唯「そうかなあ?」

梓「はい、なんか大人っぽくなるというか…」

律「まあ確かに片目ガ隠れてる唯は雰囲気違うな」

紬「可愛い系から急にクールな美人系に変わるというか」

澪「そうそう、ヘアピンしない唯も…か、かわいいな」

唯「そうなんだ、なんだか照れますなあ」

梓「ちょっとここで外してみてください」

唯「えっ…なんか改めて言われると恥ずかしいよ~」

律「じゃあ私もカチューシャ外すからさ!」

唯「なんですと!それならば私も外さざるを得ないようだね」

律「ほら」ファサ

唯「ほい」パチッ

澪「はう…」キュン

梓「はう…」キュン

紬「2人とも急に大人っぽくなるね」テカテカ

律「そう?そんなことないよ。おかしいでしょ?」

澪「お、おかしくない!」

律「どうしたの?澪、顔が赤いよ。熱でもあるのか?」

澪「(か、顔が近いよ…ドキドキしちゃうじゃないか!)」カァァ

律「はは、変な澪。」

澪「(なんでそんなにクールになってんだよお…照れるじゃないか~…)」

紬「澪ちゃんたら、もう骨抜きにされてるわね」


唯「ふふ、澪ちゃんうつむいちゃって、可愛いね」

梓「」

唯「…?どうしたの?あずにゃん」

梓「な、なんでもないです!」

唯「なんであずにゃんもうつむいてるの?」

梓「(言えない…唯先輩が色っぽくて直視できないなんて言えない…)」

唯「あずにゃん」クイッ

梓「!」ドキッ

梓「(顎から!?キスをするときみたいに…!)」

唯「どうしたの?ふふ、変なあずにゃん」

梓「」ドキドキドキドキ

紬「唯ちゃん…あれが故意じゃないとしたら…恐ろしい子っ」


澪「…」

梓「…」

律「やっぱり前髪が邪魔で視界が悪いな、これ」

唯「そうだね、ヘアピンつけようかな」

律「あ、そうだ。唯、ヘアピンとカチューシャ交換してみない?」

唯「あはは、面白そうだね、やってみようか」

紬「(なんなの…?話し方まで急に大人っぽく…これが本当の2人の姿なの!?)」テカテカ

律「いたた…」パチッ

唯「んしょっと」

律「あはは、唯、なにそれ~」

唯「なんだよ~りっちゃんこそ新鮮じゃんか」

紬「(!!また雰囲気が変わった…!)」キラキラ


澪「…」

梓「…」

唯「あちゃ…2人ともショートしちゃってるなあ」

律「なんでかな?とりあえず目覚めさせよっか」

紬「(心なしか…2人の性格が入れ替わった感があるわ)」ピコーン

律「ムギも手伝って~」

紬「あ!う、うん!」

唯「あずにゃん、ほら、練習するから起きなっ」

律「澪もほら、起きてよ~」

紬「み、澪ちゃん、梓ちゃん!」チラチラ

紬「(なるほど…あのアイテムが性格を変えてるのかもね)」

澪「はっ…!唯?」

律「違うってば、私だよ、律だよー」

澪「そ、そうか…ってなんでヘアピンを?」

梓「!り、律先輩!」

唯「違うよ、何いってんのさ、あずにゃん!」

梓「え?あ…良く見たら唯先輩でした…。でもなんでカチューシャを?」

唯「へへ、りっちゃんと交換したんだ」

律「そうそう、なんか面白くなってきちゃってさー」

澪「(その割には話し方まで若干変わってたような…気のせいかな)」

梓「(カチューシャした唯先輩…なんだか喋り方まで律先輩ぽくなってたなあ)」

紬「…アリね!」ドーン

律・唯「ん?」


澪「と、とにかく練習するからそれ戻そう!な!」

梓「そ、そうですよ!そうしましょう!」

唯「どしたの?変な2人だな~」

律「まあ、取りあえず戻そっか」

唯「んっ」パチッ

律「よっと」スチャ

紬「おかえりなさーい!」

唯「うむ、今帰った!」

律「はは、なにしてんだ、お前ら」

紬「(2人とも元に戻ったみたい。残念だけど…)」

紬「…やっぱりこれもアリね」

律・唯「ん?」

澪「よ、よし、練習するぞ!」

梓「そ、そうですね!」

澪・梓「(やっと直視できる…)」


律「やっぱカチューシャが一番しっくりくるな!」

唯「私もヘアピンがないと違和感があるよ~」

律「だよな!」

澪「チューニングもokっと…」

律「じゃあいくぞ」



律「…どした?澪、梓」

唯「2人がミスするなんて珍しいね!しかもたくさん!」

澪「ご、ごめんごめん!」

梓「すみません…!」

紬「大丈夫よ、もう1回やろう?」

紬「(完全にやられちゃってるわね…)」


律「あはは、やっぱりミスってるな~」

澪「ごめん!ほんとにごめん!」

律「気にすんなって!こんな澪ちゅわんもいいですわよ?」

澪「なっ…!!」カァァ

唯「あずにゃんもまだ少し間違ってたね!」

梓「す、すみません…」

唯「えへへ、落ち込んでるあずにゃんもかーわいいっ」ギュッ

梓「はうっ…!」ドキッ

紬「(ここは天国ですか?)」

律「ムギ、鼻血」

唯「あ、もう外暗くなり始めてる!」

律「んじゃ、帰るか!」



律「んじゃ、私達はここで」

澪「また明日な、唯、ムギ、梓」

紬「ばいばい…じゃあ、私もこっちの道だから、またね」

唯「うん、ばいばい!」

梓「おつかれさまです」

紬「またね(もうちょっと見ていたかった…)」

紬「(名残惜しすぎるわ…)」シュン



澪のケース

律「なあ澪、今日はどうしたんだ?」

澪「な、何が?」

律「部活だよ、途中からおかしかったぞ~?」

澪「は、はは…夏ばてかな?」

律「えっ!?なんだよ!無理して部活やってたのかよ!」

澪「え、いや、そういうわけじゃ…!」

律「澪のばか!熱はないのか?」

ピトッ

澪「ふぁ…(律の手がおでこに…)」ドキ

律「熱はない…かな?」

サワッ

澪「ひゃう!(ほっぺたも!?)」キュン

律「なんだか熱いな…やっぱり熱あるのか?」

澪「だ、大丈夫!(律のせいだろ…っ)」カァァ




梓のケース

唯「あずにゃん、悩み事でもあるのー」

梓「へっ?」

唯「なんだか様子が変だったからさ…悩んでるなら相談してね?」

梓「だ、大丈夫です!」

唯「…やっぱり私じゃ頼りにならないよね~…」シュン

梓「ち、違います!そういうことじゃなくて…」

梓「悩み事とかないから大丈夫です!って意味です!」

唯「…ほんとに?」

梓「はい!(やめて!その上目遣いやめて!)」キュン

唯「よかった!」ギュゥ

梓「はう(…反則だよ…)」




澪の家

澪「なんだよー…律の奴」

澪「普段はあんなに騒いでて子供っぽいのに」

澪「なんでカチューシャ外したとたんにクールになるんだよ…」

澪「あれで顔近づけられたら…そりゃドキドキもしちゃうだろ!」

澪「もー!なんで私、こんなに律のこと考えてるんだよ!」

澪「だめだめ!律は小学校からの親友なんだから!」

澪「…変な感情もっちゃだめ」




梓の家

梓「唯先輩の手が…私の顎に」サワ

梓「なんであんなことしたのかな…」

梓「唯先輩は何の気なしにしたんだろうけど」

梓「だめだ…どうしても意識しちゃうよ」

梓「今まではこんなことなかったのに」

梓「私、唯先輩に特別な感情…抱いてるのかな」

梓「…引かれるよね、こんなの」




翌日

律「おはよ、澪」

澪「おはよ…って律!?どうしたんだ?!」

律「ん?なにが?」

澪「か、カチューシャしてないじゃないか!」

律「ああ、珍しく忘れちゃってさ」

律「…おかしい?」

澪「お、おおおかしくない!」

律「そう?よかった。澪が言うなら安心だな」

澪「(どうしよう…ドキドキがおさまってくれないよ…)」

律「…澪?やっぱり体調悪いんじゃない?熱が上がって」スッ

澪「だだ、大丈夫!私用事思い出したから先に学校行くな!」

タタタッ

律「う、うん」

律「…どうしたんだろ、澪?」


……

憂「お姉ちゃん、そろそろ行こうか?」

唯「うん、今行くよ」

カチャ

憂「カギもかけたし、ガスも止めたっと…あれ?」

憂「お姉ちゃん、今日はヘアピンしてないの?」

唯「ん~?あ、忘れちゃった」

憂「じゃあカギ開けるから、持ってきて?」

唯「大丈夫だよ、憂。一日くらいどうにかなるよ」

憂「そ、そう?」

唯「さ、学校いこっか」

憂「う、うん!(お姉ちゃん…大人っぽくなった?)」


唯「でさ、あずにゃんが動かなくなっちゃってね、大変だったよ~」

唯「ま、可愛いからいいんだけどね」

憂「そうなんだ~(梓ちゃん…わかる、わかるよ)」



教室

唯「おはよう、みんな」

澪「お、おはよう!唯」

律「ん、おはよ、唯」

紬「おはよう~(唯ちゃんも…!?今日は澪ちゃんと梓ちゃん…大変ね)」テカテカ

律「どうした、唯?今日はヘアピンしてないの?」

唯「あはは、ちょっと忘れちゃったんだ」

律「奇遇だな、私も今日は忘れてさ」

唯「りっちゃん、忘れんぼだな~」

律「はは、唯もね」

澪「(律…なんか綺麗だな…はっ!)」

澪「(違う…ギャップがあるから驚いてるだけ。…それだけ!)」



2年生のケース

憂「おはよう!梓ちゃん、純ちゃん」

梓「おはよ~」

純「zzz...」

憂「あはは…純ちゃん今日も寝てる」

梓「昨日は遅くまでゲームしてたんだってさ…」

憂「そうなんだ~…あっ、梓ちゃん」

梓「ん、なに?」

憂「今日、お姉ちゃん…ヘアピンしてないの」

梓「!」

憂「梓ちゃんの気持ち、すごくわかるよ!」

梓「え!?い、いや…そういうわけじゃ」

憂「…がんばるんだよ、梓ちゃん!」

梓「(憂、目が輝いてるよ…)」



……

紬「(梓ちゃんも澪ちゃんも、恋に落ちそうになってるわ)」

紬「(唯ちゃんやりっちゃんも少なからず2人に好感は抱いているはず…)」

紬「(でもこれは…さすがに踏み切りづらいわよね…女の子同士だもの)」

紬「(だから、私が背中を押してあげなくちゃ)」

紬「(私が守るの!軽音部という名のオアシスを!)」

紬「(さて、どうしよう)」

紬「(あ、今週末に夏祭りがあったはず!)」

紬「よーし」」




梓「あ、ムギ先輩からメールだ」

―――――――――――――――
from ムギ先輩
―――――――――――――――
title 今週末、夏祭りに行かない?
―――――――――――――――
本文
私、浴衣を着るのが夢だったの♪
でもね、澪ちゃんとりっちゃんは都合
が悪くてこれないみたい…。
だから唯ちゃんと梓ちゃんの3人で
一緒にお祭り回ろう?
―――――――――――――――



澪「ん?ムギから?」


―――――――――――――――
from ムギ
―――――――――――――――
title お祭りがあるんだって!
―――――――――――――――
本文
ねえねえ、行こう!
唯ちゃんと梓ちゃんは予定が入って
いるみたいだから今回はいいって…
できたらりっちゃんと澪ちゃんと私で
行きたいなあ~♪
―――――――――――――――




紬「(これで予定は大丈夫…と)」

紬「(そして…)」


―――――――――――――――
to  斉藤
―――――――――――――――
title 週末のお祭りなんだけど
―――――――――――――――
本文
斉藤、お疲れ様
唯ちゃんと梓ちゃん、りっちゃんと
澪ちゃんがそれぞれ別行動するの
各ペアにそれぞれ2人ずつ監視を
つけて欲しいんだけど、できるかしら
もちろんカメラも用意してね♪
―――――――――――――――


2
最終更新:2010年07月19日 02:27