部活!

唯「ねえムギちゃん」

紬「なあに唯ちゃん?」

唯「まだあずにゃんが来てないから言っておこうかなって思って」

唯「今日、あずにゃんのケーキどうするの?」

紬「…………」

律「…………」

澪「…………」

澪(これはたしかに重要な問題だ)

紬(唯ちゃんがそこに気づくとは……!)

唯「あずにゃんがケーキ食べないんなら私が食べたいなあって」

律「そっちかい!」

唯「えへへへ」

澪「どうするムギ?」

紬「梓ちゃんにケーキを食べるかどうか聞きましょ」

律「ダイエット中だから普通は食べないよな?

澪「梓だって自分が太っているって自覚があるはずだから、大丈夫だ」

紬「だといいんだけど」

律「ていうか忘れてたけどそもそも梓って今日部活来るのか?」

唯「そうだよ! あずにゃん来てくれるのかな?」

紬「それについては一応、私からみんなのフォローしといたから」

律「ていうか朝から思いっきりしゃべってたしな」

澪「律がまたひどいことを言いかけたけどな」

律「ははは、だってなあ……」

澪「なあ、とりあえずは先に練習することにしないか?」

唯「えー、ケーキ食べたいよー」

紬「唯ちゃん我慢して」

律「まあそうすればとりあえずはケーキから話題は離れるな」

唯「そっか、そうだね。カワイイ後輩のためだもんね」

律(かわいくねえし)


梓「こんにちはー」

紬(来た!)


唯「さ、さあ練習しようかな!」

紬「たまには、ね。練習から始めるのも悪くないわよね」

澪「そうだぞ。私たちは軽音部なんだからな」

律「よーし、練習……」

梓「みなさんお茶にしましょう!」

紬「梓ちゃん?なんていったのかしら?」

梓「お茶にしましょうって言いましたけど?」

澪「いや、お茶の前に練習を……」

紬「そうそう。私たちは軽音部なのよ?」

梓「なにをみなさん血迷ったこと言ってるんですか」

梓「私たち放課後ティータイムがティータイムしなくてなにが放課後ティータイムですか!」

唯「あずにゃんカッコイイ!あずにゃんの言うとおりだよ」

律『バカ!なに言ってんだ!』

唯「あっ……」

梓「さあさあ、なんなら私がお茶入れるんで」

澪「……そうだな」

紬「梓ちゃん、お茶はいいわ。私がやるから」

梓「あ、じゃあ私がケーキ出しますね」

紬「そ、そういえば今日ケーキ忘れてしまったような気がするわ」

梓「なに言ってるんですかムギ先輩。ケーキなら副かばんに入れてたじゃないですか」

紬「そ、そうだったかしら」

澪(目敏い)

律(デブは食べ物に関しては敏感ないんだよ)

唯「で、あずにゃんはケーキ食べるの?」

梓「え?」

梓「いや、食べますよ。何言ってるんですか?」

律「……お前養豚場にぶちこむ、ふがっ!」

澪(律さすがにそれは言い過ぎだ。ちょっと黙れ)

律(だけどコイツ豚みたいな体型してんたぞ!普通にスーパーで売られててもわかんねえよ!)

唯「あずにゃんはダイエット中だよ?ダイエット中の人がケーキはダメなんじゃないの?」

梓「たかがケーキ一切れですよ?問題ないですよ。ね、ムギ先輩」

紬「……」

紬「梓ちゃん今すぐ私の家に帰りましょ」

梓「まだケーキ食べてないですよ」

グウゥゥ

律「なにこの豚の鳴き声みたいな音」

梓「私のお腹が空腹のあまり鳴ったんです」

紬「しらないわよ」

梓「ちょ、ちょっと手を引っ張らないでください!」

紬「いいから帰るの!」

梓「まだケーキを食べてませーん」

律「ムギー、ケーキは食べていいよな?」

紬「私と梓ちゃんの分も食べておいてー」

梓「いやだああああああああ」ジタバタ

バタン

唯「ムギちゃんの顔すごい怖かったよ」

律「そんなことよりケーキ食べようぜ」


梓「あの、はあはあ……ムギ先輩……速いです……はあ……手を、引っ張ら、な、いでくださいっ」コフーコフー

紬「速くないからさっさと家に来る!」

梓「ケーキ食べたいですよー」

紬「梓ちゃん」ピタッ

梓「急に立ち止まってなんですか」

紬「ちょっとここで二人で突っ立てましょ」

梓「な、なんですか」

紬「口答えしない。それより通行人に注目してて」

梓「……はいはい」

ウハッデブダ゙!
ブタガナンデコンナトコニインダヨ?
スモウレスラーガイルゾ!
ママーアノ、タクアンカッテー
ミチャイケマセン!

梓「…………」

紬「梓ちゃん、夏祭以来会わなかったわよね?」

梓「……はい」

紬「それって梓ちゃんがお菓子やご飯を食べてばっかで引きこもってたからじゃない?」

梓「そうかもしれません」

紬「肥満が肥満のままなのはね、自分を見ようとしないのよ」

紬「無意識に人の目線や自分から逃げようとするのよ」

梓「……はい」

紬「本当はトンちゃんだけが原因ってわけじゃないんじゃないかしら?」

梓「……え?」

紬「梓ちゃんって昔から時々暴食してたんじゃない?」

梓「そ、それは……」

紬「唯ちゃん経由で聞いたんだけどね。梓ちゃんが憂ちゃんの家に泊まったときのこと」

紬「だされたご飯以外だけじゃなく、ドーナツまで平らげたそうね」

梓「そういえばそんなことがあった気がします」

紬「もとから梓ちゃんは食べるときは極端に食べるタイプだと思うの」

紬「梓ちゃんってすごく真面目だし」

梓「まあたしかに私は真面目ですね」

紬「それでトンちゃんのことで、ついに今までは調節できていた食事の量が狂った」

梓「そうですね、そうなのかも」

紬「梓ちゃん」ポン

梓「ムギ先輩……」

紬「だからってダイエット中にコンビニ弁当を食い尽くすのはダメよね?」

梓「!!」

梓「な、な、なな何で知ってるんですか!?」

紬「あのね梓ちゃん。牛肉やから揚げを食べたあとってどうしても臭いが残るでしょ?」

梓「私としたことが迂闊でした」

紬「本当に迂闊だったのはダイエット中に余計なものまで食べること」

梓「だって我慢できませんもん」

紬「じゃあ一生その体型でいる? さっきみたいに道行く人に肥満だって馬鹿にされたまんまでいるの?」

梓「それはいやです」

紬「でしょう?」

梓「うぅ……でも……」

紬「なに?」

梓「なんでもないです!」

紬「わかったならよろしい。さあ帰ろー」


……

紬「さて梓ちゃん」

紬「さっそく帰ってきたところでなんだけど、走るわよ」

梓「え?もうですか?」

紬「当たり前でしょ。時間は無駄にはできないわ。さあまずは準備運動30分!」

梓「準備運動で30分も?」

紬「梓ちゃん、昨日も今朝もストレッチさぼってたでしょ」

梓「いや、さぼってたわけでは……。ただ疲れちゃって忘れてただけです」

紬「言い訳は聞きたくないわ。ちなみにこれから梓ちゃんがやるのはLSDっていうものなの」

梓「LSD?」

紬「LSD。ようは長い距離をゆっくり走ることよ」

紬「ダイエット中ならこれを基本にするといいわ。今の梓ちゃんは体力がまるでないから」

梓「でもゆっくり走るってどれくらいのスピードで走るんですか?」

紬「まあしゃべりながら走れるくらいのスピードかしら?」

紬「距離は最初は30分くらいでいいわ」

梓「ストレッチはなんのため?」

紬「今の梓ちゃんの足だと絶対に足の裏や腿の裏が痛くなって走れなくなるから」

紬「きちんと準備運動と整理運動はしておかないと」

梓「なるほど」

紬「それから食事はできる限り早くとる。理想は7時」

梓「それは部活があるから無理なんじゃ」

紬「だから遅くても8時までに食事は済ませること」

梓「8時……」

紬「夜食とか有り得ないから」

梓「はい」

紬「とりあえず話はここまで。続きは走ってから教えるわ。さあ走りに行くわよ」

梓「はあい」

梓「ぅうーうーうー」

紬「梓ちゃん、身体固いわね」

梓「肉が邪魔で前屈できないんです」

紬「そのお腹のお肉を含めて言ってるの。梓ちゃん、背中を反らしてみて」

梓「は、ぁあぃ」グイー

紬「はい、もう一回前屈」

梓「すぅーは~。あっ、さっきより指が奥までつく!」

紬「前屈をするときは背中を反らす運動と一緒にするといいわ」

梓「ところでムギ先輩。さっき言ってたLSDってなんの略ですか?」

紬「Long Slow Distanceよ。そのまんまの意味」

梓「へえ。なるほど」

紬「よしそれじゃあ頑張って走りましょ」

梓「はい!」

紬「ねえ、梓ちゃん……」テクテク

梓「なんです?」テクテク

紬「どうして梓ちゃんは走らないの?」テクテク

梓「だってしゃべりながら走れるペースでいいって言ったじゃないですか」テクテク

紬「これは走ってるんじゃなくて歩いてるんじゃない!」

梓「私にはこれくらいがちょうどいいんです!」

紬「これじゃウォーキングじゃない」

梓「ウォーキングだって立派なダイエットですよ!」

紬「もちろん有酸素運動のひとつであるウォーキングは悪くないわ」

紬「でもまずこのランニングは梓ちゃんのその腐りきったデブ根性を叩き直すためでもあるのよ!」

梓「で、デブ根性……」

紬「加藤○みたいなのと今の梓ちゃんは大して違いないわよ」

梓「そ、そこまで……!」

紬「ほらもうちょっとペースアップ。最終的には一時間ノンストップで走れるようにしたいから」

梓「そ、そんなに?」

紬「さらに言うなら10キロの距離を一時間二十五分にしたいわ」

梓「こ、細かい」

紬「道のりは長いわ。さあ走る走る」

梓「はあい」タ、タ、タ

紬「あら?あそこに人が倒れてない?」

梓「あ、あの人は……」


紬「あのー、大丈夫ですか?」

「う、うーん……」

梓「やっぱりあの人だ」

紬「お知り合い?」

梓「今朝たまたま倒れてるこの人を発見したんです。今みたいに」

「あれ、ここは?」

梓「大丈夫ですか?」

「わわっ、朝会った人!?」

梓「はいそうです」

紬(この二人の声すごく似てるわね。背が低いところや太ってるとこまでそっくり……)ジー

「なんですか?」ボイン

紬「……いいえ、胸のサイズが全然違ったわ」

梓「はい?」

梓「ていうかどうしてまた倒れてるんですか?」

「なんでだろ。気づいたら倒れてた」

紬「病院行ったほうがいいのでは?」

「かなあ?最近、周りやネットでデブデブ言われてるから心労がたまってんのかも」

梓「それは……大変ですね。やっぱり病院行ったほうがいいんじゃないですか?」

「整体には行ったんだけどね」

梓「いや、内科のほうに行きましょうよ」

「整体の先生にね、最近肥えたねーって言われたのもダメージでかかったかも」

梓「……はあ」

「ネットでの私のあだ名、デブにゃんだよ。やめてほしいよね」

梓「で、デブにゃん?」

紬「デブにゃん」ジー

梓「私を見ないでください」

「だから最近は食べ合わせダイエットやバナナダイエットや炭水化物抜きダイエットやら、色々ためしてるんだけどね……」

梓「大変ですね」

「事務所にもファンにも責っ付かれてもうね……」

紬「事務所……?なにをしていらっしゃるんですか?」

「うん?声優だよ」

紬「声優?」

「うん、色々なキャラクターに声をあてる仕事」

紬「おい鬼太郎!みたいな?」

「まあそんな感じ……っと、もうそろそろ時間だな、またねっ」タ、タ、タ……テクテク


紬(走り出して10秒で歩き始めた)

梓「ムギ先輩?」

紬「あ、ごめんなさい。走るの続けましょっか」

梓「はぁい」

梓「っはあ……はあはあ……はあはあ……おえぇ」

紬「梓ちゃん。なんで吐きそうになってるの?昨日よりだいぶ楽だと思うけど」

梓「はあはあ……昼に……食べたのが……おえぇ……出そうでぇ」

紬「吐くならトイレね」

梓「いえ……大丈夫です……ぉえ」

紬「さあ、このあとは筋トレと踏み台昇降やるわよ」

梓「ぐふ……」

紬「あ、その前に少し歩いて整理運動しなきゃね」

梓「はあはあ……」


7
最終更新:2010年09月30日 02:33