~ある日の部活~

唯「ねぇねぇ?りっちゃん」

律「なんだ~唯?」

唯「澪ちゃんとりっちゃんって夫婦なの?」

律「はぁ?」


澪「なに言ってんだ唯は…?」

紬「唯ちゃんったら//」

唯「夫婦だよねぇ?」

澪「いきなりなぜそうなるんだ?」

唯「だってここに書いてあるよ!」


律「はあ…?なんだその本?みせろよ唯」

つ『BURN』


澪「なんだ、BURNじゃないか、私たちのことなんて載ってるわけないだろ?そもそも夫婦じゃないし女同士なんだからさ…」


唯「でもでも!ここみてよ!」

律「ん~?何々…?『ドラムとベースは夫婦だ!』」
澪「唯…それはそういう意味じゃなくてだな…」


唯「えー?でもりっちゃんはドラムだし澪ちゃんはベースでしょぉ?」


澪「そうじゃなくてだな…」

澪「これは例えなんだよ」

唯「例え?」

澪「はぁ…唯?音楽ってさリズムがめちゃくちゃになったらどうなる?」


唯「へ?リズム?う~ん……なんか気持ち悪い感じするかな…りっちゃんのドラムが走ってる時とか…」


律「な!なに!?」

澪「まぁそうだな。リズムがズレるとなんか気持ち悪いだろ?」

唯「うん」


澪「ドラムとベースはリズムの核となるパートなんだ、その二人がバラバラにリズムを取ってたらおかしなことになるだろ?」


唯「うん」


澪「ドラムとベースの相性が良くないと良いリズムは奏でられないんだ、夫婦の相性が良くないと良い家庭は築けないようにな。」


唯「なるほど~」


澪「わかってくれたか?」

唯「うん!でもでも…」

澪「?」

唯「りっちゃんのドラムが走ってても妙に心地良く聞こえる時があるんだけどなんで~?」


紬「ふふふ♪それはグルーブ感と呼ばれるものね♪」

唯「グルーブ感?」


紬「う~ん…その人達にしか作り出せない独特の世界感とでも言おうかしら?凄く相性が良くないと決して生まれない感覚ね♪」


唯「じゃありっちゃんと澪ちゃんは凄く相性が良いんだね」

紬「そうなるわね♪」


唯「じゃあやっぱり澪ちゃんとりっちゃんは夫婦なんだね!」


澪「なぜそうなる!?」


紬「でも唯ちゃん?りっちゃんと澪ちゃんはまだ完璧な相性ってわけじゃいのよ♪」

唯「へ?そうなの?」


紬「お互いにさらけ出してない感情があるもの♪ねっ?りっちゃん、澪ちゃん?」

律「な、なにをいって…」

澪「ま、まったくだ…」

紬「二人が素直になれたらもっと良い音楽が出来ると思うの♪」


澪「私はなにもかくしてないぞ!」

律「私もだ!」


紬「そう…ならば…」

律澪「?」


紬「合宿をしてもらいます!!!」

律澪「合宿!?」


唯「わぁ~い♪海にしよっかな?それとも山にしようか?」


紬「私たちは行かないの!!」

唯「え?」


紬「澪ちゃんとりっちゃんの二人にいってもらいます!」


律「なんで私と澪の二人でいかなきゃいけないんだよ!?」

澪「そ、そうだよ!二人じゃ練習にならないだろ!」

紬「お互い素直になって技術意外のものを学んでもらうためです!


唯「私も行きたい…(ボソッ)」

紬「だまらっしゃい!」


唯「ひっ…」

紬「どうしても行かないというなら…どんな手を使ってでも連れていきます!琴吹グループ全権力を使って!」


律「ちょっ…そんなめちゃくちゃな…」


紬「二人とも行って損はしないわ!当人同士が一番良くわかってるはずです!」

澪「ど、どうするんだ?」

律「琴吹グループにバックにつかれちゃ行くしかないだろ…」



~翌日~

澪「(結局私達は半ば強制的に小さな孤島の小さな家に連れて来られたんだ…)」

律「ムギの別荘にしちゃ小さいな?」

澪「そうだな…ていうかなんでこんなことに…」


律「うじうじしてたってしかたないだろ~?それに旅費も生活費も全部出してくれるんだしさ♪おまけに周りは綺麗なビーチ!考えようによっちゃお得だぜ!」

澪「そうだけど…」


律「とにかく中にはいろうぜ!」

澪「うん…」

(ガチャリ)

律「おじゃましま~す…って誰もいないか」

澪「…」

律「意外と内装は綺麗だな!家具も揃ってるし!イロイロ見てまわろうぜ!」

澪「う、うん」


律「なにおどおどしてんだよ!いくぞ」(グイッ)


澪「きゃっ!」


律「まずお風呂♪女としては気になっちゃいますわん♪」

澪「律…手を離して…」

律「うぉー!ゴージャス!……………だけどちょっと狭いな」


律「お次は寝室だ!」(ガチャリ)

澪「あのぉ…手を…」

律「ありゃ?ベッド一つしかないぞ?」

澪「へ?」

律「枕も一つしかないし…」

澪「そ、そんな…」


律「まぁ床で寝れば良いかな?お次はリビング!」
(ガチャリ)

澪「手…//」

律「必要なものは全部あるなー!ってあれ?机の上になにかある?」

律「なんだこの紙?なにか書いてある…」

澪「なんてかいてあるんだ?」

律「えーと『二人とも長旅ご苦労様、これから二人には共同生活してもらいます。ここは無人島なので周りに頼れる人はいません二人で協力してね♪食材とかは定期的に補給するから心配しないで♪では良い思い出を by 紬』


澪「むむむむ無人島…(アワアワ)」

律「なに慌ててんだよ!私がいるだろ?それになにかあったときの連絡先も書いてあるし大丈夫だよ!」

澪「うぅぅ………」


律「はいはい(ナデナデ)それよりお腹減らない?」

澪「す、少し」(グゥゥゥゥ)
澪「あっ//」

律「大分減ってるんだな…なんか作るかー!」

澪「え?律料理出来るの?」

律「あったりまえだろ~!なに食べたいなんでも言ってみ?」

澪「じゃじゃあオムライス…//」

律「りょうか~い!」


澪「(律が台所に立ってるのって新鮮だな…)」

律「~♪澪ー?澪はグリンピース嫌いだったよな?」
澪「う、うん」


律「りょうか~い♪」


澪「(私の好き嫌い覚えててくれたんだ…//なんかうれしいな)」

律「さぁ出来たぞー!はい澪♪」

澪「あ、ありがと」

律「じゃあいっただきまーす♪」(ガツガツ)

澪「い、いただきます」(パクッ)


澪「!!」

律「おいしい?」

澪「うん!すっごく美味しい!」(モグモグパクパク)

律「そっか!良かった良かった!」

澪「律にこんな特技があったなんてな!」

律「私だってやるときはやるよ!夕飯はもっと豪華なものつくるから楽しみにしてなよ!」


澪「うん!」


律「さーてご飯も食べたし何しよっか?」


澪「テレビでもみよっか?」

律「そうだな~♪」

律「リモコン…リモコン…っと…あった!」
(ポチ)



テレビ「アンッアンッ!気持ち良いよ//」


澪「はっ!?」

律「な、なんでこんな番組が昼間っからやってんだよ!別のチャンネル!」(ピッ)

テレビ「ギシギシアンアン」

律「…」(ピッ)


テレビ「パンパンパン!アンアン!」

律「…」


律「澪?みたい番組あった…?」

澪「な…ないに決まってるだろ!」

律「ムギ手がこんだことするな?」

澪「うん…」


律「…(なんか気まずい)」

澪「…(なんか変な雰囲気…)」


律澪「あのっ!」

律「へ…?」

澪「え…」?

澪「り、律からどうぞ…」
律「じゃ、じゃあ…えと、今日ここに連れてこられた理由ってお互い素直になってもっと仲良くなるためだろ?」


澪「た、多分…」


律「澪は私に素直になれてないことがあるの?」

澪「そ、それは…その…逆に律はどうなんだよ…?」
律「私は…私はその…うん…素直になれてないことがある…よ(チラッ)」

澪「な…なんだよそれ…教えてよ?」


律「も…もし澪が素直になれてないことないなら私はこのはなしできない…」

律「み、澪は素直になれてるの?」


澪「そ…それは…………………なれて……ないよ…」

律「多分私たち同じ理由で素直になれてないんだと思うんだ…だから…いまから同時に伝えない?」


澪「う…うんわかった…//」

律「じゃあせーので言うからな!」

澪「うぇぇ?まだ心の準備が…」

律「いいから!言うよ!」
澪「は、はい!」

律「せーの!」


澪「だ、だだだ、大好きです///」

律「…」

澪「っておい!お前も言えー!」


律「むふふふふふ…澪しゃん私のこと好きなんだ?それも大好きなんだぁ?」


澪「うぅぅぅ//ズルイぞ馬鹿律ぅ!うぇぇぇん…ふえぇぇぇんえん…」


律「なっ…ちょっと泣くなよぉ!ゴメンってば!ちゃんと私も言うから!な?」
澪「ほんと?(ウルウル)」

律「ほ、ホントホント!(か、可愛い…//」


律「じゃ、じゃああらためまして…」

澪「ぅん…」

律「…」

澪「……」

律「…」

澪「早く?」

律「だーっ!緊張する!」
澪「頑張って…//(ウルウル)」

律「よし!言うぞ!言うぞぉ!」

澪「うん//」

律「私も澪が大大大好きだーーーー!!」

澪「!!(キュンッ)」

律「私のほうが澪のこと好きだからな//!」


澪「な…私だって好きだもん//!」


律「っていうか澪さぁもっとこっち寄れよ!寂しいじゃん……//」


澪「律だって!」

律澪「…//」(スリスリ~ピト)

律「…//」

澪「…//」


律「なんか…身体触れてると安心しない//?」

澪「う、うん//」

律「もっとくっつけないかな?」

澪「う、う~ん?」

律「膝に乗って良い?」

澪「えっ//い、良いよ」


律「じゃあ失礼します//」(ポフッ)

律「重い?」

澪「うぅん…心地良い重さ//」

律「よかった。ふぅ…すごく安心する//」

澪「うん//」

律「…澪ってさ近くで見ると凄い綺麗だね…//ととのった眉、綺麗な鼻筋、凛とした目、可愛いらしい唇…//」


澪「やだ…//恥ずかしいよ//(そういえば顔近いよ…//)」


澪「律だって可愛いと思うけど…//」


律「ホント?どの辺が?」

澪「全部…かな//」

律「ちょっ//ズルイぞー澪!」

澪「えへへ…//」


律「なんか告白したらつかれちったよー…このまま寝ても良い?」


澪「えっこのまま?(ちょっと膝がつらい…)」

律「だめぇ?」


澪「と、特別だぞ…//」

律「わぁい澪大好き!」(ダキッ)


澪「///」



律「スースー」

澪「ホントに寝ちゃった…」

律「えへへ…Zzz~」

澪「笑ってる…可愛いな…//」

澪「よしよし(ナデナデ)」
澪「赤ちゃんみたい//」

澪「ふぅ~なんかわたしまで眠くなってきた…//」

澪「……」

澪「スースー…」



~数時間後~

(ドスンッ)

律「うごっ!」

澪「……Zzz」

律「いったたたた…落っこちた…」

澪「スースー」

律「澪まだ寝てるし…てかいま何時?」


律「うおっ!もう22時じゃん!」



2