紬「よし、じゃあ始めましょうか。澪ちゃん、ベッドにお願い」

澪「あ、うん…わかった」

紬「あっ!待って、バスローブはそのままでいいの!」

澪「え?でもさっき裸になってるし…」

紬「こういう場合はそうするものなのよ」

澪「うん…わかった」

紬「それから…ここからは私は最低限の指示しかしません。全て憂ちゃんに任せます」

憂「は、はい!」

澪「大丈夫なのか…?」

紬「勿論。憂ちゃんの実力、忘れたの?」

澪「あ…そっか、そうだな。うん、それなら安心だ…」

憂「えへへ(安心…?この私を前にして?)」

紬「それから二人とも忘れているかもしれないけれど、ここにいるのは唯ちゃんよ?」

澪「あ、うん、そうだよな。間違えないようにしないと…」

憂「頑張ろうね、澪ちゃん!」

紬「うん!いい感じいい感じ!…それじゃ、最後に一つだけ…」

澪「…何だ?」

紬「信じることを忘れないようにね。仲間と…そして自分を」

澪「うん…わかった!」

憂「わかったよ、むぎちゃん!」

紬「梓ちゃんと純ちゃんもよ?」

梓「えっ!?あ、はい…」

純「はい!」

紬「うん、みんな素敵だわ!……それじゃあ、梓ちゃん!」

梓「はい!よぉーい、アクション」カチン!

紬「それでは澪ちゃんにはこれからセックスをしてもらうわけだけど…緊張してる?」

澪「あ、あの…はい、少し…」

梓「(まだこの感じを引っ張るんだ…?)」

紬「そう。じゃあ、相手の人に入ってもらおうか?さ、どうぞ」

憂「は、はいっ!し、失礼します!」

澪「よ、よろしく…」

紬「澪ちゃん、この子のこと、知ってるんだよね?」

澪「はい…ひ、平沢う、唯さんです」

紬「どんな関係なの?」

澪「あの、同じ学校で、一緒にバンドを組んでいて…」

憂「大親友ですっ!ね~、澪ちゃん?」

澪「あ、ああ…そうだな」

紬「…大親友同士で…セックスしちゃうんだ…?まあ、いいでしょう。それじゃ唯ちゃん、よろしくお願いします」

憂「はいっ!」

憂「澪ちゃん…緊張してるね~」

澪「そ、それは緊張するだろ…う、唯は…緊張してないのか」

憂「うん!だって澪ちゃんとエッチできるんだよ~?ドキドキだけどワクワクだよ~」

澪「そ、そうか…」

梓「(すごい…本当に唯先輩だ…)」

憂「ほら…澪ちゃん、もっとこっち、来て…?」

澪「う、うん……あっ」

憂「澪ちゃんの髪、綺麗だね…長くてさらさら。いい匂い…」

澪「ゆ、唯…!く、くすぐったいよ…あっん!」

憂「おぉ~、澪ちゃん、耳が弱いんだ~?えいっ」

澪「あっ!や、やめっ、んんっ!な、舐めちゃ…だめぇ…」

澪「んっ!んんっ!あっ、ふぁぁ…ひぁっ!」

憂「んふふ…澪ひゃん、かわひひ…」

梓「(右手で右耳を優しく撫で、口で左耳を…あ、甘噛み…)」

憂「ふぅ…あれ~?澪ちゃんもうへばっちゃったの?早いよ~?」

澪「だ、だって…唯が私の弱いトコ…んんっ!?」

憂「んっ…」

梓「(!!キス…してる…澪先輩が)」

純「ふぉぉぉ…」

紬「…」ニヤリ

澪「んっ…んむ…ぷはっ…」

憂「えへへ!澪ちゃんの唇、奪っちゃった~!」

澪「はあ…はあ…」

憂「ねえ、澪ちゃん…りっちゃんとはキスしたことあるの?」

澪「なぁっ!?な、ないよ…!ない!」

憂「そっか~、じゃありっちゃんも知らない澪ちゃんの味を私は知っちゃったんだ~!」

澪「り、律のことは…今はいいだろ…」

憂「あはは~、ごめんね~……澪ちゃん」

澪「あっ……うん」

梓「(おお…今度は、丁寧なキスだ…)」

憂「ん…んっ…ふぁっ………」

澪「んちゅっ…ん、むぅ…あっ…」

梓「(凄い濃厚なディープキス…舌、絡んでる…)」

純「(接写!接写ぁぁぁ!)」

憂「ん、はぁ…ふぅ、澪ちゃんのキス、すごい上手だよ…」

澪「唯こそ…なんでこんなに上手いんだよ…?」

憂「私は、家でたまに憂としてるからねえ」

澪「えっ!?」

憂「…冗談だよ!」

澪「あ、そう…なんだ…」

梓「(何なのこのややこしいアドリブは?)」

憂「澪ちゃん…」

澪「えっ!?あッ…そ、そんなとこ…な、舐めちゃ…」

憂「えへへ~、澪ちゃん首も弱いんだ~?」

梓「(舌を首筋に這わせてる…)」

澪「んんっ!あっ!唯、そこは…!」

ふにっ

憂「澪ちゃんのおっぱい、やわらか~い」

梓「(!!バスローブ越しに…胸を…)」

憂「あれ?澪ちゃんっておっぱいはあんまり感じないんじゃなかったっけ?」

ふにっ、ふにゅん

澪「あっ、あっ!んっ、んひぃっ!」

梓「(澪先輩…すごくエッチな声だ…)」

憂「ほれ~、ほれほれ~」

ふにゅん、ひゅっ、もにゅん

澪「うぁっ!やっ、やぁっ!やだぁ!んぅっ!」

憂「……」ニイィ

きゅっ

澪「!!あああっ!!」びくっ

憂「あれ?もしかして今…」

梓「(乳首つままれただけで軽くイった…!?敏感すぎるでしょ…)」

純「(初イき顔、もろたでぇ!!)」

紬「はぁ~~~ん」うっとり

澪「はぁ…はぁ…はぁ…(みんなの前で私…何てことを…)」

憂「澪ちゃん…(さて、そろそろウォーミングアップに入るかな)」

憂「おぉ~、澪ちゃんもう顔がとろけてるよ~」

澪「だ、だって…唯が、私のおっぱいを、いじめる…からぁ…」

憂「えぇー?いじめるってのはこういうことだよ~?」

くりくりっ

澪「ああっ!」

くりゅっ、くりくりくりっ、きゅぅぅっ、きゅきゅっ

澪「やっ!やめっ、やっ!あっあっあっあっ!んあっ!ひっ!あああああっ!!」

梓「(おおおおおおおおおおおおお)」

純「(おおおおおおおおおおおおお)」

紬「………」フガーッ

くりくりくりくにくにくにゅくりくり

澪「らめっ!ゆ、ゆひ、ゆ、許し、ゆるっ…ひて」

憂「(そろそろ…か…)」

ぎゅぅっ

澪「………………!!??」びくんびくんびくん

澪「…あ……あッ…あっ…」びくんびくんびくん

梓「(の、仰け反ってる…それに何回もビクビクしてる…)」

純「(マジイきって…こんなn感じになっちゃうの…!?)」

紬「………」フハッ

憂「ふふっ、澪ちゃん…かわいい」むちゅっ

澪「んッ…んんっ…」

憂「はぁー…」

澪「ゆ…い…」

憂「澪ちゃんの顔…すごくエッチだったよ~?りっちゃんにも見せてあげたいな~」

澪「!?い、いやっ!!やめてっ!!」

憂「(やはり、な…)」

憂「私そろそろ澪ちゃんのおっぱいが見たいな~」

梓「(バスローブ越しでこの反応なら…じ、直に触ったらどうなっちゃうんだろう…)」ドキドキ

澪「えっ!?あ、あの…」

憂「大丈夫だよ~、はじめは上のほうだけだから、ね?」

澪「う、うん…じゃあ…」

憂「あっ!私にやらせて?」

ごそ、しゅっ、ささっ

梓「(バスローブを上半身だけ脱いだ状態…空手家みたいな感じだな…)」

憂「やっぱり澪ちゃんのおっぱいは綺麗だね~!」

澪「あ、あんまり見ないで…」

憂「汗で白いお肌がキラキラ光ってるよ…?」

澪「ッ…///」

憂「…」くすっ

ペロッ

澪「ひゃぁっ!?」

憂「あははっ!澪ちゃんのおっぱい美味しい~!」

澪「い、いきなり、な、舐めるなよぉ!」

憂「だって~澪ちゃんのおっぱい白くてほわほわで美味しそうなんだも~ん!じゃあ、わかったよ!」

もみゅっ

澪「ひっ!!」

憂「舐めちゃだめならテッテ的に揉みしだいちゃおう!」

澪「そういう問題じゃ…ひんっ!」

ふにぃ、ふにふにっ、むにゅん、さわ…さわわ…さわ…

梓「(あくまでも優しく…手ぬるいくらいに優しく揉んでいる…?)」

梓「(…違う!これは揉むというよりも撫でる、だ!)」

梓「(澪先輩、表情が…切なそう…?)」

梓「(!そうか!これはじらしプレイだ!本当は澪先輩はもっと強くして欲しいんだ…!)」

梓「(これも憂の作戦のうち…?)」

憂「(どうだい仔猫ちゃん、こんなやり方は…?)」

さわ…さわ…ふに、さわさわ…

澪「んっ……あ、あっ…あんっ…」

梓「(おっぱいの形をなぞるように、優しく手を這わせる…あくまで乳首には触れない、か)」

澪「あ、あの、さ…唯…」

憂「ほぇ?な~に?」

さわっ

澪「あの、んっ…も、もっと…つ、つよ…く…」

憂「な~に?ちゃんと言ってくれないとわかんないよ~?」

さすさすっ

澪「ふぅっ…!あの、だから、も、もっと強くしてくれ!」

憂「…何を強くするの?わかんないな~」

つん、つん

梓「(焦らす…この子、あくまでも焦らす!)」

澪「…ぅぅっ…!わ、私のおっぱいを、つ、強く揉んでほしいの!!」

憂「…おっけ~」

むにゅうぅっ

澪「ふにゃあっ!?あっあっあっ…!!」びくんびくん

純「(2度目のマジイき来た!)」

梓「(なるほど…ただ肉体を責めるだけがセックスじゃないんだ…)」

紬「………」ムハーッ

澪「ハッ…はぁっ…ん、はあ…」

憂「澪ちゃんって強く揉まれるのが大好きなんだね~?エッチだな~」

ふにゅふにゅん

澪「ち、違う…私は…エッ…チじゃ…ない…」

梓「(どう考えてもエッチです)」

純「(エッチですよ…)」

紬「(淫らな雌!!)」フヒーッ

憂「ふーん…じゃあ、乳首は触らなくてもいいんだね」

もみゅ、もみゅん

澪「え!?そ、それは…」

憂「だってエッチじゃないんでしょ?じゃあ乳首を触る必要は」

澪「触って!乳首も、触ってほしい!」

憂「…いいよ」

梓「(調教完了…!?)」

そっ…

澪「んんっ!!」

梓「(指を置いただけであんなに感じてる…直接だから?それとも…)」

さわさわっ

澪「や…やぁっ!うんッ…!」

梓「(乳頭の周りをなぞるように指を…うわ…やらし)」

澪「唯ぃ…」

憂「ん?なぁに?」

澪「も、もっと強く…」

憂「もぉ~、ほんとに澪ちゃんはエッチだなぁ~」

くりっ

澪「あぅっ!あっ!」びくん

くりくりっ

澪「あっ、あんっ…!き、気持ちいいよぉ…」

憂「(あっ!?勝手に気持ちいいって言った!)」

憂「(しまった…焦らしすぎたせいで歯車がズレたか…いや、大した問題ではない!)」

梓「(あれ?…気のせいか)」

澪「ふうっ…んっ…」

憂「澪ちゃん気持ちいいんだ~?」

澪「う…ん…、気持ち…あッ、い、いい…」

憂「じゃあサービスしちゃうよ~!」

もみゅっ、くりくりっ、ふるふるん

澪「!?んやっ!やぁっ、ふあああっ!」

梓「(親指人差し指で乳首を捏ね繰り回し…!?)」

純「(中指薬指で乳房を揉み、圧し、揺らし…!?)」

紬「(そして小指で神経の集中した下乳を撫でさする…だと…!?)」フンガーッ

澪「なにッ!?なに、何これぇ!?」

ぐにぐに、きゅきゅっ、さわわ…

澪「イくっ!ま、またイっちゃうぅ!いやぁ………」びくびくびくびくん

純「(澪先輩の口からそんなフレーズが出るとは…)」ゴクリ

憂「澪ちゃん、そんなに気持ちよかった…?」

澪「うん…すご…かった…」

憂「…甘いっ!」

ちゅぅーっ、ぺろぺろ、はみはみっ

澪「んんんんん!!」

梓「(い、いきなり吸う・舐める・甘噛むのコンボ!?)」

純「(畳み掛けるなあ…)」

憂「今度は私のお口でいじめてあげるね」

澪「だ…だめぇ…」びくん

紬「(ちょっとトイレ行ってこようかしら…)」フハッ

ちゅ~っ

澪「んっ」

ぺろん

澪「あっ」

はみはみ

澪「うぁあっ!!」

憂「(やはり、か。わかりやすい女よ)」

カリッ

澪「!!??うぅぅぅ~っ!!」びくびくん

憂「澪ちゃん、おっぱい噛まれてイっちゃったね…いじめられるの、好きなんだね…?」

澪「はーっ、はーっ、はーっ…」

梓「(真正マゾとド変態サドか…なんかすごい…)」

純「(少しぐらいいじってもばれないかな…?)」

紬「(少しぐらいいじってもばれないかしら…?)」

憂「(ううん…おっぱいだけであと2時間は遊べるけど…この調子じゃクランケの体力がもたないか)」

くちゅっ

澪「やああああああああああ!!??」


7
最終更新:2010年09月29日 23:54