エリ「でも家の人に迷惑じゃないの? 急に二人も押し掛けちゃって」

唯「だーいじょーぶ! 今ウチには憂と私しかいないから」

エリ「あ、そういえばそんなこと言ってたっけねー」

梓「憂は大丈夫なんですか?」

唯「うん! 憂はいつでも誰でも歓迎してくれるよ~」

エリ「憂ちゃんかぁ…噂ではよくできた妹と聞く!」

梓「ええ、事実ですよ」

エリ「き、期待大です!」ウキウキ

いちご「あんたたち、まだいたんだ」

唯「いちごちゃん! いちごちゃんもウチに泊ってく!?」

いちご「…私、人の家でゆっくりくつろげないから…いい」

唯「そっかぁ、それじゃあしょうがないよ。ばいばーい」

いちご「……ばいばい」ボソ

梓「か、可愛い」

エリ「でしょ?」



唯「ただいま~憂~」

憂「あ、おかえり。お姉ちゃ…」

梓「え、えへへ…」

エリ「ど、どもー」

憂「梓ちゃんと…どなたですか?」

唯「同級生のエリちゃんだよ。ねぇねぇ、今日二人のこと泊めてもいいでしょ?」

憂「あぁ、お姉ちゃんのクラスの人ですか! 泊めるのは構わないんだけど明日学校だよ?」

梓「ここから向かわせてもらおうかなってことになって…」

憂「大丈夫ならいいんだけれど…うん、とにかく上がってください! お茶だしますから」

梓「ごめんねー憂。お邪魔します」

唯「さすがの憂だね!」

エリ「すっげー…これができた妹…!」

梓「せ、先輩?」

憂「ご飯は外でとってきたの?」

唯「あ、ごめんなさい! 連絡するの忘れてたねっ」

憂「ううん、大丈夫だよ。気にしないでー」ニコニコ

エリ「ご飯って…憂ちゃんが家事してるの?」

憂「あ、はい。大体は私が…」

エリ「す、すごい!!」

憂「いえいえ、そんな」

唯「憂は料理も上手なんだよ~」

梓「お弁当も自分で作るもんね。ほんとにすごいなぁ」

憂「あれは前の日のおかずを入れてるだけで…そ、そんなに褒められると…え、えへへ…///」

エリ「私のお嫁さんに来ませんか!?」

唯「妹は渡さーん!」

エリ「お姉さまぁ! そこをなんとか!」

唯「かぁーーっつ!!」

エリ「憂ちゃんは今のところどの部活にも所属してないんだよね?」

憂「え? あ、はい、そうですね」

エリ「是非、ウチのバレー部へ!」

憂「ば、バレーですか?」

エリ「お願いだよー今入部してくれるとコーラ3本買ってあげるから。2ℓのやつ!」

憂「は、はぁ…」

梓「すっかり憂、気にいられちゃいましたね」

唯「そっかぁ。そういえば憂部活してなかったんだっけ」

梓「そこ!?」

憂「えっと、考えておきますね」

エリ「やたーっ!」

唯「んー…」

唯「憂~軽音部には興味ない~?」

憂「えぇっ…? うー…」

梓「あ、あんまり憂をいじめないであげてくださいよっ」

憂「梓ちゃあん…」

唯・エリ「はーい」

憂「お風呂沸かしましたからどうぞ」

唯「二人が先でいいよー」

梓「あ、それじゃあエリ先輩…」

エリ「よーし、じゃあお姉さんと一緒に入っちゃおっか。梓ちゃん!」ニッ

梓「えぇ!?」

エリ「だめかな?」

梓「いや…だめとかそんなわけじゃ…///」

唯「いいじゃーん。入っておいでよ、あずにゃん」

梓「ゆ、唯先輩! 引き留めないんですか!?」

唯「へ? なんで?」

梓「え! あの…その……うーっ!」

梓「…いいですよ! わかりましたっ、いきましょう! エリ先輩!」

エリ「やったぁ♪」

唯「なんか…あずにゃん怒ってた?」

梓「入っても大丈夫ですか?」

「いいよ~」

ガチャリ

梓「し、失礼します…」

エリ「おーう! って、あらら…」

エリ「お風呂でバスタオル巻くの、邪道!」

梓「そ、そんなこと言われてもっ…にゃっ!?」バッ

エリ「どれどれ~? おほー…これは見事な………残念な…」

エリ「と、とりあえず頭洗ってあげよう! おいでー」

梓「  」

エリ「梓ちゃんの髪、長いねぇ…」ゴシゴシ

梓「あはは、だからいつも洗うの大変で…」

エリ「短くはしないの? あ、でもツインテール似合うもんね」

梓「そ、そうですか? …ほんとはちょっと子供っぽいかなって思ってたんですけど」

エリ「だーから似合うんだって!」ゴシゴシ

梓「うぐっ!? そ、そうですか…」

ギュゥ

梓「わわっ!」

エリ「あはは! うそうそ! 梓ちゃんてば反応面白いからどうしてもいじめたくなっちゃってさぁ、えへへ」ギュ

梓「なんですかそれっ! て、ていうか抱きつかないでくださーいっ!」ジタバタ

梓(胸が背中にあたってなんか…うわわわ///)

エリ「……」ギュー

梓「あ、あの…そろそろ…」

エリ「えへへ…」

梓「エリ先輩…?」

エリ「すっごく抱き心地いい」ニッ

梓「そ、そんな唯先輩じゃないんだからっ」

エリ「唯がいつも抱きつくのも分かる気がするなぁ」

梓「……///」

エリ「って、いつまでもごめんねっ。さっさと洗っちゃお!」パッ

梓「あ…は、はい」

チャプ…

エリ「ふぃ~…いいお湯だー! ん~」グググ…

梓「んー…」ジー

エリ「? どしたの、急に黙って…って、ど、どこ見てんの…///」

梓「え、あ、すいませんっ! ついっ…」

梓「…その、大きいなぁって」

エリ「そ、そんなに大きくないってば…」

梓「いえいえ! そんなことはないかと…」

エリ「あー、ほらっ! 憂ちゃんの方が大きいんじゃない?」

梓「憂は…もう仕方がないですよ!」

エリ「なんじゃそりゃ…」

エリ「お風呂ごちそうさまでした~」ホカホカ

憂「あ、はーい」

唯「楽しかった? あずにゃん」

梓「え、ああ…まぁ」ホカホカ

唯「ん? それじゃあ、私も入ってこようかなぁ」

唯「あ」

梓・エリ「?」

唯「憂ー私たちも一緒に入ろうよー」

憂「はーい!」ニコニコ

梓・エリ(大変喜んでいらっしゃる…!)

エリ「まさかお風呂までいただけるとは思ってもなかった」

梓「親切ですよね」

エリ「……」

梓「先輩? どうかしました?」

エリ「コーラ」

梓「はい?」

エリ「お風呂上りのコーラが欲しい…」

梓「あ、私買ってきましょうか?」

エリ「後輩にパシリみたいなマネさせたくないっての」ポン

梓「あ…そ、そうですか?」

エリ「ん、仕方がない。今日は我慢しましょうかー」

梓「大丈夫ですか? 我慢できますか?」

エリ「いや、私そこまでコーラ中毒じゃないし。あははは」


エリ「シュワシュワ…コーラぁ…飲みたいぜー…うぐぅ…」

梓(5分持たなかったよ…!)

唯「ふぅ、サッパリしたぁ」ホカホカ

憂「髪乾かそうね。お姉ちゃん」ホカホカ

唯「その前にアイス食べたいー」

梓「さっき、あずきバー食べたじゃないですか」

唯「さっきはさっきだよー。二人もどう?」

憂「あぁっ!! ご、ごめんね。お姉ちゃん…アイス買ってくるの忘れてたよ…」

唯「ぎゃーす!?」

唯「食べたいよぉ…食べたいよぉ…」

エリ「飲みたい…」

梓「この二人は…」

憂「わ、私、今買ってくる?」

エリ「私行く!」

憂「エリさんが? 悪いですよっ」

エリ「いいって、いいって!」

唯「じゃあ私も行く~!」

ドタドタ…

憂「行っちゃった…大丈夫かなぁ」

梓「コンビニ行くだけだもん。大丈夫だよ。エリ先輩もいるし」

憂「うーん…」



唯「涼しいー」

エリ「お風呂上がったばっかりなのに湯冷めして風邪ひくなよー?」

唯「大丈夫だよぉ。それよりアイスだってば!」

エリ「あんまり冷たいもんばっか食べてちゃ、お腹壊しちゃうよ」

唯「じゃあ温かいのも食べる」

エリ「そしたらまたアイス食べたくなるんだぁ」ニッ

唯「さすがにそれはないよーあはは」

エリ「そっかー? あ…」

唯「ん、どしたの?」

エリ「こ、これ…!」

唯「ポスター?」

唯「仏像博覧会?」

エリ「……」ドキドキ

唯「これがどうかしたの?」

エリ「実は最近仏像にハマってましてね!」フンス

唯「なんと」

エリ「近くの市民会館で博覧会あったのこれ見て今思い出したの」

唯「エリちゃんが仏像ガールだったとは!」

エリ「だ、だめかな…えへへ…」

唯「ううん! なんかカッコイイよ~」

エリ「ほ、ほんとに!?」

唯「うん。でも私、仏像のこととか全然分かんないけどさ」

エリ「お、教えてあげよっか!?」

唯「ううん、別にいいや」

エリ「 」シュン…


店員「いらっしゃいませー(あれ? あの二人…)」

唯「アイス~、ど・れ・が・い・い・か・な~♪」ニコニコ

エリ「コーラ、コーラっと」

唯「エリちゃーん! ガリガリくんのコーラ味ってのがあるよ!」

エリ「アイスは太るからパース!」

唯「コーラだって太るじゃん」

エリ「うぐっ」

唯「ふっふっふ」

?「あれ? 唯、それにエリも…」

唯・エリ「ん?」

律「珍しい組み合わせだな」

唯「りっちゃーん」

エリ「おっす、律!」

律「二人で何してんの?」

唯「アイス買いに来たの」

唯「あ、今ね! あずにゃんとエリちゃんがウチに泊ってんだー! いいでしょー」

律「へぇ~、エリなんて急にどうしたのさ?」

エリ「学校帰り唯と梓ちゃんにバッタリ会って、そこから色々してたら泊る流れになっちったというわけ」

律「ほほぅ、唯に振り回されてんなー?」

エリ「楽しけりゃ何でもいいのよ、はっはっは」

唯「りっちゃんも暇ならおいでよ~」

律「わ、私もか!? いや、そんなに人多かったら憂ちゃんに迷惑かかっちゃうだろ」

律「…ていうか今日は無理。ウチに今、両親いない状態でさ聡が風邪ひいちゃったんだよ」

エリ「弟?」

律「うん。ったく、あいつもタイミング悪い」

唯「あ、だからポカリ買ってるんだ」

律「風邪のときはポカリが一番だろ!」

エリ「無性に飲みたくはなるよね」

唯「コーラじゃなく?」

エリ「いや、さすがに風邪のときは…」

エリ「……」

エリ「ないね! たぶん」

律「たぶんなのかよっ」

律「おっと、そろそろ帰らないと…じゃあ、私はこれで!」スタスタ

唯「あ、じゃあねー! 聡くん早くよくなるといいね」

エリ「そだね。にしても律があんなにお姉さんしてるとは思わなかったなぁ」

唯「私も…私もお姉ちゃんです! 憂の!」

エリ「あっははは、絶対逆だよね!」

唯「うぐっ! わ、私だってお姉ちゃんしてるもーん!」

エリ「ていうか憂ちゃんってお母さんだよね。ありゃあ良い主婦になるよ!」

唯「メイドとかは?」

エリ「メイド…ほぅほぅ、それも中々…まぁ、とりあえず帰りましょうか」スタスタ

唯「アイスー」スタスタ…

店員(姫子)「最後まで、気づいてくれなかったなぁ…唯…」シュン…


3
最終更新:2011年10月18日 15:30