唯「あずにゃん、体当たり!」

梓「やってやるです!」タタッ

律「迎え撃て、澪!」

澪「よ、よし……梓、悪く思うなよ!」

ドンッ

梓「にゃっ!?」ドサッ

唯「ああっ!あずにゃ~ん!?」

律「ふふふ、体格差が出たな。梓、戦闘不能だ!」ビシッ

梓「ふにゃ~……」グタッ

唯「くっそう、あずにゃんがこんなにあっさりやられるなんて……!」

律「ふははは~、澪は私が大切に育てたからな~」ダキッ

澪「こ、こらっ離れろ!誰がお前に育てられたんだよ!///」

唯「むむ、イチャついちゃって~……。かくなる上はムギちゃん、君に決めた!」

紬「あらあら」

律「ムギか……手強そうだな」ゴクリ

紬「うふふふふ……澪ちゃん、よろしくね♪」ニヤリッ

澪「っ!?」ゾクゾクッ

唯「よしっ、行くよムギちゃん!」

紬「どんとこいです♪」

律「来るぞ!気を付けろよ、澪!」

澪「あ、ああ(さっきの寒気は気のせいだよな?)」

律「先手必勝だ!澪、高速移動からの体当たり!」

澪「ふっ!」シュンシュンッ

唯「ふふふ、甘いよ二人とも!ムギちゃん、からみつく攻撃で澪ちゃんを捕えて!」

紬「任せて♪」ヒュッ、ガシッ

澪「えっ?」

唯「油断しちゃダメだよムギちゃん!澪ちゃんが動けないようにもっと絡み付いて!」

紬「は~い♪」クネクネ

澪「ちょっ、えっ?えっ?」

律「み、澪!何やってんだ、早く抜け出せ!」

澪「そ、そんなこと言われても……!」ググッ

唯「もらった!ムギちゃん、あくまのキッス!」

紬「はいはい♪ごめんね澪ちゃん……んっ」


ちゅうううううう~……

紬「~♪」

澪「んんんんんっ!?」

律「みおおおおおおおっ!?」

澪「……ぷはっ!い、いきなり何するんだよムギっ!///」

唯「あれ、まだ澪ちゃん元気だ……。ええいっムギちゃん、澪ちゃんが動けなくなるまでからみつく&しめつける攻撃だよっ!」

紬「あらあら、唯ちゃんったら意外と……りょーかいっ☆」ワキワキ

澪「ひいっ!?む、ムギやめて……」ガクブル

紬「ダメよ、マスターの命令なの。覚悟してね、澪ちゃん♪」ムギュッ

澪「い、いやああああああああっ!」








澪「……あんっ♪」



紬「ご馳走様でした~♪」

澪「あっ……はあ、ん……///」ピクピク

律「しっかりしろ澪、みおぉ……」グスッ

唯「す、凄い……!完勝だよ!私とムギちゃんなら、頂点を狙えるよっ」

梓「ま、待ってください……」ヨロッ

紬「梓ちゃん、大丈夫なの?」

梓「はい、何とか……。いえ、今はそれどころじゃありません!唯先輩、私は認めませんよ!」

唯「ええっ、何で?」

梓「唯先輩の……」プルプル

梓「唯先輩のパートナーは、私だけです!」


紬「梓ちゃんったら大胆ね♪……でも、私のほうが強いのよ?」

梓「そんなことありません!私はまだまだやれます!」

紬「ふふふ……じゃあ私と闘ってみる……?」

梓「えっ!?そ、それは……」チラッ

澪「やああ……はあ……///」ビクンビクン

律「みおぉ……」グスッ

梓(い、今闘っても澪先輩の二の舞だ……)

紬「どうするの?私はいつでもいいわよ……?」ジリジリ

梓「う、うう……」

唯「あ、あずにゃん止めときなよ。ムギちゃんには勝てないって……」

梓(むっ!)

梓「……です」ボソッ

紬「え?」

梓「一週間後に、勝負を申し込みます!」ドーン!


律「ちょっと待った~~~!」

梓「にゃっ!?り、律先輩?」

律「負けっぱなしでいられるか!唯、ムギ!私と澪もお前らに再戦を申し込む!」

紬「あらあら♪」

唯「みんなやる気なんだね……。分かった、それじゃあ一週間後に決戦だよっ!」

梓「やってやるです!」

澪「らめえ……///」ヒクヒクッ


……

梓(勝負は一週間後……)

梓(ムギ先輩を倒せるよう、戦って鍛えなくちゃ!)

梓「でも一体誰と戦えば……」

純「あれ、梓じゃん。こんなとこで何してんの?」

梓「っ!」

あっ!野性の純が飛び出してきた!

純「えっ、何!?」

梓「くらえっ、でんこうせっか!」ヒュッ

純「ひでぶっ!?」ドサッ

梓(マウントポジション取った!このまま一気に……)

梓「舌で……舐めるっ!」ペロッ

純「ひゃっ!?」

梓(効いてる!よ~し)

ペロペロ……ツー、ピチャピチャ

純「あ、梓……や、やめ……あああああああっ!?」ビクビクンッ

梓「ふう……」

純「……」ピクピク

梓「う~ん、勝ちはしたけど……」

純「あうう……」

梓「正直言って、純じゃ弱すぎて修業にならないなあ」

梓(それに澪先輩の敗北後のあの姿……ムギ先輩の技の威力は、こんなものじゃないはず……!)

梓「もっと強い敵を探さないと!」タタタッ


……

律「澪……私達に足りないものは何だと思う?」

澪「え?う~ん……」

律「それはズバリ防御力だ!」

澪「防御力?」

律「そうだ。ムギの技はどれも強力……しかしあれに耐えない限りこちらに勝機はない」

澪「たしかにムギの技は凄かったあ……///」

律「本当は攻撃を受けないのが一番なんだけどな。ムギはスピードもあるから、まずは防御力の強化から始めるぞ!」

澪「でも防御力ってどうやって鍛えるんだ?」

律「それは簡単。澪、今からお前には私の攻撃を受け続けてもらう」

澪「え、ええっ!?」

律「私にもムギほどではないけど、かなりのダメージを与えられる技がある。まずはそれに耐えられるようにするぞお!」

澪「ち、ちょっと待て!り、律の技って……///」

律「問答無用!行くぞ~っ!」ガバッ

澪「わあっ!?」ドサッ

律「奥義……ミ ル ク 飲 み !!!」チュパ

チュパチュパチュパ…

澪「きゃひいいいいいっ!?」ビクウッ

澪「ああああ……///」ビクンビクン

律「はあ……澪は本当に打たれ弱いなあ。ほら立て、まだまだこれからだぞ!?」グニッ

澪「やあああああああっ!?」ビクッ

律「はあ、先は長そうだな……」

律(だが見てろよムギ。私のミルク飲みに澪の防御力が加わった時、それがお前の最期となる!)

律「ふっふっふ、今から決戦が楽しみだぜ。なあ澪!」

澪「はふうん……///」


……

唯「ね、ねえムギちゃん。私達は修業しなくていいの?」

紬「うふふ、大丈夫よ」

唯「でも、あずにゃん達は頑張ってるみたいだし……」

紬「いいから私を信じて♪それよりも……ね?」

唯「う、うん」

紬「唯ちゃん可愛い……さあリラックスして……」

唯「……」ドキドキ

紬「行くわよ……おんがえし」ヌチュ

唯「ふわあっ……」ビクンッ

紬「唯ちゃん、いっぱい気持ち良くしてあげる……♪」

クチュ、ヌチュ…

唯「やああ……ムギちゃあん///」ビクビクッ


……

梓「どこかに強い相手は……」タタタッ

憂「梓ちゃん、廊下は走っちゃダメだよ~」

梓「あっ、憂!」

あっ!野性の憂が飛び出してきた!

梓(こ、これは間違いなく強敵!)

憂「どうしたの?」

梓「でも……負けるわけにはいかないっ!」

梓「行くよ憂!でんこうせっか……」

スカッ

梓「……あれ?」

憂「も~、梓ちゃん危ない~」

梓「なっ、後ろ!?」バッ

梓(は、早すぎて見えなかった……!高速移動?いや、テレポート!?)

憂「さっきからどうしたの?」

梓「くっ、こうなったら……舌で舐める!」ダッ

憂「はあ~……」シュンッ

スカッ

梓「また……っ!今度は影分身!?」

憂「全く梓ちゃんはしょうがないなあ……。私が気付かないフリをしているうちに引き下がってくれればよかったのに」

ゴゴゴゴ…

梓「ひいっ!?」ビクッ

憂「ふふっ、久しぶりだから腕が鳴るよ……バトルスタート、だね♪」

梓(れ、レベルが違いすぎる……!今の私が憂に挑むなんて、ポケモンもらってすぐに四天王に挑戦するくらい無謀なことだったんだ……!)ガクガク

梓「ここは……逃げる!」ダッ

梓(私の逃げ足なら、いくら憂でも……)

憂「無駄だよ、梓ちゃん。『くろいまなざし』」

梓「っ!?」ゾクッ

梓はもう逃げられない!

憂「さあ……今度はこっちから攻撃させてもらうよ……?」スウッ

梓「ひっ……ひいいいぃ」ガタガタ

憂「それにしても梓ちゃんは乱暴だよね。でんこうせっか→舌で舐めるのコンボなんて……」

梓「うう……(に、逃げられない)」

憂「でもあんな荒っぽいのはコンボになってないよ。あれでやられるのは野性の純ちゃんくらいだよ~」クスクス

梓(純の扱いが相当ひどい件)

憂「見せてあげるよ、本当の連続技の威力をね……!」

梓「な、何っ?何をする気?」

憂「そんなに怯えないでよ梓ちゃん。ふふ……『あまごい』」

梓「くっ!」バッ

梓「……!」プルプル

梓「……?」

梓(何も……起こらない?)

憂「……」ニコニコ

梓(いや、憂のことだ。何かある……はず……)ジュンッ

梓「なっ!?」

憂「ふふふ、効いてきたみたいだね」

梓(な、何これ……何で突然……)ハアハア

憂「梓ちゃん、濡れてきたでしょ?」

梓「うっ……///」

憂「それがあまごいの効果だよ。そして濡れ濡れになった相手に対して……」ヒュンッ

梓(く、来る……!ああ、何とかしなきゃいけないのに体が……)モジモジ

憂「ふっ!」クチュッ

梓「にゃあっ!?」ビクッ

憂「凄く濡れてるね、梓ちゃん……大洪水だよ」クスクス

梓「やああ、言わないでえ……///」

憂「それじゃあ行くよ!」クチュ…

クチュ、ヌチュ…グチュグチュグチュッ!

梓「ふあっ!?あああああああっ!?」ビクビクンッ

憂「……『しおふき』」グチュンッ

梓「やあ……!」プッシャアアアアッ!

憂「ふふ、効果はばつぐんだね♪」

梓「あ……」ピクビク

梓(す、すごい……これなら……!)

憂「じゃあ私は晩ご飯の準備があるから帰るね?」

ガシッ

梓「ま、まってぇ……」プルプル

憂「どうしたの?」

梓「う、ういにお願いがあるの……。私に、修業をつけてくれないかな……?」プルプル

憂「修業?」

梓「う、うん。実はね……」

~説明中~

梓「……ということがあったの」

憂「ふ~ん、お姉ちゃんのパートナーの座をかけて、紬さんと対決ねえ……」

梓(し、しまった!この話は憂にはまずかったか……!?)

憂「……」

梓「……」ドキドキ

憂「……いいよ、梓ちゃんに協力してあげる」ニコッ

梓「本当っ!?」

憂「うん、私に任せて。梓ちゃんをバッチリ強くしてあげるよ」

梓「ありがとう憂っ!憂がいてくれれば百人力だよ~」

憂「大袈裟だなあ。じゃあとりあえず家に行こうか」

梓「よ~し、絶対にムギ先輩を打倒する力を身につけるぞ~!」フンス!

憂「うふふふふ……」


……

律「よしっ、これで完璧だ!」

澪「はあ……はああ……」グター

律「これでムギを倒す下地は出来た。あとは実戦経験だな……行くぞ澪!」

澪「ち、ちょっと待……」
律「バカ、時間は少ないんだぞ!ほら急げ~!」グイッ

澪「ふえええ~ん……」ズルズル


律「さ~て、獲物はどこだ~♪」



和「あら、二人とも。こんな時間まで学校にいるなんて珍しいわね」

律「っ!」バッ

澪「の、和っ!?」

あっ!野性の和が飛び出してきた!

律「よし、修業の成果を見せてやるぜ!行けっ澪!」

澪「うう……和ぁ、悪く思わないでくれよ?」

和「さっきから何やってんのよ、また新しい遊びか何か?」

律「ふっふっふ、そんなことを言っていられるのも今のうちだぜ~?」

和「はあ……よく分かんないけど、早く帰りなさいよ?」クルッ

律「っ!」

律(隙を見せたな和……!ここは私が先制攻撃で怯ませ、澪にとどめを任せるべきか)

律「くらえ和あっ!ロケット……」ググッ

澪「り、律!その技は……!」

律「頭突き!」

ドンッ!

和「きゃああっ!?」

律「今だ澪!押さえこめ!」

澪「わ、分かった!」ギュッ

和「は、離しなさいよ澪!」ジタバタ

律「がまんだ澪!和のあばれるに耐えきるんだ!」

澪「くうう……っ」

和「はあ、はあ……。ようやく合点がいったわ。あんた達、私にバトルを挑んでいるのね?」

律「今頃気付いても遅いぜ!澪、つつく攻撃だ!」

澪「く、くらえ!」ツンツン

和「きゃっ!?ど、どこ触ってんのよ///」

澪(和……けっこう胸大きいな///)ツンツン

和「あっ、やめ……。くっ、あんた達!校内での無差別なバトルの申し込みは校則違反よ!分かってるの!?」

澪「分かっているけど、今はそれどころじゃないんだ!」ツンツン

和「み、澪……」

和(説得は無理か。なら仕方ない……)

和「私は生徒会長として、貴女達二人に罰を与えさせてもらうわよ!」キッ

律「ぷぷっ、そんなにらみつける攻撃しかできない様で、よくそんなことが言えるな。やっちまえ澪~!」

澪「よ、よし!」

和「甘く見られたものね……!」キッ

律「ひあっ」ビクッ

澪「律、どうした?」

律「い、いや何でもない」

律(な、何だ?和の眼を見た途端、何だか体が……)

和「バトルの最中は……僅かな隙が命取りよ!」キッ

律「ひああああっ!?な、何だあっ!?」ビクンッ

澪(はっ、これはまさか)


2
最終更新:2010年07月19日 00:45