唯「うへー…すっごく疲れた」

梓「いつも練習していればこんなにバテませんよ」

唯「へ、へへ…どうだか」

梓「もぉ、ほらしっかり歩いて」

唯「ここは先輩を気遣っておぶってよ。あずにゃーん」

梓「嫌です」

唯「あーもー…」

フラフラ…ドン

?「うわわ!?」

唯「あいたぁっ!」

梓「ちょ! あー、もうっ…ふらふらしてるから…大丈夫ですか?」

?「うんにゃ、なんとか…」

梓「手貸します」ス

?「あ、どーも」ググ…

唯「あずにゃーん。私も~」

梓「はいはい…」

?「えっと、ごめんなさい。ちょっとボーっとしてたから…って」

?「唯じゃん!」

唯「ほへ…どちら様?」

エリ「いやいや! 私! 瀧エリ! あんたのクラスメイトだってばー!」

唯「知ってるよーちょっとボケてみただけ」

エリ「ありゃ、先手打たれたってわけ? あははは」

唯「ふふふふ(…ちょっぴり忘れてたってのは内緒にしておこうね!)」

梓「あの…えっと?」

唯「あずにゃん、一応紹介しとくね。こちらは私のクラスメイトのエリちゃんだよ~」

エリ「瀧エリでーす。きゃぴっ」

梓「あ、同級生の方でしたか。どうもです。私は軽音部で唯先輩の後輩の中野梓と言います」

エリ「梓…あ! もしかしてこの子が唯のお気に入りの!?」

唯「そう! あずにゃんだよ~可愛いでしょ?」

梓「ちょ、ちょっと唯先輩!」

エリ「うむ。話に聞いていた通りって感じ! いいねーこういう子大好きだよ!」

梓「え…あ…あ、あり…がとうございます…///」

エリ「えへへ。ところで二人は今帰りの途中?」

唯「そだよー」

エリ「そっかぁ。…んじゃあ時間、あったりとかするかな?」

エリ「良ければそこのマック行かない? お姉さんがコーラ奢っちゃうよ~」ニッ

梓(なぜにコーラ?)

・・・

梓「へー、バレー部の…」

エリ「そそっ。いやー、毎日中腰姿勢で腰にきてねぇ…あいたたた」

唯「エリばあちゃん」ニヤ

エリ「ほぉ…いい度胸してるのぉ」ニヤ

梓「ふふ、仲良いんですね」

エリ「あはは、唯ってば性格こうだから妙に絡みやすいんだよね」

唯「いやーえへへ」

梓「あー、唯先輩の性格ってすごく得してますもんね」

エリ・梓「良い意味でも悪い意味でも」

梓「あっ」

エリ「にししっ、エスパー!」

唯「すごーい! なんでー?」

エリ「コーラを飲みなさい。さすれば分かるであろう」

唯・梓「おおぅ…」

エリ「あ、梓ちゃん。遠慮しないで? お姉さん奢ってあげるからさ」

梓「え! いや、そんな…悪いですよっ」

エリ「いいのいいの。気にしないでよ。ほら、コーラとかコーラとかどんどん頼んじゃっていいんだぞー?」

梓「コーラのみですか!?」

エリ「まぁ、何でもいいけどさ。あははは」

唯「エリちゃん、コーラ好きだもんねぇ」

梓「コーラが?」

エリ「ん。コーラ大好きー!」

唯「ほぼ毎日飲んでるっぽいよ?」

梓「え、そんなに飲んだらふと…」

エリ「皆まで言うな! わかってる! でも…コーラ欲には勝てないっ…」

エリ「で、でもでも気にしないの! ほら、毎日バレーしてるし!」

梓「は、はぁ…」

?「何大きな声だしてるの」

エリ「え? あ、アカネー」

唯「アカネちゃんだー!」

アカネ「ふふ、おっす」

信代「あれ、どうしたのアカネ」

アカネ「あ、エリたちが」

信代「おっ、ほんとだ! 唯もいるじゃん! そっちの人は後輩?」

梓「ど、どうもですっ」

信代「なーんか初々しいよね~! よろしくね、後輩!」

梓(じょ、上級生に囲まれてる…!)

アカネ「今日は早めに部活あがれて良かったね」

エリ「ほんと、ほんと。そのおかげでこの子らと一緒になれたしね!」

信代「あんまり見ない組み合わせだよね?」

唯「そかなぁ?」

梓「私も今回初めて見かけました」

信代「私、ちょくちょく見かけてるけどね」

梓「そ、そうでしっけ!? え、えっと…」

アカネ「気にしなくていいよ。軽音部の人はみんなキャラが濃いから」

信代「どうも私たちの印象が薄くなるというか」

唯「そう?」

エリ「まぁねー」

信代「それじゃ、私たちそろそろ」

唯「もう帰っちゃうの?」

アカネ「うん、これからカラオケ行こうかなって、話してたの」

エリ「うおっ、羨ましいっス」

信代「他に春子とかみづきとかも来るんだけど…あんたたちも来る?」

梓(こ、この流れは…)

エリ「せっかくだけど、今日は遠慮するよ」

唯「私もお小遣いがピンチでしてぇ…いやぁ…あはは」

信代「そっか、わかった。それじゃ、アカネ行こっか」

アカネ「うん。じゃあ、また明日」スタスタ

唯「ばいばーい」

梓「よかったんですか?」

エリ「後輩は何も気にしなくていーのっ」

梓「そう…なんですか?」

エリ「ねぇねぇ、唯ってやっぱりギター凄いの?」

梓「あー、えっと…そうですね…」

唯「そわそわ、そわそわ」

梓「まだまだです!」

唯「んなー!?」

エリ「あははは、そっかぁ! まだまだなんだ! あははは」

唯「で、でもでも! 最近ちゃんとTAB譜読めるようになってきたもん!」

梓「ギターの腕と関係ないですよ。ふふふっ」

唯「もーっ」プイッ

エリ「あははは、でも私は凄いと思うよー? それにステージの上の唯はカッコイイもん」

唯「…本当?」

エリ「本当、本当」ポンポン

唯「大好きっっ」ギュッ

エリ「告られた!」

梓「えぇー!?」

唯「でねでね、あずにゃんがぁ」

梓「ま、また私の話ですか!」

エリ「…いいなぁ」

唯・梓「え?」

エリ「私もこんな後輩いて欲しいよー」

梓「え、でもバレー部の後輩は…」

エリ「梓ちゃんみたいなのがいーの! きゃわいー!」ナデナデ

梓「うわわっ…///」

唯「おーっと! これ以上のお触りは私の許可を取ってからだよ~!」

梓「ゆ、唯先輩…!」

エリ「帰りにアイス買ったげるっ」

唯「どうぞどうぞ、好きにしちゃってくださいな」

エリ「きゃっほー!」ギュゥ

梓(うわー! アイスに負けたー!)


梓「はぁ…はぁ…」

唯「何で疲れてんの?」

梓「さぁ、どうしてでしょうねっ!」

エリ「ごめんごめん。調子乗りすぎちゃった」

梓「…いつもこんな感じなんですか?」

エリ「んー、どうなのかな? 唯?」

唯「知らんがな」

エリ「ひどっ! もっと私を見ててよ~」

唯「明日からねー」

エリ「絶対だからね!」

エリ「…ときに梓ちゃん」

梓「はい?」

エリ「私も…私もあずにゃんって呼んでいい!?」ワクワク

梓(ぎゃー)

梓「いや…その…あー」

エリ「だ、だめかなぁ。どうしても呼んでみたくて」

唯「だめー」ピッ

エリ「えー!」

唯「あずにゃんは私だけのもんだもん!」

梓「え!? そ、そんな…急に…///」

エリ「うむむ…ラブラブだなぁ。じゃあ、妥協しよっか」

エリ「にゃずあん!」

梓「なんですかそれは!?」

エリ「OK!?」

唯「それなら構わんよー」

梓「にゃん!?」


エリ「あ、もうこんな時間!」

唯「楽しいときってあっというまだね~」

梓「ふふ、そうですね。そろそろ帰りましょうか」

エリ「そだね。明日も登校日なわけだし…あー面倒くせ~~」

唯「面倒くせ~~」

梓「あはは、なんですかそれ!」

エリ「どれどれ…えっと、帰りにコーラ買ってと」

梓(まだ飲むの!?)

唯「アイスは!? 忘れてない!?」

エリ「ちっ、覚えてたか」

唯「えっへん!」

エリ「それじゃあアイスも買ってと…そういうわけだからコンビニ途中寄らせてね」

梓「あ、はいです」

唯「あずきバーが最近私の中でブームなんだぁ」

エリ「聞いてないってのっ」

・・・

エリ「えっと、あずきバーだっけ?」

唯「ほんとに買ってくれるの!?」

エリ「今回だけだぞー。ほら、梓ちゃんも選んで」

梓「私もいいんですか!? そんな」

エリ「遠慮はなし! 気遣ってくれなくて結構」

梓「え、えぇ…えっと…それじゃあ…」

唯「いちごちゃーん!!」

梓「え?」

いちご「……」

唯「いちごちゃーん!」ギュッ

いちご「……」

梓「あの人も?」

エリ「うん、クラスメイトの一人。可愛いくせして色々冷たい子なんだなぁ」

エリ「まぁ、そこがそそるというか…」

梓「はぁ…」

唯「こんなところで何してるの~?」ギュゥ

いちご「…見て分からない? 立ち読みなんだけど」

唯「えー、何の漫画かなぁ?」

いちご「…ジャンプ」

唯「なーにー?」

いちご「…うるさい。あっち行って」

梓(た、確かに冷たいというか…素っ気ないというか)

唯「いちごちゃんも一緒にアイス食べようよ!」

いちご「別にいい。お腹も減ってないし」

唯「アイスは別腹だよぉ」

いちご「…意味分かんない」

エリ「おぉ、さっすが唯」

梓「え? なんでですか?」

エリ「いちごが押されてるの。ほれ」ス

唯「ジャンプでは何の漫画が好きなの~?」

いちご「ない。ジャンプは終わりを迎えてる」

唯「でも読んでるじゃん!」

いちご「…毎週見なきゃ落ち着かないから仕方がないでしょ…」

唯「ふーん?」

エリ「ほらね?」

梓「わかりません」


エリ「ほれ、アイスだよー」

唯「わーい! ありがとぉ!」ペロペロパクパク

エリ「いい食いつきっぷりだ…あ、ほら、にゃずあんにも!」

梓「あ、どうもです…って! だから何なんですかそれは!」

エリ「えー、にゃずあんだめー?」

梓「勘弁して下さいよぉ…」

エリ「仕方がないなぁ」

唯「おひはへひほほへ!」

エリ・梓「ん?」

梓「先輩、喋るときぐらいはアイス口から出して下さいよ」

唯「んぐ…あのね! 二人とも今日はウチに泊っていきなよ!」

梓「と、唐突ですね。 どうしたんですか? 急に」

唯「ほら、ここからだとウチの方が近いからさ。もう遅いし、帰りに変質者になんか捕まっちゃったら大変だよ!」

唯「二人ともこーんなに可愛いんだから、危ないよ。きっと!」

エリ・梓「え…///」

唯「はい、決定ね~!」

梓「ちょ、ちょ、ちょ!」

梓「そんな勝手に決定しないでくださいよ! 明日学校あるんですよ?」

唯「大丈夫だって!」

梓「そんな…」

エリ「んー…じゃあ私はお言葉に甘えちゃおっかなぁ」

梓「え、エリ先輩…!」

エリ「いいじゃない! たまには」

エリ「それに唯が泊ってほしそうな顔してるし、断りづらいもん。えへへ」

唯「いやぁ、あはは」

梓「…じゃあ、今日だけですよ?」

唯「バンザーイ!」


2
最終更新:2011年10月18日 15:30