唯「おぉ、ここが澪ちゃんの…」

 びちゃ…

唯「ありゃりゃ、びちょびちょだね…」

澪「……う、うぅ…」

唯「ひょっとして澪ちゃん、感じやすいの?」 びちゃびちゃ…

澪「ふぁぁ!や…そこダメ…」

唯「そこってどこぉ?ちゃんと言ってくれないとわかんないよ」

澪「ひぃ…だ、だから……あそこ、指でさわっちゃ……」

唯「あそこって?…ねえ、ちゃんと教えてくれないと困るなぁ…」

澪「だ、だからぁ…………ぉ…んこ」

唯「え?よく聞こえないよ。ちゃんと言わないと強くするからねぇ…」 びっちゃびっちゃ

澪「いや…そんな…ぁ……んっ!……ぉ、お…んこ」

唯「聞こえな~い」

澪「お、おまんこ!おまんこ指でいじっちゃイヤぁ!」

唯「へぇ……そっかぁ。ここおまんこって言うんだぁ」 ぱっ

澪「はぁはぁ……うぅ……知ってたくせに……」

唯「えへへ、まあね。さっきイジワルされたお返し。でも気持ちよかった?」

澪「ふぁ!……う、うん…」

唯「わたしこういうの初めてだからドキドキしちゃったよぉ~」

澪「……もう、やめちゃうの?」

唯「ふぇ?だってもう第二次性徴は勉強したし……」

澪「え?」 (なに、まさか本当に勉強のつもりだったの?)

唯「じゃあ、そろそろ普通の勉強に──」

澪「ねえ……このまま特別な勉強の続き、しよっか」

唯「……つづき?」

澪「そう、続き。……いや?」

唯「そ、それって……気持ちいいの?」

澪「そうだよ…それもすっごく……」

唯「すっごく……」 ごくり

澪「下も脱いで裸になろ?わたしも脱ぐから」 スルッ…

唯「う、うん……」 スルッ…

澪「唯のあそこ、綺麗だね」

唯「み、澪ちゃんのも、綺麗だよ!」

澪「…嬉しい……ね、キスしよ……ん」

唯「ん…ちゅっ…ぷはっ……澪ちゃん…ん…」

澪「唯……舌出して…」

唯「こ、こう?」

澪「うん…ちゅっ……ちゅばっ…にちゅ…」

唯「んぁ……はぁ…ちゅうぅっ…」

澪「ん……ちゅばっ……ねえ、唯も私の舌舐めて?」

唯「…うん…ぁむ…ちゅばっ…」

澪「ふぁぁ……ひいよ…ゆひ…きもひいい…」

唯「…ちゅっ…あ、みぉひゃん…ぷぁ……あたし、なんだか頭がぽーっと…んっ…」

澪「こぉら、まだ早いんだからね……お楽しみはこれから」 さわさわ…

唯「ふぁぁ……!澪ちゃん…なんだか指の動きがさっきよりエッチだよぅ……」

澪「だから言ったでしょ?もっと気持ち良いことするって……唯も真似してやってよ…」

唯「こ、こうかな?」 さわさわ…

澪「んっ!いいよ、もっと色んなところ撫でまわしてぇ……」

唯「……ぁん…澪ちゃん……」

澪「……あぁ…唯……可愛い……こんなちっちゃい体して……」

唯「…ん…澪ちゃんは…綺麗だね……胸もお尻もおっきくて……羨ましい…」

澪「ね、もう一回キスしよ…」

唯「うん」

澪「…ちゅ…ちゅばっ…ぁ…ちゅぅっ…」

唯「…ちゅっ…にちゅっ…」

澪「はぁ……唯…唯ぃ…」

唯「み、澪ちゃん……わたしもう…なんか変かも…」

澪「ふふ…変になるのはこれからだよ…」

澪「唯、足を開いて…」

唯「え…それは、でも……」

澪「いいから……んっ……ちゅっ」

唯「ふぁ……う、うん、開くよ……こ、これでいい?」 ぱかぁ…

澪「……唯のこと、もうトロトロだね……」

唯「んんっ!や、やばいよ、澪ちゃん!もう……」 ひくひく…

澪「…準備オッケーみたいだね……それじゃあ私も……」 すっ…

唯「……な、なにするの…?」

澪「……いいから、そのまま動かないで……」

 ぴたっ

唯「ひゃ!…ぁ…わたしのあそこと澪ちゃんのが…うぁ……熱い…」

澪「んん……これ……スゴいかも…まだ……くっつけただけなのに……」

唯「み、澪ちゃん……どうなっちゃうの……?」

澪「……それはね…こうするの!」

 にちゃっ!

唯「ひぃぃ!…ふぁ!やっ!なにこれっ!」

澪「うぁあ!んん…!や、やっぱすごひっ!」

 にちゃ!にちゃ!

唯「ふぁぁあん!み、澪ちゃん!なにこれ!なにこれぇ!」

澪「んぁ!わ、わたしのおまんこと!唯のおまんこを!擦り合わせてるのっ!ひっ!」

 にっちゃ!にっちゃ!

唯「ぁんっ!こんなのっ!こんなのはじめてぇぇ!溶けちゃうよぉぉ!」

澪「あっ…ひぁっ!わ、わたしもはじめてっ!すごい!これすごいよぅっ!」

唯「あぁぁ!き、気持ちいいっ!もっと!もっとしてぇ!」

澪「はぁ…ん!唯も!唯も腰動かして!」

唯「こうっ?こうっ!?ふぁ…ぃっ!」

澪「ん…っ!ひぃぃ!熱いよぅ!おまんこおかしくなるぅぅっ!」

唯「んぎぃ!変になっちゃった!わたし、変になっちゃったよぉ!」

澪「もうやめたひのにぃ…!腰が…止まんないっ!んっ…ぁぁあ!」

 にちゃにちゃにちゃにちゃっ!

唯「あ、澪ちゃん!わたしもう……もう!んほぉ…っ!イ、イっちゃいそう!」

澪「はぁぁ!唯!唯ぃ!一緒に!一緒にイって!」

唯「うん、一緒に……一緒に!ふぁ!ひっ!ん……かはっ!も、もうダメぇぇ!」

澪「唯!唯ぃぃ!」

唯「澪ちゃん!澪ちゃぁぁん!」

澪&唯「イっくぅぅぅぅぅぅ────!」

 ぷしゃああぁぁぁぁ……!

唯「…はぁはぁはぁ…………す、すっごい…気持ち良かったぁ……」

澪「……はぁ、はぁ……わ、わたしも最高に良かったぁ……」

唯「……ねえ、澪ちゃん」

澪「んー?」

唯「も、もう一回キスして…」

澪「……か、かわいい!」 むぎゅっ!

唯「うぷっ!……く、苦しいよぉ~!」

澪「もう何回でもキスしちゃうぞ!ちゅ!ちゅ!ちゅっ!」

唯「やだ、くすぐったい~」

澪「ちゅ!ほら、ここもか?ちゅっ!……唯」

唯「澪ちゃん……ん…ぁむ…」

澪「…ん……ちゅばっ…」

唯「ぷはっ…大好きだよ、澪ちゃん」

澪「私もだよ、唯……」


………………


 追試当日

律「唯のやつ、ちゃんとやってるかなあ?」

紬「澪さんがマンツーマンで教えたんですから、きっと大丈夫ですよ。ね?」

澪「え?あ、うん!」

律「どうした?顔赤いぞ」

澪「な、なんでもない!」


 ガララ…


律「あ、唯!」

唯「ど、どうも」


律「どうだった!?バッチリだったか?」

唯「あのぉ、えっとぉ……」

紬「もちろん合格ですよね!」

澪「………」

唯「だ、駄目でした」

律「はぁ?澪と勉強したんだろ?おまえ何を教わってきたんだよ」

唯「それは、えっと……い、色々かな///」

澪「う…///」

紬「お二人とも顔が真っ赤ですけど、どうしたんですか?」

唯「いや!何でもないよ!ね、澪ちゃん!」

澪「う、うん!何でもない!」

唯&澪「あ、あはは……」

律&紬 「?」

 <END>



8
最終更新:2010年09月27日 22:46