律「おいーっす」

唯「おいーっすりっちゃん!」

澪「遅いぞ!今日は当番でもないだろ」

律「なんだか朝から誰かに見られてるような気がしてさ…」

澪「ひっ…」

梓「また始まった…律先輩の怪談」

紬「お茶入れるわね」

律「トイレに行って個室のドアを開けたら…鍵をかけないでうんちする唯の姿が!!!」

澪「きゃあああああ」

唯「ひどいよーりっちゃん」


澪「バカ律!!」ゴチーン

律「いで!悪かったよ~…」

唯「(あ…)」

紬「お茶入ったわよ、りっちゃん」

律「サンキュー、ムギ!」

梓「ちゃんと練習もしてくださいね?」

律「あーあーわかってるわかってる」

律「あと24時間経ったらな!」

澪「…」ゴツン

律「すいましぇん…ちゃんとやります」

唯「(いいな…あれ)」

唯「(私もあんな風に…)」

唯「(って何考えてるの私!そんな趣味持っちゃダメ!)」

唯「(でも…りっちゃんみたいにふざければ私もぶってもらえるかな?)」

唯「そういえば、昨日の帰り道ね!」

律「おう、どーした?」

唯「後ろに視線を感じると思って…」

澪「ひっ」ビク

唯「おそるおそる後ろを向いたら…」

梓「唯先輩が怪談を…?」

唯「なんと憂がいたのです!」

澪「…そ、そうなのかー」

唯「(あれ…怖がらないよ?)」

律「…唯、それじゃ澪も怖がらないぞー」ペシ

唯「(あっ…)」

紬「あら?」

澪「バカなこと言ってないで練習だ練習!」

梓「そうですよ!今日はちゃんとやりましょう!」

律「へいへい…じゃあ準備するぞー唯」

唯「う、うん!(今りっちゃんにはたかれた時、ゾクゾクした…)」

律「いいか?じゃあいくぞー」

―――

澪「どうした唯?今日は特にミスが多いぞ」

唯「ご、ごめん!今度はちゃんとやるから」

梓「今日の唯先輩、なんか変ですよ?夏バテですか?」

唯「そ、そうかも…」

律「しょうがないな、じゃあ今日はここまでにするか」

紬「そうね、唯ちゃん、今日はゆっくり休んでね」

唯「ありがとーみんな」

唯「(いえない…ぶって欲しいなんていえないよお)」

梓「じゃあ私、唯先輩の家まで送ります」



帰り道

梓「大丈夫ですか?最近暑い日が続いてましたからね…」

唯「うん、大丈夫だよあずにゃん!心配してくれてありがと~」ナデナデ

梓「は、はやく元気になってくださいね!」

唯「うん!送ってくれてありがとね」

梓「いえ…じゃあ失礼します」

唯「うん、ばいばいあずにゃん」

唯「(こんなことあずにゃんに言えるわけないよ…憂に相談してみようかな)」

―――

唯「ういーただいまー」

憂「おかえり、お姉ちゃん!」

唯「おなか減ったよ~」

憂「ふふ、ご飯できてるよ」

唯「わーい!」

憂「手、洗ってからね!」

唯「ちぇ~」

―――

唯「スパゲッティだ~!」

憂「今日はナポリタンにしてみたよ」

唯「いただきまーす!」

唯「おいしいよお~これに名前をつけるなら『憂のスペシャルパスタ~春風に魅せられて~』だね!」

憂「ありがとうお姉ちゃん!…春風?」

唯「おいひいおいひい」

唯「はっ!(おいしくて忘れるところだった!)」

憂「どうしたの?」

唯「憂、あのね…」

唯「誰かに叩かれたいって思ったことない?」


憂「え!?急にどうしたの?」

唯「へ、変なこときいてごめん!なんでもないよ…」

憂「…私はないよ?」

唯「そ、そうだよね!えへへ…やっぱり変だよね」

憂「お姉ちゃん…もしかして…」

唯「…今日、ぶたれてるりっちゃんを見てね…いいなって思っちゃったんだ」

憂「そうなんだ…」

唯「それで、りっちゃんに軽くはたかれただけなのに、ゾクゾクしたの」

唯「ごめんね、変なおねえちゃんでごめん」

憂「そんなことないよ!お姉ちゃんはお姉ちゃんだよ!」

唯「うい…じゃあ私のお願い聞いてくれる?」

憂「うん!何でも聞くよ!」

唯「ほっぺたをね…叩いて欲しいの」

憂「叩くって…お姉ちゃんにビンタ、するの…?」

唯「うん…変なお願いだってわかってる。でも…」

憂「わ、わかったよ…!」

唯「ありがとう憂!思いっきりたたいてね!」ギュッ

憂「(目を瞑ってるお姉ちゃん可愛いよお…)」

憂「じゃあ、いくよ…!」

ペチ

唯「…」

憂「ご、ごめん!痛かったよね!」

唯「うい~…もっと強くしてよお」

憂「えっ!?でもそしたらお姉ちゃんの可愛いほっぺが腫れちゃうよ…」

唯「お願い…うい、思いっきり叩いて?」

憂「はう」キュン

憂「わかったよ…」

憂「(こんなに可愛いお姉ちゃんを思いっきり叩くなんて…)」

唯「…」ギュッ

憂「(でもお姉ちゃんがお願いしてるんだから、ちゃんとやってあげないと!)」

憂「叩くね…」

パシーン!

唯「んっ…!」ゾクッ

憂「…」ゾクッ

唯「うい…」

憂「(何?今の感覚…ゾクゾクした…可愛いお姉ちゃんをビンタしたのに)」

憂「ごめん!痛かったでしょ!ごめんね!!」

唯「ううん、大丈夫。それより…」

唯「もっと、叩いて欲しいな…」

憂「!」

唯「えへへ…りっちゃんに叩かれるより興奮してる…憂だからかな?」

憂「お姉ちゃん…私ももっとお姉ちゃんのこと叩きたいよ」

唯「うん…いいよ、叩いて」

パシーン!

唯「つっ…はあ…!」

パシーン!

憂「はあ…はあ…お姉ちゃん」

パシーン!

パシーン!

唯「あっ…はぁ…んっ」

パシーン!

パシーン!

憂「お姉ちゃん可愛いよ…」

唯「はぁ…はぁ…はぁ…」

憂「はぁ…はぁ…ごめん…お姉ちゃんのほっぺた真っ赤になっちゃった」

唯「いいの…すごくよかったよ、憂…」

憂「私も…えへへ、変態な妹でごめん」

唯「んーん、可愛い妹だよお」

唯「うい…ちゅーしてほしいな?」

憂「お姉ちゃん…ちゅ」

唯「ん…ふぅ…ちゅ…」

憂「…ちゅっ…くちゅ…はぁ…ん」

唯「んはっ…はぁ…憂…大好き」

憂「私も大好きだよ…お姉ちゃん」



次の日

唯「(昨日は良かったなあ…)」

唯「(憂の手が私のほっぺを思いっきり…)」

唯「(思い出しただけでまた変な気持ちになっちゃうよお)」

唯「(もっと…痛くされたいなあ)」

―――

憂「(お姉ちゃんのほっぺた、とっても柔らかかった…)」

憂「(叩き続けた後の赤く腫れて熱くなったほっぺた…)」

憂「(お姉ちゃんの恍惚とした顔が忘れられないよ)」

憂「(お姉ちゃんをもっといじめたい…)」

憂「お姉ちゃん、起きて。朝だよー」

唯「起きてるよ~…って憂!なんで真横に寝てるの!?」

憂「もう、お姉ちゃんったら…ほら、き、昨日」

唯「そ、そうだったね…」

憂「…」

唯「…」

『…恥ずかしい…』

憂「わ、私、朝ごはん作ってくるね!」

唯「う、うん!あ、ちょっと待って!」

憂「ど、どうしたの?」

唯「…おはようのちゅーして?」

憂「(うはあ)」キュン

憂「しょうがないなあ、お姉ちゃんは…ちゅ」

唯「ん…えへへ」

憂「じゃあ、作ってくるね!二度寝しちゃダメだよ?」



部室

唯「やあやあみんな」

律「おっ、唯!体調はどうだ?」

唯「おかげさまでもうばっちりだよ!」

澪「それはよかったな。みんな心配してたんだぞ?」

唯「えへへ…ごめんね。もう大丈夫!」

梓「もう…心配かけないでくださいよ」

唯「心配してくれてありがと~あずにゃあん」ギュー

梓「まったく…しょうがないですね」

紬「あら、梓ちゃんたら照れてる~」

梓「照れてません!」

律「その割には顔がトマトみたいになってるぞ」

梓「なっ…!違います!」

紬「うふふ、じゃあお茶にしましょ」


紬「今日はチーズケーキと栗のモンブランよ」

唯「わーい!私モンブラン!」

律「じゃあ残り1個のモンブランは私が頂くぜ!」

梓「あ…」

律「どうした梓?まさかこのモンブランが欲しいってのか?」

梓「は、はい!」

律「しょうがないな、ほらあーんして」

梓「あ…あーん」

律「」パクッ

梓「…」

律「お約束おやくそくっ」

梓「酷いですー!!」ポカッ

律「ぬお!?梓が手を出した!!」

梓「あっ!ごめんなさい!」

律「ゆるさーん!このあずにゃんめが~!」

澪「何やってんだお前ら」

唯「(あずにゃんに叩かれるのも…悪くないかも)」

唯「(もう我慢できないよお…帰ったら憂にいっぱい叩いてもらおう…)」

紬「(唯ちゃんたら…恍惚とした表情になってるわ)」

―――

唯「ただいま~」

憂「おかえり!」

唯「えへへ…ういー」

憂「ん?どうしたの?」

唯「えっと…その」モジモジ

憂「(あ…お姉ちゃん、叩かれたいのかな…えっと)」

憂「お姉ちゃん!昨日ちゃんとお風呂入らなかったでしょ!」

唯「え?あ…憂と一緒に寝ちゃったんだ」

憂「だらしないお姉ちゃんにはお仕置きだよ!」

唯「ほんと!?」


憂「お仕置きされるのに嬉しそうな表情しないの!(可愛いよお…早くいじめたいよお)」

唯「ご、ごめんなさい」

憂「(早くお仕置きしたいけど…お姉ちゃんおなか減ってるだろうな…)」

憂「じゃあご飯を食べたら私の部屋にくること!わかった?お姉ちゃん」

唯「はーい!」

憂「じゃあご飯にしよっか、準備してくるね」

唯「あいすー!」

憂「めっ!」

唯「うう…」シュン

憂「冗談だよ、ご飯食べてからね」


2
最終更新:2010年07月17日 23:21