放課後

ガチャッ

梓「お疲れ様でーす」

唯「あずにゃ~ん!」むぎゅすりすり

梓「うわっ!?早速ですか!?」

澪「お疲れ、梓」

梓「あ、澪先輩(…この人と憂が…うああ…どうしよう)」

澪「ん?どうかしたか?」

梓「い、いえ、あの、歯は大丈夫ですか?」

澪「ああ、それほど問題はないみたいだよ」

紬「お茶が入ったわよ~」

律「よーっし!練習前にまずはお茶にしようぜー!」

梓「(…いつもどおりのむぎ先輩だ…私も自然に振舞わないと)」

梓「ほ、ほら!お茶ですよ!?そろそろ離れてください!」

唯「あずにゃ~ん!あぞずにゃ~ん!」

唯「あふぅ~今日のケーキはいつも以上においしいねぇ~」

澪「本当だな。紅茶もいつもより美味しいよ。いい香り…」

律「なんだなんだ~?むぎ、何か良いことでもあったのか~?」

紬「ふふっ!実はね…」

梓「!!」

唯「なになに?何があったの?」

紬「また新しい曲が完成したの~!」

澪「本当か!?すごいじゃないか!」

律「さっすがむぎだぜ!」

紬「うふふ~」

梓「(…まさか、計画のためにわざわざ作った!?…一晩で!?)」

紬「録音してきたから、食べながらいいから聞いてくれる?」

律「おーう!モチのロンだぜ!」

澪「楽しみだな」

紬「じゃあかけまーす」
       ・
       ・
       ・
紬「どう…かしら…?」

律「……すごいな…!」

澪「すごく綺麗な曲じゃないか…!むぎ!すごいよむぎ!」

唯「むぎちゃん天才だよ~!私びっくりしちゃったよ~!」

紬「ふふつ、ありがとう!私も今回は自信があるの~」

澪「よし、次のライブではこの曲をメインにしよう!私もいい詞を書かないとな!」

唯「期待してるよ澪ちゃん!」

梓「(たった一晩でこれほどの曲を…何者なんだろうこの人は…)」

律「よぉーっし!名曲もできたことだし、次のライブに向けて猛特訓だー!!」

唯「おーっ!!」

紬「おーっ!!…ねえ、澪ちゃん」

澪「ん?なんだ、むぎ?」

紬「今日、練習が終わったら、少し時間をもらえないかしら?」

梓「(来た!!)」

澪「え?まあ…いいけど」

紬「よかった!じゃあ残っていてね」

唯「え~?なになに~?二人だけでなにするの~?」

律「そうだよ教えろよ~!」

紬「ふふっ、ナ・イ・ショ!みんなにはまた後でね」

唯・律「ぶー!」

梓「(私は…やっぱ残っちゃ駄目なんだろうな…)」


律「おーし、練習終わりっ!」

唯「疲れたねーあずにゃん!」ぎゅばずりずり

梓「だったら抱きついてないで休めばいいじゃないですか!」

律「おっし!じゃあ帰ろうぜー…っと、澪とむぎは残るんだっけか」

澪「ああ。じゃあな、みんな」

紬「唯ちゃん、りっちゃん、また明日ね~。梓ちゃんもお疲れ様。さよなら~」

梓「お疲れさまでしたー(やっぱり残っちゃ駄目か…)」

律「澪~、むぎにやらしいことすんなよ~?」

梓「!?」

澪「するわけないだろ、お前じゃあるまいし」

律「なはは!んじゃまたな~」

バタン

紬「さて、と…これでこの部室には私たち二人きり…ふふっ」

澪「そ、そうだな…」

紬「あぁ…でもトンちゃんもいたわね…ふふっ」

澪「で、むぎ…私に話って…?」

紬「ふふっ…まあかけて待ってて?今お茶を淹れるから…」

澪「う、うん…ありがとう(何だか今日のむぎは雰囲気が違うな…)」

紬「はい、どうぞ」

澪「あぁ、ありがとう。ん?さっきのお茶とは違うな…」

紬「特別のお茶なんだけど…お口に合わなかったかしら…」

澪「いや、そんなことない。これも美味しいよ」

紬「そう?よかった~」

澪「あれ?何だか体が熱くなってきたような…」

紬「…そういうお茶だから」

澪「え?」

紬「さて、と。それで、話というのはね…」

紬「澪ちゃん、今日私の曲を聞いてどう思った?」

澪「え?うん、すごくいい曲だと思ったよ?」

紬「本当に?社交辞令なんか考えないで、本当の正直な感想を聞かせて」

澪「いや…本当に、私はいい曲だと思った。今までむぎが作った曲の中で…一番いい曲だと思う」

澪「すごく綺麗で…それでいて力強くて、でも時々顔を出す切ない旋律に心がキュンとなって…」

澪「私は本当にあの曲が好きだよ。あの曲に合ういい詞を書きたい、って素直に思えた」

紬「…そう。よかったわ。私もね、自分で言うのも何だけど…あの曲は最高傑作だと思うの」

紬「これから先…あれだけの曲を作れるとは思えないわ。それくらい自信のある曲なの」

澪「そうか…うん、本当にいい曲だよ」

紬「でもね…私、澪ちゃんに詞を書いて欲しくないの」

澪「え…?」

紬「あの曲に、澪ちゃんの詞は釣り合わないわ。悪いけど」

澪「そんな…」

紬「ごめんなさい。でもね、これは私の正直な気持ちよ」

澪「で、でも…今までずっと私の詞で…」

紬「…私もね、澪ちゃんの詞は好きよ?可愛くて、女の子らしくて。でもね、それだけなの」

澪「それ…だけ…」

紬「そう。可愛いだけ。深みもないし、含蓄もない。噛み締めても味わいがないの…気付いていないわけじゃないんでしょ?」

澪「…くっ」

紬「今までのものはともかく、今回の私の曲は完璧よ。自惚れじゃなくそう言えるわ」

紬「だから、今までの、澪ちゃんの子供だましの歌詞は絶対に相応しくない。良さを台無しにしてしまう」

澪「そ、そこまで言わなくても…」

紬「だから、今回は作詞から手を引いて頂戴」

澪「わ、私…頑張る!頑張るから…いい詞を書けるよう努力する、努力するから…」

紬「今の澪ちゃんがどう頑張ったところで無意味よ」

澪「い、嫌だ…!嫌だよ…見捨てないで、何でも…するから、頑張るからぁ…」

紬「…本当に?」

澪「ふぇ?」

紬「本当に何でもする?」

澪「あ、あの…」

紬「…今の澪ちゃんには決定的に足りないものがあるわ」

澪「足りない…もの…」

紬「そう。そして、それを補えば…澪ちゃんの力は飛躍的に上がるはず」

澪「な、何だ!?それ、それは…」

紬「…経験よ」

澪「けい…けん…」

紬「そう、経験よ。シンプルすぎる答えで悪いけど」

澪「経験…か…」

紬「澪ちゃん、あなたにはおそらく、同年代の女の子が経験している色々な経験が足りていないわ。何故だかわかる?」

澪「…この…性格…が…」

紬「そうね。自覚はあるみたいだけど…あなたのその恥ずかしがりやな性格は…致命的よ」

紬「およそ言葉をつむぐ者にとって最も大切なのは、作品に反映できる豊かな人生経験」

澪「人生…経験…」

紬「あなたのその性格は…色々なことを経験するチャンスを…殺してしまっている」

紬「それに、りっちゃんの存在も…ある意味ではよくなかったのかもね」

澪「律が…?」

紬「あなたの代わりとしてりっちゃんが色々と経験しているでしょうから…りっちゃんに文才があればねえ…」

紬「まあ、それはともかく。要するに澪ちゃんの歌詞には経験からにじみ出る、人生の深み重みがたりないの。陳腐な言い方だけどね」

澪「……どうすればいい?」

紬「簡単よ。経験すればいいわ」

澪「…わかった。今から私も、色々なことを経験する…!そうすればむぎの曲にふさわしい歌詞も…」

紬「駄目よ」

澪「…え?」

澪「だ、だって経験すればいいって…」

紬「今から人並みに色々経験するのにどれだけ時間がかかると思うの?」

澪「う…確かに…」

紬「次のライブどころか…卒業ライブにすら間に合わないわよ。それに」

澪「それに?」

紬「澪ちゃんの想像力と実行力の及ぶ範囲での経験なんて…どうせごく普通の経験だわ。少なくともあの曲を語るには足りないわね」

澪「じゃあ…やっぱり…諦めるしかないのか…」

紬「…成長したい?」

澪「え…?」

紬「澪ちゃん、ワンランク上の秋山澪に…成長したい?」

紬「私に…考えがあるわ。全てを私に任せてくれるのなら…どうする?」

澪「本当に…?」

紬「私が…澪ちゃんを裏切ったことがあったかしら?」

澪「……頼む、むぎ!私を…成長させて…ください」

紬「わかったわ。頑張りましょう、澪ちゃん!」ニヤリ


その夜

梓「むぎ先輩と澪先輩どうなったかなあ…というか何でこんなことになっちゃったかなあ…」

ヴヴヴヴ、ヴヴヴヴ、ヴヴヴヴ

梓「ん?あっ!むぎ先輩からメール!」

梓「えーと…『目標陥落セリ。今週土日ノ予定ヲ空ケテ置カレタシ。詳細ハ後日。紬』」

梓「………早っ!!」

梓「ちょっと本当に!?昨日の今日だよ!?…むぎ先輩すごすぎでしょ…ふわぁ」

梓「…もう、後戻りはできないんだよね」

ヴヴヴヴ、ヴヴヴヴ、ヴヴヴヴ

梓「あれ?またメール…憂だ。『お姉ちゃんってどんな風にあえぐと思う?』…」

梓「何でこんなやつのために…」



翌日

梓「お疲れ様でーす(むぎ先輩と澪先輩は…)」

律「おーす!」

唯「あ~ずにゃん!」ぎゅむっ

澪「梓、お疲れ」

梓「お、お疲れ様です(いつもどおりだ…)」

紬「みんな~、お茶が入ったわよ~」

梓「(むぎ先輩も普通…だよね)」

律「そういえばさ~、昨日は二人で何話してたんだよ~?」

唯「あー、それ私も気になるよ~!あずにゃんも気になるよね~?」

梓「ふぇっ!?あぁ、はい…(確かに気になる…)」

澪「あの…大したことじゃないよ」

紬「ちょっと歌詞についてのミニ会議をしてたのよね?澪ちゃん?」

澪「そ、そう、そうなんだ…それだけだよ」

梓「(あの澪先輩の態度…やっぱり!)」

律「うっし!じゃあ練習すっか!」

紬「じゃあ私カップ片すから、みんなは準備しててね。梓ちゃん、ちょっと手伝ってくれる?」

梓「あ、はいです!」

紬「…部活が終わったら時間を頂戴。憂ちゃんと純ちゃんにも連絡しておいて」ボソッ

梓「!!は、はい…」

紬「これでよし!さあ、練習するわよー!!」

唯「おす!」

梓「あ、すいません、私ちょっとトイレです」

唯「ふにゃ~」

ガチャッ、バタン

梓「とりあえず二人にメールっと…澪先輩は…同席しないよね…?」


練習後

律「よっしゃあ!帰るぞー!」

唯「ねえねえ、帰りにどっかでお茶してこうよー」

紬「あ、ごめんなさい…私少し残ってやることがあるからみんなは先に帰って?」

梓「私も憂と純と約束しているので…」

唯・律「ぶー!ぶー!」

紬「ふふっ、今日は3人で楽しんで。みんなではまた今度で、ね?」

澪「そうだぞお前ら、わがままはだめだぞ」

唯「は~い!じゃあね~」

律「また明日なー」

澪「じゃあさよなら、二人とも」

ガチャッ、バタン

紬「……さて…」ギラッ

梓「ひいっ!?」

紬「いきなり悲鳴はひどいわ~」

梓「あ、すいません、つい…」

紬「ふふっ。さて、会議は…ここでいいかしら。二人には連絡してあるんでしょう?」

梓「あ、はい。今呼びますね」

紬「じゃあ私はお茶を用意しておくわね~」

梓「(…いつものむぎ先輩だ…この人の本性はどっちなんだろ…)」

紬「物事には表も裏もないのよ~?」

梓「!?ひ、人の心を読まないでください!!」

純「失礼しま~す」

紬「あら純ちゃん、いらっしゃい。さ、そこへかけて?」

純「あ、すいません、ありがとうございます」

梓「あれ?純、憂は?」

純「いや、知らないけど…連絡したんだよね?」

梓「うん。…どうしたんだろ?」

ガチャッ

憂「遅くなりましたー!!」

梓「憂、遅いよ……あんたお風呂上がり?」

憂「うん!奥までしっかり洗ってきたよ!澪さんは綺麗好きだと思ったから!」

梓「…まだやんないよ」

憂「えーっ!?そんなあ、楽しみにしてたのに…」

梓「…ちゃんとメール読んだ?」

憂「うん!斜め読み!」

梓「あれぐらいの短文はしっかり読みなさい!」


3
最終更新:2010年09月29日 23:50