


律(一体何なんだ・・・)

梓(律先輩と二人っきり・・・律先輩と二人っきり・・・)



澪「なぁ・・・どう思う?」ヒョコッ

紬「あれは・・・絶対好きなのよ、りっちゃんの事」ガサッ

澪「でも、急過ぎないか?今日になっていきなりなんて」

紬「多分、今まで仕舞い込んでいた思いが爆発したのね」

澪「確かに、梓ってたまに爆発するしな・・・」

紬「皆は気がついてないかもしれないけど、梓ちゃん、いつもりっちゃんの事チラチラ見てたのよ」

澪「ムギ・・・伊達に観察してないな・・・」

紬「それh・・澪「いや、褒めてないから」

紬「・・・・・」



律「なぁ、梓」

梓「・・・」

律「おーい!」

梓「ひっ!な、何ですか!急に!」

律「いや何ですかって・・・着いたぞ、本屋」

梓「え!あ、そうでしたね!では参りましょうぞ!」

律(熱でもあんのか・・・)



澪「あの二人、何処に行ったんだ・・・」

紬「本屋さんって行ってたけど・・・」

澪「うん、何処の本屋か分からないんだ・・・ムギは・・・」

紬「この辺あんまり来ないし・・・」

澪「完全に見失ったな」

紬「尾行失敗ね・・・」



梓「律先輩!コレ見て下さいよ!世界中の猫が載ってるんですよ!」

律「へぇ~カワイイな、いくらするんだ?」

梓「えと・・・4000円!高っ!これはちょっと手が出ませんね・・・」

律「あはは、つーか、猫の本買いに来たのか?私はてっきりギターの本かと・・・」

梓「えっ!えーと・・・特に決めて無いというか・・・なんと言うか・・・」

律「ん、まぁ本は見てるだけでも楽しーしな」ニカッ

梓(うぁ~その笑顔は反則だよ・・・)///

律(顔赤っ!こいつやっぱり熱あるんじゃ・・・)

梓「あ、ここの向かいに美味しい鯛焼き屋さんが出来たんですよ!行きましょう!」

律「いやー、そろそろ帰った方が良いんじゃないか?梓も・・」

梓「・・・」

律「あんまり体調・・・」

梓「・・・」うるうる

律「・・・私クリームな」

梓「!はいっ!私は餡子です!」



澪「・・・ここの鯛焼き美味しいな・・・」モグモグ

紬「・・・ちょべりぐね・・・」モグモグ

「はい、餡子とくりーむを・・・」

紬「!澪ちゃん!あれ」

澪「梓!それに律も!」

紬「よく見たら向かいが本屋さんだわ!」

澪「なんつーご都合主義・・・」



律「うめー」モグモグ

梓(ああ・・・美味しそうに鯛焼き食べてる律先輩・・・)

律(顔赤いし、ボーっとしてるし・・・何より今日は色々おかしーし・・・)

梓「・・・・・」

律(絶対熱あるなこりゃ)

律「梓ーおでこ出して」

梓「へ!な、なんでででですか!」

律「おちつけ、熱あるか見てやるから」

梓「え、熱なんてありませんよ!いいですって!」

律「いいからっ!」グイッ

梓「にゃん!」

ピトッ

律「んー・・・確かに熱は無いかも・・・」

梓(やばいやばい・・・近いし色々・・・目とか鼻とか・・・)

梓(く、唇ととか・・・)


チュッ


律「ッ!!!」ガバッ

梓「・・・はっ!!!」

律「あ、梓!なに!」

梓(ししししまったついやってしまったどうしよう)

律「あ!ゴメン!当たったの私だな!?うん!いやーでもたまには良いかーなんて・・あはは」

梓(そ、そうだよね!たまたま当たってしまった事にしよう、別にありえない事ではないし・・・)

梓「いえ、当たったのは私です!」

律「そっか、でも私も近すぎたしよくある・・・」

梓「・・・事故なんかじゃないです・・・」

律「・・・へ?」

梓(ええ!!わ、私、なにを!)


梓「私が・・・したくてしたんです・・その・・・キス・・・」

律「・・・」

梓(ああ・・・頭の中がぐちゃぐちゃだ・・・もう・・・無理)

梓「・・・ずっと見てました、律先輩の事。軽音部に入った一番のキッカケだってホントは・・・」

梓「わたしは・・・その・・・り、律先輩の事が・・・す・・・すっ・・・!」

律「・・・ゴメン、私帰るわ」

梓「え!・・・」

律「じゃあな」

梓「え・・・律・・せんぱい・・」

梓「・・・・っつせんぱ・・・うぅ・・・」ヒック



澪「・・・梓」

紬「・・・梓ちゃん・・・」

澪「こういうとき、どうすれば良いのか・・・」

紬「分からないわね・・・」



次の日

梓「失礼します・・・」ガチャ

唯「あ、あずにゃんだー!あずにゃーん」抱きっ

梓「・・・」

唯「・・・えーと」

梓「・・・」

唯「・・・ごめんなさい・・・」

梓「・・・」チラッ

律「・・・」

梓(絶対怒ってるよね・・・・律先輩・・・・)

澪「・・・」

紬「・・・」



唯「・・・え、なにこの空気・・・」


2
最終更新:2010年07月17日 20:43