梓「(えっ!?何!?何何!?)」

澪「ゆ、唯…いきな、いきなり…」

憂「ほら見て澪ちゃん!ほんのちょっと触っただけなのに…べっちょりだよ?」

澪「はああっ!!//////」

梓「(あ、そ、そうか…下、触ったんだ…///)」

憂「キスされて、おっぱいいじめられて…それだけでこんなぬるぬるなんだ…変態さんだね?」

純「(あんたが言うなよ)」

憂「それじゃ…全部、脱ごうか」

澪「う、うん…ぬ、脱がしてくれないのか…?」

梓「(そんなおねだりをするのか…)」

憂「ふふっ、甘えんぼさんだね~、澪ちゃんは!…立って」

澪「うん…」

しゅる、さっ、ぱさ…

憂「あれ…?」

澪「な、何…?」

憂「澪ちゃんの内腿からくるぶし辺りにかけて…」

梓「(愛液が垂れ、流れている!)」

澪「やっ、やだ!見ないで!いやぁぁ!」

憂「かわいいな~澪ちゃん…じゃあ、ベッドの上に上がろうか」

澪「はうっ!?…う、うん…」

憂「じゃあ…カメラに向かって…見せててみようか?」

澪「見せ…る…」

憂「澪ちゃんの、一番きれいなところをだよ?」

澪「は、恥ずかしいよぉ…」

憂「本当に…?」

澪「ほ、本当…」

憂「…そうか。じゃあ、私がやってあげるね。澪ちゃんは、私に任せていて」

澪「そ、そういう問題じゃ……ううん、お、お願い…」

梓「(もはやまともに抵抗することも拒否している…)」

梓「(というか、いよいよなんだ…澪先輩の…)」

純「(秘仏…!)」

紬「(ご開帳…!)」フハフハァ

憂「それじゃ、力抜いて…?もっと、私にもたれかかっていいよ…?」

澪「う…うん…」

そっ

梓「(体育座りの両膝に手を添えた…)」

純「(そこから徐々に開いていくわけね…)」

紬「(さあ来い!さあ来いさあ来いさあ来い!さぁー来い!)」ムキッ

澪「唯…ゆ、ゆっくり、な…?」

憂「大丈夫だよ。ほら、脚の力、抜いて。ね…?」

憂「(ご冗談を!)」

ヒュッ

ガバッ

梓「(急に体を切り替え太ももの下に手を回して!?)」

純「(あ、あれはっ!?)」

紬「(お母さんが子供におしっこをさせる時のポーズ!?)」ブハーッ

ヌパァ

澪「き…きゃあああああああっ!?」

憂「(悲鳴をあげてる暇があるのかい?重要文化財が丸見えだぜ?)」

澪「ひ、ひどい!ゆっくりって言ったのに!」

憂「澪ちゃん、おまんこが丸見えだよ~?」

澪「あひっ!?いやっ!駄目ぇっ!?やぁぁっ!!」

サッ

梓「(不意を衝かれたけど…澪先輩のおまんこ、すごい綺麗…)」

純「(もうこれで今日は満足かもだわ…)」ふひっ

紬「(ああん!隠しちゃ駄目!もっと見せて、この私に!)」ムフフン

澪「恥ずかしい…死にたい…」

憂「(いいねえ…こういう反応、嫌いじゃない)」

憂「(さて、と…そろそろかな)」

憂「ねえ、澪ちゃん…?」

澪「な、なんだよぉ…」ぶるぶるぶる

憂「おまんこは、両手で隠してるけど…」

憂「お尻の穴は、隠さないでもいいの…?」

澪「!!」

憂「みんな見てるよ」ぼそっ

澪「やめてぇっ!!見ないで!!」

さっ

がしっ!

澪「痛っ!」

憂「ほら~、隠しちゃだめだよ~?みんなにもっとじっくり見てもらおうね~?」

澪「や、やめて!許して!唯!ふわぁっ!?み、みんな…み、見ないで!み…見るなぁ!」

憂「ほら、おまんこを隠してる手も取っ払っちゃお~」

ぐいっ

澪「ひっ!」

憂「これで…澪ちゃんの大切なところを隠すものは…何もないよ」

澪「は、離して!唯!(凄い力だ…腕が全然動かせないよぉ…)」

憂「さあ、どうせだから…みんなもっと近くに見に来ていいよ~」

澪「!?だ、だめだよ!?か、勝手に何言って…嫌っ!?何で、何でこっち来てるのぉ!?」

梓「(憂…むぎ先輩を遥かに越えるドSっぷりだ…)」

梓「(しかし間近で見ると…本当に澪先輩のおまんこ、綺麗な色…お尻の穴も、か、かわいい…)」

純「(すごい…おまんこから垂れたお汁がお尻の穴までぬるぬるにしてる…!)」

紬「(触ってもよかですか!)」フハハーッ

憂「あれ~?何で澪ちゃんのおまんこから、どんどんお汁が溢れてるんだろう?触ってもいないのにね」

澪「そっ、そんなことない!」

憂「そんなことあるよね~?あずにゃん?」

梓「は、はい!み、澪先輩のおまんこから、え、エッチなお汁がどんどん溢れてきてるです」

澪「言うな!言うな梓ぁ!」

梓「澪先輩は…おまんことお尻のあなを見られただけで感じちゃうんですね…変態さんみたいです」

澪「あず…さぁ…ひどいよぉ…」ぐすっ

梓「(やばいやばいかわいいかわいい)」

憂「この状態で触ったら…どうなっちゃうのかな…?」

澪「もう…許してぇ…」

憂「(嫌だ!そんな頼みは聞けないね!)」

ついっ

澪「ひんッ!」びくびくん

憂「(ラビアに触れただけでこの反応だ…末が楽しみじゃわい…)」

ついっ

さわっ

ふにふにっ

澪「ひんッ!あっあっ、んんっ!?ふあっ!やっ!ふぁぁぁぁ…」びくん

梓「(小さく何度も何度もイってる…そんなに気持ちいいのかな…)」

純「(ああもうどこを見てればいいのかわからない!わからないよう!)」

紬「………」フガーッ!フガーッ!フガーッ!

憂「(いい反応をしてくれるねぇ…プレゼントだ)」

憂「澪ちゃん」ぼそっ

澪「ふぇ…?」びくん

憂「りっちゃんが見てる」ぼそっ

澪「!!??」

びくびくびくびくん

ぷしゃぁっ

梓「きゃっ!?」

純「!?」

澪「…!!……!?…!…ッは…ッ…!!!」びくびくびくびく

憂「おぉー!澪ちゃん潮吹き!」

梓「(こ、これが…?み、澪先輩の…潮…///)」ぺロッ

純「(ビデオで見たのとおんなんじだ…うわやばいこれ…)」

紬「(私はこの娘には勝てないわね…)」

憂「嘘だよ。りっちゃんがいるわけないじゃん」ぼそっ

澪「は…っ…はあっ…はーっ、はーっ、はーっ」びくん

憂「さあ澪ちゃん、まだまだ行くよ~今度は…あれ?」

梓「?…え!?み、澪先輩!?」

純「ど、どうしたの!?澪先輩!?澪先輩!?」

紬「落着いて、みんな。…大丈夫、失神しているだけみたいね」

梓「失神!?」

紬「ええ。ちょっと刺激が強かったみたいね…しばらく休んでいればよくなるわ」

純「本当にセックスで失神するんだ…」

梓「(そんなに気持ち良かったんですか、澪先輩…)」

紬「うん、じゃあ…しばらく休憩にしましょうか」

憂「……駄目!!」

紬「えっ?」

梓「う、憂…気持ちはわかるけど、澪先輩のことも考えないと…」

憂「違うの!そっ、そうじゃないの!」

梓「憂…?」

憂「わ、私も…限界…なんだよぉ…」

純「限…界…?」

憂「私…もやもやしっぱなしなのに…澪さんのこと責め続けてて…だから…」

憂「私も気持ちよくなりたいの!体中がもやもやしすぎて…頭がおかしくなりそうなのぉ…!」

梓「憂…」

紬「憂ちゃん…そうよね、あなたが一番、ストレスを抱えて頑張ってたんだものね…」

紬「………梓ちゃん」

梓「何ですか…?」

紬「…憂ちゃんを、気持ちよくしてあげてくれない?」

梓「え…」

紬「あなたが一番の適役だと、私は思うわ」

梓「で、でも…」

紬「確かに抵抗はあるだろうけど…憂ちゃんの今の気持ちを考えれば…一番信頼しているあなたがするのが一番いいのよ」

紬「悔しいけど、私には憂ちゃんを慰めるだけの自信はないし。純ちゃんは論外でしょう?」

純「」

紬「だから、お願い。澪ちゃんが復帰するまででいいの。憂ちゃんの体のもやもやを、少しでも消せれば…それでいいのよ!」

梓「私…私は…」

憂「梓ちゃん…助けて…お願いだよぉ…」

梓「………わかりました、やります!やってやるです!」

紬「うん!さすが梓ちゃん!」

梓「で、でも…どうすれば」

紬「まずは、うん、澪ちゃんはここで休んでいてもらって…あっちのベッドに移りましょう」

梓「あ、はいです…」

純「憂、大丈夫?歩ける?」

パシィン

憂「触るな…」

純「!?」

憂「うぅん…」

どさっ

憂「ふっ…うぅん…!はぁ、はぁ…」

梓「(憂、本当につらそう…かわいそうだな…)」

紬「じゃあ…梓ちゃんの思うように、憂ちゃんを気持ちよくしてあげて?どんなことをすればいいかは…大体はわかるでしょう?」

梓「で、でも…自信がないですよぉ…」

紬「いいのよそれで。技術とか、そんなものよりも…今の憂ちゃんには、梓ちゃんの『気持ち』が何よりも大切だから」

梓「気持ち…」

憂「あずさちゃ…あ、あずにゃ…ん」

紬「!あ、そうか…梓ちゃん、憂ちゃんのことは、やっぱり唯ちゃんだと思って頂戴」

梓「え!?で、でも…」

紬「唯ちゃんモードでここまで気持ちが昂ぶってしまったんだもの。ここで憂ちゃんとして気持ちよくなってしまったら…心が混乱してしまう」

紬「だから、お願い。唯ちゃんだと思って頂戴。澪ちゃんが復帰してからもそのほうがつながりがいいし…」

梓「わ、わかりました…頑張ります!」

紬「うん、いい子よ、梓ちゃん!」

紬「さあ、そうと決まれば善は急げ、ね。申し訳ないけど、シャワーを浴びてもらう余裕はないの、我慢してね」

梓「あ、はい…」

紬「じゃあ、脱ぎましょうか」

梓「えっ!?」

紬「そのままじゃ汚れちゃうわよ?大丈夫、下着でいいから、ね?」

梓「あ…はい、わかりました…脱ぎます。…あの……」

紬「?なぁに?」

梓「へ、変な子だって…思わないで…くださいね」

紬「?よくわからないけど…わかったわ、約束する(下着がイモいのかしら?)」

きゅっ、ぱちん、じぃぃつ、しゅる、しゅっ、ぱさっ

純「…あっ!梓、パンツが…」

紬「…梓ちゃんも、興奮してたのね…うん、いいじゃない!全然おかしくないわよ!」

梓「(恥ずかしい…///)」

紬「よし!じゃあ、お願いね」

梓「はい…(あぁ、すごいドキドキするよぉ…)」

憂「あずにゃ~ん、ありがとう、あずにゃ~ん」

梓「う、あ、いや、唯先輩、気にしないでください」

憂「あずにゃん…キスしよぉ…」

梓「へぇっ!?あ、は、はい…(唯先輩とキス…)」

憂「ね、あずにゃんから…してほしいな…」

梓「は、はい!わかりました…いきますよ」

ちゅっ

梓「(き、キス…ファーストキス、しちゃった…///)」

憂「ぁぅ~ん、あずにゃんもっとぉ~!」

梓「も、もう!しょうがないんだから!」

ちゅっ、ちゅーっ、むちゅっ

梓「(キスって…こんなに気持ちいいんだ…)」

憂「へへへ~、あずにゃんとキスしちゃったよ~」

梓「そ、そんなにハッキリ言わないでください!恥ずかしいんだから…」

憂「ね、あずにゃん…そろそろ…次がいいな~?」

梓「あ、はいです…わかりました…」

梓「(わ、私が脱がしたほうがいいのかな…?)」

憂「あずにゃ~ん!脱がせてー!」

梓「こ、子供ですか!わかりましたよ、もう…」

紬「(上手い…躊躇する内容を読んで、適切な行動を促している…!)」

純「(今の内に澪先輩のこといじってみてもいいかな…)」

梓「(人の服脱がすのって、そういえば初めてかも…)」

梓「(!?バスローブがすごく湿ってる…)」

しゅるっ、しゅっ、ばさっ

憂「えへへ~、ありがと、あずにゃん!」

梓「ど、どういたしまして…」

梓「(おっぱい、大きい…うわ、汗だくだ…そっか、ずっと着っぱなしで澪先輩としてたんだもんね…)」

憂「も~ぅ、そんなに見ないでよぉ~、あずにゃんのえっちぃ~!」

梓「べ、別に見てないです!それに、えっちなのは唯先輩のほうじゃないですか!」

憂「え~?見てたよ~?特にこの、おっぱいの辺りをじーっと…」

梓「へ、変なこと言うともうやめちゃいますよ!?」

憂「えー!?それは困るよ~!あずにゃ~ん!ああずにゃ~ん!」

梓「だ、抱きつかないでください!(汗ばんだ肌の感触が、不思議…)」

純「………」チラッ

ふにゅっ

澪「ん、んっ…」

憂「ねえ、あずにゃん…私のおっぱい…触ってくれるかな…?」

梓「は、はい…わかりました…(こんなに大きいおっぱい触るのも初めて…)」

ふにぃ

憂「んッ!」

梓「あっ!?ご、ごめんなさい!痛かったですか!?」

憂「ち、違うよあずにゃん。気持ちよくて…声、出ちゃったんだよ…もっと、して?」

梓「は、はい…」

むにゅん、くにっ、ふにゅふにっ、ふるふるふるん、

憂「あっ!ひあっ、あぁっ!あぁぁっ!」びくん

梓「(えっ!?い、今…軽くイった…?)」

憂「あずにゃん上手だよ…気持ちいいよぉ…」

梓「(なんか…うれしい…)」

純「………」チラッ

くりっ

澪「ふぅっ」ピクン

憂「もっと、もっと強くてもいいよ?それにこの、ぷくっとしてるところも…くりくりってしてくれる?」

梓「は、はい!」

ぎゅむっ、ぐにゅん、むひぃ、ふにゅっ、ぐにゅん

憂「あっ!んんっ!そう…気持ちいい!」

くりくりっ、きゅっ

憂「うぁっ!ふゃぁぁん!」びくん

梓「唯先輩、さっきからすごいエッチな声出てますよ…?変態さんですね」

憂「ちっ、違うよぉ!」

梓「何が違うんですか?」

くりくりくりくり

憂「あっ、あずにゃん…が…してるから…だよぅ…」ぴくぴくん

梓「ふぇっ!?な、何ですか、それ…!?」

純「………」チラッ

紬「ワレさっきから何しちょるの…?」


8
最終更新:2010年09月29日 23:56